アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

エヴァの綾波レイのプロフィールまとめ

エヴァの綾波レイのプロフィールまとめ

エヴァの綾波レイのプロフィールまとめ

綾波レイ(あやなみ -)は『新世紀エヴァンゲリオン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の架空の登場人物。 CV:林原めぐみ。

概要

名前は大日本帝国海軍神風型駆逐艦32番艦・吹雪型11番艦『綾波』に由来する。同艦名を引き継いだ海上自衛隊『あやなみ』型護衛艦には同型艦DD103『あやなみ』DD106『しきなみ』DD112『まきなみ』がある。

神秘性を帯びた青系(青藤色)シャギーショートヘアの無口、無表情少女キャラであり、元祖眼帯・包帯アニメ美少女キャラでもある。

色白の肌で赤目だが、アルビノ(白子)では無い。[1]

朗読の様な淡々としている喋り方は抑揚が無く、感情の起伏を感じさせないものであるが、感情がない訳では無い。

最初の適格者、ファースト・チルドレン[2]。国際連合直属非公開組織 特務機関NERV擁する汎用人型決戦兵器、人造人間エヴァンゲリオン試作型零号機パイロット。

様々な秘密や謎を抱えており、物語展開を担うキーパーソンの一人である。14歳の中学二年生とされるが、経歴は抹消され、委細不明である。

JAZZスタンダード楽曲"Fly me to the Moon"が流れるテレビ版EDでは蒼い月が照らす水中で回転するスマートな体躯のシルエットを披露する。又、"Fly me to the Moon"にはAYANAMI Ver.が幾つか存在する。[3]

サウンドドラックジャケットやイラスト・ポスター等で月を背景にして描かれる事が多い。

2007年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の公開時、日本経済新聞の社説・春秋にて『綾波レイに思いを寄せる男性は日本中に100万人はいるだろう』と言う記事が書かれた。[4]

劇中、葛城ミサトの奢りで碇シンジ、惣流・アスカ・ラングレーと一緒にラーメンを食べに行った時に、チャーシュー抜きのニンニクラーメンを注文した。[5] そのエピソードを受けて、パチンコの景品として、日清製粉製インスタントカップラーメン『にんにくラーメンチャーシューぬき』が製品化され、[6]続いて、2009年5月26日、ローソンより、東洋水産製インスタントカップラーメン『にんにくラーメンチャーシューぬき』が数量限定コラボ商品として発売された。[7]2010年4月27日、再びローソンより『エヴァンゲリオンにんにくラーメンチャーシューぬき』がパッケージと味を一新して、数量限定コラボ商品として198円で再発売された。

キャラクターデザインを担当した貞本義行は綾波レイのキャラメイクをするにあたって、筋肉少女帯の楽曲「何処へでも行ける切手」の歌詞に登場する「包帯で真っ白な少女」から発想を得て綾波をデザインしたと語っている。[8]

台詞

「信じられないの?お父さんの仕事が」
「あなたは死なないわ…。私が守るもの」
「さよなら」
「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの」
「ニンニクラーメン、チャーシュー抜き」
「ありがとう。感謝の言葉、初めての言葉。あの人にも言った事なかったのに」
「碇君の匂いがする」
「私は人形じゃない」
「私が死んでも変わりはいるもの」
「はっ…これが…涙…?泣いているのは、私?」
「これは私の心…碇君と一緒になりたい…?」
「ぽかぽかしてほしい」

影響

BUMP OF CHICKENのアルバム"FLAME VEIN"収録曲「アルエ」は藤原基央が綾波レイのイニシャル(R.A.)を曲名にし、レイをモティーフにした少女の歌である。

銀杏BOYZのアルバム"DOOR"収録楽曲「あの娘は綾波レイが好き」はGAINAXの許諾を貰っている。[9]

LUNA SEAのシングル"IN SILENCE"のC/W楽曲"Ray"は、原曲者のSUGIZOがエヴァファンのためか、彼女のために作られた曲という噂がある。

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の架空の登場人物、雪代巴は作者和月伸宏が単行本でモティーフと成った綾波レイの影響を受けた事を述べている。

出生の秘密

その正体は、かつてEVA初号機とのシンクロ実験中に内部に取り込まれた碇ユイをサルベージしようとして得られた肉体にリリスの魂を注入して作られた、一種の人造人間である。遺伝子的には半分が碇ユイ、半分がアダムで構成されている。肉体は他にもバックアップが多数存在し、仮に現在活動中のレイが死亡しても魂を新しい肉体に移し変えることで復活が可能。記憶はセントラルドグマ(NERV本部深部に存在する大型実験施設)で定期的にバックアップを取られている為、前の肉体で最後に保存した記憶までが次の肉体に受け継がれるものの、それに伴う感情は受け継がれない。また魂の宿っていない肉体は、パイロット無しでEVAを起動するための「ダミーシステム」の材料としても活用されている。
初めてシンジの前に現れ、その後上記の自爆事件に至るまで行動を共にしたレイは「二人目のレイ」であり、その直後に復活を遂げたのは「三人目」であった事が後に判明する(ちなみに「一人目」は幼女の姿をしていたが、かつてMAGIシステムの開発者・赤木ナオコに対してゲンドウの陰口をそのまま本人に伝え、激昂した彼女によって扼殺されている)。
三人目のレイはそれまでに築かれていたシンジへの感情が白紙に戻されており、再びゲンドウの意のままに動く人形となる筈であったのだが、その心の奥底には僅かながら二人目の頃の記憶が残されており、これが後にゲンドウにとっての大きな誤算となる。

その他

■ファン人気

特徴的な容姿や神秘性、物語上の役処の重要性も含めて『新世紀エヴァンゲリオン』という作品のイメージアイコンともいうべき存在であり、一般的な知名度は当該作品の全ての登場キャラの中で最も高いと言える。
特にTVシリーズ放映当時のアニメファンの間での人気は凄まじく、各種アニメ誌の女性キャラクター人気投票1位の座を長期間総なめにしていた。
レイのキャラ造型はその後の二次元美少女キャラクターデザインの世界にも多大な影響を与え、以降彼女のような寡黙で儚げな雰囲気のある美少女キャラは俗に“綾波系”と称される。
また、芸能人やアーティストの中にも「レイが好き」と公言して憚らない者が少なくない(ロックバンド・BUMPOFCHICKENが『アルエ』という彼女をモチーフにした曲を作っている事はつとに有名)。
なお綾波自身は『機動戦士Ζガンダム』のフォウ・ムラサメにインスパイアされて生み出されたキャラクターである。

■公式での扱い

しかし、その圧倒的ファン人気とは裏腹に、作中におけるレイの描写は、制作サイドから大事にされているとは言い難いものがある。
第六話のヤシマ作戦以降は、少しずつ「人間らしく」なりつつあったが、最期は戦闘中にシンジを庇って死亡。
「三人目」は“人ならざるモノの異様性”が強調された描写が目立つようになり、旧劇場版では、巨大化するなど恐ろしく惨たらしい姿を晒しピークを迎える。
こうした描写は、過剰なレイ人気に対する庵野秀明のオタク批判の一環であると受け取れる。
その後の漫画版および新劇場版では、レイの扱いが大幅に向上している……かと思われた。

戦績

※単独・・・パイロット単独にて敵を行動不能にしたもの
※共同・・・彼女を含む複数のパイロットと共同にて敵を撃破したもの
※被撃破・・・彼女が撃破されたもの

TV版
第5使徒(共同)、第9使徒(共同)、第10使徒(共同)、第13使徒(被撃破)、第14使徒(被撃破)、第15使徒(単独)第16使徒(単独:自爆)

旧劇場版
量産機9機:機体暴走によるものでありまた戦闘とも呼べないため加算せず。

新劇場版
第6使徒(共同)第8使徒(共同)第10使徒(被撃破)

総計

※旧劇場・テレビ版

単独撃破:2
共同撃破:3
合計:5

※新劇場版
共同撃破:2

特記
 旧劇場版/テレビ版では総計5機に達しているためエースとして加算される。また新劇場版では今後撃破数が伸びると思われる。今後の活躍に期待したい。


記事タイトル:

エヴァの綾波レイのプロフィールまとめ

関連ワード :

綾波レイ

新世紀エヴァンゲリオン

美少女

ショートボブ

髪色(水)

クール

林原めぐみ(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!