アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

【冴え女】[女性小説家と男性編集者の場合]第6話(後半)「先生騙されてますよ?」

藤沢「・・・まぁ、なんとなくわかった気もしますが、一応、理由を聞いておきましょう。なぜですか?」 山田「いや、なんというかですね?そのぉ・・私が敬愛する蘭崎先生の小説が実際に映像作品になってるわけじ

【冴え女シリーズ(8)】[女性小説家と男性編集者の場合]第6話(後半)「先生騙されてますよ?」

※この作品は、キャラペディア公式無料アプリ【冴えない女子が一時間で告白されるハズがない!?(ボイス&イラストアニメーションドラマ集)】に収録されている作品およびストーリーの一部となります。同作品を、「声優&イラスト」付きのアニメーションドラマとしてご視聴されたい方は、是非無料アプリ【冴えない女子が一時間で告白されるハズがない!?】をダウンロードしてお楽しみ下さい。詳細は↓から。

【冴え女シリーズ(8)】[- 女性小説家と男性編集者の場合 -]

■作品概要
若い世代に絶大な人気を誇る純愛小説家「唯ヶ浜栞」。その実態は山田典子というありきたりな名前な上にだらしない。恋愛小説を書いているも恋愛経験は無し。ある日、編集者の「樹」が「典子」の部屋にやってくる。しかし、あまりの部屋の汚さに打ち合わせは中止。急遽、2人で部屋の片付けをする事に・・・。


●第6話(後半)「先生騙されてますよ?」


藤沢「・・・まぁ、なんとなくわかった気もしますが、一応、理由を聞いておきましょう。なぜですか?」

山田「いや、なんというかですね?そのぉ・・私が敬愛する蘭崎先生の小説が実際に映像作品になってるわけじゃないですか?だから小説が実写になるとこうなるという資料に・・・」

藤沢「却下します」

山田「そ、そんなぁ」

藤沢「実際に先生の作品が実写の映像作品になるのはそう遠くないかもしれませんが、そこは先生の気にするところではなく映画やドラマの監督が気にすることです」

山田「そ、そんなぁ・・・じゃあDVDボックスか幸運の水晶のどっちかを捨てなきゃいけないんですか?」

藤沢「何ですかその幸運の水晶って」

山田「先月、我が家に来たセールスの人が『これを持っていると幸運が入ってきますよ』って言っていたので買いました」

藤沢「ちなみにおいくらで?」

山田「8万5千円です。本当は10万のところを値引きサービスしてくれました。人見知りな私にも優しく時間をかけて説明してくれたとても紳士的な良い人でした」

藤沢「失礼ですが・・・先生騙されてますよ?」

山田「何がですか?」

藤沢「それ、もはや使い古された手口の押し売り詐欺じゃないですか」

山田「そ、そんなことないですよ」

藤沢「実際に幸運が入ってきたんですか?」

山田「これを買ったら商店街の福引で6等が当たりました!」

藤沢「6等・・・ですか」

山田「『6等ですか』って・・・箱ティッシュとトイレットペーパーのセットですよ?ちょうどどっちも切れかけていたので大助かりです」

藤沢「えーっと・・・他には?」

山田「あとは古本屋で偶然にも欲しかったデューク如月(きさらぎ)のウォーキングの本と仏壇のカタログ本を見つけました」

藤沢「いろいろツッコミたいのですが・・・あえて聞くならなぜその2冊が欲しかったんですか?」

山田「この前デューク如月がテレビで健康の番組をやっていて私も健康になろうかと!」
藤沢「部屋からほとんどでない。さらに部屋は散らかって足の踏み場もない。いったいどこでウォーキングするつもりだったんですか?」

山田「・・・あ」

藤沢「はぁ・・・で、仏壇の本は?」

山田「えーっと次の作品は仏壇・仏具販売店のオーナーを主人公にしようと思っていまして」

藤沢「・・・打ち合わせ前にその話を聞けてよかったです」

山田「本当ですか?」

藤沢「そんな案、出たところでボツにしてましたから、手間が省けました」

山田「そんな~」

藤沢「結局、ほとんど幸運なんて入ってきてないじゃないですか」

山田「そ、そんなことないですよ!私は買ってから幸せなんです」

藤沢「プラシーボ効果でも先生が幸運を感じているならまぁいいですけど・・・で、どっちを残すんですか?」

山田「そうだった・・・う~どうしよう」

藤沢「まぁ水晶も8万以上払ったとなると確かに捨てにくいでしょうけど」

山田「どうしてもどっちか切り捨てなきゃダメですか?」

藤沢「ダメですね。約束ですから」

山田「あ~どちらも捨てがたい」

藤沢「まったく・・・しょうがないですね」

山田「え?じゃあ」

藤沢「この部屋を今日中に綺麗にすることが出来ればDVDボックスを資料として認めましょう」

山田「え~そんなぁ」

藤沢「ではDVDボックス捨てますか?」

山田「いえ、やらせていただきます」

藤沢「頑張ってください」

山田「う~ケチ!」

藤沢「世の中そんなに甘くありません!とりあえずそのDVDボックスは先生の手の届かない本棚の上においておきます」


【冴え女シリーズ(8)】[- 女性小説家と男性編集者の場合 -]第7話(前半)へ続く


●出演キャラクター

藤沢樹(ふじさわいつき)26歳:編集者
山田典子(やまだのりこ)29歳:作家

●声優および制作クリエイター

シナリオ:西尾優一
イラスト:三月涼
男性声優:柊唯也
女性声優:加藤みずき

●アプリ概要

様々なシチュエーション、たくさんのイケメン&イケボ男性との1時間のオリジナルラブストーリー(ボイス&アニメーションドラマ)を集めた、女子のための図書館、もしくは映画館のようなラブドラマアニメーションアプリです。

出典 YouTube


記事タイトル:

【冴え女】[女性小説家と男性編集者の場合]第6話(後半)「先生騙されてますよ?」

関連ワード :

藤沢樹

冴えない女子が一時間で告白されるハズがない!?

イケメン

髪色(黒)

主人公

ドS

柊唯也(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!