アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

【あの花】キャラ紹介「久川鉄道(ぽっぽの意味は作中では語られません)」

すごい愛情もって紹介されていたので、転載させて頂きます!!

【あの花】キャラ紹介「久川鉄道(ぽっぽの意味は作中では語られません)」

【あの花】キャラ紹介「久川鉄道」其の1

久川 鉄道(ひさかわてつどう)、あだ名は「ぽっぽ」。

どうして彼をぽっぽと呼ぶのか、本名が作中で一度も出なかったのでネットでサイトを見るまで分かりませんでした。

不親切だ!と勝手に文句をつけても仕方がありませんが、一応視聴者の意見として。


「はとぽっぽ(鳩の真似が上手だから?)」からきているのかとか「電車オタクだから?」など、妄想だけが広がっていました。

名前がまんま鉄道だったのですね。子供には「でんしゃぽっぽ」というわけです。納得。

豪快に登場して、めんまのこともあまり疑いを持たずに、仲間をすぐに集めたがった行動派。彼だけは子供時代のトラウマがないのかと思っていましたが、最後の最後で告白。


「めんまを最後にみた(見捨てたと本人は思っている)」人物がぽっぽでした。子供の頃ははみ出し者で、超平和バスターズの仲間になれたことが嬉しくて、つまり、何かの集団の一員であることに誇りを持てていたのに、結局何もできなかった自分が許せなくて逃げ出していた、いうのが、世界を漫遊していた理由に繋がりました。

それでも、秘密基地に帰ってきてしまうのは、やはりそこが唯一の居場所だったから。
居場所が欲しかっただけなんですよね。昔も今も。

【あの花】キャラ紹介「久川鉄道」其の2

仁太と再会して、めんまの幽霊に会いたい・視たいとはしゃいでいたぽっぽですが、そうして虚勢を張っていないといけなかったことが、最後まで見ると「オーバーアクションだったなぁ」と思う疑問にも納得がいきます。めんまの幽霊が(意識は)子供のままで、自分のことを疑ってもいないと分かってから余裕を持ちますが、成仏してもらわないと自分のトラウマが消えないことが、色々とやってみて分かったのでしょう。

経験をして、そして、答えを見つけた。ぽっぽは重要な役を担っていて、教えてくれました。

そして、リーダーだった仁太への憧れがいつまでも消えなかったこと。引き篭もりになっても、どんな状態の仁太でも、ぽっぽは(現状を見ていないからではなく)仁太が「すごい」とずっと憧れていたし、信じていました。
男の友情ここにあり!ですよ。
仁太も、そんなぽっぽの後押しもあって徐々に行動範囲を広げて、世界を取り戻していくのですから、周囲に恵まれていたことを改めて実感するべきです。

後日談としてぽっぽは働きながら高校受験を目指していました。差はほんの二年(後日談の時には既に季節は変わっていましたから)です。海外に体験留学していたと思えば取り戻せる時間です。そして、働きながら、というのが、既に一歩、みんなよりも独立志向が高いことを窺わせます。

ぽっぽは、自分で成長した、偉い人ですよ。

転載元:


記事タイトル:

【あの花】キャラ紹介「久川鉄道(ぽっぽの意味は作中では語られません)」

関連ワード :

久川鉄道

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

オールバック

髪色(茶)

名脇役

むじゃき

近藤孝行(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!