アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

【情報】黒バス黄瀬くんのイケメンぷりがとんでもない事になっとる件(*´艸`*)

【情報】黒バス黄瀬くんのイケメンぷりがとんでもない事になっとる件(*´艸`*)

黄瀬くんの情報

プロフィール

所属:海常高校1年生
誕生日:6月18日(双子座)
身長:189㎝
体重:77㎏
血液型:A型
ポジション:オールラウンダー(スモールフォワード(SF))
背番号:7番(帝光中時代:8番)
座右の銘:自分に正直に
趣味:カラオケ
特技:利きミネラルウォーター
好きな食べ物:オニオングラタンスープ
嫌いなもの:ミミズ(理由:きもいから)

紹介

元・帝光中バスケットボール部レギュラーで、「キセキの世代」の一人。他のメンバーより遅れて中学2年からバスケを始め、経験は浅いものの持ち前の才能でバスケ部の一軍入りを果たした。そのため、「(キセキの世代の中で)一番下っ端」と自称している。

左耳朶にリングピアスをつけており、黄色い髪と目じりから一本だけ飛び出ている長い睫毛が特徴。中学時代からモデルをしているが、試合があればそっちを優先させるため、モデルの仕事はそこまで真面目にはしていないらしい。その見た目と明るいムードメーカー的な雰囲気もあってか女性にはモテており、試合に出れば黄色い声が飛び交う。女の子にフラれたことも無いとのこと。

「~ッス」という砕けた敬語の様なそうでない様な口調で話し、自身が認めた人物をことは「○○っち」と呼ぶ。一応状況を弁えた態度は取るのだが、どうにも器用な才能と自分に素直な性格のため、やや生意気染みた風に見られ、周囲を苛立たせることが多い。それでも、チームメイトとバスケをすることを純粋に楽しんでいたり、「スポーツなんて勝ってなんぼ」といいつつも負けがほぼ決まった試合でも最後まであきらめずに奮闘するなど、色々と問題の多いキセキの世代のなかではかなりまともな人物である。

自称「黒子の第一の親友」で、高校入学後も誠凛の主な試合は必ず観戦しに来ているが、黒子からするとそうでもなく「普通」らしい。

中学時代当初は何処の部活にも所属していなかった。特にスポーツに関しては見たものを一瞬で模倣出来てしまうため、何をするにもいまひとつやる気が出てこず、少し荒んだ日々を過ごしていた。 しかしある時、体育館で青峰大輝のバスケを見たことが切っ掛けでバスケに興味を持ち、即入部。自分にもコピーできない青峰のバスケに憧れ、頻繁に1on1を申し込んでいたが、勝てた試しは無かった。
帝光中のバスケ部に入部した当時の教育係は黒子テツヤ。出会った当初はシュートもドリブルも素人並みである黒子のレギュラーとしての素質を疑っており完全に舐めきった態度を取っていたが、現在は一番仲が良かったと公言するほどなついている。
単行本の質問コーナーによると、姉が二人いるらしい。

プレイヤーとして

内からも外からも攻めることの出来るオールラウンドプレイヤー。元々の身体能力と、抜群のバスケセンスによって、相手の技やテクニックを一目見ただけで模倣し自分のものにしてしまう模倣(コピー)能力を持つ。

コピーした技やテクニックはその試合中だけでなくちゃんとストックすることができ、別の試合で用いることも可能。中学の頃はただ模倣するだけであったが、高校に入ってからは元の人物以上の出来栄えでその技をこなすまでに進化した。

ただし、黒子の「ミスディレクション」は見ること自体ができない能力のため使用できず、NBAの選手など黄瀬のスペックを超えた選手の動きも模倣できない。その為以前はキセキの世代の技のコピーはできなかったのだが、IH準々決勝で青峰と対戦した際に青峰に対する憧れを捨てたことで青峰のスタイルを自分なりにコピーすることに成功した(黄瀬は青峰ほどの最高速度を出せないため、青峰よりも最低速度を低くすることによって青峰のチェンジ・オブ・ペースを再現した)。

完全無欠の模倣(パーフェクトコピー)

キセキの世代の技をすべて使えるというチート能力。といっても、他のキセキの世代の技をそのまま使うには黄瀬のスペックがやや足りないため、完全な再現は出来ていない。しかし、最低速度をさらに下げることで青峰の緩急ある動きを再現したように、足りないものを他の要素で補うことによって、オリジナルに非常に近い完成度を実現している。具体的には、シュートまでのタメをさらに長くすることによって緑間の3Pシュートの飛距離を、予測とジャンプ力によって紫原のディフェンスの守備範囲を、今まで様々な技をコピーしてきた観察眼と経験則によって赤司の正確な未来視を再現している。二つ以上の能力を組み合わせることもできるため、非常に強力なプレーを展開することが可能である。

黒子のミスディレクションのコピーはできないままだが、加速するパス廻などのパス技術は使用可能であり、幻影のシュートもミスディレクションを高いループと素早い弾速で代用することでコピーしてみせた。

火神曰く「キセキの世代全員と一度に戦っているのと同じ」らしく、実際、火神や灰崎はこの状態の黄瀬に全く歯が立たなかった。ただし、キセキの世代のコピーは非常に体力を消耗するため、一試合に五分間しか使用できないという制限時間が存在する。


記事タイトル:

【情報】黒バス黄瀬くんのイケメンぷりがとんでもない事になっとる件(*´艸`*)

関連ワード :

黄瀬涼太

黒子のバスケ

イケメン

髪色(黄)

バスケットボール

高校生

アニメ




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!