アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

のだめの千秋先輩のまとめ2です。インテリ指揮者って一番かっこよくないですか?(≧∇≦)/

のだめの千秋先輩のまとめ2です。インテリ指揮者って一番かっこよくないですか?(≧∇≦)/

千秋先輩 サイト別紹介

概要(wikipwdia)

指揮者を目指すエリート音大生。1981年2月17日生まれ。身長181cm、血液型O型、フランス生まれ(神奈川県育ち)。
世界的に有名なピアニスト・千秋雅之と資産家令嬢・三善征子の一人息子。パリに生まれ、幼少期を欧州にて過ごす。帰国子女でフランス語、ドイツ語、英語を使えるマルチリンガル。さらに金持ち、容姿端麗、頭脳明晰で家事までこなす。完璧主義で自分にも他人にも厳しい一方で世話好きで面倒見の良い一面もあり、自然と人を惹きつける。料理の腕前はパリでの友人達から「厨房のマエストロ」と称されるほど。作る料理は殆どが洋食。のだめに対してよく罵り暴力を振るうが、普段の言動とは裏腹に周囲公認のパートナーとなっている。
幼少期に観たヴィエラの指揮に感銘を受け、指揮者を目指し独学で勉強を開始するが、幼少時代のトラウマから来る飛行機恐怖症かつ船舶恐怖症のため、海外留学を夢見るも長らく日本から脱出できずにいた。のだめ達と出会ってから他人との接し方に変化が生まれ、大学で所属していたSオケ解散後はニナ・ルッツ音楽祭で知り合った三木清良と2人でR☆Sオケを立ち上げる。その後、のだめの催眠術でトラウマから解放され、飛行機に乗れるようになり晴れてフランスへ留学。ただし現在でも飛行機に乗るのは大変苦手で、搭乗中は震えが止まらないままだった。
フランスでの指揮者デビュー後にのだめと恋人同士となるとそれまでと立場が変わり、逆にのだめの交友関係に嫉妬するようにもなった。のだめには面倒と思いつつ頭が上がらない。彼女がシュトレーゼマンとの共演後、失踪した時に初めて身を持ち崩す。
指揮だけでなくピアノとヴァイオリンの演奏も本場のプロに匹敵する腕前。指揮指導で言葉だけでは上手く意図が伝わらぬ時は実際に演奏して指示を出している。特にヴァイオリンは大学入学までは練習に力を入れ、今でもピアノよりヴァイオリンのほうが自信があると発言している。
現在、パリのルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者。愛車はフランスで購入したルノー・メガーヌ・ルノー・スポール。

概要(のだめカンタービレ大辞典)

1981年2月17日生 身長181cm 血液型O型 フランス生まれ(神奈川県育ち)
登場時は桃ヵ丘音楽大学ピアノ科在籍。指揮者、ピアノ奏者、ヴァイオリン奏者でもある。
音楽の実力もあり、外見も良く、大学では千秋様と呼ばれている。また呼ばれている通り、俺様な性格でもある。カリスマ性があり、多くの人間が彼のもとに集まったり彼を助けたりする。自分にも他人にも非常に厳しく、甘えを許さない性格のため演奏者と仲違いすることも多い。豊かな音楽の才能と地道な彼の努力に支えられて多方面に才能を発揮しており、ピアノ・ヴァイオリンも一流の腕である。

世界的に有名なピアニストの千秋雅之と資産家令嬢の三善征子の一人息子としてパリに生まれ、幼少期をヨーロッパで過ごした。そのため英語・フランス語・ドイツ語が堪能。3歳の頃からピアノ・ヴァイオリンの厳しい稽古を受ける。物心付く頃から父親はあまり家におらず、父親の気を引くためにとヴァイオリンとピアノの努力をし、ついにはウィーンのヴァイオリン・ジュニアコンクールで優勝したが、結局父親は振り向いてくれなかった。また幼い頃に見たヴィエラの指揮に感動し、彼の弟子にしてもらおうと付いて回った。この経験から指揮者になることが彼の最終目標である。

11歳の時に両親が離婚し、離婚届を出すために乗った日本行きの飛行機が事故を起こして胴体着陸した。これが原因で飛行機恐怖症となる。また子供の頃に溺れた経験から船にも乗れないほどの海恐怖症である。これらによってどれほど音楽の才能があっても海外に出られないことから、日本の音楽大学でくすぶっていた。

くすぶっていた挙句落ち目になって、江藤とけんか別れした頃にのだめと出会う。のだめやシュトレーゼマン、Sオケのメンバーたちとの出会いによって、千秋は「日本でも出来ることをやろう」と前向きになっていく。ピアノ科の学生としてピアノを学びながら、シュトレーゼマンの弟子となってSオケで指揮の勉強を行った。そして日本で学んだことの集大成としてR☆Sオケを結成した。

のだめのいい加減な催眠術によって飛行機恐怖症を飛行機に乗れる程度には克服した千秋は、R☆Sオケを脱退し、桃ヵ丘音楽大学院を中退してのだめと共にパリへ留学する。プラティニ国際指揮者コンクールでジャンを制して優勝し、シュトレーゼマンと同じ事務所でプロ指揮者としての活動を開始。現在はマルレ・オケの常任指揮者に就任している。

概要(ピクシブ)

指揮者を目指すエリート音大生。1981年2月17日生まれ。身長181cm、血液型O型、フランス生まれ(神奈川県育ち)。
世界的に有名なピアニスト・千秋雅之と資産家令嬢・三善征子の一人息子。パリに生まれ、幼少期を欧州にて過ごす。帰国子女でフランス語、ドイツ語、英語を使えるマルチリンガルで、金持ち、容姿端麗、頭脳明晰である。完璧主義で自分にも他人にも厳しい一方、自然と人を惹きつける存在であり、世話好きで面倒見の良い一面もある。家事をこなし料理も上手く、パリの友人達から「厨房のマエストロ」などと称されている。米よりもパンが好みなのか、作る料理は殆どが手の込んだ洋食。のだめを罵り暴力を振るうが、普段の言動とは裏腹に周囲公認のパートナーとなっている。
幼少期に観たヴィエラの指揮に感銘を受け、指揮者を目指し独学で勉強を開始するが、幼少時代のトラウマから来る飛行機恐怖症かつ船舶恐怖症のため、海外留学を夢見るも長らく日本から脱出できずにいたが、のだめ達と出会って、他人との接し方に変化が生まれた。Sオケ解散後は長野のニナ・ルッツ音楽祭で知り合った三木清良と2人でR☆Sオケを立ち上げる。
その後、のだめの催眠術でトラウマから解放され、飛行機に乗れるようになり晴れて留学。ただし現在でも飛行機に乗るのは大変苦手。搭乗中は震えが止まらず、親しい人と一緒に乗った時には抱きついたまま到着まで離れようとしない。
指揮者デビュー後は、のだめと恋人同士となる。それ以降、彼女の恋人宣言を否定しなくなる。逆に交友関係に嫉妬したりしていることも。のだめのことは、面倒と思いつつ頭が上がらない。彼女がシュトレーゼマンとの共演後、失踪した時に初めて身を持ち崩す。
現在、パリのルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者。なお指揮するだけでなくピアノとヴァイオリンの演奏も本場のプロに匹敵する腕前。指揮指導で言葉だけでは上手く意図が伝わらぬ時は実際に演奏して指示を出している。特にヴァイオリンは大学入学前まで、毎日吐くほど猛練習をしており、今でもピアノよりヴァイオリンのほうが自信があると発言している。
愛車はフランスで購入したルノー・メガーヌ・ルノー・スポール。


記事タイトル:

のだめの千秋先輩のまとめ2です。インテリ指揮者って一番かっこよくないですか?(≧∇≦)/

関連ワード :

千秋真一

のだめカンタービレシリーズ

イケメン

髪色(黒)

理想の彼氏

クール

吹奏楽




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!