アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

日本一ついてない中学生!?「追手内洋一」の魅力とは?『とっても!ラッキーマン』

1993年から1997年まで、「週刊少年ジャンプ」にて連載された『とっても!ラッキーマン』。ヒーローギャグ漫画で、同時期にテレビ東京系列でアニメ化もされた人気作品です。作中には様々なヒーローが登場し、

日本一ついてない中学生!?「追手内洋一」の魅力とは?『とっても!ラッキーマン』

 1993年から1997年まで、「週刊少年ジャンプ」にて連載された『とっても!ラッキーマン』。ヒーローギャグ漫画で、同時期にテレビ東京系列でアニメ化もされた人気作品です。作中には様々なヒーローが登場し、その主人公こそが、『ラッキーマン』に変身する「追手内洋一(ついてないよういち)です。今回はそんな「追手内洋一」の魅力についてご紹介させていただきます。

ラッキーマンとの出会い

 日本一ついていない中学生であり、そのため日常的に様々な不運に襲われる「追手内洋一」。第1話にしてカマキリ星人の宇宙船の不時着に巻き込まれ死んでしまいます・・・。その後、地球上での人間の体を必要としていた『元祖ラッキーマン』と合体して生き返り、ついてついてつきまくるヒーロー『ラッキーマン』として生まれ変わります。

 しかし、ラッキーなのは変身後だけ。元の人間の姿では日本一ついてない中学生に戻ってしまいます。そんな、ラッキーとアンラッキーのギャップこそがこの作品の最大の魅力と言えるでしょう。

変身前の地球での姿「追手内洋一」

 追手内洋一は、13日の金曜日の仏滅生まれ。朝は必ず遅刻し、毎日階段から転げ落ちては鳥にフンを落とされるなど、アンラッキーな事が日常的に起こります。見た目は、玉ネギ頭できゅうりのような耳をしており(漫画版のラッキーネットワーク内では、本当に玉ネギときゅうりが不運の事故により同化したと記載)なかなかの冴えない風貌になっています。ちなみに、「ラッキーマンの正体はばらしてはいけない」という約束があるので、中学校のクラスメイトには正体は隠しています。

 ラッキョを食べるとラッキーマンになるというダジャレ的な変身方法。変身後、「ラッキー、クッキー、○○キー」と叫び参上します。なお、最後の「○○キー」には、ランダムに語尾に「キー」のつくアイテムを出現させます。これはアニメ版でもおなじみです。

「不細工です代」に毎回渡るラブレター

 追手内洋一は、クラスのヒロイン「奇麗田見代(きれいだみよ)」に恋心を抱き、毎回ラブレターを渡そうとします。しかし、色々な不幸な出来事が重なり、結局日本一醜い中学生である「不細工です代(ぶさいくですよ)」の元に渡ってしまうのがお馴染みのパターン。それがまた作品の楽しさに繋がっています。「不細工です代」からは勝手に恋人扱いされ「ダーリン」と呼ばれる始末・・・。

 押し花が趣味という乙女チックな一面も笑える「追手内洋一」。なんとアニメの声は『ONE PIECE』の「モンキー・D・ルフィ」でもおなじみ「田中真弓」さん。まだ見たことが無いという方は、是非一度ご自身の目で“彼の不幸=最大の魅力”をご覧になってみてください。お腹を抱えて大爆笑出来ると思います。

(C)ガモウひろし/集英社


記事タイトル:

日本一ついてない中学生!?「追手内洋一」の魅力とは?『とっても!ラッキーマン』

関連ワード :

追手内洋一

とっても!ラッキーマン

ブサイク

ちびキャラ

髪色(茶)

主人公

田中真弓(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!