アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

意外に少ない芸舞妓モノアニメ。「 みツわの 」は見てみた?

日本の文化として海外でも高い人気を誇る「芸妓」「舞妓」の花柳文化。実際に見かけたことがない人でも、なんとなく華やかな印象を持ってはいませんか?

意外に少ない芸舞妓モノアニメ。「 みツわの 」は見てみた?

日本の文化として海外でも高い人気を誇る「芸妓」「舞妓」の花柳文化。実際に見かけたことがない人でも、なんとなく華やかな印象を持ってはいませんか?

一見題材にしやすそうな世界ですが、実はアニメ作品としては非常に少ないのです。

そんな中でも珍しい、見習い時代(「お仕込みさん」といいます)の少女たちを描いたのが、今回ご紹介する「みツわの」です。

みツわの の物語は、祇園祭に向けて展開

原作のライトノベル人気を経てOVA化したこの作品は、舞依、翠、莉子がすでにお仕込みさんとして修業しているところから始まります。

ですがこちらは、すでに三人は修行中の身。姉弟子で憧れでもある二人の舞妓の背中を見つめながら、日々祇園のしきたりと技芸を肌身で覚えている最中です。

そんな中、京都三大祭りの一つである祇園祭で、お仕込みさんが舞を披露する機会があると知ります。
当然三人とも奮起しますが、三人のうち二人しか出られないという話を聞き、三人の中に行き違いが生まれていきます。

みツわの には専門用語もたくさん!

当然フィクション作品なので、実際の花街のしきたりや風習とは違うところもたくさん出てきます。
しかしそれでも作中にはたくさんの専門用語が出てきます!

まず三人が暮らしている「置屋」。ここは芸舞妓、そしてお仕込みさんが普段暮らしている家です。
芸妓になると置屋を出て自分の家を持つ人もいますが、お仕込みさん、そして舞妓さんはここで暮らしています。
着付け、お化粧なども行い、お客さんに呼ばれれば「お茶屋さん」に出向いていくわけです。

さらに「宮川音頭」という名称が出てきます。ここで、三人が暮らしている花街は京都五花街のうち「宮川町」であることがわかります。
観光客が多い「祇園甲部」や「先斗町」からは少し離れた川沿いにある、静かな花街です。
「宮川音頭」とは「宮川町」に所属している芸舞妓さんが公演する「京おどり」の最後に全員で舞う絢爛華麗な一曲。

そして「祇園祭」ですが、観光客が多い14日「宵々々山」~17日「山鉾巡行」はほんの一部に過ぎません。
祇園祭自体は7月中なにがしかの行事が行われていて、その中に芸舞妓さん達による舞の披露もあるのです。

今回はアニメの紹介に加え、少しだけ京都の花街の専門用語についてご紹介してみました!
なかなか知ることの少ない「花街」という世界。このアニメでまずその第一歩を知るのもいいかもしれません。

出典 YouTube


記事タイトル:

意外に少ない芸舞妓モノアニメ。「 みツわの 」は見てみた?

関連ワード :

一ノ瀬舞依

みツわの

美少女

ショートボブ

髪色(黒)

主人公

堀江由衣(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!