アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

貴音「わたくしは認めません!!」

響「貴音ってさ」 貴音「はい」 響「口開けて寝るよね」 貴音「はい」   貴音「……はい?」

貴音「わたくしは認めません!!」

響「貴音ってさ」

貴音「はい」

響「口開けて寝るよね」

貴音「はい」






貴音「……はい?」

響「だからさ、この前指入れてみたら」

貴音「待ちなさい響」

響「ん?」

貴音「どういうことですか?」

響「どういうこと、って?」

貴音「口を開けて寝る、とは」

響「そのままなんだけど……」

貴音「はて?」

響「貴音って寝る時、いっつも口開けながら寝てるって話」






貴音「えっ」

響「えっ」

貴音「えっ、いや、意味がよくわからないのですが」

響「意味も何もそのままの意味だぞ」

貴音「響、わたくしの二つ名を知っていますか?」

響「二つ名?」

貴音「『銀色の王女』、です」ドヤァ

響「あぁ、それね」

貴音「そうです、わたくしは『銀色の王女』、四条貴音であることを忘れてはなりませんよ」

響「自分忘れてなんかいないぞ」

貴音「では、わたくしの寝相は?」






響「いつも口開けっぱなし」

貴音「」

貴音「響!! おかしなことを言うのではありません!!」

響「本当だってば!!」

貴音「違います!!」

響「何でさ!!」






貴音「はやー!!」ギュム

響「いひゃひゃひゃひゃ!!」

響「ほっぺが……、ほっぺがぁ……」

貴音「あぁ、まさか芸能界の闇がこんなところにまで……」

響「全然関係無いぞ!!」

貴音「響、わたくしの名前は」

響「四条貴音」

貴音「二つ名は」

響「『銀色の王女』」

貴音「そうです」ナデナデ

響「えへへ」

貴音「そして、わたくしの寝相は」





響「口開けっぱな」

貴音「いけません!!」ペチン

響「うぎゃあ!!」

響「なんでぶつんだ!!」

貴音「ふざけるのはやめなさい!!」

響「自分ふざけてなんかない!!」

貴音「響、落ち着きなさい」

響「なんで自分の方がおかしなやつ扱いされなきゃいけないんだ!!」

貴音「嘘をつきたくなる年頃なのは分かりますが、それではあいどるとしてこれから先やっていけません」

響「嘘じゃないもん!!」

貴音「ほら、こちらで貴音お姉さんと遊びましょう」

響「今日の貴音なんだか変だぞ」

貴音「誰しも自分を特別と思う時期があり、響もそうなのでしょう」

響「ち、ちがうのに」

貴音「本日のおやつは苺大福です」

響「……ぴよ子に怒られるぞ」

貴音「これはわたくしが持って来たものです」

響「ほぅ」

貴音「響もおひとつどうぞ」

響「やった」

貴音「では、わたくしも」パク






響「最近は寝てる貴音のモノマネも出来るようになったんだぞ!!」

貴音「んぐっ!?」

貴音「んんっ、んんんん!!」ドンドン

響「んふっ」

貴音「んぐっ!! んっ!!」

響「あははは、いきなりゴリラのモノマネなんてずるいぞ」

貴音「んんんん!!」

響「違うの? うーん……、じゃあ怒った時の伊織だな!?」

貴音「んがっ、ひびっ」

響「あははは、ホントそっくりだぞ!!」

貴音「……っ!! ……っ!!」






貴音「はあっ、はあっ」

響「ずいぶん気合入ってたな」

貴音「響!!」

貴音「いいかげんにしなさい!!」

響「えっ」

貴音「大福を食べながら物真似なんてしません!!」

貴音「それより!! なんですか寝ているわたくしの物真似とは!!」

響「おいしいな、これ」






貴音「話を聞きなさい!!」ギュム

響「いひゃひゃひゃひゃ!!」

響「いきなり痛いぞ!!」

貴音「何故寝ているところの物真似なのですか!!」

響「なんだ、そんなにみたいなら素直に言えばいいのに」

貴音「違っ、そんなことは一言も……!!」

響「いくぞー」






響「」ポカァン

貴音「」

響「どうだった?」

貴音「誰ですかさっきの間抜けな顔は!!」

響「貴音そっくりでしょ?」

貴音「違います」

響「いやいや、そっくりだぞ」

貴音「口どころか目も薄く開いていたではありませんか!!」

響「中で眼をきょろきょろさせるのがポイントだぞ」

貴音「」

貴音「……響、おいたが過ぎますよ」

響「えっ」

貴音「嘘をついてまで、人を笑いものにするのは感心しません」

響「だから嘘じゃな」

貴音「この口が悪いのですね!!」ギュウ

響「いひゃあああああ!!」






響「自分のほっぺたをなんだと思ってるんだ!!」

貴音「響がふざけるのがいけないのでしょう!!」

貴音「違います、違います!!」

響「た、貴音落ち着いて」

貴音「わたくしの寝相は」

貴音『……すぅ、……すぅ』

貴音「でしょう!!」






響「……ぐぅぐぅ」ポカァン

貴音「」

貴音「先程と違うではありませんか!!」

響「いびきも大切な要素だったのを忘れてて」

貴音「い、いびき……」

響「貴音のポカ寝名物だぞ」ドヤ

貴音「ぽか寝!!!!」

響「……ごめんな、ちょっと上手すぎちゃったか?」

貴音「……」ガシッ

響「えっ」



貴音「尻をだしなさい」

響「」

貴音「今から響の尻を打ちます」

響「やめろォ!!」ジタバタ

貴音「わたくしは!!」

貴音『……むにゃ、らぁめん、むにゃぁ』

貴音「このようにわたくしのきゃらに合わせてかつかわいらしい寝言を!!」

響「違うぞ」

貴音「」

響「寝言も言ってるとき時あるけど」

貴音『たくさんの……、しゃもじ……』



貴音「」

響「こんな感じで意味わかんないぞ」

貴音「……撤回しなさい」

響「ん?」

貴音「今までのは全て嘘だと撤回しなさい!!」

響「う、嘘じゃないぞ!!」

貴音「そのようではふぁんの皆が悲しみます!!」

響「だって本当のことだもん」

貴音「なんと強情な……」






貴音「そういえば先程、指が云々と」

響「……ちゃんと聞こえてたのか?」

響「ポカ音の口に指を入れたらね」

貴音『ちゅむ、ちゅむ』

響「って吸いだしたんだぞ」

貴音「」



響「そのあと奥まで入れてみたらね」

貴音『ちゅむ、ちゅむ、……おえっ』

響「って、……んふっ」

貴音「」






貴音「」

響「動画も撮ったんだぞ」ピ

<……グゥグゥ

貴音「」

響「くくくっ」

<チュム、チュム、……オエッ

響「ふひっ」

貴音「」

響「おえっ、って、ふふっ」

貴音「……響」

響「くっ、くくっ、何?」

貴音「……物真似をお願いします」

響「えっ、動画あるのに」

貴音「……響の物真似が見たいのです」

響「んもー、貴音は仕方のないやつだなぁ」

貴音「響が完璧過ぎるので」

響「いくぞー」






響「……ぐぅぐぅ」ポカァン

貴音「……はい」

貴音「……っ」m9

響「ちゅむ、ちゅむ」

貴音「はい」

響「ちゅむ、おえっ」

貴音「……っ」ググッ

響「っ!? お、おえっ」

貴音「……響は完璧ですから」グイグイ

響「おえっ!? うえっ、うっく!!」ジタバタ

貴音「響は完璧ですから!! 響は完璧ですから!!」グッグッ

響「う、うぐ!! おええっ!!」ドンッ

貴音「はやあああああ」




響「はあっ、はあっ……!!」

貴音「……」

響「何するんだ!!」

貴音「……」

響「今すっごく危なかった!! すっごく危なかったぞ!!」

貴音「……」

響「た、貴音?」






貴音「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

響「」

貴音「わだぐぢばぞんなねがだでばありまぜん!!」

響「ご、ごめん」

貴音「うぅ!! うぅ!!」バシバシ

響「いたっ!! 痛いぞ貴音!!」

貴音「じいやからは『お嬢様は独創的な寝相』だとよく褒められたのに……!!」

貴音「褒められたのに!!」

響「うっ」



響「ど、独創的さー、貴音の寝相は世界一さー」

貴音「やめなさい!!」

響「ひっ」

貴音「なんですかその棒読みは!! 茶番にも程があります!!」

響「」

貴音「それなのに響は……、響は……!!」

響「貴音……」ギュッ

貴音「ぐすっ、ううっ」

響「……ごめんなさい」

貴音「……本当に反省しているのですか」

響「うん」

貴音「……悪い子の響には罰を与えます」

響「」






貴音「今日はわたくしの家にお泊まりの刑です」

響「うぎゃあああ……、えっ?」

貴音「これは罰ですから」

響「で、でもそれじゃあ」

貴音「響に拒否権はありません、いいですね」

響「はい」






貴音「なにをにやついているのですか、これは罰なのですよ」

響「えへへ」ギュッ

貴音「まったく……、ふふっ」

響「というわけでぴよ子、今日はもう帰るね!!」

小鳥「二人とも気を付けてね」

貴音「お疲れ様でした」






ガチャ

美希「ひ、響!!」

響「あっ」

美希「なんなのこの動画は!!」

<チュム、チュム、……オエッ

響「」

美希「こ、これのせいでお仕事中も思い出し笑いしちゃったの!!」

美希「こんなの笑わざるを得ないって思うな」

美希「あの律子でさえもおなか抱えて笑ってたの」







響「や、やっぱり自分今日は帰」

貴音「ふふっ」ガシッ

響「」

美希「あれ、そういえば貴音達はもう帰るの?」

貴音「本日はお泊まり会です、美希もいかがですか」

美希「ホントに!? もちろん行くの!! すぐ準備してくるから待っててね!!」タタタ



貴音「御馳走を、美味しく、美味しく、いただきましょう」






貴音「ねぇ、響?」






響「うぎゃあああああ!!!!」
                            終

律子「んふふ」m9

貴音「ちゅむ、ちゅむ」

響「んふっ、これがちゅむ音さー」

真「や、やめなよ律子まで」

律子「だって……、ふふふ」

貴音「……ぐぅぐぅ」ポカァン

響「次は自分の番だぞ」m9



響「っ!?」

貴音「トェェェェイ」グググ

響「いだだだだだ!!!!」

真「だから言ったのに」

律子「あはははっ!! おなか、おなか痛いぃ、はははは!!」

響「んぎゃあああああ!!!!」
                            今度こそ終


記事タイトル:

貴音「わたくしは認めません!!」

関連ワード :

四条貴音

THE IDOLM@STER

美少女

ゆるふわウェーブロング

髪色(銀)

SS

原由実(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!