アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

ストライクウィッチーズのエーリカ・ハルトマン エーリカマジ天使!!!なプロフィールまとめ

ストライクウィッチーズのエーリカ・ハルトマン エーリカマジ天使!!!なプロフィールまとめ

ストライクウィッチーズのエーリカ・ハルトマン エーリカマジ天使!!!なプロフィールまとめ

エーリカ・ハルトマンとは、アニメ「ストライクウィッチーズ」「ストライクウィッチーズ2」の登場人物である。
声:野川さくら。

概要

カールスラント空軍JG52所属のウィッチ。連合軍第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズのメンバー。モデルは撃墜数世界一の旧ドイツ空軍の「黒い悪魔」エーリヒ・ハルトマン。

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケやゲルトルート・バルクホルンと共にカールスラントで戦い続けてきた超エース。撃墜数は200機を超える。天才的な戦闘センスを持つが、自己抑制や自己犠牲を尊ぶ軍隊の規律を嫌い、時には上層部に逆らうこともいとわない。501では自室禁固6回という最多処分記録保持者である。

飄々としているが、「生命を粗末にする戦いはしない。自身も仲間も生還させる」という固い信念を持って戦う心優しきウィッチである。

パーソナルデータ

身長:154cm
4月19日生まれ 16歳(第1期)→17歳(第2期)
使用ユニット: メッサーシャルフ Bf109G-6(第1期)→ メッサーシャルフ Bf109 K4 (第2期)
使用武器:MG42、MP40(あまり使っていない)
使い魔:犬(ダックスフント)
エーリカとウルスラのみ、他のウィッチとは異なり動物然の耳は出現せず、髪色の一部が変化する。
通称「黒い悪魔」「カラヤ・アイン」、親しい仲間からは「フラウ」の愛称でも呼ばれる。
固有魔法『疾風(シュトゥルム)』…大気を操り、自身の周りに強力な嵐を発生させる。元来は飛行や攪乱に使用する魔法だが、回転突進することでネウロイの装甲をえぐり取るほどの威力を発揮する。使用時に叫ぶ「Sturm(シュトゥルム)!」は「嵐」の意味。
カールスラント南部出身。父親は医者、母親は元ウィッチ。本人も医者志望らしい。
空では天才だが、陸の上ではかなりのずぼらで足の踏み場もないくらいに自室が散らかっている。 常に眠そうで暇があれば眠っている。
初陣ではカールスラントの先輩ウィッチ、エディータ・ロスマンの僚機に入ったが、彼女の機体をネウロイと誤認したあげく魔力切れで墜落している。超エースの意外な逸話としてバルクホルンも話しているネタである。
愛称の「フラウ」はカールスラント語で成人女性を意味し、JG52着任当時の最年少少尉に対するからかいの意味と「早く大きくなれよ」という親愛の情が込められており、本人もまんざらではないらしい。
ゲルトルート・バルクホルンと同じ原隊(JG52第2飛行隊)に所属する戦友であり、東部戦線から501配属まで一緒である。(ミーナは別の原隊)
何気なく各隊員のフォロー役に回る様子が描写されている。そのため隊員たちからも好かれている。第1期11話では軍規に背いた宮藤芳佳を暗に励まし、第2部6話ではエイラと喧嘩したサーニャのフォローに現れた。
うりふたつの双子の妹、ウルスラ・ハルトマンはカールスラント空軍第3防衛飛行中隊所属のウイッチで、スオムス義勇独立飛行中隊で後に501のサーニャ・V・リトヴャクの主装備となる携帯用ロケット砲「フリーガーハマー」の原型となるロケット弾を開発した。後ノイエ・カールスラント技術省でジェットストライカーの開発に関わっている。
料理はミーナやバルクホルンによって禁止されている。

イメージモデル

イメージモデル

名前:エーリヒ・ハルトマン
所属:ドイツ空軍
撃墜数:352(世界1位)
愛称「ブービー(坊や)」
※童顔だったために付いた渾名。
通称「黒い悪魔」
※乗機のBf109戦闘機の機首に、黒いチューリップに似た独特のマーキングを施していたことから、対戦したソ連軍パイロットによって名づけられた。
乗機「カラヤ・アイン」の再現イラスト(外部リンク)
http://img60.imageshack.us/img60/2183/hartmannpt0.jpg

先制発見、先制攻撃、一撃離脱を軸とする合理的な空中戦闘法を集大成した人物。
352機撃墜の大記録を打ち立てる一方で、部下や新人を大切に育成したことでも知られ、彼が指揮した部隊は「エキスパート中隊」の異名を持つ、全体レベルの高い戦闘機隊となった。
戦果を多く挙げることよりも味方の損失を抑えることを重んじ、妻のウルスラに宛てた手紙の中でも、「世界一の撃墜数よりも、僚機を一度も失わなかった事を誇りに思っている」と述懐している。
勲章授与で招かれた総統別荘で、偶然見つけたヒトラーの帽子を勝手に被っておどけて見せて、総統副官に注意されたり、
別の勲章を受け取る際には、会場のセキュリティを理由に禁止されていた拳銃所持を、「前線士官が信用出来ないなら勲章は受け取りません」と言ってのけて拳銃を所持したまま式典に臨むなど、権威や命令をものともしない彼の性格を伝えるエピソードが残っている。

人物像

501JFWの設立メンバーの1人であり、カールスラント四強の一角に数えられる撃墜数300機超(2期開始時点)のウルトラエース。だがその本性は、明るく常にマイペースないたずらっ子。なおかつ規律嫌いで、とんでもないゴミ屋敷の住人。そのだらしなさを相棒であるバルクホルンに注意されているが、一向に治る気配がない。
実は、着任当初は真面目な性格だったのだが、この伯爵が原因で今のだらしない性格になった。また雰囲気からはイメージしづらいが、実は口数が少ないことで通っている。
カールスラント南部のヴァイザッハ出身で、父が医師、母がウィッチをやっていた。また双子の妹がいる。
第7中隊配属後、エディータ・ロスマン曹長の僚機として初陣を迎えるが、彼女の機体をネウロイと誤認したあげく魔力切れで墜落すると言う散々な結果になってしまった。ミーナやバルクホルン、マルセイユとはこの時期に知り合っている。
一見すると能天気で何も考えていないようだが、その実冷静に周囲を見ている。おかしいと思えば上官にも異を唱えるため、上層部受けは良くない(そのため昇進が遅れている)。本人自身の階級への執着も薄く、謹慎処分の常習者でもある。しかし以前からの戦友で、現司令でもあるミーナ中佐のことは信頼している。
また異様に肝が座っており、フランチェスカ・ルッキーニがペリーヌ・クロステルマンのズボンを盗んで騒ぎになっていた際、そもそも自分が無くしたズボンの代わりに、ルッキーニのズボンを勝手に拝借していたのが原因であるにも関わらず、慌てるルッキーニのすぐ隣で平然とジャガイモを食い続けていた。
だが、仲間を想う心は確かなものであり、仲間を守る為であれば軍規の違反ぐらい平気でやると公言。自分の信念に頑固な一面を持つ。特にカールスラントからの戦友であるバルクホルンとの絆は強く、彼女を愛称の『トゥルーデ』と呼び、彼女の生命の危機を救った宮藤芳佳に強い恩義を感じている他、同期のハンナ・ユスティーナ・マルセイユがバルクホルンを侮辱した際は、珍しく怒りを露わにしていた。


記事タイトル:

ストライクウィッチーズのエーリカ・ハルトマン エーリカマジ天使!!!なプロフィールまとめ

関連ワード :

エーリカ・ハルトマン

ストライクウィッチーズシリーズ

美少女

ショートボブ

髪色(黄)

理想の妹

野川さくら(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!