アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

『 東京喰種:re 』第2期 第23話「邂逅 ACT」 【感想コラム】

前回の『 東京喰種:re 』第22話「悲劇の果て call」で、金木研の赫子が遂に覚醒し、まるで天使の翼の様な見た目がとてもカッコよく。話としては、自分のした事を受け止める為に永近英良の傷跡を見て、後

『 東京喰種:re 』第2期 第23話「邂逅 ACT」 【感想コラム】

前回の『 東京喰種:re 』第22話「悲劇の果て call」で、金木研の赫子が遂に覚醒し、まるで天使の翼の様な見た目がとてもカッコよく。話としては、自分のした事を受け止める為に永近英良の傷跡を見て、後悔と共に「何も出来ないのは…もう嫌なんだ」と、決意を新たにする。という内容でした。

無事、金木研を取り出したとはいえ未だ存在する「竜」の残骸と落し児・ピエロ・旧多二福に、喰種と人間はどう立ち向かっていくのでしょうか?

それではさっそく、第23話「邂逅 ACT」振り返っていきましょう。

TVアニメ『 東京喰種:re 』第2期第23話「邂逅 ACT」あらすじ

「竜」とその落とし児の脅威に対抗する為、喰種の研究者・西野貴未(にしの きみ)等が場所を特定した竜の中心部に、“落とし児の毒”に耐性のある金木研が向かう事になります。 そんな中、黒山羊の本部を和修家側近の武装集団V(ヴィー)が襲撃し。月山習(ツキヤマ シュウ)、西尾錦(ニシオ ニシキ)等が〔CCG〕と協力し応戦しますが、Vと手を組むピエロが“秘密兵器”を投入して、更なる激闘が繰り広げられる事となり。

一方、絢都と共に調査に向かった金木研は、ついに?――

必ず帰って来て

CCG内で、竜の対策方法を話し合う金木研たち。金木研を掘り起こしたのに、なぜ活動が収まらない?と疑問を口にする西尾錦に、もう一つコアがある。と答える西野貴未に金木研が…。

自分の身体には、落し児の毒に耐性がある事を西野貴未に確認し。コアには自分が行くと答える金木研に、自分も行くと言う霧嶋絢都。その2人に金木董香が「必ず帰ってきて」というこのシーン。切実な願いを口にする董香サン、最近。金木研に「帰ってきて・無事でいて。」と自分勝手に気持ちだけ押し付けてる様に思えるんですけど?そして、自分の旦那さんに「金木」と名字でいつまで呼び続けるのでしょうか?

V迎撃!

荒廃した地上でVを迎え撃とうと、それぞれ配置に着くCCG&喰種達。そしてVとの全面戦争が始まるのでした……。

結構良い感じに奮闘していると思ってたのに、一気に処理するかの様に隻眼の梟を出してくるなんてこれじゃまるで、アリVS象みたいになっちゃいましたね。

それにしても、阿原半兵衛だけでもマネキン感ハンパないのにVの幹部:芥子(けし)と、そのクローンであろう有象無象の雑魚達。白目オンリーでマネキン工場か!!ってぐらい気持ち悪い感じしましたよね?

そして、隻眼の梟(芳村エト)と戦っている時の田中丸望元の「ボーイズ&ガールズ」というセリフが綺麗すぎる発音のため「ボーイズ」「アンガールズ」と聞こえ、「アンガールズ」?とお笑いコンビを思い出し吹いたのは、筆者だけではないはずですよね?

頼むぜ…クソアニキ

地上で全面戦争が繰り広げられているその頃、地下道では金木研と霧嶋絢都の儀兄弟コンビが、落し児を根本から駆逐しようと最深部まで潜入しようと試みますが…

この時の(どうして…彼女の事を感じるんだろう?)という金木研のセリフ、知らないのも仕方ない事ですが、「キミがオッガイの事、全部食べたせいで神代リゼの赫胞が集まって竜ができたからだよ。笑」って丁寧に教えてあげたくなりましたよね。

マスク姿の金木研と霧嶋絢都がまるで、「男版」シロ&クロみたいで見た目だけなら、真実の兄弟にも劣らないぐらい酷似していてカッコ良かったです。

霧嶋絢都の赫子姿、最近「ラビット」というよりは、「烏」「カラス天狗」にしか見えません。筆者的には、こっちの方がカッコいいので良いんですけど。みなさんはやっぱり、ラビットの方が良いですか?

そして、金木研を先に行かせ「頼むぜ…クソ兄貴」と言った時「! 絢都クンが、信頼を込めて、兄貴と言った!」と驚いたのは筆者だけでしょうか?

儀親子の愛・親友の友情

笛口雛実がピエロメンバーの居場所を探り当てると、ドナート・ポルポラだけがその場に残り。背後から亜門鋼太朗が襲い掛かり…。

遂にやってきました!ドナート・ポルポラVS亜門鋼太朗の儀親子対決決着の時が!

分身体のポルポラに翻弄されながらも戦う亜門鋼太朗カッコいいですね~。と思っていたら、場面が変わりなんと!そのまま四方蓮示VSウタになってしまいました。

「君が友達で良かった。」
「君はいつだって真っ直ぐで偽りがない。だからこんな世界でも信用できる。」
「僕は…ずっと君を食べたかった」

と赫者化しながら、言うウタ。本当に嬉しそうですよね、そして自分の想いを心で話ながらウタを圧倒する四方蓮示マジで強い!

昔の話をするウタと四方蓮示、終わっちゃうんだな~全部…と言うウタに四方蓮示が、

『俺を喰いたいならまた来れば良い。それがお前の望みならそうしろ。俺はいくらでも迷惑をかけられても良い。お前は…友達だからな。』

と命を狙われてもウタの事を「友達」だと言い、いくらでも迷惑をかけられても良い。と言えるのは本当の意味で心が繋がっていて、大切な仲間だと想っていないとなかなか言えませんよね?これは「友達」ではなく、『大親友』『儀兄弟』と言っても良いんじゃないでしょうか?「何があっても、俺が受け止める。」みたいな事を言えるぐらい自分にとって大事な人ってなかなか現れるもんじゃないと思いますし、こんな事を恥ずかしげも無くサラッと言えるのはとても素敵な漢ってだけじゃなく、それぐらい人生の苦楽を共にして来たからこそだと思います。

普段、寡黙過ぎる四方蓮示にここまで言って貰えるウタが羨ましいです。

シーンが亜門鋼太朗VSドナート・ポルポラに戻り、分身体に手を焼く亜門鋼太朗。心の中で、(貴様に対して憎しみ以外の感情を抱いた事など無い…)と言いつつ、でも分かっていたのに無視し続けていたんだ…と自分と向き合い。(俺は…愛していたんだ。)と答えを見つけ、赫子を纏わせたクインケでドナート・ポルポラを一太刀で撃破すると…。

「最後に……正義の執行者に貫かれるとは私に相応しい終わり方ではないか…」

と言うポルポラでしたが、孤児として育てられた幼少の頃を亜門鋼太朗が話し、でも孤児の皆を喰っていた、それでも懐かしいか?と言うポルポラに対し亜門鋼太朗が、

「懐かしいさ。どれだけ忘れようとしても…どれだけ憎もうとしても…俺は…あの場所で過ごした日々が大切でたまらない…」

と言い…

『息子が父親を愛して何が悪い…』

と号泣しながら亜門鋼太朗が言うと、ポルポラが涙を流し「父親か…傑作だ…」と嬉しいのを隠そうと、笑いながら事切れるのでした。

孤児として「本当の両親」との思い出だけじゃなく存在も判らない亜門鋼太朗にとって。真意は別のところにあったとしても、無償の愛を注いでくれていた。と感じる事が出来た時間を過ごせたならそれは「本当の両親」じゃなかったとしても「この人こそ、本当の父親」だと感じるには充分な時間・愛情だったのでしょう。本当の両親以上の存在に出会え、共に時間を過ごせた事は、人間・喰種そんな事を些細に感じてしまい。今までの正義感がひっくり返ってしまう程の『大切な日々』として亜門鋼太朗の胸の奥にしっかりと刻み込まれていたのですね。ただの「化け物が出て来る話」として終わらないのが『東京喰種』の魅力ですね。

意外とつおいんですよ(笑)

ドナート・ポルポラが死んだ事により、活動を停止した梟ですがその後ろにはVの大群が控えており…

Vの後続を見て、緊張感タップリの宇井郡。すぐに場面が変わり、地下道にて金木研は旧多二福と遭遇し、言っておきますが…僕ね。意外とつおいんですよとフザけた言葉でおどける姿を見て、キレた時いつも見せる「指ポキ」をする金木研。
とここで今週の話は終わりです。

TVアニメ『 東京喰種:re 』第2期 第23話「邂逅 ACT」の感想

ついに23話まで来てしまいました。

今週も前回同様、大事な見どころを短縮して放送されていましたね。アニメ版からのファンの人には違和感がない程度な短縮具合ですが、ウタVS四方蓮示も亜門鋼太朗VSドナート・ポルポラもそれぞれに「親友との思い出」「儀親子の愛情」の話なだけに、もう少しというか、2週ずつぐらい放送して欲しかったなーというのが筆者の本音です。

原作ファンの方なら、解って頂けますよね?

そして前期・後期と分けて放送されたシリーズも来週ついに最終回を迎えてしまいます。原作ファンの筆者としては、寂しいというか悲しすぎます。

と、落ちそうな気持ちを少し落ち着かせて笑 もしかしたら省略したおかげで見苦しいシーンが見なくて済んでるかもしれないので、そこだけ期待して来週を待つとしましょう。それでは次週、最終回お楽しみに!

©石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

『 東京喰種:re 』第2期 第23話「邂逅 ACT」 【感想コラム】

関連ワード :

金木研

東京喰種トーキョーグール

イケメン

髪色(黒)

髪色(白)

主人公

花江夏樹(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!