アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

小倉唯と石原夏織がBUNNY LANDを救う!ゆいかおりLIVE『BUNNY FLASH!

小倉唯さんと石原夏織さんによる声優ユニット“ゆいかおり”のライブが、2月2日(日)パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。2012年11月〜12月に開催された1stライブツアー以来となる今回のライ

小倉唯と石原夏織がBUNNY LANDを救う!ゆいかおりLIVE『BUNNY FLASH!!』レポート

小倉唯さんと石原夏織さんによる声優ユニット“ゆいかおり”のライブが、2月2日(日)パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。2012年11月〜12月に開催された1stライブツアー以来となる今回のライブは、2013年10月23日(水)に発売された2ndアルバム「Bunny」の曲を中心に全18曲を熱唱。“BUNNY”満載のゆいかおりらしい元気でキュートなライブとなった。



スクリーンには、唯ちゃんと夏織ちゃんがウサギたちと仲良く暮らす“BUNNY LAND”の映像が流れる。音楽祭の日、この国の歌姫であるふたりのステージが始まるところから物語がスタート。今回のライブは、幕間にスクリーンで流れる物語と実際のステージが同時進行する構成で行われた。


ステージの幕が開き、オープニングナンバーは『ウェィカッ!!』。ゆいかおりのふたりが姿を現すと、大歓声が沸き起こる。「ウェィカッ!!」の掛け声も全開で、会場がBUNNY LANDに変化したかのようだ。『君が世界で世界は君で』でさらにテンションが上昇。この曲は曲調の変化が面白く、ゆいかおりらしい味付けで楽しませてくれた。

「こんばんみのるー!」と元気に挨拶したふたり。観客のリクエストに応じてくるっと回ると、スクリーンに映し出された自分たちの後ろ姿が気になる様子。小倉さんと石原さんは、後ろ姿が似ていて間違われることがあるのだとか。

そして、『Shiny Blue』を爽やかに披露した。曲に合わせるように、ふたりの晴れやかな表情も輝きを放っていた。さらに、『HEARTBEATが止まらないっ!』ではステージをいっぱいに使い激しいリズム、『Shooting☆Smile』ではキュートなハーモニーが会場を包み込んだ。


ゆいかおりのライブではお馴染みの映像コーナー。今回は『うさちゃんと遊ぼう』として、お題に従いお互いがカメラマンとなりウサギとのツーショット写真を撮っていく。小倉さんが撮影したのは、ファッションリーダー風にイスに腰掛ける石原さんとウサギ。タイトルは『おしゃんてぃキャリーの、う散歩休憩中』。一方の石原さんは、小倉さんとウサギが恋人同士にように過ごす『恋人との甘い時間』。普段は撮られる側なので、ふたりともカメラマンとして指示を出すのを楽しんでいた。


続いては、小倉さんのソロステージ。妖精のような可愛らしい薄ピンクの衣装に着替えた小倉さんは、『in Wonderful Wonder』を跳ねるように歌い上げた。この曲は、久しぶりに自身で振り付けしたそうで、MCでは振り付けのイメージや衣装について語る。先日大学に合格したことも改めて報告すると、観客からお祝いの言葉が飛んだ。最新シングル『Charming Do!』は歌も振り付けも、まさにチャーミング。間奏でみせるウインクもチャーミングポイントだ。

次は石原さんのターン。小倉さんとは対照的な大人っぽい黒と赤のタイトスカート姿で登場して、『Magic starter』を格好よく歌い上げた。この衣装を提案した際は反対されるか心配したと語る。背筋が伸びた素敵な女性を目指して、最近はヒールを履くようにしているのだとか。そして、『Sunny Ray Beam!!』では事前に振り付け講座があり、石原さんの動きに合わせて観客みんなで指をL字にした振り付けで一体となった。

BUNNY LANDの映像を挟み、ミントグリーンの衣装に着替えたふたりが再登場。先ほどの映像コーナーでの裏話を語る。今回使用されなかった他のお題の写真も撮ったことや、『ウサギ小屋作り』などのボツになった企画があったことを明かした。

再びライブステージへ。今度はスタンドマイクを使い『marble』をしっとりと聴かせる。元気でテンポの早いイメージが強いゆいかおりだが、歌声がダイレクトに染み入るこのような曲も魅力的。『ハツコイメイズ』では、ふたりの爽やかなハーモニーが心地よく響いた。

BUNNY LANDでは、地下で眠っていたブラックウルフが目を覚ましてしまい、危機が迫る。倒すには、悩みや不安を貫く、真っ直ぐ進んで行く心の強さが必要だという。決意したふたりの心から、小さな光の玉が!そんな心の強さを示すように、ステージでは『Blitzallies』の熱いリズムが刻まれた。ノースリーブの衣装に着替え、イナズマの映像やレーザーが輝く中でふたりは熱唱。『圧倒的な GO!!』でさらにスピードアップして、心がさらに燃え上がっていった。

映像はクライマックスへ。みんなの心の強さを集めるふたり。それこそがBUNNY FLASHであり、その光を受けたブラックウルフは子犬へと姿を変え、再び平和が訪れるのだった。

ライブもラストスパート!弾むようなナンバー『Jumpin’ Bunny Flash!!』は、ウサギのような振り付けもキュートだ。MCではBUNNY LANDの撮影を振り返り、普段とは違う撮影に苦労したことや、ケータリングがおいしかった話で盛り上がる。さらに、今回のパンフレットでお気に入りの写真を当てっこする、仲良しトークが展開された。

ラストは代表曲を立て続けに披露。『PUPPY LOVE!!』はキュートなやりとり&早口が特徴的で、ゆいかおりの世界がいっぱいに広がる。さらに、メジャーデビュー曲『Our Steady Boy』では、ふたりの成長を感じさせてくれた。間奏で抱き合うふたりの姿も微笑ましい。大歓声に包まれながらステージを後にした。

アンコールを求める「ゆいかおり」コールに応えて、Tシャツ姿のふたりが再びステージへ。小倉さんは、前回のライブが1年以上前であり会場も大きくなったことで不安があったそうだ。しかし、みんなでライブを作り上げることが出来たと感慨深げに語る。石原さんは、前回のツアーでもっと色々なことに挑戦したい気持ちが沸いたという。今回のライブでは企画など色々なことに参加して、より自分のことを考えるきっかけになったとのこと。

感謝や意気込みを述べた後は、会場のみんなでウェーブをやって大喜びするふたり。そして、ポンポンを手にして『君のYELL』、ラストは『星降る夜のハッピーリンク』で大いに盛り上がった。最後まで、ゆいかおりらしさ全開のステージを披露してライブの幕を閉じた。

ゆいかおりLIVE『BUNNY FLASH!!』
2014年2月2日(日)パシフィコ横浜 国立大ホール セットリスト
01.ウェィカッ!!
02.君が世界で世界は君で
MC
03.Shiny Blue
04.HEARTBEATが止まらないっ!
05.Shooting☆Smile
06.in Wonderful Wonder(小倉唯)
MC
07.Charming Do!(小倉唯)
08.Magic starter(石原夏織)
MC
09.Sunny Ray Beam!!(石原夏織)
MC
10.marble
11.ハツコイメイズ
12.Blitzallies
13.圧倒的な GO!!
14.Jumpin’ Bunny Flash!!
MC
15.PUPPY LOVE!!
16.Our Steady Boy
<ENCORE>
17.君のYELL
18.星降る夜のハッピーリンク

転載元


記事タイトル:

小倉唯と石原夏織がBUNNY LANDを救う!ゆいかおりLIVE『BUNNY FLASH!

関連ワード :

五更珠希

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

美少女

ショートボブ

髪色(黒)

ニュース

小倉唯(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!