アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

妹キャラナンバーワン高坂桐乃のプロフィールまとめ

妹キャラナンバーワン高坂桐乃のプロフィールまとめ

概要

ハンドルネームは「きりりん」。主人公・高坂京介の妹であり、本作の中心人物である。

中学2年生で、身長165cm、体重45Kg。スリーサイズはB82/W54/H81。

平凡な毎日を過ごしそれに満足している(京介談)兄の京介とは正反対で、自分が興味を抱き一度やると決めた物事には努力を惜しまないという良くも悪くも自分に厳しい節があり、一人で悩みを抱え込む事も多い。

その努力と才能の結果からか、有名雑誌の専属モデルを勤め、勉学は県内でもトップクラス、更には陸上部期待のエースであり、学校では友人が大勢いる人気者。と、まさに非の打ち所の無い完璧超人、なのだが・・・

その正体は美少女ゲーム(R-18含む)やアニメ、特に妹物をこよなく愛するという、筋金入りのオタクである。

部屋の隠し収納には大量のゲームやDVDが山積みとなっており、ニュースサイト(かーずSP・アキバBlogなど)を巡回しては衝動買いを繰り返している。(資金源はモデルの収入)

世間体を気にして、誰にも自らのオタク趣味を打ち明けられずに一人で悩んでいた所、偶然の事故で京介に秘密を知られてしまい、それがきっかけとなり『人生相談』を持ち掛けた。
その結果として学校での友人(あやせ・加奈子など)に加え、オフ会で知り合ったオタク友達(黒猫・沙織)と付き合っていく事となる。

この初めての『人生相談』を機に、水と油の様だった兄妹関係が徐々に変化していく・・・。

京介の事は普段「ねえ」「アンタ」と他人行儀な呼び方をしているが、心を開いてからは極稀に「兄貴」と呼ぶ様になる。
(ちなみに、桐乃が語り部を務める短編や小冊子の地の文では「京介」と呼んでいる)

また学校の友人に比べ、京介やオタク友達への言動が別人の様に厳しいが、嫌っているわけではなく、接し方が分からない不器用さからの対応である。どちらも素の桐乃であり、両サイド共に桐乃にとって大切な存在である。

但し田村麻奈実に対してだけは、わざと京介が嫌がる様に地味子と呼んだりと余り良い感情を持っていない。どうやら過去に京介絡みの因縁がある模様。

桐乃の経歴は全て才能と、自分の体や心を削ってまでもの並々ならぬ努力の結晶であり、全てにおいて妥協はせず、また『中途半端な過程や結果は同じ土俵のライバル達に失礼だ』と考えている。しかし特にその中で陸上においては、小学校低学年当時は運動音痴であったものの『何か』を切欠にして今の実力になる程に至っている。因みに恋愛対象として見れるのは3つ年上の『高校2年生』から。

また、本人は気付いてないみたいだが料理が壊滅的に下手である模様。原作でそういうシーンはないが、公式Twitterでは京介、父親、あやせに振る舞い、いずれも体調不良をおこしてしまっている。

アニメ第9話では桐乃流のエロゲーの楽しみ方、というか妹ゲーへの異常な程の愛が遺憾なく発揮されていた。全裸待機や風呂等で身を清めるなどの行為はネットでもよく見るネタであるが、実際に行う猛者は少数ではないだろうか。

因みにこの際桐乃がプレイしていたエロゲーは『妹×妹0しすこんラブすとーりぃ0』(妹×妹の読みはシスター×シスター。略称はしすしす、妹×妹)で、所謂泣きゲーに属するもの。ヒロインは生意気な茶髪ショートのりんこと、優しい黒髪ロングのみやびの二人であり、どちらも実妹である。桐乃曰く「マジ神ゲー」らしいが、作中の某大型掲示板でも「妹×妹は真実の愛」と評されており、その他のネット上の評価も高く名作泣きゲーとして扱われている。

プレイ中自分の事は棚に上げ(桐乃は二次元と三次元を区別している為でもあるが)りんこの態度を非難して、みやびを先に攻略しようとするものの、フラグ選択を間違え結果的にりんこルートのEDを迎えることとなる。また、プレイ中徐々にりんこの言動や選択肢に意味深な表情をする様になったり、京介への対応に微妙な変化が見受けられる。

原作ではストーリーや結末はみやびルートの一部のみ描写されており、りんこルートはとある事情からその内容は不明であった。このりんこルート及び、アニメ第9話での桐乃の描写は後の重要なフラグであると考えられる。

(原作第6巻~)

陸上で海外留学組に選抜された際、留学先でルームメイトになった褐色少女リア・ハグリィはライバルであり、友人であり、そして妹の様な関係であった。因みにリアは天性の才能を持つ『世界最速の小学生』でもあり、桐乃より速い。

桐乃の帰国後リアが高坂家にホームステイしにきた際、桐乃自身が言っていた『妹は二次元と三次元では違う』という言葉が良く分かる姉妹関係だった事が判明する。桐乃はゲームの妹の様に溺愛するのではなく、『黒猫や京介に対してと近い言動』で応対し、リアも桐乃を小馬鹿にしたりわざと怒らせる等、喧嘩したり文句を言い合いながら世話をしたりとまるで『本当の姉妹の様な関係』(京介談)なのであった。

また、リアは桐乃から色々と聞いていたのか京介の事を知っているだけでなく、初対面から兄として非常に慕っており本当に高坂家に妹が一人増えたかの様な状態になっていた。

(原作第7巻~)

とある事情から京介と恋人としてデートを楽しんでいたのだが、加奈子に「恋人って感じじゃなくね?」と言われたり、京介に「『妹』と『恋人』って大して変わんねーな」や「嫌々恋人の『振り』をしてやってる」と言われたりと、『恋人』としての関係を否定され続けた。最終的には逆鱗に触れたかの様に態度を一変させた挙句、次からは『本当の彼氏』に付き合ってもらうと京介に吐き捨てるに至る。

そして後日・・・桐乃は事務所繋がりの知人で美男子、一流ブランドのジュエリー制作を任される才能を持ちながら、かつ桐乃以上にアニオタな事が判明した御鏡光輝を両親と京介に『本当の彼氏』として紹介したのであった。

しかしこの行動はデートでの一件に加え、京介が黒猫と親密な関係になりつつある事を察した桐乃が、京介に自分自身をもっと見て欲しいという思いの丈をぶちまけたものあった。実際には御鏡光輝は彼氏の『振り』を頼まれただけであり、京介の気を惹こうとした桐乃に協力していただけである。

要約すると、桐乃は独占したい程京介の事が好きだった、という事である。(京介(読者)視点では、この時点恋愛感情か兄妹愛かは明らかになっていないが……。)

原作での兄ラブ行動一覧

冷戦状態でほっとかれても、兄のためだけに化粧をする(電マガ11月号雷雨の留守番、本編開始1月前の話)
寝ている兄に馬乗り(1巻p45)
兄の容姿が友人にほめられると否定し、けなされると友人が不思議に思うほど黙りこむ(2巻p59~61)
わざわざPCのキャッシュをチェックまでして兄の動向を探ろうとする(2巻p188)
団体行動中、兄が自分と離れようとすると激怒(2巻p221~222)
兄が自分がシスコンであることを否定すると、怒ってアキレス腱を蹴る(3巻p62、4巻p138)
携帯操作にかこつけて兄に体を押し付ける(3巻p123)
中学2年のクリスマスは、上手いことやって兄とクリスマスデート(3巻3章)
自分をモデルとした主人公が兄をモデルとしたキャラクターと恋愛する小説を書く(3巻3章)
兄の年齢が自分の恋愛対象に入っていると、兄に向かって直接アピール(3巻p157)
兄とラブホテルに入るため、真冬に冷水をかぶる(3巻p171)
兄が女と電話しているとみるや、電話の相手に自分とラブホにいることをアピール(3巻p180)
ラブホテルで自分のバスローブ姿に兄が欲情しているか探りを入れる(3巻p182)
中学1年のクリスマスに、兄をストーキングする(3巻p183~184)
デート中、兄の目を盗んで似顔絵入りの観察記録をつける(3巻p278)
そのとき兄に買ってもらったと思われるピアスを後日友達に自慢(4巻p20)
兄が家に女を連れてきたら当然いびる(4巻2章)
自分のより親友の裸を見たがる兄の顔面に一撃(4巻p179)
兄に密着することを想定して寝る前にも関わらず香水をつける(4巻p256)
アメリカで兄と二人きりになったら、シリアスな場面でも性的アピール(5巻p274)
兄のエロゲーの攻略傾向は当然チェック(5巻p276)
久しぶりに兄に会えたら、陸上で今まで一度も勝てなかった相手に勝てた(5巻p296~298)
兄からの携帯にワンコールで出る(6巻p25)
一番の親友には兄の話ばかりする(6巻p77)
兄が別の女を部屋に入れたと知って怒り狂う(6巻p117~)
兄のベットでくつろいでいる女は、親友であろうと本気のフライングニードロップ(6巻p122)
兄が他の女のことを心配すればすかさず嫉妬する(6巻p134)
兄が美人に見とれてたら、兄の耳を引っ張る(6巻p193)
兄の声援を受ける度に加速(6巻p266~268)
デートの待ち合わせでは早く着きすぎた兄より先に待ってる(7巻p12)
デートでは兄に腕をからめて胸のふくらみに押しつけてアピール(7巻p13)
デートではちゃっかり兄を下の名前で呼んで赤面(7巻p13~14)
「彼氏になってよ」と告白して兄がドン引きしたら蒼白に。慌てて彼氏のフリのお願いにごまかす(7巻p16)
兄に演技で「愛しているから!」と言われて目を潤ませて恥じらう(7巻p22)
化粧品会社の女社長が監視に来るという話をでっち上げて、兄とのデートを強行(7巻p29)
腕を組んでラブラブなところを兄の幼なじみに見せつけて上機嫌(7巻p35)
兄とのデートで恋愛映画を見ようとする(7巻p37)
兄とのデートでカップル用のパフェやストローが二本付いたドリンクを頼もうとする(7巻p42)
兄とのデート中に割り込んできた友達に殺視線(7巻p48)
友達に兄が扮した彼氏の好きなところを聞かれて「優しい、頼りになる、あたしのことメチャクチャ好きなとこ」と惚気る(7巻p53~54)
カップル専用プリクラで兄と寄り添いツーショット撮影。フレームはノータイムでハートを選択(7巻p62~65)
プリクラから出てきたところを目撃した親友に兄との親密さを見せつける(7巻p66~69)
「可愛い彼女を大切にね」と言われてもない兄への伝言を伝える(7巻p72)
ヤキモチでツーショットプリクラを兄に投げつけたが、その前に自分用を保管(7巻p75、87)
彼氏ができたかを兄が手を掴んで真剣に問いつめてくれたらたちまち上機嫌に(7巻p136)
親友に見繕った可愛い服を兄の前で着られてショック(7巻p160~162)
夏コミで親友と兄を2人きりで残さないように挨拶回りをあきらめる(7巻p166)
夏コミで自分と兄がモデルの近親相姦SM同人誌をすかさずGET(7巻p209)
親友の兄への告白を目撃してフリーズ(7巻p246)
兄の気持ちを確かめるために偽の彼氏を家に呼ぶ(7巻p260~)
兄のコスプレ写真がアップされたサイトをしっかりチェック(8巻p50)
兄が自分とのツーショットプリクラを携帯に貼っているのを見て発狂(8巻p54)
7巻でヤキモチで投げつけた兄とのツーショットプリクラをいつの間にか回収(8巻p55,193)
兄が冷蔵庫に貼ったツーショットプリクラをはがさず写メにとる(8巻p130)
怪我して帰ってきた兄を見て超心配(8巻p130)
iPhoneはイヤホンなしでも聴けるのに自作小説のアニメのサンプルボイスを一つのイヤホンで兄と一緒に聞く(8巻p188)
イヤホンが届かないことを理由に兄の体と密着(8巻p188)
兄とのツーショットプリクラを携帯に貼る(8巻p193)
兄のコスプレ写真を携帯の待ち受けに(8巻p194)
2巻では寝るとき部屋の鍵をかけていたのに、兄がいつでも夜這いできるよう8巻では鍵をかけない(8巻p234)
夜中に人生相談しに来た兄に抱きつきキスしようとする(8巻p236)
夜中に人生相談しに来た兄をみて夜這いと勘違いする(8巻p238)
夜中に人生相談しにきた兄にメイクしていない顔を見せたくなくて電気をつけさせない(8巻p239)
彼女に振られて落ち込んでる兄に後ろから抱きつき胸のふくらみを押しつけ抱擁(8巻p244)
兄の「お前の可愛い写真をソッコー送ってくれ」のメールに1分で超気合い入った写メを送信(9巻,p120)
兄とのツーショットプリクラを未だに携帯に貼りっぱなし(9巻,P203)
超ブラコンの腐女子の友達にシスコン兄貴自慢して発狂させる(9巻,P207-)
ウエディングドレス姿でスーツ姿の兄と手をつないでライブ会場に到着(9巻,p272-)
「妹にエロいこと」の京介要約を聞き、密かに抱いている望みと同じなので、むせる(10巻,p13)
新郎新婦の姿で恋人みたいにしっかり手を繋いで帰宅(10巻,p17)
母に冷蔵庫のプリクラを指摘され真っ赤になって京介をたたく(10巻,p18)
京介が一人暮らしをさせられることを簡単に承諾するのが気に入らず、露骨にいやそうな顔(10巻,p25)
一人暮らしの京介の面倒を見てやるため、京介のアパートの合鍵を入手(10巻,p81)
アパートで手料理を作る下準備のため、冷蔵庫をプレゼント(10巻,p82)
やましいことをする気満々だったのに、京介にその気がないことを知って衝撃を受ける(10巻,p86)
「押しかけ妹妻」のエロゲを渡し、自身の願望を示唆(10巻,p87)
京介との会話をスマホで常時録音していることを暴露(10巻,p91)
ラスボスとの対決で京介への想いを告白する展開を想像し、頬を赤らめて京介を見る(10巻,p177)
京介の模試終了までラスボスを牽制するため、通い妻したい自分も抑えてあやせにお願いする(10巻,p210-211)
深夜一時にメールすると数十秒で即返信(10巻,p244)
キャンパスの正門で模試が終わるのを、かなり前から待っている(10巻,p323)
京介が家に帰ってくる日に合わせて髪型を変え、気合の入った新作の冬服を着る(10巻,p333)
京介がいない間、京介の部屋で寝ていたが、京介がいない寂しさを紛らわすため、その部屋をオタクグッズでいっぱいにする(10巻,p334)
幼馴染を褒めたらとたんに不機嫌に(11巻,p28)
小さな頃はお兄ちゃんっ子だったことが判明。小学2年生までは「お兄ちゃん」呼び(11巻,p57-)
「いままであたし、あんたに対して、超素直じゃなかったからねー」(11巻,p65)
小学6年生時点で、京介を「異性として」好きだったことが発覚(11巻,p310)
クリスマスデートの誘いに内心うれしいのに、ツンデレヒロインをノリノリで演じる(12巻,p12-18)
ついついやりすぎてしまい京介が部屋に帰りそうだったので、慌ててOKする(12巻,p19)
クリスマスデートでは待ち合わせ時刻の何時間も前から待つ(12巻,p20)
「周りからカップルに見られてんのかな」の台詞に「ば、ばっかじゃないの!?」とキョドる(12巻,p23)
ツリーの前で京介とのツーショット写真を撮りたがる(12巻,p29)
京介に「ホテルとってあるから」と言われラブホテルと勘違いする(12巻,p51)
京介に「俺,好きな人がいるんだ」と言われ、あまりのショックに涙を流して駆け出す(12巻,p73)
京介のパンツ減少疑惑(12巻,p92)
京介に貰ったヘアピンを無くさないよう、同じものを大量購入し常時装着(12巻,p109)
京介に「どこにも行くな! 俺と結婚してくれええええ」といわれて「はい」(12巻,p203)
「恋愛的な意味で」と言われて「ほ、ほう……へぇ~……」と、うれしそうに、にやける(12巻,p203)
京介がクリスマスプレゼントに買った指輪を婚約指輪と勘違いする(12巻,p232)
結納の証として婚約指輪をはめてもらうことを望む(12巻,p234)
京介には厳しい兄妹の現実を知って欲しくなかったから、それ系のエロゲーは渡さなかった(12巻,p236)
京介から何もしないときいて、超残念そう(12巻,p239)
京介が告白してこなかったら自分から告白するつもりだった(12巻,p241)
エロゲーよりすごいことをしてしまい、視線を合わせられない。読者にも言えない(12巻,p246)
宿泊前提で、赤いワンピースの着替えを用意(12巻,p250)
京介のベッドに潜り込んで無防備に眠る(12巻,p286)
京介が脱いだばかりの制服のにおいをかぐため、京介の制服の置き場所を自分の部屋に(12巻,p299)
(小学生時代)大好きなお兄ちゃんの写真を全部自分のアルバムに(12巻,p307)
(小学生時代)大好きなお兄ちゃんへの想いを忘れないようiPodに録音(12巻,p310-314)
腐女子の友達に京介のことをノロける(12巻,p326)
卒業式の日に約束場所で待っていたが、京介に早く会いたくなって校門まで来てしまう(12巻,p334)
京介の第二ボタンとネクタイをゲット(12巻,p335)
京介を巡って麻奈実と殴り合いの喧嘩(12巻,p342-345)
自分の夢より京介の未来を優先し兄妹に戻る(12巻,p367)
「聖夜の約束」により兄妹に戻ったが、せめて結婚した証としておもちゃの「魔法の指輪」をねだる(12巻,p372)
新たに交わされた「模試の約束」、またそれに反するかに見える京介の不意打ちキスにたじろぎ、頬を染める(12巻,p374)
「帰ったら、人生相談」――最初の人生相談と同じように、兄妹は、二人だけの秘密を抱えて終わる(12巻,p374)

アニメ版での兄ラブ行動一覧

隣室との薄い壁を挟んで兄のベッドと頭の位置がくっつくように自分のベッドを設置(1話~)
ネグリジェで谷間をチラ見せながらにじり寄って、妹ゲー好きな理由を兄に説明(1話)
兄とエロゲーするときのために、ロードするデータの主人公の名前を京介にしておく。(1話)
照れて兄を部屋から追い出した後にドアを開けてチラ見(2話)
家では口も聞いてないのに、モデルで掲載された雑誌に「休日は大好きなお兄ちゃんと買い物」と願望を書く(3話 参照)
モデル仲間の親友を兄がデレデレ見たことに嫉妬(4話)
ぐるぐる眼鏡の友人と兄が、自分が知らないところで連絡してたことに嫉妬(4話)
幼馴染みの家に兄が泊まった夜、兄の椅子や部屋のドアをヤキモチで蹴る(6話)
いつもは家の中で化粧までバッチリなのに、兄がいない夜は廊下でトイレの後にだらしなくパンツを直す(6話)
幼馴染みの家から帰ってこない兄に拗ねて、兄の部屋と反対側を向いて寝られない夜を過ごす(6話)
兄が不在なのをいいことに、部屋に侵入して兄のパンツ着用疑惑(6話)
兄とのクリスマスの渋谷デートでは、いつもと違ってピンクのマニキュア(7話)
「好きな人にもらったプレゼントが心の支えになる」と言いながら兄に指輪をおねだり(7話)
ラブホテルで「本当は身を寄せ合って寝るはずだった」と願望を表す(7話)
ラブホでシャワーを浴びた後に、すかさず兄に買ってもらったハート型のピアスを装着(7話)
体調不良で朦朧としながらも兄の部屋のドアに体当たりして助けを求める(8話)
妹エロゲーの攻略で、隣室の兄を意識しながら兄が取るだろう選択肢を選択(9話)
妹エロゲーの「お兄ちゃん、大好き」を無限リピートしながらベッドで悶え転がる(9話)
自分似のエロゲ妹キャラの兄とのHシーンを目前にして自分もシャワーを浴びる(9話)
シャワーに行く途中に兄とぶつかり、替えのパンツを落としたのを見られて赤面(9話)
自分似のエロゲ妹キャラの兄とのHシーンに備えて、以前兄に胸を触られた時の下着を装着(9話 参照)
自分似のエロゲキャラの兄とのHシーンで猿モードになって、隣室の兄に嬌声を浴びせる(9話)
兄の部屋の物音を盗聴、録音疑惑(9話)
兄妹で結ばれちゃいけないという妹エロゲのシーンに自分と兄を重ねて、ロードせずにそのまま進める(9話)
妹エロゲー別離ENDの「ずっとずっと好きだったよ」のキスシーンで自分と兄を重ねて切なく沈み込む(9話)
その後に兄の顔をまともに見られず、別離ENDの妹に対してつぶやいた言葉を言いながら蹴りを入れてしまう(9話)
(子供時代)兄と一緒にお風呂に入りたがる(2期1話)
兄からの電話にワンコールででる(2期1話)
兄とのデート前日、兄とのデートコースを妄想して悶絶(2期7話)
2011年1月27日発売の『俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル』ではルートによって彼女の本心や京介への思い、さらにはIFの関係を見ることができる。


記事タイトル:

妹キャラナンバーワン高坂桐乃のプロフィールまとめ

関連ワード :

高坂桐乃

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

美少女

ロングストレート

髪色(茶)

理想の妹

竹達彩奈(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!