アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

嵐・松本潤、山﨑賢人、玉木宏・・・胸キュン必至のドS王子キャラランキングBEST10

1月期ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)でDEAN FUJIOKAが演じたドS上司、2月に公開された映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で中島健人が演じた悪魔級ドS男子に続き、今月2

嵐・松本潤、山﨑賢人、玉木宏・・・胸キュン必至のドS王子キャラランキングBEST10

1月期ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)でDEAN FUJIOKAが演じたドS上司、2月に公開された映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で中島健人が演じた悪魔級ドS男子に続き、今月28日には山﨑賢人がドSな黒王子を演じる映画『オオカミ少女と黒王子』が公開される。今年に入り、立て続けにドS男子が描かれた作品が目白押しで、そのドSぶりに心奪われる女性が急増中!振り返ってみれば、これまでにもドSぶりを発揮していた男性キャラクターはたくさんいる。そこで、胸キュン必至なドS王子キャラクターをランキング形式でご紹介♪

1位 道明寺司(松本潤・嵐)『花より男子』シリーズ

S系男子のハシリといえば、やはり嵐・松本潤が演じた“花男”の道明寺司!お金持ちでありながらイケメン、誰にでも上から物を言う“俺様キャラ”なのに、たまに見せる無邪気な一面がかわいらしく、何よりも牧野つくし(井上真央)のことが愛しすぎる、というからたまらない…!

道明寺は胸キュンゼリフも多く、女子たちの心をトキメキで満たす。「今もこれからも、これから先ずっとお前だけが俺の認めた女だから、牧野とは一緒にいてやるよ!」と“俺だけのもの宣言”をしたり、「決まってんだろ、好きだからだよ。お前が好きだ…」と焦れた男の顔を見せたりと、様々な角度から女子のハートを狙い撃ち。S系男子史上に燦然と輝く、ピカイチキャラなのは間違いない。

2位 佐田恭也(山﨑賢人)映画『オオカミ少女と黒王子』

これまで爽やかな役どころが多かった山﨑賢人が、「今までに見せたことのない僕を見てもらえると思う」と自身初の金髪姿で挑んだ最強ドSな黒王子・佐田恭也。頭も良く、運動神経抜群、学校イチのイケメンと三拍子揃った恭也が、篠原エリカ(二階堂ふみ)の嘘に付き合い、カップルを装ううちに次第に惹かれ合っていく。

恭也が放つセリフはほぼ俺様発言で本音を明かすこともほとんどないのだが、ふとした瞬間に「ありがとな」「好きだよ」と本心をぶつけてくれて、そのギャップにやられる!!というか、ドS発言だとしても、女性からしてみたら実は言われて嬉しい言葉だったりするから嫌な気は全くしない。エリカのことを犬扱いしておきながら、ピンチのときは助けてくれたり、何かと気にかけてくれる彼に心を奪われる。ギャップに弱い女性の新たなドS王子がここに誕生!

3位 千秋真一(玉木宏)『のだめカンタービレ』シリーズ

ピアノも指揮の腕前もパーフェクトで、なおかつイケメン、そして常に上から目線のS系男子・千秋真一を玉木宏が熱演。エリート音大生でありながら、上野樹里演じる野田恵の自由奔放な言動に振り回される様子に、胸キュン&爆笑してしまった人も多いのでは。

溢れんばかりのクラシック音楽の才能を持ちながら、のだめという強烈キャラの隣人だったおかげで、“俺様”らしからぬ素顔を見せる。さらに、のだめを思っているにも関わらず“照れ”があってなかなか想いを伝えられない姿も焦ったく、“S系男子なのに…!”とやきもきさせる。とはいえ、映画版『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』では、こたつでイチャイチャしながらキスするなど、デレな千秋も堪能。カッコよさとおもしろさが同居する千秋の姿は見逃せない!

4位 日向徹(小栗旬)ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)

人間的には欠落した部分もありながら、IT企業社長となった日向徹(小栗旬)。スティーブ・ジョブズを基に練られたというキャラクターを、小栗がこれ以上ないほど魅力的に演じ、男女問わず人気が高いのではないだろうか。

S系王子である所以は、天才・日向の余裕たっぷりのセリフの数々。窮地に立たされながらも「打つ手なんていくらでもある。僕をなんだと思ってるんだ?」と自信を覗かせたり、石原さとみ演じる夏井真琴に「非常識!」と言われたときには「常識?ああ、凡人が仲良く生きるためのルールのことか」と受け流したりと、常に周りから頭ひとつ抜き出た考え方をする。そしてその言葉通り、不可能を可能に変えていく日向に“あなたがそれを言うなら許せる…!”なんて気持ちにさせられるのだ。さらに、水と油な関係の日向と夏井が、徐々に近づいていく様子にももちろん胸キュン!

5位 高野誠一(藤木直人)『ホタルノヒカリ』シリーズ

会社では上司と部下という存在ながら実は同居している、雨宮蛍(綾瀬はるか)と“ぶちょぉ”こと高野誠一(藤木直人)。会社ではきっちりしているのに、家ではダメダメな干物女・蛍の姿に、徐々に惹かれていく部長。ダメなほうの私を見て、そこを好きになってくれるなんて“女の夢ここに極まれり!”といったところで、存分に胸キュンさせてくれる作品だ。

部長は仕事もバリバリできる大人の男ゆえ、余裕なのはもちろん、蛍を少し突き放したりもするS系男子。だけど、倉庫に閉じ込められてしまった蛍を無事助けることができた時、「なにやってんだ!あほ!」と言いながらもぎゅっと抱きしめるシーンには、S系男子の余裕のなさが垣間見えて、さらなる胸キュンを呼ぶ。「忘れるな…お前は俺の女だ…」というS系男子の王道セリフも飛び出す本作、あなどるべからず。

6位 桂木廉(玉森裕太・Kis-My-Ft2)ドラマ『美男ですね』(TBS系)

超人気バンド・A.N.JELLのリーダーで完璧主義者、天才肌のミュージシャン・桂木廉を演じたのはKis-My-Ft2の玉森裕太。凛とした眉と、何事にも動じなさそうなクールな目線も相まって、S系男子を完璧に体現した。

男だと偽ってバンドに加入した桜庭美男(瀧本美織)を、最初は「目障り!」と追い出そうとするものの、徐々にその温かさに惹かれていく。病気の美男を一晩中看病して優しさを見せた後「俺は、お前を受け入れることに決めた」と宣言。その後、美男が嬉し泣きしそうになると「泣くな」とたしなめる。自分勝手な宣言や、上から目線のなぐさめなど、これぞまさにS系男子!『美男ですね』はS系男子・桂木のほかにも、クールな癒し系男子・藤城柊(藤ヶ谷太輔・Kis-My-Ft2)、年下系かわいげ男子・本郷勇気(八乙女光・Hey! Say! JUMP)といったタイプの違う3人の男子から好意をもたれる“女子の夢”ドラマなので、てっとり早く胸キュンできるのも嬉しい!

7位 椿京汰(松坂桃李) 映画『今日、恋をはじめます』

「俺、一度寝た女とはやんないから」とのたまう俺様S系男子・椿京汰(松坂桃李)が、地味な女の子・日比野つばき(武井咲)と出会い、惹かれ合う姿を描く。

まさに“サイテーサイアク(だけどイケメン)”な椿は、「今日から、こいつ俺の女にするから」と、教室内でつばきにいきなりキス!しかも、つばきにとってはそれがファーストキス!!“いやナイ!”とは思うものの、ドラマや映画の中では多少の強引さは恋の引き金となってしまうのだ。デートに行けば「その服装、デートにはどうかと思う…」と呆れられたりしつつ、かわいく変身できたら「つばき、すげえ似合ってる…!」と最高に褒めてくれたりもする。“S”な部分と“甘やかし”な部分を巧みに使い分ける椿に、策士な一面を感じつつも萌えてしまうのは仕方がない。

8位 柘植暁(大倉忠義・関ジャニ∞) 映画『クローバー』

ドS上司・柘植暁(大倉忠義)と、ポワンとした部下・鈴木沙耶(武井咲)。「キミはバカなのか?」と無表情で叱責されるような関係ながら、ある日突然「僕と付き合わないか?」と愛の告白!まさかの交際に発展し…というラブストーリー。

『ホタルノヒカリ』の高野誠一のように、柘植もデキる大人の男。余裕しゃくしゃくで沙耶に接する。それゆえ本心がわからず、付き合っているといっても“何かウラがあるのでは!?”なんて疑いも。だけど、絶妙なタイミングで「手、離すな」とちょっと怒りながら言ってくれたり、ラブな一夜とそれに伴う朝のひと時のおかげで、そんな猜疑心もすっかり晴れ上がる。つまり、まんまとドS上司の手の平の上で転がされているのだけど、“それでもいい!だって好きだから!”と思わせる柘植のパーフェクトっぷり。必見。

9位 黒崎晴人(中島健人・Sexy Zone) 映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』

突然学園寮に入ることになった女子高生の赤羽由宇(小松菜奈)。そこにはイケメンだけど黒王子と恐れられている黒崎晴人(中島健人)が!彼に逆らってしまったバツとして「お前は俺の奴隷だ」と突然キスされ、服従を命じられる。

とにかくこの黒王子こと黒崎が、由宇にドSっぷりを発揮し続け、さらに独占欲むき出しなのが、もうたまらない。白王子といわれる白河タクミ(千葉雄大)が由宇に壁ドンで迫ると、黒崎は「俺の言うことしか聞かねえぞ」と鬼気迫る壁ドンで対抗。一方ですっぴんを見せるのを拒む由宇に「どんな顔だろうが、お前はお前だろうが」と“見た目じゃなくお前自身に興味がある”発言でハッとさせる。「お前は俺のもんだ」などS系男子の王道セリフもそこかしこに登場し、とにかく萌えることは間違いない。

10位 DEAN FUJIOKA(黒沢歩)ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)

会社が倒産し、職を失った柴田ミチコ(深田恭子)。そんなミチコの元上司で、バリバリの営業マンだった黒沢歩(DEAN FUJIOKA)が始めた喫茶店『ひまわり』にて繰り広げられる、ツンデレなラブコメディ。

前職ではミチコを罵倒し続けていたドS元上司なだけに、『ひまわり』で働き出してからは、なんだか気のおけない関係に。なんでも正直に話すミチコに、アドバイスをしつつも徐々に気になる存在へとシフトしていく黒沢。そんな黒沢を演じたDEAN FUJIOKAの、朝ドラでは見せなかった“ツン”な部分がめいっぱい堪能できる。“いつもは冷たい…だけど、ふとしたときに優しい…!”をしっかり見せつけ、幅広い層の女子から支持された。

文/木村桂子、編集部


記事タイトル:

嵐・松本潤、山﨑賢人、玉木宏・・・胸キュン必至のドS王子キャラランキングBEST10

関連ワード :

道明寺司

花より男子

イケメン

髪色(黒)

ドS

ランキング

実写





毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!