アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

【あの花】キャラ紹介「安城鳴子(あなるって子供には分からなかったはず!)」

素敵な紹介部だったので転載させていただきます!!

【あの花】キャラ紹介「安城鳴子(あなるって子供には分からなかったはず!)」

安城鳴子(あんじょうなるこ)、あだ名は「あなる」。

良い子のみんなはお友達にこんなあだ名をつけてはいけないよ、とツッコミを入れたくなりました!絶対に、みんな言葉に意味があるなんて思わないで呼んでいたに違いないけれど、無邪気で無知な子供は時々怖いな、と思いました。作中であなるが連呼されるたびに、いいのかなぁ、と思ったものです。変に意識しすぎるのもイケナイ大人かもしれません。

とてもとてもありがちなパターン。メガネと天然パーマをださいと感じて、サラサラストレートヘアーに色白で可愛いくて男子にモテモテ、自分が好きな仁太にも好かれているめんまにたまらなく劣等意識を感じる、仲間なのにめんまが嫌い。そして、そんなことを考える自分が嫌い。という「自分嫌い」の典型例です。

だけど本当はとても繊細で気遣いができるのがあなるの魅力。ゲームやマンガを大量に持っているけれど几帳面に生理整頓しています。
ただ、自分が嫌いだから形だけでも変わろう、と、ギャルの仲間入りをして、慣れないマニキュアにコンタクト、服装に言葉遣いに友人付き合い……。
それもまた自分を嫌いになる要素です。「何やってるの?」という思いです。

そして、仁太への恋心はしっかりと突き通しています。一途な乙女は可愛いです。その分、高校生にしてギャルの真似をしているのに異性に免役がありません。純情!

あなるは、自分と同じ高校に仁太が来てくれて嬉しいけれど、それも伝えられない。

仕方がなくプリントを持ってくる役をやっているように見せて会いたい気持ちはみえみえ。

仁太が好きだっためんまを自分が失わせてしまった、という気持ち、子供の頃のあの日、仁太がめんまを嫌いだと言ったのが本当は嬉しかったけれどそれを喜んでいる自分が今でも嫌い。本当にめんまを好きな仁太だと分かっているから、いまさら「好き」と言えない。

本の少しだけ勇気を出して、もう、時は過ぎてしまったのだからと自分を許してあげられれば、あなるも救われたはず。純情一直線な女の子なのに、仁太も鈍い!

めんまの願いを叶えようとみんなが集まってくるにつれて背伸びすることをやめ、結果、素顔の自分が一番素敵だ、と分かるのです。教えてくれたのはめんま。嫌いなめんまだけど、憧れの少女。その憧れに認めてもらえたのですから、自信を持っていけるよ、あなる!

それにしても、物語中盤で涙ながらの告白を仁太にスルーされたのは、本当に悲しかったよね。仁太にバカっ!って言ってやりたいです。乙女の純情踏みにじるんじゃない!

転載元:


記事タイトル:

【あの花】キャラ紹介「安城鳴子(あなるって子供には分からなかったはず!)」

関連ワード :

安城鳴子

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

美少女

ツインテール

天然パーマ

髪色(オレンジ)

戸松遥(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!