アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

【あの花】キャラ紹介「本間芽衣子(子供のまま成長した幽霊)」

素敵な紹介文だったので転載させて頂きます!!

【あの花】キャラ紹介「本間芽衣子(子供のまま成長した幽霊)」

本間芽衣子(ほんまめいこ)、あだ名は「めんま」。

ラーメンの具のめんまでいいのかなぁ……語呂合わせだけであだ名をつけているような仲間達なので、呼びやすかったからかもしれませんね。しかし、容姿がロシア人ハーフの母親譲りの銀髪(本人はクォーター)のストレートヘアーで白い肌、と日本人離れしているので、最初「めんま」と仁太に連呼されている時は違和感でいっぱいでした。

きちんと成長した姿の幽霊で登場したものの、記憶だけは子供(死亡時)のままなので甘えている様子、無邪気な姿にも違和感があります。でも、それも可愛いから許す!の一言です。実際、仲間の男子全員がめんまに気があったわけですし(ぽっぽは微妙ですが、友人以上の気持ちはあったと確信)。

めんまが死んだ日(溺死らしく、水面に靴だけが浮いているシーンで表現されます)は特定されていませんが、仲間が決裂した話題となった「めんまのことがじんたんは好きか?」の後、秘密基地を飛び出した仁太を追って、そのまま……が一番有力説です。

「夏のある日」としか表現されていませんが、誰もがその後にめんまと接触していないし、呼び止めて告白したゆきあつが罪の意識を感じているのでそう判断。

めんまは天真爛漫そうに見えますが、実家を訪れて自分の死を再確認すると泣くなど、もうこの世にはいない、仁太意外と触れ合えない寂しさが伝わってきます(最後はみんなに見えて終わりますが)。

そして、彼女の美徳は「誰も嫌わないこと」。誰にでも良い所があり、誰でも許せる、許せないとしたら、自分が死んだことでみんなが傷を抱えてしまったこと。めんまもまた、幽霊でありながら心の傷を癒すために、しっかりと成仏するために登場することが必要だったのでしょう。

仁太としか会話が出来ず、秘密基地で、自分の残したノートに筆記することでみんなとコミュニケーションをはかります。ネタバレすみません、は今更ですが、願いが叶って消えてしまう最後の最後まで、心の闇でうやむやになった仲間達のために、仲介役となります。みんなを繋げてくれた。自分が蒔いた種を本当は刈り取っていくことが、めんまの使命だったのかもしれません。

だって、願い事が仁太の母親と交わした「仁太を泣かせること」だったら、股間の一発でも蹴り上げれば一応泣くでしょうし。もちろんそれで泣かせても意味はないのでしょうが、結果的にはめんまの存在でこじれた過去が未来に向かっていくのですから。個人的な願い事は実は後回しだったんじゃないかな。それに、めんまも成仏するのはみんなに手紙を届けてから、と、やりたいことが増えていましたからね。

転載元:


記事タイトル:

【あの花】キャラ紹介「本間芽衣子(子供のまま成長した幽霊)」

関連ワード :

本間芽衣子

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

美少女

ロングストレート

髪色(銀)

ヒロイン

茅野愛衣(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!