アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

ブラッククローバー 第10話「護る者(まもるもの)」【感想コラム】

前回はとてもイイトコロで終わりました。 初任務で訪れた村にて謎の敵と遭遇! ピンチの中、ノエル覚醒!? さあ、どうなる――というところから始まります。 アニメでもきっちりあらすじをやってくれるので、

ブラッククローバー 第10話「護る者(まもるもの)」【感想コラム】

前回はとてもイイトコロで終わりました。
初任務で訪れた村にて謎の敵と遭遇!
ピンチの中、ノエル覚醒!?

さあ、どうなる――というところから始まります。
アニメでもきっちりあらすじをやってくれるので、1話見逃してしまったくらいなら、余裕で挽回できそうですね。

海竜の巣

ノエルの新技に名前がつきました。

水創成魔法 “海竜の巣”!!!

心身の成長により、ノエルのグリモワールが新しい魔法を習得したのです。
レベルアップして技が増える。王道なだけではなく、流行りのゲームっぽい要素もあります。

水の膜は敵の氷魔法を防ぎ、村人たちを護ります。
フリーになったアスタは、驚いている敵の隙を突き、打撃攻撃!

渾身の一撃がヒット。

しかし倒しきれず、反撃の氷魔法がアスタに直撃。
剣は魔法を打ち消したり反射したりするけど、アスタ自身は頑丈だけど普通の人間。魔法を喰らえばダメージを受けます。

決して諦めない漢、アスタ

そしてはじまる、氷VS水の耐久戦。
大規模な魔法で村人たちを護るノエルは、不利です。しかも敵は数も多いですからね。

マグナも魔力が尽きかけているしで、絶体絶命です。

絶望の中――

「まだだ!」

立ち上がるのはやはりこの男、アスタ!

決して諦めない。
何度やられても、魔力の差を見せつけられても、護るべき人のため立ち上がる。
ひたすらに真っ直ぐな漢。

それがアスタです。

そんな熱いアスタだからこそ、みんなの心を動かすのです。

連携からのトドメのアスタさん

マグナ「俺は、最後まで諦めたりしねえ」

アスタの行動はマグナを奮い立たせました。
マグナは村人の防御をノエルに任せ、残る魔力全てをつぎ込んだ攻撃を繰り出します。

放たれる複数の炎。その大半は敵を逸れます。無駄が多いと馬鹿にする敵でしたが、狙いは別にありました。
後ろからアスタが炎を反射させ、攻撃を当てました。
それでも尚倒れない敵に対し、アスタが特攻。

最後はアスタが決めてくれました。

初任務にして、初の強敵登場にして、見事なチームワークの勝利。
アスタの努力と熱い想いも魅せつけてくれました。
まさに王道ですね。

あのお方とは?

敵は魔道具を使って自殺してしまいます。

「あのお方」がどうこう言っていましたが、目的は不明。

アスタは、敵であろうと自分の命を粗末に扱うものに怒りを覚えます。
「みとめねえ」、と。

その後は亡くなってしまった村長のお墓を立て、たったひとりでも敵に立ち向かった村長を讃えます。

これでこの一件は解決。
なのですが、一方、「あのお方」の復活を狙う謎の人物のシーンがはさまり……。

なにやらまだまだ事件が起こりそうな予感です。

というわけで、今回はノエルが新魔法習得&ちょっとコントロールが出来るようになったり、アスタがやっぱりかっこよかったりと、盛りだくさんな回でした。

PS4でのゲーム化も決定しています。
3DSにてキャラゲー! というのはよくあるパターンですが、いきなりPS4なあたり、気合入ってますね。

ちなみに、ゲームの公式PVはこちら。

出典 YouTube

続報が待ち遠しいです。

© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会


記事タイトル:

ブラッククローバー 第10話「護る者(まもるもの)」【感想コラム】

関連ワード :

アスタ

ブラッククローバー

イケメン

髪色(茶)

主人公

バンダナ

梶原岳人(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!