アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

進撃エレンのプロフィールまとめ

進撃エレンのプロフィールまとめ

エレン・イェーガー プロフィール

来歴

出身はウォール・マリア南端のシガンシナ区。医者である父グリシャ、専業主婦の母カルラ、そして数年前にさる事情から引き取られたミカサと一緒に暮らしている。

845年(作中独自の年号)に超大型巨人が出現し、シガンシナ区が壊滅するまでは、壁外の世界に憧れる好奇心旺盛な子供であった。しかし巨人に町を壊滅させられ、母・カルラが目の前で喰われた経験から、外の世界に憧れる気持ち以上に、巨人に強い憎悪を抱くようになる。

父親はウォール・マリア陥落後、行方不明になっており、エレンはそのことに関する記憶を失っている。無理に思い出そうとすると強い頭痛に襲われる。

その後2年間開拓地で勤めた後、志願して訓練兵団に入る。兵士としての能力は当初他と比べて平凡なものであったが、対人格闘成績に優れ同期ではミカサに次ぐ成績を残した。他分野では突出して優れているわけではなかったものの、人並み以上の努力と根性で訓練兵団104期を第5位の成績で卒業。士官する兵団を選択する権利を得て、調査兵団を希望する。

その理由は「とにかく巨人をぶっ殺したい」から。

人物像

人一倍強い勇気と目的意識を持つ。どんな困難や逆境においてもめげず、逆境に立ち向かう心の強さを持ち、同期のメンバーの多くに強い影響を与えた。通常、卒業成績上位10名は巨人との最前線から最も離れた安全な内地に行くために「憲兵団」を希望するものが多いが、彼の同期である104期には、例外的に上位者からの調査兵団希望者が多い。実際、上記の思惑で憲兵団に行く気満々のはずであったジャン、コニーの2名も(エレンの発破だけが発端ではないとはいえ)結果的に第一志望を曲げてまで調査兵団を志願するに至った。この事も、エレンの周囲への影響力の大きさを伺わせる。
しかし、その強すぎる意志力ゆえに、命知らずで無鉄砲な行動に走ることも多く、ジャンから「死に急ぎ野郎」と揶揄されることも。
直情的で過激な面が目立つが、現状を正しく把握し、問題から目をそらさない客観的で合理的な思考も併せ持つ。

その狂い染みた強靭な精神力・意志力は、作中で最強と称されるリヴァイ兵士長をして「本物の化け物」「どんなに力で押さえようとも、どんな檻に閉じ込めようとも、コイツの意識を服従させることは誰にもできない」と言わしめた。

色恋沙汰にはあまり耐性が無いというか、今はそれどころではないといった感覚の模様。そして若干KYで、女心や男心、男女間のジェラシーというものをほとんど理解していない。そのため、ジャンにミカサとの嫉妬心まじりで詰め寄られ胸倉をつかまれた時は、「服が破けちゃうだろうが!」と、「ツッコむところそこか?」と言いたくなる返答をしていた。

身長170cm、体重63kg。余談だが、ミカサは身長170cm、体重68kg。エレンがヒロインとネタにされる原因の一端である。

発言

「駆逐してやる・・・この世から・・・ 一匹・・・残らず!!」
「戦わなければ勝てない・・・」
「有害な獣を駆除した!! たまたま人と恰好が似ていただけだ!!」
「早く帰ろうぜ オレ達の家に」
「調査兵団に入って・・・ とにかく巨人をぶっ殺したいです」
「この・・・腰抜け共め・・・ いいから黙って 全部オレに投資しろ!!」
「服が破けちゃうだろうが!!」
「え?やだよ 足蹴られんの痛いし」
「やった!討伐数1!」
「このッ・・・裏切りもんがああああ」
「オレは頑張るしかねぇ 頑張ってお前らができるだけ苦しんで死ぬように努力するよ…」
「そんなもん 何度でも巻いてやる これからもずっと オレが何度でも」

ネタバレ注意!

訓練兵団を卒業したその日に超大型巨人が再び出現、トロスト区が襲撃される。これを仲間と共に迎撃するも、超大型巨人には逃げられ、その後の殲滅戦においても何もできないまま手足を噛み千切られた挙句、アルミンをかばって巨人に呑みこまれてしまう。が、巨人の胃袋の中で巨人への怒りを爆発させ、絶体絶命の窮地の中で巨人化の能力に目覚める。

エレン巨人体のサイズは15m級。デザインは他の巨人とは少し異なり、シガンシナ区への壁を破った超大型巨人や鎧の巨人に似て、不気味に並んだ歯が露出する。エレン本人の格闘能力の高さも相まって、並みの巨人であれば拳の一撃で軽々と叩き潰す力を持つ。巨人体へと変身するには自傷行為が必要(これは本人の弁だが、最初に巨人化した状況を鑑みれば実際には皮膚を食い破って傷を作ることをがトリガーとなっていると思われる)だが、それには『戦う、ある人を守る、物を拾う』などという「巨人化することへの明確な目的を持つ」ことが条件であり、ただ漠然と身体を傷つけるだけでは変身できない。なお、巨人化しても他の巨人からはあくまで「人間」として理解されているらしく、巨人化しても人間同様に巨人に襲われる。

巨人として覚醒した後、エレンは人間サイズに戻ってからも巨人同様の人間離れした再生能力を得たままであり、ちぎれた手足はいつの間にか再生し、リヴァイに蹴られた時に抜け落ちた歯もすぐに生え変わった。

ちなみに、巨人化と言ってもエレン自身の体が大きくなるわけではなく、エレンの傷口から巨人の骨や筋肉組織が高熱の蒸気と共に噴き出すように現れ、巨人の身体を形成していく。巨人化した時の目的意識に応じて必要な部位しか形成されない。変身後、エレン本人の肉体は巨人の弱点であるうなじ部分に癒着している。

当初、エレンはこの能力を把握しきれておらず、2度目の変身では巨人体を制御できず、すぐ側にいたミカサを襲うこともあった。また「鎧の巨人」や「女型の巨人」のような巨人化能力を持つ人間は、巨人の身体を硬化させる特殊能力があるが、それには練度があるらしく、巨人の力を完全に使いこなしていないエレンはまだこの能力に目覚めていない。

巨人化の謎については父・グリシャと彼の生家の地下室に謎を解くヒントがあるとされ、調査兵団に入った後は、ウォール・マリアを取り戻し、「地下室の秘密」を明らかにするため力を注いでいる。

余談だが、他の特殊な巨人と違って通り名がないことと、通常種の巨人とは一線を隔した筋肉質でスマートなフォルム・大きく裂けた口といったビジュアルからか、読者からは「エレンゲリオン」という愛称(?)で呼ばれている。
→エレンゲリオン

声優


記事タイトル:

進撃エレンのプロフィールまとめ

関連ワード :

エレン・イェーガー

進撃の巨人

イケメン

髪色(黒)

主人公

負けず嫌い

アニメ




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!