アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

火神くんの情報をまとめてみた【情報編】

火神くんの情報をまとめてみた【情報編】

プロフィール

誠凛高校1年B組在籍。(主人公:黒子テツヤのクラスメイトで席順も前後)
誕生日:8月2日(獅子座)
血液型:A型
身長:190cm、体重:82kg
ポジション:PF(パワーフォワード)
背番号:10番
座右の銘:よく食べよく遊ぶ
好きな食べ物:チーズバーガー
趣味:サーフィン
特技:料理
嫌いな動物:犬(アメリカにいた頃、犬に尻を噛まれた )
黒い影のある赤髪の持ち主。眉毛の形が特徴的。黒子テツヤの現・相棒(光)

人物

小学3年から中学2年まで親の転勤でアメリカ(ロサンゼルス)に在住していた。帰国後もバスケットを続けようとしていたが、日本のレベルの低さに失望し、一時はバスケットから離れていた。

高校進学を機に本格的にバスケットに復帰。 誠凛高校バスケ部に入部し、その天賦の才能を見抜いた監督・相田リコに即戦力と見込まれ、1年にしてレギュラーの座を獲得。チームの不動のエースとして活躍する。

強い相手との勝負を求める挑戦心と向上心あふれる熱血漢。やや短気で頭に血が上りやすいが、諫められれば自分の間違いをしっかり反省するなど基本的には素直で物分りが良い。また、繋がりを失うことを恐れて兄貴分相手に本気になりきれなかったりするなど乱暴ながらも根は優しく情に厚い。試合前日に興奮して眠れないなど子供っぽい一面もある。

ジュニアスクール時代に日本人であることで周囲から浮いてしまっていたときに氷室辰也と知り合い、彼に誘われてバスケットボールを始めた。それから氷室とは兄弟としてペアリングを分け合いながらも、拮抗した試合を数多く演じるなど「兄貴分兼ライバル」という非常に親密な関係となる。しかし、氷室が負傷していた試合で彼を気遣って手を抜いてしまったことで氷室を激怒させてしまい、喧嘩別れしてしまっていた。

帰国子女なせいなのか、日本語は普通に話せるものの敬語が苦手であり、「してくれ!…ださい!」や「なんでなんっっ…でっ…すか」など話し言葉に「です」「ます」をそのまま取って付けたような奇妙な話し方をする。勉強も0点を取ったこともあるほど苦手であり、誠凛への入学もギリギリだったらしい。特に苦手な科目は国語で、英語力も日常会話に不自由することはないものの、授業で習うような堅苦しい英語は苦手である(そのあまりの点数の低さから、「帰国子女やめろ」と言われたこともある)。

山盛りのハンバーガーを毎日食べたり、4kg以上のステーキをリスのように頬を膨らませて食べたりと、大食漢で表していいのかわからないレベルの大食い。父親は仕事の都合でアメリカに残っているため、現在はウィンターカップ本戦会場の近くにあるマンション(本来は父親と住む予定だったためかなり広い)に自炊しながら一人暮らししている(そのため、料理の腕は確か)。家の中には必要最低限の家具とバスケ用具しかないなど私生活はかなり禁欲的である。

プレイヤーとして

相田リコに「天賦の才能」「高一男子の数値じゃない」と言わしめるほどの身体能力の高さを誇る。特に跳躍力に長けており、空中で姿勢を大きく変えることができるほどの滞空時間とレーンアップ(フリースローラインからジャンプして決めるダンク)を可能とするほどの飛距離を誇り、特に右脚で踏み切ったときは驚異的なジャンプ力を発揮する。以前は左手でのボールハンドリングが拙かったため右脚で跳んだときはせいぜい叩きつけることしかできなかった(右脚で踏み切った場合は利き手ではない左手でボールを扱わなくてはならない)が、現在はある程度改善されている。

その運動能力に任せた荒々しいプレイスタイルと力強いダンクシュート、そして跳躍力を活かした高次元での攻防を得意とする。その反面、アウトサイドシュートは苦手である。

それでも連載当初はまだキセキの世代のメンバーに一歩劣っていたが、「野生」の発現や跳躍力の覚醒によってキセキの世代のエース、青峰と互角の1on1を繰り広げるほどに成長した。

必殺技・特殊能力

野生

所謂「野生のカン」。元々誰もが持って生まれ、成長とともに失われていく力。五感が研ぎ澄まされたその感覚によって相手の行動に対して直感的に反応することが出来る為、予測よりさらに速い反応が可能となる。アメリカでアレックスの下で賭けバスケを死にもの狂いで行うことで取り戻した。

ゾーン

余計な思考や感情が全てなくなり、ひたすらプレイに没頭するただの集中を超えた極限の集中状態。選手の持つ力を最大限引き出せる反面、トップアスリートでも偶発的にしか経験できない稀有な現象。ゾーンに入った人物は瞳から光の筋のようなものが出る描写があり、汗の描写がなくなる。非常に強力な状態ではあるが、あくまで一時的なものであり、時間制限が存在する。またゾーンは一度体感することでその万能感によって「もう一度入れれば」という誘惑が生まれ、それが集中状態に一番あってはならない雑念となってしまい、一回目より二回目以降のほうが入るのが遥かに難しくなる。さらに入るためには個々人で異なる何らかの「条件」を満たさなければならず、それを満たしたとしても必ず入れるわけではない。火神は青峰と違い、自力で意識的に入ることは出来ない。

流星のダンク(メテオジャム)

通常のレーンアップとは違い、距離を犠牲にした代わりに右脚で高さを稼ぐように跳ぶことで相手のブロックよりかなり高い位置からボールを叩きつけるようにしてシュートする。陽泉戦までにアレックスから伝授された。氷室の「陽炎のシュート」と同様に無敵のシュートとされ、こちらは「豪の技」と呼ばれる。右脚でジャンプするために左腕の正確なコントロールが必要とされるため非常に難易度の高い技であり、今のところはゾーン突入時に一度だけしか成功していない。『ジャム』とはダンクシュートの別名。


記事タイトル:

火神くんの情報をまとめてみた【情報編】

関連ワード :

火神大我

黒子のバスケ

イケメン

髪色(赤)

負けず嫌い

バスケットボール

高校生




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!