アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

死んでもなお作品に登場し続ける金田一一の後輩!「佐木竜太」の魅力『金田一少年の事件簿』

不動高校に通うカメラ好きの1年生「佐木竜太」。ミステリー研究会に所属しており、そこで一(はじめ)が事件を解決した事をきっかけに、自称・一の助手となりました。しかし、事件に巻き込まれたことによって、まだ

死んでもなお作品に登場し続ける金田一一の後輩!「佐木竜太」の魅力『金田一少年の事件簿』

 不動高校に通うカメラ好きの1年生「佐木竜太」。ミステリー研究会に所属しており、そこで一(はじめ)が事件を解決した事をきっかけに、自称・一の助手となりました。しかし、事件に巻き込まれたことによって、まだ若い彼の人生は終焉を迎えることになるのです。今回はそんな「佐木竜太」の魅力についてご紹介いたします。

カメラ小僧

 初登場は、陰に隠れて教室を撮影しているところを先輩に諭されるという、奇妙な登場の仕方をした佐木竜太。さすがの一もそれを見て引いてしまったという、なかなかの濃いキャラクターです。あの剣持警部でさえ、カメラを片時も離さずに事情聴取に参加する佐木を「こんなの」呼ばわりする始末・・・。しかし、どれだけ引かれても怪しまれても、決してカメラを手放さないカメラ小僧。何が彼をカメラオタクにしたのでしょうか。

 それは、実家が佐木映像というパーティー映像などを撮影&記録する会社を経営しているからです。父も、弟も、カメラを手放さないタイプ。恐らく、幼い頃からカメラと共に成長してきたのでしょう。しかも佐木の場合は、知らず知らずのうちに犯行の瞬間やトリックのヒントを写してしまっているのです。事件に関して鼻が利くのは、彼の天賦の才かもしれません。

博識な助手

 推理力こそありませんが、着眼点や知識はなかなかのもの。佐木の感じた違和感のおかげで、麻薬の密輸ルートが解明された事もあります。また、芸能人に関する知識が疎い一に解説してあげるなど、周辺知識も相当なもの。なにげに映像以外でも役立つ有能な助手なのです。結局、それゆえに犯人に殺される事になってしまいましたが、生きていれば一の良い相棒だったはずです。

天国からの登場

 佐木竜太が亡くなってから、彼のポジションは弟の竜二が引き継ぐ事になります。普通の漫画でしたら、亡くなったキャラクターは回想の場面でしか登場しないのでしょうが、『金田一少年の事件簿』では少し違い、弟の夢に登場し、「金田一先輩のピンチを救うように」と助言をしています。おかげでその後、一はピンチを切り抜ける事になるわけですが、亡くなってもなお活躍する佐木竜太の執念、あっぱれです。

 最初はカメラオタクの変なやつ?という印象でしたが、一の助手として動いている様は、とても明るく楽しそうでした。「あれ?意外と良い奴なのかも?」と見直してきたところで命を落としてしまい・・・本当に残念です。一が唯一救えなかった仲間「佐木竜太」は、天国でもなお一を守ってくれている、とびっきりの「イイヤツ」なのです。


記事タイトル:

死んでもなお作品に登場し続ける金田一一の後輩!「佐木竜太」の魅力『金田一少年の事件簿』

関連ワード :

佐木竜太

金田一少年の事件簿

髪色(黒)

名脇役

高校生

難波圭一(声優)

メガネ




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!