アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

コミック原作ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」主題歌が6週連続1位獲得!

今週もback numberの「クリスマスソング」が1位をキープした歌ネットランキング。これで「クリスマスソング」は初登場以来6週連続でトップという結果に。本作の快進撃がどこまで続くのか、その動向に注

コミック原作ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」主題歌が6週連続1位獲得!

今週もback numberの「クリスマスソング」が1位をキープした歌ネットランキング。これで「クリスマスソング」は初登場以来6週連続でトップという結果に。本作の快進撃がどこまで続くのか、その動向に注目したい。また、今週back numberは5位に「助演女優症2」、6位に「花束」と、なんと計3曲がトップ10内にランクイン。

5位の「助演女優症2」は、11月18日リリースのback numberシングル「クリスマスソング」の収録曲。「クリスマスソング」では、男性から女性へのひたむきな愛を歌った歌詞が特徴的だったが、今作「助演女優症2」では一転、ほかに大切な人のいる相手を好きになってしまった女性の気持ちをリアルに歌い上げている。<最後のデートくらいはどんなに 多忙だって遅れず来てよ>と冒頭はかなり強気な女性のイメージだが、<私のものにならないのに どうしてまたお気に入りの服で あなたを出迎えているの?>や<全てを知った上で受け入れて 納得してここにいると そう思っているんでしょ でも違うの 我慢しているだけ>と、傷ついた胸の内を吐露する。ラストには<最後の言葉くらい少しは 男らしくすればいいのに いなくなったところで次のわたしを 探すんでしょう>と締めくくり、彼との関係を断ち切ろうとしている。

本作は、2012年11月にリリースしたシングル「青い春」のカップリング曲である「助演女優症」の主人公の、その先ともいえる。「助演女優症」では、主人公の女性は寂しさに気づかないふりをしていたが、“2”ではそんな関係に終止符を打とうとしているのだ。「助演女優症」「助演女優症2」と合わせて楽しむと、また違った深みを感じることができる。「花束」は2011年リリースの楽曲ながら、未だにランクインし続ける稀有な1曲。<僕は何回だって何十回だって 君と抱き合って手を繋いでキスをして 思い出すたびにニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ>と、愛に溢れたカップルの姿を描き出す。<とりあえずは 一緒にいてみようよ>や<信用ないなぁ>、<曲がった事ばっか>といった、飾らない言葉使いもリアルで、より実在感のあるふたりをあぶり出している。

また今週3位に初登場ランクインしたのは、防弾少年団の「I NEED U (Japanese Ver.)」。2013年6月に韓国でデビューしたHIP-HOPボーイズグループである彼らの、12月8日リリースのシングル曲だ。ラジオ解禁に先駆けて「歌ネット」で歌詞を先行公開したとあって、話題に登ったよう。<崩れ出すこんなにも 知らない 君は何も ふざけてる 馬鹿げてる 言い訳は要らないもう>と、リズム感良くリリックを紡いでいく。自分はこんなにも好きなのに、相手は振り向いてくれない、そんな切ない想いをダンサブルなナンバーに乗せて歌う。男の切なさを存分に感じられる歌詞世界だ。

ほか、2位の西野カナ「トリセツ」や、8位のmiwa「夜空。feat.ハジ→」など、リアルな恋愛観を綴った歌詞が人気を継続する結果となった。

文/木村桂子


記事タイトル:

コミック原作ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」主題歌が6週連続1位獲得!

関連ワード :

桜庭潤子

5時から9時まで

美女

ヒロイン

コミック

主題歌・挿入歌

実写




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!