アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

C.C.「尻を揉ませろ、だと?」

C.C.「聞き間違いだと良いんだがなルルーシュ?」 ルル「た・のーむ!」 C.C.「……なんだそのテンポの良い頼み方は」 ルル「お願いだ……お願いします……!」 C.C.「断る」

C.C.「尻を揉ませろ、だと?」

C.C.「聞き間違いだと良いんだがなルルーシュ?」

ルル「た・のーむ!」

C.C.「……なんだそのテンポの良い頼み方は」

ルル「お願いだ……お願いします……!」

C.C.「断る」

ルル「少しだけで……いや、触るだけでもいいんだ!」

C.C.「どちらにせよ断る」

ルル「何故だ!?」

C.C.「私は情婦ではない。それに、他にも触らせてくれそうな奴ならいるだろうに」

ルル「……お前じゃないと駄目なんだ」

C.C.「何?」

ルル「お前の尻じゃないと駄目なんだ!!!」

C.C.「あ、はい」

ルル「“はい”? 今そう言ったなC.C.」

C.C.「待て、違う。今のは勢いに押されただけだ」

ルル「騙したのか!?」

C.C.「騙すも何も……」

ルル「おのれ魔女めえぇぇぇっ!」ツーッ

C.C.「……何も泣かなくても良いだろうが」

ルル「っ! な、泣いてなどいない!」ゴシゴシッ

C.C.「袖で拭きながら言われても、な」

C.C.「しかしルルーシュ。何故お前は私の尻にこだわるんだ」

ルル「理由が必要か? 俺の共犯者」

C.C.「もちろんだ。犯罪者」

ルル「……仕方がない。説明してやろう」

C.C.「偉そうな態度は気に食わんが」

ルル「……お前の尻が、一番触りたい気持ちをくすぐるからだ!」

C.C.「……ははは、そうかそうか。それなら仕方がないな」

ルル「わかってくれたか! さあ、全力で揉ませろ!」

C.C.「断る」

ルル「そん……な……」ガクッ

C.C.「カレンにでも頼めばいいだろうが」

ルル「……」

C.C.「あいつも良い尻をしていると思うぞ。女の私から見てもな」

ルル「……確かにそうだ。しかし……」

C.C.「?」

ルル「……お前の尻と比べると、数段下がる」

C.C.「そ、そうなのか?」

ルル「そうだ尻.尻.」

C.C.「その呼び方はやめろ」

ルル「C.C.よ、俺はお前の尻が揉みたいんだ……!」

C.C.「尻なぞ、ナナリーを助けて存分に揉ませてもらえ」

ルル「それは……」

C.C.「どうした? まさかお前程の変態が妹だからといって遠慮をするのか?」

ルル「……いや、それは違う」

C.C.「ならば何故だ」

ルル「俺は……俺は! ナナリーの尻よりもお前の尻が揉みたい!」

C.C.「!?」

C.C.「お前……今、自分が何を言ったのかわかっているのか?」

ルル「ああ、無論だ」

C.C.「じゃ、じゃあ……胸を触りたいのは?」

ルル「ナナリーだ」

C.C.「……抱きしめたいのは?」

ルル「無論、ナナリーだな」

C.C.「……キス」

ルル「ナナリーに決まっているだろうが」

C.C.「……」

ルル「さあC.C.! 尻を揉ませてくれ!」

C.C.「ははは、断る」

ルル「何故だ!?」

C.C.「今のお前の言葉を聞いたからだよ、ルルーシュ」

ルル「尻がナナリーよりも勝っていると……ベタ褒めしたのにか!?」

C.C.「……その後の会話を思い出してみろ」

ルル「……?」

ルル「! そうか、わかったぞ!」

C.C.「……」

ルル「C.C.様。お尻を揉ませてください、お願いします」ペコリ

C.C.「頼み方の問題じゃあない!」

ルル「くそっ、何がいけなかったというんだ!」

C.C.「自分で考えろ、馬鹿」

ルル「……考えろ、考えるんだ。
   残念なことにC.C.が怒っている理由がまるでわからん」

C.C.「残念なのはお前の頭だよ」

ルル「正面から頼むという正攻法は駄目だった。
   ……ここは無断で揉みしだく奇襲を行うべきか?」

C.C.「そんな事をしたら骨をポッキリいかせてもらうぞ」

ルル「ここは……。おい、C.C.」

C.C.「……なんだ」

ルル「特製ピザで手をうたないか?」

C.C.「……」

C.C.「も、物で釣ろうというのか!」

ルル「物で釣るとは人聞きが悪いな」

C.C.「……くっ、特製だと? なんて卑怯な……!」ジュルリ

ルル「C.C.。これは取引だ」

C.C.「……ほう?」

ルル「俺はお前の尻が揉めて幸せ。お前は特製ピザが食べることが出来て……」

C.C.「幸せ……いや、ハッピーだ」

ルル「悪い取引ではないと思うがな」

C.C.「……」

C.C.「少しだけ考える時間をくれ」

C.C.「ピザは食べたいが……いや、しかし……」

ルル「さあ、早くしないとピザが冷めてしまうぞC.C.よ」

C.C.「な、何だとっ!?」

ルル「さあ、今すぐ尻を揉ませろ!」キュィィン!

C.C.「私にギアスは効かん。そ、それに温めなおせば良いだけの事」

ルル「温めなおす? 特製ピザを? く、くくくくっ!」

C.C.「……何がおかしい」

ルル「それではせっかくの生地がヘニョへニョになってしまうなあ!!」

C.C.「!」

ルル「さあ、さあさあさあ!」

C.C.「し、仕方がない……!」

ルル「服の上からでも構わん。いや、むしろ服の上からが好ましい」

C.C.「……この変態が」

ルル「ありがとう。褒めてもらえて嬉しいよC.C.」

C.C.「は、早くしろ! 特製ピザが冷めるだろうが!」

ルル「顔が赤いぞ。まるでトマトピザだ」ワキワキ

C.C.「う、うるさい! それと手をワキワキ動かすな!」

C.C.「……は、早くしろと言っているだろうが」

ルル「まあ待て。まずは目で楽しませろ」

C.C.「じ、ジロジロ見るな!」

ルル「目の前に広がる、弾力がありそうな柔らかい曲線……」

C.C.「解説するな馬鹿!」

ルル「お前が大人しく尻を差し出している感覚も素晴らしいな。
   征服感を心地よく刺激してくれる」

C.C.「~~~っ!///」

ルル「し、尻……」ワキワキ

C.C.「……!///」

ルル「いざっ!」

ルル「ふふははははははっ!」モミモミ

C.C.「……」

ルル「……む? 以外と硬いな」

C.C.「……いや、ルルーシュ」

ロロ「あぅん!」

ルル「まるで見た目からは想像がつかなかった」モミモミ

C.C.「……いや、だからな?」

ロロ「あっ、そんな……はげしっ!」

ルル「……期待はずれだったな」モミモミ

ロロ「ひぅっ!」

C.C.「……」

ルル「……もういい。ありがとう」

ロロ「!」キュィィィン!

   ・  ・  ・

C.C.「……礼を言うべきなのかな?」

ロロ「いいえ、結構です。
   貴方の汚いお尻を兄さんに触らせるわけにはいきませんから」

C.C.「き、汚いだとっ!?」

ロロ「はい。それでは」

C.C.「おい、待て! そこは訂正していけ!」

  ・  ・  ・

ルル「……期待はずれだったよ、C.C.」

C.C.「……」

ルル「……お前の尻、大したことがないな」

C.C.「そ、そうか。残念だったな」

ルル「お前には失望したよ。本当に」

C.C.「……いいからピザを寄越せ」

ルル「あぁ、そうだったな。ピザ……ピザね」

C.C.「おい、まさか私を騙した訳じゃないだろうな?」

ルル「いや、そんなことはない。特製ピザは用意するさ」

C.C.「そうか!」

ルル「用意するよ……はぁ」

C.C.「……」

ルル「……はぁ」

C.C.「おい、ため息をつくのはやめろ。鬱陶しいぞ」

ルル「あぁ、すまなかった。……はぁぁ」

C.C.「……」

ルル「せっかくナナリー以上の尻だと思ったのに、な。
   C.C.の尻は見た目だけの駄尻だったか」

C.C.「……ふん! お前が勝手に勘違いしたのが悪いんだろうが!」

ルル「頼むC.C.。尻をこちらに向けないでくれ」

C.C.「? 何故だ」

ルル「不愉快極まりない」

C.C.「……ほ、ほう?」

C.C.「お、お前は私の尻を見ただけで不愉快だと言うのか?」

ルル「……もうその話題はよせ」

C.C.「さっきまではあんなにも褒めていただろうが」

ルル「……やめろと言っているだろう」

C.C.「……な、なあルルーシュ?」

ルル「はぁ……どうしたC.C.」

C.C.「……」

C.C.「もう一度、触って感触を確かめてみる気はないか?」

ルル「っ!? 断る!」

ルル「またあの感触の尻を触れだと!?」

C.C.「さ、さっきのは何かの間違いだったかも知れんだろう」

ルル「間違いだと? はっ! 笑わせるな!」

C.C.「例えば……そう、別人の尻だったとかだな」

ルル「別人? この部屋には俺とお前しかいなかったし、
   お前が俺にピザを要求したという事は、尻を触らせたという事だろうが」

C.C.「そ、それはだな……」クルッ

ルル「尻をこちらに向けるな!」キュィィン!

C.C.「お、お前……本気で私の尻を嫌がっているのか?」

ルル「当たり前だろうが! この魔女め!」

C.C.「……気が変わった。意地でも私の尻を触らせてやる」

ルル「な、何を言っている!?」

C.C.「これはプライドの問題だ」

じりじり…

ルル「や、やめろ! こっちに来るな!」

C.C.「服の上からでいいのか?……直に触っても構わんぞ」

ルル「嫌だ! やめろ! やめてくれえ!」

C.C.「観念しろルルーシュ。逃げ場は無い」

ルル「助けてくれ! た、助け……な、ナナリー! ナナリィーーーッ!」

C.C.「ふふっ、さあ、怯えることは無い……」

パシュン

カレン「特製ピザ、持ってきたわよ~!……って」

C.C.「……さあ、男だったら覚悟を決めろ!」

ルル「嫌だぁっ! やめ、やめろぉぉぉーーーっ!」キュィィン!

C.C.「ほらルルーシュ。柔らかくて弾力のある尻だぞ」

ルル「嘘だ! お前の尻は男のような駄目尻だ! 近寄るな」キュィィン!

C.C.「触ってみればわかる! ほら! いいから尻を揉め! 揉みしだけ!」

ルル「助け……助けてくれぇーーーっ!」キュィィン!

カレン「……」

カレン「助けた方が……いいのかしら?」


おわり

カレン「……ねえ、あんた達何やってるのよ」

ルル「! か、カレン! 助けてくれ!」

C.C.「何、大したことでは無い」

カレン「大したことでは無いって……ルルーシュ号泣してるじゃない!?」

ルル「こ、こいつが俺に尻を無理矢理揉ませようとするんだ!」

カレン「はぁっ!? ちょ、ちょっと、それ本当なの!?」

C.C.「ああ。お前もさっきのやり取りを見ていただろう?」

カレン「一体どうしてそんな……」

C.C.「この馬鹿が私の尻を駄目尻と罵ったからだ」

カレン「……何よそれ、くだらないわね」

ルル「くだらなくなどない!」

カレン「えっ、ちょっと。どうしてルルーシュが反論するのよ!?」

ルル「いいかカレン。よく聞け」

カレン「まあ、あまり聞きたくはないけど……」

ルル「俺はな、C.C.の尻に本当に、本当に期待していたんだ」

カレン「はぁ」

ルル「そして、いざ揉んでみたら……ははっ、絶望したよ」

C.C.「だからだなルルーシュ。もう一度揉んでみれば、
   さっきのは……そう、何かの間違いだったとわかるぞ」

ルル「もう一度その尻を触る?……はっ! 断る!」

カレン「よ、よくわかんないんだけどさ。
    そんなにC.C.のお、お尻って駄目だったの?」

ルル「言うまでもないな。期待して損をしたよ」

カレン「じゃ、じゃあさ!」

ルル・C.C.「?」

カレン「わ、私のお尻も触ってみて、比べてみる気はない?」

C.C.「おい、待て。今重要なのは私の尻の話だろうが」

カレン「あら、駄目なお尻の人は黙っててくれない?」

C.C.「な、何だとっ!?」

カレン「確かにあんたのお尻は女の私でもちょ、
    ちょっと触りたくなる見た目だったわよ」

C.C.「……今のカミングアウトは少し驚いたぞ」

カレン「でもね!」

C.C.「な、何だ」

カレン「見掛け倒しのお尻なんか、全っ然触りたくもないわ!」

C.C.「だ、だからそれは……!」

ルル「さすがだなカレン。良いことを言う」

C.C.「ルルーシュ、お前は少し黙っていろ!」

カレン「ねえルルーシュ。な、なんなら胸も触ってみる?」

ルル「いや、それは遠慮しておこう」

C.C.「おい! どさくさに紛れて何を言っている!」

カレン「き、気にすることないのよ?」

ルル「すまないが、俺はツルペタが好きなんだ。
   だが、お前の心遣い……確かに受け取ったぞ」

カレン「い、いいのよ。私が勝手に言っただけだし」

ルル「尻……揉んでもいいか?」

カレン「……う、うん///」

C.C.「待て待て待て! ちょっと待て!」

ルル「どうした。無駄に見た目が良い尻のC.C.」

カレン「あら、嫉妬は醜いわよ? 無駄に見た目が良いお尻のC.C.」

C.C.「なんだその長ったらしい呼び方は!?」

ルル「怒るなC.C.。駄目尻が揺れているぞ」

カレン「そうよ。プリプリ怒るのはいいけど、
    お尻はプリプリ揺らさないでくれる?」

C.C.「~~~っ! カレン! ちょっとこっちへこい!」

ぐいっ

カレン「ちょ、ちょっと! 何するのよ!?」

C.C.「……ルルーシュが私の尻を触らないのなら、
   お前が私の尻を揉んで証明すれば良いだけのことだ」

ルル「駄尻の証明をか?」

C.C.「違う!」

C.C.「さあ、私の尻を揉めカレン!」

カレン「嫌よ。誰が揉むもんですか」

ルル「当然のケツ論だな」

C.C.「わがままを言うな!」

カレン「わがままなのはそっちでしょう?……さあ離しなさいよ。
    あんたと違って、私のお尻はルルーシュに揉んでもらえるんだから」

C.C.「そ、その前に私の尻を揉め! ぷ、プライドの問題なんだ……!」

カレン「ああもう! しつっこいわね!
    それに“揉め”って何よ。それが人に物を頼む態度なわけ?」

C.C.「そ、それは……」

カレン「いいこと? 私はあんたのお尻なんて、
    これっ……ぽっちも揉みたくもないの。わかる?」

C.C.「あ、ああ」

カレン「そして、私はルルーシュにお尻を揉んでもらえるの。
    これもわかる?」

C.C.「わ、わかるぞ」

カレン「今の私のコンディションはほぼ完璧に近いわ。
    勿論メンタル面も含めてね」

ルル「それは揉みごたえがありそうだな。楽しみだ」

カレン「う、うん……///」

C.C.「……」

カレン「……なのにね、わざわざあんたの駄目なお尻を揉んで、
    コンディションを悪くしなきゃいけないのよ?」

C.C.「……はい」

カレン「だったらさぁ!」

C.C.「っ!」

カレン「……頼み方ってものがあるんじゃないの?」

C.C.「わ、私に頭を下げろというのか」

カレン「さあね」

C.C.「……」

カレン「何? 頼み方の一つも知らないわけ?」

C.C.「た……た・のーむ!」

ルル「馬鹿にしているのか」

C.C.「これはお前が私に頼むときに言った言葉だろうが!」

C.C.「お願いだ……お願いします……!」

ルル「……」

カレン「ふん! もっと泣いて頼むとか出来ないわけ?」

C.C.「そ、そんなことを言われてもだな……」

ルル「……わかった。わかったよC.C.」

C.C.「えっ……?」

カレン「る、ルルーシュ!?」

ルル「俺とお前は共犯者だ。たとえお前の尻が見せ掛けだけだろうと、
   その事に変わりは無い」

C.C.「えっ……つ、つまり……?」

ルル「……」

ルル「……お前の尻は、俺が揉む!」

C.C.「る、ルルーシュ……お前」

カレン「あ、あんた正気なの!?」

ルル「カレン!」

カレン「は、はいっ!」

ルル「今すぐ部屋にロックをかけろ! 俺にも解除出来ないようにだ!」

カレン「ど、どうして?」

ルル「実はもの凄く後悔している! 逃げ出しそうなんだ!」

カレン「なら、揉まなきゃいいじゃないの!」

ルル「いいや、揉む! 揉みしだく!」

C.C.「どうして……」

ルル「……俺は、お前には嘘をつかない」

カレン「……ロックしたわ」

ルル「ああ、ご苦労だったカレン」

ドンドン!

C.C.「なにやらドアを叩いている者がいるようだが……」

ルル「構うなC.C.! お前は俺に尻を揉まれることだけを考えていろ!」

C.C.「あ、ああ……///」

ドンドン!

『開けて! 開けてよ兄さん!』

ルル「さあC.C.。俺の隣に座れ」

C.C.「……ああ、わかった」

ルル「いいか。くれぐれも、くれぐれも俺に尻を向けるんじゃあないぞ」

カレン「ねえ。そんなに逃げちゃいそうなら、
    足も縛った方が良いんじゃない?」

ルル「それだカレン! 俺の力では両手だけで逃げることは不可能だ!」

カレン「あ、でも……両手が自由だったら、
    自分で解いたりしちゃわないかしら」

ルル「結び目をきつくすればいい。俺には解けんだろうからな」

カレン「……よし! 固く結んどいたわよ!」

ルル「すまないカレン。固く結びすぎて骨が折れそうだ」

カレン「それくらい我慢しなさいよ。男でしょ」

C.C.「……すまんな、二人共」

ルル「気にするなC.C.。これもお前の尻を揉むためだ」

C.C.「そ、そうか。……しかし、
   怒ればいいのか照れればいいのかわからんな」

ルル「よし! これで条件は全てクリアーされた!
   C.C.よ! お前の尻、揉みしだかせてもらうぞ!」

C.C.「こ、こいルルーシュ!」

ドンドン! ドンドン!

『兄さん! 駄目だよ兄さん!』

C.C.「しょ、正面からか!?」

ルル「ああ。さすがに突き出された尻を揉む勇気は俺には無い」

C.C.「正面からだと……」

カレン「だ、抱きしめる形になるじゃないのよ!?」

ルル「ああ。嫌か? C.C.」

C.C.「あ、いや……別に私は構わないぞ///」

カレン「意義あり!」

ルル「カレン。C.C.のケツ意を無駄にするな。
   こいつはまた「駄目尻」と罵られるかもしれないんだ」

カレン「そう……そうよね」

ルル「よし……」

ぎゅっ

C.C.「っ!」

ルル「こ、これで後は尻を揉むだけ、だ、だだだ……!」

C.C.「は、早くしろぉ……」

ルル「わ、わかっている!」

C.C.「流石に……て、照れる!」

ルル「……フーッ……フーッ……ゴクリ」

ルル(スザク……お前は俺の最初の友達だった)

ルル(皇帝……いや、父さん。貴方には敵わなかったよ)

ルル(母さん……すぐ、そっちに行くからね)

ルル(ナナリー……最後にもう一度だけ、会いたかった)

……もみっ

C.C.「んっ」

ルル「……お?」

ドンドン! ドンドン!

『ぎぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ!!!』

カレン「ど、どうしたの……?」

もみもみっ

C.C.「う、ふうっ!」

ルル「……おやおや?」

カレン「だからどうしたのよ!?」

ルル「こ、この尻は……この尻はなんだ!?」

C.C.「おい、ちょっ、やめろルルーシュ! ひうっ!?」

ルル「手が……手が止まらん!」

C.C.「やめ、やめろ! や……やあっ!」

ルル「先ほどとは違う! 明らかに違う! 一体何をしたC.C.!?」

ガンッ!……ガンッ!

『開け! 開け開け開けえっ!』

ルル「これは……極上の尻だ!」

カレン「な、なんですって!? ど、どういうことなのよ……」

C.C.「やめ、ひっ、も、もういいだろ、うふっ!」

ルル「いいや、まだだ。まだ足りない!」

C.C.「やめて、やめ……や、やあっ!」

どんっ!

ルル「うおっ!?」

どさっ!……ポキポキン!

ルル「……ぐ、ぐおおおおっ!」

カレン「る、ルルーシュ! まさか骨を!?」

C.C.「……はぁ……はぁ」

C.C.「ど、どうだ! これで私の尻が駄尻でないとわかっただろう」

カレン「ちょっとルルーシュ!
    凄い勢いでソファーから落ちたけど平気なの!?」

ルル「も、問題ない……! アバラと左足の骨が折れただけだ」

カレン「大問題じゃないのよ!?」

ルル「い、いいからもっと尻を揉ませてくれC.C.……!」

C.C.「……ようやく自らの過ちに気付いたようだな」

ルル「ああ……ああC.C.。お前の尻は最高だよ! だから……た・のーむ!」

C.C.「……ふふっ! こ・とわーる!」

カレン「……」

カレン「……ゴクリ」

カレン「……ねえ」

C.C.「どうしたカレン」

カレン「……私にもさ、お尻、揉ませてくれない?」

C.C.「おやおや、人にものを頼む時はどうするんだったかな?」

カレン「くっ!……お、お願いします」

C.C.「……ふふっ! こ・とわーる! あはは!」

カレン「……そう」

C.C.「お、おいどうしたカレン? 眼が怖いぞ」

カレン「いいえ。別にぃ?」ワキワキ

C.C.「や、やめろ……こっちへ来るな!」

ドンドン!

『兄さん! 兄さんはどうなったの!? ねえぇぇああっ!』

ルル「痛い……痛いが……尻を揉めばまだ勝機はある!」

ドンドン!

C.C.「おいロロ! 開けろ!」

ロロ『そっちこそ開けろ! この魔女め!』

カレン「……言ったわよね? この部屋は私にしか開けられないわよ」ワキワキ

C.C.「く、来るな! 来るな!」

ルル「! 転がれば移動が可能だ!」ゴロゴロッ

カレン「あら、人に頼みごとをするときはどうするんだったかしら?」ワキワキ

C.C.「来ないでくださ……来な……た、た……た・のーむ!」

カレン「……」

カレン「こ・とわーる!」ワキワキ


おわり


記事タイトル:

C.C.「尻を揉ませろ、だと?」

関連ワード :

C.C.

コードギアス 反逆のルルーシュシリーズ

美少女

ロングストレート

髪色(緑)

SS

ゆかな(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!