アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

キンケシ 。それはキン肉マン黄金期を現代に伝える文化遺産!

皆さんは「 キンケシ 」というものをご存知ですか?1970年代生まれの方なら、誰もが知っている!いってもいいほど爆発的人気になった不朽の名作「キン肉マン」。このアニメは週刊少年ジャンプで連載され、TV

キンケシ 。それはキン肉マン黄金期を現代に伝える文化遺産!

皆さんは「 キンケシ 」というものをご存知ですか?1970年代生まれの方なら、誰もが知っている!いってもいいほど爆発的人気になった不朽の名作「キン肉マン」。このアニメは週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメでも放映され、当時の子供や大人も夢中になったのが「キン肉マン」でした。 その「キン肉マン」キャラクターを、とても肌触りのよい肌色のゴムで作ったものが「 キンケシ」です。

人間の質感に近いキンケシの腕や足を、「ビニョーン」と限界までの伸ばして遊び、腕などが千切れてしまって落胆する・・・。そんな悲壮な光景がm当時の日本では所狭しと繰り広げられていました。

今回はこのキンケシの思い出について、懐かしく振り返ってみます。

TVアニメ「キン肉マン」とはどんなアニメ?

1979年に少年ジャンプから連載の始まった「キン肉マン」。1983年にはアニメ化して、全国の子どもたちに一気にブームの火が付きました。いまの50歳前後の方々、特に男性の人にとっては、「キン肉マン」というのは心の中のヒーローではないでしょうか? 

「キン肉マン」は、単純な戦うだけのプロレスアニメではなく、友情・家族愛を描いた作品です。そして忘れてはならないのが牛丼。「キン肉マン」の仲で語られる牛丼に対する愛は、並々ならぬものを感じていました。「

牛丼一筋300年♪美味いの・早いの・やっすいの♪」というフレーズは、「キン肉マン」は知らなくても、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 

「キン肉マン」については、キン肉マン それはジャンプ世代が夢中になった神アニメだったで、もっと深く説明しています。

キンケシ 。それは子どもたちにとって「運試し」

一世を風靡した「キン肉マン」。当然キャラクターグッズも勢い良く広がりました。その中でも、低価格で子供たちに浸透したのが、キン肉マンキャラクターの形の消しゴム、いわゆる「キンケシ」です。 

駄菓子屋などの店内でバラ売りされている事も稀にありましたが、ほとんどの場合はガチャガチャという簡易自動販売機での購入がオーソドックススタイルでした。

しかし、ガチャガチャなので、どんなキン肉マンキャラクターが出るかはランダム・・・。まったくの「運試し」でした。はじめの頃は面白いのですが、ある程度キンケシ種類が揃って、自分の中で目的のキャラクターが決まってくると、この運試しは邪魔なだけ!みんなで文句を言いながら、ガチャガチャを回す日々の思い出。

こうやって当時の子どもたちは、小銭をどんどんと吸い上げられていました。資本主義システム恐るべしです。

「 キンケシ 」の思ひ出

当時の「キンケシ」は子どもたちのコミニュケーション支援ツールとしての機能もありました。 「キンケシ」を共通の言語として、初めて出会う者同士でも共通のテーマで会話が成り立ち、直ぐに友達になれたものです。

そして「キンケシ」は、権力の象徴であり、ある程度通貨としての価値をも持っている時期がありました。「キンケシ」の持っているキャラの種類や量で、グループ内での発言権が変わったり、自分が不要な「キンケシ」を上手くトレードすることで、自分の手持ちキャラを強化して、グループ内の発言権を強めるといった事もしていたような気がします。

子供の世界と言えども、大人さながらの権力集中と闘争が繰り広げられていました。

誰でも買えた「 キンケシ 」が、今ではお宝プライス

「たけき者もついには滅びぬ」の言葉の通り、「 キンケシ 」のブームは過ぎ去りました。子供時間の中で当時をリアルで過ごした筆者としては、随分と長い時間流行っていたように感じます。しかし大人になった今となれば、ほんのひとときの出来事でした。あの頃の「 キンケシ 」、今はどこに行ってしまったのか・・・。

筆者は最近知ったのですが、「 キンケシ 」が新たに発売されたらしいのです。それも売れ行きがよく、続々とリリースされているらしいとの話を小耳のはさみました。再販とされば、レガシーにも価値が出る!特に古い「 キンケシ 」がオークションサイトでは高い値段で取引されているらしいのです。

その事実を知った筆者は、早速実家の母へ電話をする事に。そして「 キンケシ 」の行方について尋ねると、

「あんなもの捨てたよ。30年前の話ぢゃん」

大人にはいらないと想っても、子供にとっては宝物・・・なんですよ。おかあさん。腕がちぎれたり、足がもげたりしているかもしれないケド、あの「 キンケシ 」達は宝物だったんですよ。と。筆者の換金大作戦はすぐに頓挫。「 キンケシ 」をきちんと保管しておけばよかったと後悔しています。

それにしても、今回「 キンケシ 」についていろいろと調べてみて、とても懐かしい思い出に浸らせてくれました。最近ではキンケシもいくつもの種類が再販されていて、アマゾンでも多くの商品が出ています。「 キンケシ 」が懐かしと感じたら、是非チェックしてみて下さい。

(C)ゆでたまご・東映アニメーション


記事タイトル:

キンケシ 。それはキン肉マン黄金期を現代に伝える文化遺産!

関連ワード :

キン肉スグル

キン肉マンシリーズ

マッチョ

主人公

神谷明(声優)

覆面

プロレス




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!