アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

福士蒼汰が死神を代行!人気コミック『BLEACH』実写画化決定!

2001年より少年マンガ誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載を開始するやいなや、瞬く間に人気コミックへと上り詰めた久保帯人の代表作『BLEACH』が、ついに実写映画化決定した。既刊73巻で累計発行部

福士蒼汰が死神を代行!人気コミック『BLEACH』実写画化決定!

2001年より少年マンガ誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載を開始するやいなや、瞬く間に人気コミックへと上り詰めた久保帯人の代表作『BLEACH』が、ついに実写映画化決定した。既刊73巻で累計発行部数8,700万部というメガヒットの記録を持ち、海外のファンも多数持つ人気作。

主人公・黒崎一護を演じるのは、映画『神さまの言うとおり』『ストロボ・エッジ』などヒット作を連発し、日本映画界を牽引する俳優のひとりとなった福士蒼汰。メガホンを取るのは、映画『GANTZ』や『アイアムアヒーロー』の鬼才・佐藤信介監督。ふたりの最強タッグにより、これまで実現しなかった実写映画化の企画を『ハリー・ポッター』シリーズや『るろうに剣心』シリーズのワーナー・ブラザース映画が総力を上げて製作する。

この作品は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、ある日突然現れた死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。ただのバトルアクションにとどまらず、ルキアとの友情、勝てるはずのない相手に挑むひとりの男としての成長、かつ高校生らしい仲間たちや家族との明るい笑いに満ちたストーリーテリングも絶妙に織り交ぜられ、『BLEACH』ならではのテンポ感が人気の秘訣となっている。シリーズの中でもファンに根強い人気を誇る “死神代行編”の物語を中心に映画化する予定。本作は15年続いた連載の終了が発表されており、シリーズ終了を名残惜しむファンにとって、今回のニュースは嬉しい朗報となりそうだ。

主人公の黒崎一護役を演じることになった福士は、「『BLEACH』が実写になると聞いて自分も驚きでした。自分が一護となり死神の代行として、責任を持って演じたいと思います」と意気込む。佐藤監督も「『BLEACH』、この壮大な物語を、映画化します。想像力の限りが尽くされたこの世界を、映像の力の限りを尽くして描きます。尸魂界<ソウルソサエティ>、虚<ホロウ>、斬魄刀(ざんぱくとう)、そして福士蒼汰が一護として暴れまくる姿、お楽しみに」とコメント。原作者の久保は映画化にあたり「幸運にも連載完結のタイミングと重なったので、原作者としてできる限り協力して、『BLEACH』を知らない人にも楽しんでもらえ、読者にも満足してもらえるものに近づける一助になればと思っています」と期待を語りながら、「唯一心配なのは一護の髪の色かなー!あの色実写だとヘンだけどどうすんだろなー!」と福士の演じる黒崎のビジュアルに期待を寄せた。

作り手たちの想いに、福士も「15年連載が続いた大人気作品が終わりを迎えたことも感慨深いです。読者としては一護や死神たちの雄姿をまだ見ていたい気もしますが、実写でもその雄姿を感じていただければと思います。そして佐藤監督とは映画『図書館戦争』シリーズ以来のタッグです。緊張もしますが、監督を信頼して頑張りたいと思います。」と熱い思いを語った。

壮大なスケールで実写化される、エンターテイメント超大作、映画『BLEACH』は2018年全国公開。


記事タイトル:

福士蒼汰が死神を代行!人気コミック『BLEACH』実写画化決定!

関連ワード :

黒崎一護

BLEACH

イケメン

髪色(オレンジ)

主人公

森田成一(声優)

実写




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
175回
174回
173回
172回
171回
170回
169回
168回
167回
166回
165回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!