アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

『 エガオノダイカ 』第5話「分隊の一夜」【感想コラム】

前回は、ヨシュア亡きあとのユウキちゃんや、辺境戦後の王国サイドを描いていましたが、第五話では再びの帝国サイドのお話。 徐々に主力を中心地に集め、戦争のラインを上げていきます。 王国側はなんとか主力機

『 エガオノダイカ 』第5話「分隊の一夜」【感想コラム】

前回は、ヨシュア亡きあとのユウキちゃんや、辺境戦後の王国サイドを描いていましたが、第五話では再びの帝国サイドのお話。

徐々に主力を中心地に集め、戦争のラインを上げていきます。
王国側はなんとか主力機に新型クラルスを搭載し応戦。

その力量差に帝国も徐々に押され始めるのですが、その時ステラたちは…?
そしてステラやリリィたちの過去とは…?

TVアニメ『エガオノダイカ 』第5話 分隊の一夜

王国領を流れるディーズ川。その渡河を巡り、両軍は膠着状態にあった。一進一退の攻防、流域では日夜激戦が繰り広げられている。状況打開のため、夜間行軍を命ぜられるステラらビュルガー分隊。闇にまぎれて敵軍の背後をつき、本隊の渡河を援護する役割だ。だが夜通しの敵中行軍は困難を極める。行軍のさなか、ステラとの過去を思い出すリリィ。彼女はかつて戦場で、ステラに命を救われた事があった……。

帝国サイドのあらたな作戦

主力送り込み、一時は押していた帝国軍だったが、新型クラルスを搭載したテウルギアに徐々に被害が拡大していく。
純粋な火力という面、長距離射撃というリーチ面、テウルギアのパワー差が出始める。

帝国軍は、膠着状態からのジリ貧な状態に業を煮やして、とある作戦に打って出る。

それは簡単に言えば、別動隊による回り込み作戦。
本隊を二分化し、後方に回り込み奇襲を仕掛けようというもの。

帝国側も総力戦にでる構えのようだ。

隊の編成が変わり、旧友たちと戦場で再び出会ったステラたち。
兵士たちの束の間の、何気ないひと時はまるで、死亡フラグのように見えなくもない…。

先陣を切るのはステラたちのゲイル隊。敵後方の森の奥を目指して前進。
もし見つかったらそのまま陽動作戦として囮になるという作戦だ。

ゲイル隊長は「誰かが勝手な行動をとらなきゃ大丈夫だろ」と部下に茶化される。
それは部下としっかりとした信頼関係を結べている証でもあるが、どうも隊長の素性はなかなか明かしていないようで、
なぜ隊に志願したのかもわからず、普段は多額のお金をどこかの子供たちに送金しているのだという…。

そして、いよいよ帝国側の作戦が始まろうとしていた。

「エガオノダイカ」という作品の魅力はやはり、ロボットものなのにロボットドンパチがメインだったり、チート級のロボットが無双するというわけでもなく、あくまで両国の人間ドラマを主軸に描いているところが良いんですよね。
戦争はどちらかが悪で、どちらか正義なんてものはないとは言いますが、それを描きたいんだなぁというのは伝わってきます。
そして、ゲイル隊長の謎。3話では、敵国の子供たちを必死に逃がそうとしていたり、同じように戦争孤児のためにお金を送金しているのかもしれないですね。

謎の新型機

順調に作戦が進むなかで王国側のテウルギアを発見。
どうやら捨てられた残骸のようで、それをトーチカ、いわゆる盾替わり利用して慎重に森の中を進む一行。
テウルギア同士で詮索するわけでなく、リリィが直接周りを確認する描写がすごい好きですね。妙なリアル感といいますか。

しかし、目測を行っていたリリィが、テウルギアのトラップに巻き込まれてしまう事故が発生する。
この事故でリリィは足を怪我してしまい、本人はまだやれると言い張っているものの…戦争において怪我をした人間を連れて歩くほど危険が増すということで、体調のゲイルが尽くことに。

「あの…隊長は、どうしてこの分隊に?」

誰も聞けなかった核心をつく質問をする。

「私が入った時の、最初からのメンバーは…ステラ姉とリリィ…ヒューイもすぐ後に別の部隊から来たんですけど。やっぱり新兵同然で…随分舐められたり、バカにされたりしたのです 」

「よくここまでやって来れたと思うのです。ステラ姉のお陰なのです」

「随分信頼してるようだな…あいつのことを」

「はい…何度も助けられたのです」

新兵として、隊ではバカにされ蔑まれ、きっと女だからという理由もあるかもしれませんが、当初はかなり辛い思いをしていたリリィ。
そんな彼女を救ったのは先輩兵士でもあるステラだと語る。

それは、過去のクーデターの鎮圧戦でのこと。
お互いに弾が尽き、泥沼の肉弾戦になりテウルギアでマウントを取られていたリリィを、かなり無茶をして助けてくれたのがステラだといいます。

「どうにも本心が掴めん…いつも作り笑いを浮かべているだけで。見たことがあるのか、あいつが心の底から笑った顔を 」

「…さぁ?」

自分だけが知っているステラの秘密が少しあるようですね。

そこに、先行部隊が目標地点を確認したという連絡が入る。
橋を超え、目標地点の敵主力の背後の森へと向かっている最中に、襲撃を受ける。

圧倒的な長期理射撃範囲と暗闇の中を縦横無人に駆け回る素早さ、謎の新型機体が帝国軍を襲うのだった。

中盤パートはリリィの過去やステラや隊長たちに少し迫るパートでした。

リリィはステラに救われたことで唯一、心を開き会う存在となったようで、彼女の本当の笑顔を知っているのがリリィだけというのも、なんだかよいですね。

まだまだ隊長もいろいろと過去にありそうな気がします。王国側、帝国側どちらにも人間ドラマがあるのは魅力だと思います。

あの時の笑顔

ステラも一蹴されてしまう、王国側の謎の新型機。

そんなステラのピンチに駆けつけたのはリリィだった。

かつて自分が助けられたように、今度は自分が助けるんだとばかりに、ステラを援護する。

相手からの弾幕をかわし前進! しかし、機体にもダメージがあるのか一部が破損し始める…。それでもあの時のステラのように今度は自分がステラを救ってみせたリリィ。なんとか死亡フラグは回避しましたね…。

「あの時の、ステラ姉みたいに…」
「あの時?」

本人はどうやら覚えていない様子…。これは単純に覚えていないのか、ステラになにかがあったのかは定かではないですがちょっと気になりますね。

それでも、暗闇の攻防戦で帝国側の陽動部隊は壊滅状態になってしまうも、ゲイル部隊はなんとか全員生存。
そして、本隊はがついに王国主力軍と交戦を開始、いよいよ全面対決へと移行しようとしていた。

1人、リリィだけは、ステラが自分を救ってくれたときの、心の底からの笑顔を思い出していたのだった…。

第五話は再びの帝国サイドのお話。今後は交互にストーリーが展開していくのでしょうかね。

どうせそういうスタイルなら、帝国軍の第何話でのあの時の動きは実は、第何話で明かされるみたいな、同じ時間軸での帝国サイド、王国サイドの話を展開してくれたら少し面白いんですがね~。

今回は、帝国軍のリリィちゃんとステラちゃんのちょっと心温まる過去話でした。相当な死亡フラグを乗り越え、よくぞ生き延びてくれたのです!
他の隊員にはつくり笑いしか見せない、ステラちゃんはリリィちゃんには本当の笑顔を見せていたというお話。これまでのお話だと、どうも冷酷な兵士という印象のステラちゃんですが、やはりただの女の子なんだなという気持ちになりましたね。未だに謎の過去も含めて今後はどうなっていくのか。

そして!!!突如現れた、王国側の謎の新型機!! 長距離のリーチに圧倒的なスピードで次々と敵機を撃破したまるでエースのような機体。気になるのはそのパイロットですよ!もしかして、ヨシュア?なんて意見もありますが、新キャラなのか…はたまた?

次話では、それが明かされていくのでしょうか!そんなところにも注目ですね。

©タツノコプロ/エガオノダイカ製作委員会

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

『 エガオノダイカ 』第5話「分隊の一夜」【感想コラム】

関連ワード :

ユウキ・ソレイユ

エガオノダイカ

美少女

ツインテール

髪色(黒)

主人公

花守ゆみり(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!