アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

花陽「この木 何の木 西木野真姫」

花陽「……」真木「……」花陽「…真姫ちゃん、何してるの?」真木「見てわかるでしょ?木になってるの」花陽「な…何で木に?」 真木「…気になる?」

花陽「この木 何の木 西木野真姫」

花陽「……」

真木「……」

花陽「…真姫ちゃん、何してるの?」

真木「見てわかるでしょ?木になってるの」

花陽「な…何で木に?」

真木「…気になる?」

花陽「す、すごく…」

真木「…そう」






真木「…ふふっ」

花陽「ま、真姫ちゃん?」

真木「何でもないわ。かよちん、そこにあるジョウロで水撒いてくれない?」

真木「なんだか木になってから喉が渇くの早くなっちゃって....」

花陽「あ、うんっ。ちょっと待っててね。お水くんでくるから」タッタッタ


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 22:59:33.23 :yeklC06H0

花陽「……」チョロロロロ

真木「…ふぅ」

花陽「このくらいでいいのかな…?」

真木「うん、十分」

花陽「でも。何で木になっちゃったの?」

真木「私が真姫って名前だからじゃない?」

花陽「そうなのかなぁ」

真木「かよちんももしかしたらいつの間にか花になってるかも」

花陽「ハナニナッチャウノォ!?」

真木「もしかしたらの話よ」

花陽「そ、そっか…」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:02:50.89 :yeklC06H0

花陽「あ、真姫ちゃん」

真木「なに?」

花陽「枝に何かいるよ」

真木「仕方ないでしょ?木だから」

花陽「ちょっと待っててね…」ブチッ

花陽「…あ、ただの新芽だった」

真木「駄目じゃない。新芽ちぎっちゃ」

花陽「ご、ごめんなさい…」

真木「気をつけてよね。木って意外とデリケートなんだから」

花陽「うん」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:05:39.02 :yeklC06H0

真木「……」ヒラヒラ

花陽「わぁ…綺麗な桜の花びら」

真木「春だからよ」

花陽「真姫ちゃんは桜の木なの?」

真木「さぁ?」

花陽「わかんないんだ…」

真木「そうね、でもはっきりと分かることはあるわ」

花陽「えっ?何だろう…」

真木「私が西木野真姫だってことよ」

花陽「そ、そうだね」

真木「うん」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:08:28.28 :yeklC06H0

花陽「~♪」パクッ

真木「美味しそうね。そのお団子」

花陽「うんっ。お花見にはお団子かなって」

真木「私にも何かくれない?」

花陽「あ、うんっ。えっと…」

花陽「…お水しかないよ」

真木「それでいいわ」

花陽「じゃあかけるね」チョロロロロ

真木「……」

花陽「どう?」

真木「染み渡る」

花陽「そっか…」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:11:18.22 :yeklC06H0

ジリジリ


真木「……」

花陽「ふぅ…」フキフキ

真木「そろそろ暑くなってきたわね」

花陽「うん…花陽暑くて溶けちゃうかも」

真木「私の影で休んでいいわよ」

花陽「ありがとう真姫ちゃん」

真木「それが木の役目だもの」

花陽「そうなの?」

真木「うん」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:13:32.27 :My46fNZv0



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:13:57.31 :yeklC06H0

真木「……」ジリジリ

花陽「~♪」パクパク

真木「美味しそうね」

花陽「うんっ。美味しいよ」

真木「混ぜ込みご飯?」

花陽「そうなの。夏だと白いご飯だけじゃ傷んじゃうから…」

真木「ふーん」

花陽「真姫ちゃんはお水いる?」

真木「もらうわ」

花陽「汲んでくるね」タッタッタ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:18:27.83 :yeklC06H0

花陽「……」チョロロロロ

真木「……」

花陽「どうかな?」

真木「染み渡る」

花陽「そっか…」

花陽「…あ、真姫ちゃんの枝に何かいるよ」

真木「取れる?」

花陽「ううん、でも見えるよ」

真木「何かしら?」








にこ「ミ゛ー゛ン゛ミ゛ー゛ン゛ミ゛ー゛ン゛」ジジジジジジ

花陽「セミかな」

真木「そう」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:48:32.49 :J61sFSBX0
にこっち…


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:23:29.80 :yeklC06H0

真木「……」

花陽「あ、真姫ちゃん」

真木「なに?」

花陽「葉っぱがすごく綺麗だなって」

真木「そうね、綺麗に保つために苦労したわ」

花陽「やっぱり大変なの?」

真木「うーん…穂乃果の暴走を止めるくらい?」

花陽「よ、よく分からないかな…」

真木「要するに、一筋縄じゃないってことよ」

花陽「そうなんだ…すごい」

真木「ふふん。もっと褒めてもいいわよ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:28:21.71 :yeklC06H0

サァァァァ…


真木「……」バサバサ

花陽「スゥ…スゥ…」

真木「かよちん、こんなところで寝てると風邪引くわよ?」

花陽「…ふぁ?」

真木「寝ぼけてるし…」

花陽「あ、ごめんね、風が気持ちよかったからつい…」

真木「日陰にいるから意外と温度が低いのよ」

花陽「そうだね…気をつけなくちゃ」

真木「…でも誰かに寄りかかられるって、いい気分ね」

花陽「そうなの?」

真木「うん」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:32:09.27 :yeklC06H0

花陽「じゃあ…もうちょっとだけ」

真木「風邪引いちゃうわよ」

花陽「タオル持ってるから大丈夫…と思う」

真木「マッタクー、もう少しだけよ」

花陽「えへへ…」

花陽「……」

真木「……」

花陽「……スゥ」

真木「…疲れてるのね。おやすみ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:36:57.15 :yeklC06H0

サsァァァァ


真木「……」

花陽「ちょっと涼しくなってきたね」

真木「もう秋ね…」

花陽「うん…早いね」

真木「あ、あんまり私の下にいると葉っぱだらけになるわよ」

花陽「ううん、平気だよ」

真木「そう?」

花陽「だって真姫ちゃんの葉っぱ、すごく綺麗な色がいっぱいあるから」

花陽「見てるだけで楽しいなぁって」

真木「もう…おだてても葉っぱしか落ちてこないわよ」バサバサバサ


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:43:29.26 :yeklC06H0

花陽「~♪」パクッ

真木「何食べてるの?」

花陽「あっ、栗ご飯だよ」

真木「いいわね。秋っぽい」

花陽「お母さんがいっぱい炊いてくれたから…おにぎりにしてきたの」

真木「よかったわね」

花陽「うん…♪」パクパク

花陽「あ、真姫ちゃんお水いる?」

真木「貰うわ」

花陽「今日はお花屋さんで栄養肥料買ってきたの」

真木「ええっ?私のために?」

花陽「うん…いつもお水だけじゃ立派な木にならないかなって」

真木「そう…ありがとう」

花陽「えへへ…」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:46:58.41 :yeklC06H0

花陽「……」チョロロロロ

真木「……」

花陽「どうかな…?」

真木「染み渡るわ」

花陽「クスッ…真姫ちゃん、それしか言ってないよ?」

真木「そうね」

花陽「でも…」

真木「なに?」

花陽「真姫ちゃん、夏よりちょっと葉っぱが少なくなっちゃったね…」

真木「仕方ないわ。秋だもの。落ちるもの」

花陽「そうだね…」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:51:50.24 :yeklC06H0

花陽「~♪」ザッ ザッ

真木「何してるの?」

花陽「えっと、落ちた葉っぱを幹に集めようかなって」

真木「何でそんな事してるのよ」

花陽「えっ?その方が真姫ちゃん寒くないかなって」

真木「かよちん…」

花陽「これからどんどん涼しくなるから…真姫ちゃんも風邪ひかないようにしないと」

真木「私、今木だから風邪なんて引かないわよ」

花陽「あ、そっか…」

真木「…でも」

花陽「えっ?」

真木「…ありがと。ちょっと嬉しかった」

花陽「…うんっ」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:56:13.48 :yeklC06H0

リーリリリリー…



真木「…月が綺麗ね」

花陽「そうだね…」

真木「……」

花陽「……」

真木「告白じゃないわよ?」

花陽「えっ?」

真木「…何でもないわ」

花陽「…?」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/29(水) 23:58:54.75 :yeklC06H0

花陽「~♪」パクッ

真木「何食べてるの?」

花陽「あ、えっとね。お月見してるから…」

真木「お団子ね」

花陽「うん」

真木「美味しい?」

花陽「うん…すごく」

真木「そう。よかったわね」

花陽「真木ちゃんと一緒にお月見してるからかな?」

真木「ナニヨソレー」

花陽「くすくす…」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:02:53.70 :6F0aAKe90

花陽「あっ」

真木「どうしたの?」

花陽「草むらに何かいるかも…」

真木「虫じゃないの?」

花陽「ううん。もっと大きい」

真木「うーん…犬じゃない?」

花陽「どうだろう…」












にこ「ピョンコピョンコカーワーイー♪」ピョンピョン

花陽「うさぎかな?」

真木「お月見らしくなったわね」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:07:29.28 :6F0aAKe90

花陽「…くしゅんっ」

真木「ほら、もう暗いから帰りなさいよ…風邪ひいちゃうわよ」

花陽「グシュ…そ、そうだね…」

真木「……」

花陽「真姫ちゃん?」

真木「えっ?」

花陽「…さっき、ぼーっとしてなかった?」

真木「ううん、そんなつもりはないけど…」

花陽「…そっか」

真木「私も寝るわね…太陽ないから呼吸だけだけど」

花陽「そっか…じゃあ、また明日来るね」

真木「うん、待ってる」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:11:06.98 :6F0aAKe90

シンシン


真木「……」

花陽「…今日は寒いね」

真木「そうね…私木だからあんまり感じないけど」

花陽「そうなの?」

真木「人間の時より感覚が鈍ってるのよ」

花陽「そうなんだ…」

花陽「あっ、落ち葉かき集めてて良かったね」

真木「そうね、おかげで根っこの部分はあったかい気がするわ」

真木「花陽のおかげね」

花陽「えへへ…嬉しいな」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:16:10.53 :6F0aAKe90

花陽「…でも」

真木「なに?」

花陽「…葉っぱ、全部落ちちゃったね」

真木「仕方ないわよ。冬だから」

花陽「そっか…」

真木「…そんなに残念そうにしなくていいわ」

花陽「でも…ちょっと寂しいなって」

真木「また春になれば綺麗な花びらが咲くと思うから」

花陽「…うん。それまで待ってるね」










花陽「ところでやっぱり桜の木なの?」

真木「知らない」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:16:44.74 :P460BgdA0
なんなんだこれは……


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:21:55.02 :6F0aAKe90

花陽「……」キュルルル

真木「…お腹すいてるの?」

花陽「あっ、えっと…あぅ」カァァ

真木「今日は何も持ってきてないのね」

花陽「お母さん、今日ご飯炊くの忘れちゃってて…」

真木「そう…」

花陽「でも、晩ご飯は一杯炊いてくれるって約束したの!」

真木「あんまり食べ過ぎたらダメよ」

花陽「うん…頑張ります」

真木「クスッ…何よ頑張るって」

花陽「えへへ…」キュルルル


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:27:24.32 :6F0aAKe90

・・・・・・・・・・・・・
  ・   ・
・ ・  ・ ・ ・
 ・・  ・  ・

花陽「…雪、積もってきたね」

真木「そうね…」

花陽「雪の重さで枝が折れたりはしないのかな?」

真木「このくらいなら大丈夫なんじゃない?」

花陽「そうかなぁ…」

真木「心配しなくても、この真姫ちゃんの枝は雪なんかで折れるほどやわじゃないわ」

花陽「ふふっ…頼もしいね」

真木「トウゼンデショー」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:32:30.87 :6F0aAKe90

ガサッ

花陽「ピャア!」ボフッ

花陽「び、びっくりした…」

真木「ごめんかよちん。枝の雪が落ちたみたい」

花陽「そ、そっか…ううん。平気だよ」

真木「…ならいいけど」

花陽「あ、お水はいらない?」

真木「いらないわ。冬だから」

花陽「冬はいらないの?」

真木「雪が溶けたりするから」

花陽「…そっか」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:35:42.82 :6F0aAKe90

真木「…何で悲しそうなのよ」

花陽「あっ、えっと…いつも真姫ちゃんのお水やりしてたから」

花陽「それができないのは…ちょっと残念かなぁって」

真木「……」

花陽「えへへ…変だよね」

真木「何だか…恥ずかしいわね」

花陽「そうなの?」

真木「うん…ありがと」

花陽「どういたしまして…♪」

真木「……」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:40:36.73 :6F0aAKe90

花陽「……」ウトウト

真木「…こんなところで寝たら死んじゃうわよ」

花陽「……」クー

真木「」ガサガサ  ボトッ

花陽「ぴゃあ!!」

真木「…かよちん、今日はもう家に帰ったほうがいいわ」

花陽「う、うん…そうだね」

真木「……」

花陽「明日も来ていいかな?」

真木「当然でしょ?」

花陽「そうだね…うん」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:41:03.60 :vIM6dRKh0
(・8・)「あの木に巣を作るちゅん」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:45:58.72 :6F0aAKe90

花陽「…あれ?」

真木「なによ?」

花陽「…新芽、まだ出てきてないね」

真木「そうね。もうすぐじゃない?」

花陽「そうなのかな…」

真木「心配しなくても生えてくるわよ。今年がちょっと遅いだけ」

花陽「…うん」

真木「不安なの?」

花陽「…ちょっと」

真木「ショウガナイワネー」

花陽「えっ?」

真木「花陽、私の木の穴の中見て」

花陽「…?」




花陽「…あっ!」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:53:10.73 :6F0aAKe90

にこ「去年の秋はどんぐりがいっぱいで良かったわ♪今年の冬はみんなで乗り越えようね」カリカリ

こころ「お姉ちゃーん」                              (・8・)

ここあ「ここあいちごが食べたーい」                      (・8・)

にこ「そっかー。じゃあ春になったらお姉ちゃんがいっぱいとってきてあげるからねー」

こころ「ほんと?」             (・8・)

にこ「ほんとほんと!それまでたくさん食べてしっかりと冬を過ごすにこ♪」

こころここあ「はーい」   (・8・)ジュル









花陽「…すごい」

真木「この子達の為にも、まだまだ枯れるわけにはいかないわ」

花陽「うん…そうだねっ」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 00:59:15.09 :Kw/QWa2m0
にこは一体何者なんだ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:00:11.23 :6F0aAKe90

花陽「うぅ…」ブルブル

真木「…そろそろ限界ね」

花陽「ごめんね真姫ちゃん…」

真木「気にしなくていいわよ」

花陽「……」

真木「風邪ひかないように、ちゃんと暖かくしないとダメだから」

花陽「うん…」

花陽「じゃあね…明日もまた来るからね」

真木「別に無理に来なくてもいいわ」

花陽「無理なんてしてないよ」

真木「…そう」

真木「…ありがとう、かよちん」

花陽「えへへ…」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:04:58.78 :6F0aAKe90

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・





真木「」

花陽「ヒック…ウッ…ウウッ…」

真木「」

花陽「どうして…どうして…」

真木「」

花陽「あんなに…頑張るって言ったのに…っ」

真木「」

花陽「何で…何で…っ!」

花陽「何で…切られちゃったのぉ!」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:07:24.68 :vIM6dRKh0
え?


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:09:58.10 :6F0aAKe90

真木「…花陽」

花陽「真、姫…ちゃん」

真木「来てたのね…」

花陽「うんっ…!花陽ここにいるよっ…!」

真木「…そうね。ちゃんと聞こえる」

花陽「真姫ちゃん…真姫ちゃん…」

真木「そんなに泣かないで…これは仕方なかったのよ」

花陽「でも…こんなのって…酷い…っ」

真木「……」

花陽「道路ができるからって…真姫ちゃんを…切り倒すなんて…っ」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:17:26.71 :6F0aAKe90

真木「…花陽。よく聞いて」

花陽「なんで…何で花陽の事…かよちんって…呼んでくれないの…?」

真木「大事な頼みがあるから」

花陽「嫌だよぉ…聞きたくない…」

真木「…明日、私は丸太としてトラックで運ばれるわ」

花陽「ダメだよ…そんなの…嫌だぁ…っ」

真木「だから…せめて最後は…花陽に託そうと思ってたの」

花陽「…えっ」

真木「…そこに斧があるでしょ」

花陽「…!や、やだ!」








真木「花陽、それを持ちなさい」

真木「真木割りの時間よ」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:19:30.15 :P460BgdA0
クッソwwwwwwww


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:25:41.72 :6F0aAKe90

花陽「無理だよっ…いやだよ…」フルフル

真木「大丈夫よ、予め中くらいに分けてあるから…」

真木「その部分だけ、割って欲しいの」

花陽「駄目だよ…できないよ…」

花陽「真姫ちゃんの…一部を割るなんて…できないよぉ…っ」

真木「…かよちん、お願い」

花陽「ヒック…グスッ…ウッ…ウウッ…」

真木「……」







真木「…ありがとう」

花陽「えっ…」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:33:41.41 :6F0aAKe90

真木「いつもずっと傍にいてくれたよね」

花陽「……」

真木「水もくれたし、一緒にお喋りもしたし…とっても楽しかった」

真木「花陽が傍に居てくれたから、私は木になることを頑張れた」

花陽「真姫…ちゃん」

真木「安心して、薪になっても、私は私、西木野真姫なんだから」

花陽「うん…うんっ」

真木「…きっと、美味しいお米が炊けると思うわ」

花陽「真姫ちゃん…」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:38:26.14 :6F0aAKe90

真木「…だから、最後まで一緒にいたいの」

花陽「……」

真木「私の広葉樹としてのお願い…聞いてくれない?」

花陽「……」

真木「…かよちん」












花陽「……」ガシッ

真木「……ありがとう」

花陽「ごめんなさい…ごめんなさい…」スッ

真木「…また会おうね」

花陽「…うん」ブォンッ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:39:18.05 :/dVpkTP40
真木ちゃん…


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:44:07.65 :6F0aAKe90

パッカーン!


カランカラン……



花陽「……」

薪「」

花陽「…真姫ちゃん」

薪「」

花陽「…すごく、持ちやすくなったね」

薪「」 

花陽「…近くにね、キャンプ場があるの」

薪「」

花陽「…花陽、こうやってお米炊くの初めてだけど、絶対美味しく炊いてみせるからね」

薪「」

花陽「えへへ…ありがとう」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:45:38.81 :6F0aAKe90

                     「……じゃあ、一緒に行こう」          


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:50:53.65 :6F0aAKe90

花陽「はぁ…はぁ…」

穂乃果「あ、かよちゃん!」

海未「どうでしたか?薪はちゃんと割れましたか?」

花陽「う、うん…ちょっと斧が重くて時間かかちゃったけど…」

ことり「わぁ~。これ全部かよちゃんが割ってくれたの?すごーい!」

花陽「う、うん…意外と簡単だったよ?」

凛「ごめんねーかよちん。凛も手伝いたかったけど着火剤買いに行ってたから…」

花陽「ううん、全然大丈夫だよ」

絵里「こっちの準備はできたわ。早速火をつけてみましょう」

希「下ごしらえもばっちりやでー」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 01:56:18.73 :6F0aAKe90

花陽「…ふぅ」

「お疲れ様」

花陽「あ、真姫ちゃん…」

真姫「うわ…すごい」

花陽「えへへ…ちょっとがんばり過ぎちゃった」

真姫「私はだめね…あんなに重いもの持ったら倒れそう」

花陽「でも、花陽も最初はよろよろして、うわわわ~ってなったもん」

真姫「どうせなら力のある海未とかがやればよかったのに…」

花陽「し、仕方ないよ…器材とか運ぶの海未ちゃんにやってもらってたから」

真姫「…ま、そうね」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 02:02:22.01 :6F0aAKe90

穂乃果「真姫ちゃんかよちゃん!お米炊けたよー」

花陽「本当!?」

真姫「かよちん喜び過ぎ」

花陽「だ、だって…キャンプでお米炊くの初めてだから楽しみで…えへへ」

真姫「あ、そうだ」

花陽「?」

真姫「…これ、さっき見つけたの」

花陽「…あっ」










にこ「」

花陽「セミの抜け殻かな」

真姫「そうね」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 02:02:55.51 :NVWsz6YM0
にこwwwwww


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 02:08:12.86 :6F0aAKe90

花陽「たしか、蝉の抜け殻を見ると幸運が訪れるって話聞いたことあるよ」

真姫「そうなの?」

花陽「うんっ…それに、今は春だからすごーく珍しいと思うの」

真姫「へぇー」

花陽「幸運かぁ…いいなぁ」

真姫「…いる?」

花陽「えっ?」

真姫「いや…持っててもどうしようもないし」

花陽「え、えっと…花陽もいらないかな…なんて」

真姫「」ピトッ

花陽「ピャア!」

真姫「ふふっ、似合ってるわね」

花陽「ま、真姫ちゃん花陽の何処に抜け殻くっつけたの!?」

真姫「秘密。凛か誰かに取ってもらったら?」

花陽「も、もー!真姫ちゃん!」プンスカ


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 02:12:07.29 :6F0aAKe90

絵里「…あの二人楽しそうね」

希「そろそろカレーできるよー」

にこ「真姫ちゃーん!花陽ー!遊んでないで戻って来なさーい!にこの特製カレー冷めちゃうわよー!」







真姫「…て言ってるわよ?」

花陽「うぅ…ダレカタスケテー」

真姫「そんなに落ち込まないでよー…ほら、取った」

花陽「ほっ…」

真姫「あんまり待たせるとにこちゃんうるさいから、早く行きましょう」

花陽「そ、そうだね…」

真姫「うん」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/30(木) 02:16:50.16 :6F0aAKe90

花陽「…あ」






花陽「……」

真姫「…綺麗な桜ね」

花陽「うん…」

真姫「……」

花陽「……」

真姫「…行こう。かよちん」

花陽「うんっ」


 

転載元
花陽「この木 何の木 西木野真姫」


記事タイトル:

花陽「この木 何の木 西木野真姫」

関連ワード :

小泉花陽

ラブライブ!シリーズ

美少女

ショートボブ

髪色(茶)

アイドル

SS




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!