アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

けいおん!あずにゃんの魅力をまとめてみた

けいおん!あずにゃんの魅力をまとめてみた

概要

原作第2巻にて登場。桜が丘高校では1年2組で平沢憂と同じクラスになる。

ジャズバンドをやっていた親の影響で小学4年生からギターをやっている経験者。

唯たちの演奏の録音を聞きそのギターの演奏のうまさに憧れを抱き、軽音楽部に入る。アニメ1期第9話『新入部員!』では新歓ライブを観て感動したからとその動機を語っている。その為、最初は唯に憧れていたが、後に澪を慕うようになる。

しかし、本気で音楽をやりたがる彼女とは対照的に部がゆる~い空気なために、ティータイムなどに良い感情を抱いていなかったが次第に染まっていくこととなる。甘いものが大好き。特に鯛焼き。

部ではいじられキャラでねこみみをつけられ、そのときに平沢唯に「あずにゃん」というニックネームにされた。

しっかり者の秋山澪を慕っており、2巻60ページではそういうお姉ちゃんだったら欲しいと言っていた。

アニメでは1期第8話『新歓!』で初登場。

1期第9話『新入部員!』からはOPにも参加(楽曲にも梓のギターパートが増えている)。

3年生から部長になった。担当は変わらずギター。ボーカルも兼任することになったが、歌唱力的に出来はあまりよろしくないようで。バンド名が部活担任の山中さわ子提案『わかばガールズ』に決まりそうな勢いに戸惑っている。

使用楽器

赤のFender Mustangを愛用。ムスタングは、もともとはスチューデント・モデルとして設計されているモデルで、ショートスケールを採用している。

梓が使用しているモデルは俗にミディアム・ショートスケールと呼ばれる24インチのネック。ムスタングはさらに短い22.5インチスケールも存在する。そのため本来は、初心者や手の小さい人に向いていると言われることがあるが、実際にはムスタングのネックは他のギターと比べて特別細いわけではなく、さらにネックは短いが、ボディが大きく、全長はストラトキャスターよりも長いので小柄な人に向いているギターとは言いがたい。

ジャズが好きとの発言があるが、もちろんジャズにも不向きなギターである。イメージ・ソングでは“小さなボディ”と歌われているが、前述の通りムスタングはボディが大きい。

弾くだけで調律が狂う扱いにくいギターなので初心者にも向いていない。これらの欠点を技術で克服できる上級者向きのギターであろう。ビブラート・アームは使用せず、アームを外している。

リンク


記事タイトル:

けいおん!あずにゃんの魅力をまとめてみた

関連ワード :

中野梓

けいおん!

美少女

ツインテール

髪色(黒)

高校生

軽音楽




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!