アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

『5時から9時まで』back number、最新アルバム『シャンデリア』制作の背景を語る

5thアルバム『シャンデリア』がついにリリースされる。「ヒロイン」「SISTER」「クリスマスソング」など、既発のシングル曲はもちろん、書き下ろしの新曲も眩しい輝きを放っている1枚だ。充実感が漲るバン

『5時から9時まで』back number、最新アルバム『シャンデリア』制作の背景を語る

5thアルバム『シャンデリア』がついにリリースされる。「ヒロイン」「SISTER」「クリスマスソング」など、既発のシングル曲はもちろん、書き下ろしの新曲も眩しい輝きを放っている1枚だ。充実感が漲るバンドの状況が伝わってくるが、様々な不安や葛藤を抱えながら1曲1曲を形にしていったのだという。今作を生み出す過程の中で彼らが噛み締めていた想いとは何なのか?そして、各曲が示すback numberならではの作風とは?清水依与吏(Vo・G)、小島和也(B)、栗原寿(Dr)に語ってもらった。

文/田中大

EMTG アルバムを作る上で、何かイメージしていたことはありました?

清水 「ヒロイン」を作っていた頃に考えていたことがあったんですけど、そこからまた変化した感じですね。いろんな曲を作る中で「シャンデリア」という言葉が浮かんだんです。この言葉がなんで気になったのか最初は分からなかったんですけど、いろいろ作っていく内に、今の僕が思っている音楽観と共通するところが多いのが「シャンデリア」なんだなと感じるようになりました。

EMTG どういうことでしょう?

清水 LEDじゃない感じと言うか。シャンデリアって何かを燃やして光っていて、本人は誰かを照らすことへの使命感もあり。それを見て「綺麗だね」とか温かい気持ちになる人もいたり。でも、根本的なことを言えば誰かがスイッチを押さないと光れないし、何処かから電気が供給されないといけない……というのが音楽と共通するように感じるんです。back numberらしくないかもしれない言葉ですけど、前作から今回に至るまでの間って、らしくないことをたくさんしましたからね(笑)。

EMTG いろんな大型タイアップも経験したり?

清水 そう(笑)。でも、「らしい」とか「らしくない」とか勝手に判断したことも、後々になって聴いてみると、結果的に自分らしさに変わっているものだということも知ったので。だからこのアルバムは『シャンデリア』っていうタイトルがピッタリかなと思いました。

EMTG 前作から今作に至るまでの期間は、リスナーの立場からすると快進撃の日々として感じられるんですけど、当事者としてはどんな想いがありました?

清水 快進撃……うーん。なにしろ相手がデカ過ぎて(笑)。相手の土俵で相撲を取ると決めていたので、とにかく頂いたCMやドラマとかに合うものを追求したんですよね。そういう中で、自分たちとしても納得できるものを見出すっていうことをやっていました。だからシンプルに言うと、すっげえ大変だったんです(笑)。でも、アルバムの通し聴きをした時に「ああ、この1年数ヶ月は間違ってなかったんだな」ってやっと思えました。正直に言うと、そこまでは本当に不安。「俺たちのアルバムと言えるものになるのか?」という不安があったので。でも、通し聴きをした後に、「俺たちの新しい、いいアルバムができたわ」って思えたんですよね。

EMTG 和也さんと寿さんは、このアルバムについてどんなことを感じています?

小島 いろんな記憶がこめられた1枚にもなっていますね。聴きながら、「この時はこうだったなあ」とか、いろいろ思い出しています。必死だったのはたしかですよ。

栗原 やっぱり僕も思うのは、「必死だった」っていうことですね。目の前にあることに対して、とにかく全力で向き合っていましたから。もちろん今までもそうだったんですけど、必死さの度合いが一番大きかった気がします。

EMTG 「必死だった」というのは、共通した想いみたいですね。

清水 そうだと思います(笑)。でも、生きた心地がしない日々が、実は後になって振り返ってみれば、一番生きている日々なんだなと。そんなことに最近気づきました。すげえ大事で、すげえ頑張んなきゃいけない場面ほど、生きた心地がしないもんで。『ミュージックステーション』とか(笑)。それに対して賭けていて、大事にしているからこそ、そういう気持ちになるんです。そういうことが分るようになったから、いろいろ大変な時も、「そっか。俺、今を生きてるんだ。だから過去も未来も信じられずに不安なんだ」と。そういうのを少しずつですけど楽しめるようになってきています。

EMTG 今のお話を聞いていて漫画の『賭博黙示録カイジ』をふと思い浮かべたんですが。

清水 ほんとそんな感じです(笑)。こんな日々、当分は遠慮申し上げたいですけどね……とか言いながら、苦しかったのをしばらく経つと忘れちゃうんじゃないですか(笑)。

EMTG そうだと思います(笑)。依与吏さんの「もう脱け殻です……」というような発言、アルバムの取材で毎回聞いていますので。

清水 ですよね?(笑)。だから、しばらく経ったら、きっとまたのほほんとやっていますよ。既に「曲作りたいなあ」って思っているので。

EMTG では、アルバムについての具体的なお話に入って行きましょう。「僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」が、すごくいい曲だと思いました。

清水 ありがとうございます。「好きって言ったけどフラれた」っていう曲は、まだやっていなかったんですよね。「気持ちを伝えられなくて帰ってくる」とか「付き合ってて別れる」とかはたくさんやってきたんですけど。

EMTG この主人公、愛すべき男ですね。《バカなフリして 来週また言ってみようかな》とか、最高じゃないですか。

清水 こいつ、ふざけたやつですよ。でも、こういうのがもしかしたら聴いてくださる方々にとっての救いになるのかもしれないですね。僕は高校生くらいの時にフラれたり、辛いことがあった帰り道で自転車を漕ぎながら音楽を聴いていましたけど、この曲があったらもっとポジティヴになれた気がします。「またバカなフリして言えばいいんだ」と(笑)。まあこの曲、メロディに乗せて愚痴っているだけでもあるんですけどね。

EMTG 「メロディに乗せて愚痴っているだけ」ってかなり思い切った言い方ですが(笑)。でも、back numberの本質を突いていると思います。生々しい悲しみ、痛み、不安とかの吐露を綺麗なメロディと一体化させるパワーがものすごいバンドですから。

清水 ほんとそれな気がします。それができるのが音楽ですし、それを受け止める度量を持っているのがバンド。こういうの、ソロアーティストだったら僕はやらないですよ。バンドのせいというか、バンドというものを借りて、他の人に伝えても仕方ないような気持ちを吐露するっていうのが、僕は好きなんでしょうね。だから「僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」も、楽しみながらやっています。

EMTG こういう作風って、「ヒロイン」や「クリスマスソング」に関しても言えるところじゃないでしょうか?

清水 そうですね。共通するものがあると思います。「ヒロイン」は、感動して頂ける愚痴ってことかも(笑)。

EMTG 「感動して頂ける愚痴」って、すごい表現(笑)。

清水 でも、みんな愚痴りたいもんじゃないですか? それは僕だけでなく。みんな溜息と共にそういう感情を出したいけど、我慢強いから言わないんですよね。そういうのがカッコ悪いことも知っているし。だから僕が先頭を切ってメロディに乗せて愚痴る。そのことによって、もしかしたらそこに気持ちを委ねて、「そうなんだよ……」って思って頂けているのかもしれないなと。

EMTG 「感動して頂ける愚痴」って、照れが滲むところも含めて依与吏さんらしいですね。まあ、僕としては「back numberとは感動する愚痴である」とは、失礼過ぎて言えないですが。

清水 いやいや、いいんです。僕は先陣切って愚痴っているだけですから(笑)。作った曲を聴いて「救われた」とかおっしゃってくれる方がいるのはもちろん嬉しいですけど、音楽は誰かを救いたくて始めたことではないですし。「自分が言いたいから言っている」っていう感覚の方が強いので。作った曲を聴いた人がどう感じるのかは分からないし、結果論なんですよ。それはこのアルバムを作って分かったことの1つであるように思います。だから胸張って「愚痴」って言っています。やりたいことがきちっとでき始めているから、こういうことも言えているんだと思います。「カッコつけることなく、より自分になっていく。もっと脱いでいく」っていうのがback numberの正解なのかなと。

EMTG なるほど。あと、今回のアルバムを作る上で、小林武史さんの存在も大きいですよね?

清水 ほんとそうですね。今回、プロデュースして頂いた曲が4曲入っていますし。

栗原 小林武史さんは、レコーディングの現場でもアイディアをいろいろ出してくださったんですよ。最終的には採用されなかったとしても、そのいろんな提案によって「こういうフレーズもありなんだ」とか発見することができて、他の曲で活かせたりもしました。小林武史さんは僕にとって、引き出しの開け方を教えてくださったプロデューサーさんですね。

小島 音を聴いてすぐにいろんなアイディアが溢れ出る小林武史さんの姿を見て、「すごいなあ」と感動していました。録りながら「じゃあ、こういうのもやってみて」っていろいろやっていく内に、どんどん完成形が見えてくるんですよ。道が見えてくるような作り方に感動しつつ、勉強もさせて頂きました。

EMTG セルフプロデュースの曲も冴えていますよね。例えば「サイレン」と「Liar」は、ギターロックとして最高にカッコいいです。

清水 カッコいいことをしたかったという意識もあったので(笑)。「ギターロックバンドというものから離れよう。ちゃんとポップスとして聴けるものを作ろう」ってずっと思っていたんですけど、それがまた変わってきていて。そういうことを意識するよりも、今の自分たちがカッコいいと思えることをやった方がいいだろうと思うようになっているんです。僕らはギターとベースとドラムしかいないバンドだから、「ギターを重ねてガシャ!ってやりたいと思って作った曲が、ギターロックになって何が悪い?」と。

EMTG 「ミラーボールとシンデレラ」は、気持ちいいダンスロックですけど、これもギターアレンジが粋です。

清水 ギターでいろいろやるのが楽しくてしょうがなかった期間ではあります。たしか「アップルパイ」で、そういう気持ちに火が点いたんですよ。それぞれのギターが別々のことをやりつつ、全体像としての響きを作るようなやり方をするようになっているんですよね。前回のアルバムの頃の自分を「プロデューサーになりたい病」って呼んでいるんですけど(笑)。その感じが板についてきて、「この全体像はこう聴こえる」っていう客観視が手に入った気がしています。ギターに自信も出てきたんですかね? 歌だけでなく、ギターでもなんとかしたいっていう。前はコーラスを重ねる方向で考える方が強かったんですけど。

EMTG このアルバムのいろんな曲をライヴで聴くのがすごく楽しみですよ。

小島 やるのが楽しみです。不安でもあるんですけど(笑)。

清水 いっぱい練習しないとな? 「和也さんみたいになりたいっす。あそこのフレーズどうやってるんだろう?」って見つめる少年もいるかもしれないから、そこで弾けないわけにはいかないよね。

小島 なんでプレッシャーをかけてくるの?(笑)。

清水 寿はスティックを落っことしちゃうんだよな?

栗原 だからスティックをいっぱい置いてあるんですけど(笑)。そういえば。前にスティックをあげた男の子から手紙を貰いまして。「寿さん、スティックをありがとうございました。寿さんも頑張ってるので、僕も頑張ろうと思います」って書いてあったからドラマーに憧れているのかなと思っていたら、「今度トライアスロンの大会があるので」と(笑)。

EMTG アスリートの励みにもなるプレイができているっていうことですよ(笑)。

栗原 そうだと嬉しいですね。今後のライヴに向けても必死にならないといけないなと思っています。
EMTG 年明けからツアーですよね。かなり長期間に亘るものになりますが。清水 7月までやるんです。体力勝負だろうなあ(笑)。でも、やりだしたら楽しいのがツアーなので頑張ります。僕らはいい曲しかやらないし、いいライヴしかする気がないので、来てもらえばラジオ、テレビ、CDとかだけじゃ分からないものを感じて頂けると思います。人間力というか、「その人たちがどんな風に生きてきたのか?」まで滲み出てしまうのがライヴですからね。


記事タイトル:

『5時から9時まで』back number、最新アルバム『シャンデリア』制作の背景を語る

関連ワード :

桜庭潤子

5時から9時まで

美女

ゆるふわウェーブロング

髪色(茶)

主人公

主題歌・挿入歌




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!