アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

「待たれよ」姫暗殺を目論む黒幕の火星騎士「ザーツバルム」の魅力『アルドノア・ゼロ』

『アルドノア・ゼロ』の「ザーツバルム」。ヴァース帝国の伯爵であり、37家門という選ばれし名家の一人で火星騎士です。地球侵攻を唱える強硬派で、アセイラム姫暗殺(実は生きている)を機会に地球侵攻を実行に移

「待たれよ」姫暗殺を目論む黒幕の火星騎士「ザーツバルム」の魅力『アルドノア・ゼロ』

 『アルドノア・ゼロ』の「ザーツバルム」。ヴァース帝国の伯爵であり、37家門という選ばれし名家の一人で火星騎士です。地球侵攻を唱える強硬派で、アセイラム姫暗殺(実は生きている)を機会に地球侵攻を実行に移します。実は、アセイラム姫暗殺を企てた黒幕であり、アセイラム姫を巡る「界塚伊奈帆」と「スレイン・トロイヤード」の対立に大きな影響を及ぼしました。今回は、そんな「ザーツバルム」の魅力についてご紹介させて頂きたいと思います。

「待たれよ」卿

 ザーツバルムは、ネットではよく「待たれよ」卿と呼ばれます。地球侵攻の際に、同じく37家門の一人で友人でもある「クルーテオ」と行動を共にする事が多かったのですが、「クルーテオ」は思いついたらすぐに行動する傾向にあり、時に拙速な場合もあります。そんな時にザーツバルムが「待たれよ」と止めるのです。ザーツバルムがその本性を現し、失敗したアセイラム姫暗殺を再度実行に移すまで、この「待たれよ」と言うくらいしか出番がなかった事もあり、付いたあだ名が「待たれよ」卿。これも愛嬌というか一種の魅力と言えるでしょう。

冷酷な策略家

 ザーツバルムは、かつて地球に進行した際、ヘブンズ・フォールという天変地異により婚約者を失い、その原因を作ったヴァース帝国とヴァース帝国を支配する皇族に深い憎しみを持ちます。そこで、地球侵攻のきっかけとするため、友好の為に地球を訪れたアセイラム姫暗殺を企んだのです。その手法は冷酷そのもの・・・。アセイラム姫暗殺実行犯を口封じのために殺し、そこから逃げた実行犯を確実に殺すために周囲に隕石爆弾の雨を降らせ、友人のクルーテオの動向を探るためにスパイを潜入させ、そしてアセイラム姫が生きていると気付いたクルーテオの機先を制するため、クルーテオまで殺してしまいます・・・。この冷酷ささえも、ザーツバルムの“悪役として”の魅力だと思います。

スレインに見せた親子の情

 ザーツバルムは、かつて地球に進行した際、ヘブンズ・フォールにより火星に帰れなくなりましたが、その時に助けてくれたのが「スレイン」の父親でした。そのため、スレインがクルーテオに殺されそうになった時など、スレインのピンチを何度も助けました。その後、ザーツバルムはスレインを養子とします。しかし最終的には、敬愛するアセイラム姫を暗殺しようとしたザーツバルムを許せなかったスレインはザーツバルムを謀殺してしまうのですが、その際にただ一度だけ「お父さん」と言います。それを受けたザーツバルムは、「悪くない」と微笑んで炎の中に消えました・・・。冷酷な策略家が最後に見せた人間らしい表情。この場面はザーツバルムが最高に魅力的だった瞬間ではないでしょうか。

 冷酷な策謀家のイメージの強い「ザーツバルム」ですが、最後の微笑みなど、復讐を忘れた所では、意外と普通の人間だったのかもしれません。ヴァース帝国により人生を狂わされたある意味被害者とも言えるでしょう。出来れば、ストーリーの最後まで生きていて欲しかったキャラです。

(C)Olympus Knights/AniplexProject AZ(公式サイトスクリーンショット)


記事タイトル:

「待たれよ」姫暗殺を目論む黒幕の火星騎士「ザーツバルム」の魅力『アルドノア・ゼロ』

関連ワード :

ザーツバルム

ALDNOAH.ZERO

おっさん

髪色(茶)

名脇役

大川透(声優)

悪役




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!