アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

【冴え女】[女性小説家と男性編集者の場合]第10話(後半)「それはなぜですか?」

藤沢「典子さん!」 山田「・・・わかった。でもきっと真実は何も変わらない・・・あなたのお姉さんが私を裏切ったという事実は」 藤沢「姉が、裏切った?」

【冴え女シリーズ(8)】[女性小説家と男性編集者の場合]第10話(後半)「それはなぜですか?」

※この作品は、キャラペディア公式無料アプリ【冴えない女子が一時間で告白されるハズがない!?(ボイス&イラストアニメーションドラマ集)】に収録されている作品およびストーリーの一部となります。同作品を、「声優&イラスト」付きのアニメーションドラマとしてご視聴されたい方は、是非無料アプリ【冴えない女子が一時間で告白されるハズがない!?】をダウンロードしてお楽しみ下さい。詳細は↓から。

【冴え女シリーズ(8)】[- 女性小説家と男性編集者の場合 -]

■作品概要
若い世代に絶大な人気を誇る純愛小説家「唯ヶ浜栞」。その実態は山田典子というありきたりな名前な上にだらしない。恋愛小説を書いているも恋愛経験は無し。ある日、編集者の「樹」が「典子」の部屋にやってくる。しかし、あまりの部屋の汚さに打ち合わせは中止。急遽、2人で部屋の片付けをする事に・・・。


●第10話(後半)「それはなぜですか?」


藤沢「典子さん!」

山田「・・・わかった。でもきっと真実は何も変わらない・・・あなたのお姉さんが私を裏切ったという事実は」

藤沢「姉が、裏切った?」

山田「そう・・・どこから話しましょうか?そうですね・・・じゃあ大学4年の秋から話し始めましょうか。4年生の夏休みが開けた頃、私たちは大学主催のコンクールに向けて小説を書き始めていました」

藤沢「確か入賞すると出版社に推薦されるんですよね?」

山田「そうです。そこで賞を獲って実際にプロの小説家になる人も少なくありません」

藤沢「典子さんもやはりプロを目指して?」

山田「私も加奈ちゃんも本気で小説家を目指していましたから、そこで賞を獲って出版社と契約するのを目標にしていました」

藤沢「その時はまだ仲が良かったんですね」

山田「その時はまだ何も・・・。冬休みが近くなった頃、私はなんとか順調に執筆を進めていましたが、加奈ちゃんの方は若干、展開に悩んでいるようでした」

藤沢「確かに家でも小説がなかなか進まないと悩んでいました」

山田「加奈ちゃんの力になりたかったんですが、私も自分の方に手一杯でなかなか会うことが出来ませんでした。冬休みに入ってからも私は自分のゼミの研究室に一日中籠もって作品を書いていました。そこに、康介君がやってきたんです」

藤沢「姉の彼氏が?」

山田「はい。私はそこで久しぶりにあった康介君に自分の作品について話したり、加奈ちゃんの近況を聞いたりしました。でも、私がお手洗いに行って戻ってくると康介君は突然用事を思い出したといって帰って行きました」

藤沢「・・・」

山田「冬休みが明けて締め切りまで1ヶ月を切った頃、加奈ちゃんは冬休み中に進展があったらしく、無事に作品を書き上げて提出していました。私は加奈ちゃんに頼まれて、提出した作品を読むことになりました。・・・そして、そこには・・・今まで私が3ヶ月かけて書いてきたモノと同じ境遇の主人公が同じ展開で物語を進めていき、私の考えていたエンディングを迎えていました」

藤沢「ま、まさか」

山田「そうです。おそらく加奈ちゃんは康介君に頼んで私のところにアイデアを盗みに来ていたんです」

藤沢「そんな・・・」

山田「その時私が騒いだところで、加奈ちゃんの作品は既に提出され、私の作品はまだ未提出。なんと言おうと盗作だと言われるのは私の方でしょう。だから私は提出までの残り3週間もない状態で1から作品を書き上げるしかありませんでした」

藤沢「典子さん」

山田「当然、結果は最悪でした。案の定、私の作品は選考漏れ、一方加奈ちゃんは最終選考まで残り、佳作として入賞。私はなぜ自分がこんなことにならなければならなかったのか、悔しくて仕方がなかった。真面目に小説を書いていた私が涙を飲んで、書けなかった彼女が私の作品を持って賞を受け取っているのが。日に日にその恨みはつのっていきました」

藤沢「それが、日記に書き記されていた恨みの言葉・・・」

山田「もうその時の私は空っぽでした。毎日、彼女を恨み、それが晴らせたら死んでも良いと・・・そしてその後は・・・藤沢さん、あなたがお姉さんから聞いた通りです」

藤沢「受賞式の前日に・・・あなたは・・・姉の前で自ら手首を切った・・・」


【冴え女シリーズ(8)】[- 女性小説家と男性編集者の場合 -]第11話(前半)へ続く


●出演キャラクター

藤沢樹(ふじさわいつき)26歳:編集者
山田典子(やまだのりこ)29歳:作家

●声優および制作クリエイター

シナリオ:西尾優一
イラスト:三月涼
男性声優:柊唯也
女性声優:加藤みずき

●アプリ概要

様々なシチュエーション、たくさんのイケメン&イケボ男性との1時間のオリジナルラブストーリー(ボイス&アニメーションドラマ)を集めた、女子のための図書館、もしくは映画館のようなラブドラマアニメーションアプリです。

出典 YouTube


記事タイトル:

【冴え女】[女性小説家と男性編集者の場合]第10話(後半)「それはなぜですか?」

関連ワード :

藤沢樹

冴えない女子が一時間で告白されるハズがない!?

イケメン

髪色(黒)

主人公

ドS

柊唯也(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!