アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

春香「筋ジストロフィー?」

春香「おはよーございまーっす!」ガチャ P「おぅ、おはよう!」 春香「って、うわぁ!?」バッターン P「だ、大丈夫か!?」 春香「えへへ、コケるのにはなれてますよー」ニコリ

春香「筋ジストロフィー?」

春香「おはよーございまーっす!」ガチャ

P「おぅ、おはよう!」

春香「って、うわぁ!?」バッターン

P「だ、大丈夫か!?」

春香「えへへ、コケるのにはなれてますよー」ニコリ

P「でも気をつけろよなー」

春香「はーっい!」ニコニコ

P「ったく…… 返事と笑顔だけはいいんだけどな」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 19:33:54.07 ID:XNpoRgoM0
春香「じゃあレッスン行ってきますね~!」

P「あぁ、頑張れよ!」

………………

トレーナー「ワン、ツー、ワン、ツー」パンパン

春香「はぁ…… はぁ……」

トレーナー「ワン、ツー、ワン、ツー」パンパン

春香「ぜぇ…… ぜぇ……」

トレーナー「天海さん!遅れてる!」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 19:38:57.34 ID:XNpoRgoM0
春香「はい!」

トレーナー「はい、ワン、ツー、ワン、ツー」パンパン

春香「ぜぇ…… きゃあっ!」スッテーン

トレーナー「天海さん!? 大丈夫!?」

春香「だい……じょ…う……ぶ…です……」ゼェゼェ

トレーナー「はぁ…… 天海さんは今日は休んでなさい」

春香「はい、すみません……」

トレーナー「じゃあ他の皆は続きいくよ!」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 19:43:42.65 ID:XNpoRgoM0
ワン ツー ワン ツー

春香(なんだか最近…… 体が重い……)ゼェゼェ

………………

数日後

春香「おはようございます……」

P「あぁ、おはよう!」

千早「…………」

春香「千早ちゃん、おはよ」

千早「えぇ、おはよう」

春香「今日も一日頑張らないとっ」

千早「ねぇ春香……?」

春香「なに?千早ちゃん?」

千早「最近何かあった?」

春香「え?何もないよ?」

千早「本当に?」

春香「う~ん…… 強いて言うなら最近体が重いというかだるいというか……」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 19:55:23.27 ID:XNpoRgoM0
千早「本当にそれだけ?」

春香「どうしたの? 本当に何もないよ?」

千早「春香、最近あなた表情が硬いわ」

春香「えっ? それはアイドルとしてまずいなぁ…… 教えてくれてありがと!」

千早「えぇ、私は春香の笑顔が大好きだから……」

春香「えへへ、照れるなぁ……///」

春香「じゃあ、笑顔の練習、いってみよー!!」

春香「ワン、ツー、ワン、ツー 千早ちゃんも一緒に!」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 20:00:26.98 ID:XNpoRgoM0
千早「えっ!? えっと……ワン、ツー、ワン、ツー……?///」

春香「千早ちゃんかーわいい!」

千早「もうっ! 春香!///」

………………

さらに数日後

春香「はぁ…… 今日もいっぱい失敗しちゃった……」

春香「何回も噛んじゃったよ……」

春香「最近舌が回らない…… あ!え!い!う!え!お!あ!お!」

春香「かえるぽこぽこ……」

春香「くくっ ぽこぽこだって」クスクス

春香「でも、私こんなに滑舌悪かったかなぁ……」

春香「今度は千早ちゃんと早口言葉の練習しよーっと」

春香「うー寒い寒い…… やっと事務所ついたよ……」

春香「ドアノブ冷たーい! ただいまー!」ガチャ

千早「おかえりなさい」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 20:08:48.28 ID:XNpoRgoM0
春香「あっ! ちは……!?」

千早「……? 春香? どうかした?」

春香「えっと、なんでもないの!」

千早「……? なら早く入ってくればいいじゃない」

春香「う、うん!」

春香(……どうして!? ドアノブから手が離れない!?)

春香「あっ! ちょっとコンビニ行ってくるね!」ガッチャン

千早「……」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 20:12:37.45 ID:XNpoRgoM0
春香「ぐっ……! いっ……」

千早「……」

春香「ふんっ…… だめだ、力が入らない……」

千早「……」スタスタ

春香「もうっ! なにこれっ……!」

千早「春香」ガチャ

春香「うわぁ!?」

千早「コンビニに行くんじゃなかったの?」

春香「あはは…… ばれてたんだ……」

千早「あれだけ様子がおかしかったら当然よ。 で、どうしたの?」

春香「えっと…… それがね?」ウルッ

千早「うん」

春香「ドアノブから手が離せないの……」

千早「……えっ?」

春香「なんだか手に力がはいんなくて……」

千早(この症状…… 聞いたことがあるような……)

春香「千早ちゃん…… たすけてぇ……」ポロポロ

千早「春香、病院に行きましょう」

春香「病院? 私病気なのかなぁ?」

千早「まだわからないけど…… その可能性もあるわ」

春香「うぇぇ~ん こわいよぉ」ポロポロ

千早「大丈夫よ、落ち着いて」ギュッ

春香「ひっく…… ちはやちゃぁぁん」ポロポロ

千早(大丈夫……なのかしら……?)

病室

春香「…………」ボー

春香(泣き疲れた……)

春香(アイドルが続けられないって……どういうこと?)

春香(急に『あなたは治らない難病だ』なんて言われて納得出来るわけない……)

春香(実感が…ない……)

春香「あぁ、宿題して、明日のレッスンの準備して……」

春香「そうだ、明日はクッキー焼いて持っていこう」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 20:27:27.74 ID:XNpoRgoM0
春香「そうだよね……これは全部悪い夢なんだよ……」

春香「そうじゃないと…… こんなの……」

春香「耐えられるわけないよっっ!!!」


千早「……」

千早(今の私がこのドアを開けて今の春香に会っても何をしてあげられるだろう)

千早(……きっと、何もできやしない)

千早「ごめんね…… 春香っ……」


59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 20:33:55.32 ID:XNpoRgoM0
数日後

コンコン

「天海さん、リハビリの時間ですよ」

春香「はい……」

春香(今日も…… 辛いリハビリか……)

春香「んっ……よいしょっ」

春香(立ち上がるのも辛くなってきた……)

春香(アイドルになるための辛いレッスンなら耐えられたけど……)

春香(できるだけ車椅子に頼らないようにするなんていう後ろ向きな辛さなんて……)

春香「あぁ…… 辛い……」

千早(春香は実家に近い大学病院に入院することになった)

千早(つまり、私の家からはとても遠い)

千早(会いに行ける時間が無い……)

千早(あの時私は…… 春香に背を向けてしまった)

千早(あの時に声をかけておけば春香の心をもう少し軽くすることができたのかもしれない)

千早「私は……弱い女だわ、春香……」

千早「立場が逆なら…… あなたは逃げたりはしなかったでしょうね……」


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 20:46:25.46 ID:XNpoRgoM0
春香「……」

『本日のゲストは竜宮小町の三人でーす!』

春香「……」

ピッ

『萩原さんは舞台のヒロイン役が決まったということで……』

春香「……」

ピッ

『本日のらぁめんは』

春香「……」

ピッ


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 20:48:53.52 ID:XNpoRgoM0
『自がこの崖を登るのか~!?』

ピッ

『うっうー!』

ピッ

『まっこまっこr

ピッ

『本日のニュースは……』

春香「今日も…… 退屈だなぁ……」

春香「もうっ…… やだよっ……」ボロボロ

コンコン

「天海さん、リハビリの時間ですよ」

春香「……」

春香「んっしょ…… あっ」グラッ

春香「っ……」ドサッ

春香「いだいよぉ……」ポロポロ

「あっ、大丈夫ですか?」

春香「大丈夫に見えるんですか?」ポロポロ


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:02:15.81 ID:XNpoRgoM0
「ごめんなさい」

春香「……」

春香(私は…… 何をしてるんだろ……)

春香(関係ない看護師さんに八つ当たりなんかして……)

春香(私、最低だよ……)

春香「ひっく…… うぐっ……」ポロポロ



「じゃあ、頑張ってここまで歩いみよう!」

春香「はっ……はっ……」

春香「あっ……」フラッ


72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:07:33.68 ID:XNpoRgoM0
春香「うぐっ……」ドサッ

春香(あぁ…… もう……)

「がんばって、たってみよう!」

春香「んっ……」フラフラ

「よし!よく頑張ったな」

春香(あなたなんかに褒められても嬉しくないよ……)

春香(助けてよ…… プロデューサーっ……!千早ちゃんっ……!)

春香「はぁ…… はぁ……」


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:16:44.56 ID:XNpoRgoM0
春香「……」

春香「私だけができるスマイルー……」

春香「めちゃめちゃ魅力でしょ……」

春香「もう、笑顔になんてなれないよ……」

春香「ごめんね皆……」



春香「死んじゃいたいよぉ……」ポロポロ

春香「もう、楽になりたい……」ポロポロ


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:25:08.53 ID:XNpoRgoM0
………………

P「千早、ちょっといいか……?」

千早「なんですか?」

P「それが……」

………………

春香(どうやって死のうかと考えて数日が過ぎた)

春香(だが、今の私では自ら死ぬことすら難しい)

春香(絶望しかなかった……)


82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:30:02.53 ID:XNpoRgoM0
春香(そんなある日、彼女は訪ねてきた)

コンコン

春香「……誰ですか?」

千早「……私よ、春香。入ってもいいかしら?」

春香「っ……!」

春香「ダメっ……!」

千早「えっ…… どうして?」

春香「なんでもいいでしょ! 帰ってよ!!」


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:35:30.38 ID:XNpoRgoM0
千早「春香に伝えたいことがあるの……」

春香「私は聞きたくないよっ!!」

千早「お願い、春香…… 顔を見せて?」

春香「もう…… 帰ってよ……」

千早「どうして? 理由を話して?」

春香「怖いのっ……」

千早「えっ……?」

春香「765プロの皆と会うのが…… 怖いの……」


86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:39:20.88 ID:XNpoRgoM0
千早「なんでっ……!? 皆春香に会いたいって言ってるのよ?」

春香「違うのっ…… 悪いのは私なの……」

千早「そんなことないっ!」

春香「…………」

春香「……はいってきていいよ」

千早「えっ……?」

春香「千早ちゃんにだけ、教えてあげる」

千早「えっ…… じゃあ……」

ガラガラ

千早「し、失礼します」


87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:46:38.24 ID:XNpoRgoM0
春香「久しぶりだね……」

千早「うん、そうね……」

春香「私ね、もう笑えないんだ」

春香「顔の筋肉が動かせないの」

春香「笑顔ができないとね、気分も沈んでくるんだ」

春香「だから私ずっと思ってたんだ」

春香「『なんで私だけなんだ、別にほかの人でも良かったんじゃないか』って」

春香「真でも雪歩でもあずささんでも貴音さんでも響ちゃんでも亜美でも真美でもやよいでも伊織でも美希でも……」

春香「千早ちゃんでも、いいじゃないか、なんで私だけがこんな目にあわなくちゃいけないの?って……」


90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 21:49:30.35 ID:XNpoRgoM0
春香「私、最低だよね」

千早「そんなことないっ……!」

春香「そういうのがっ!」

千早「っ……!」ビクッ

春香「そういうのが怖いの……」

春香「私は心の中でこんなに汚いことを考えて、どんどん心が濁ってるのに」

春香「きっとみんなは私に優しくしてくれるでしょ……」

春香「私の醜さが際立っちゃうの…… 私が私でなくなっちゃうようで……」

春香「それが、嫌だったんだ……」

千早「大丈夫、みんなに会えば気持ちも晴れるわよ」

春香「私決めてるの」

千早「……え? 何を?」

春香「寝たきりの生活になる前に自殺しよう、って……」

千早「だめ! それだけはだめよ!!」

春香「皆にあって自分の醜さを再確認して、でもこの世に未練を残しちゃって死ねないなんて最悪だから……」

千早「それでいいじゃない!死ぬなんて言っちゃ絶対ダメ!!」

春香「ゴメンネ千早ちゃん、私に生きてる価値なんてないんだよ」

千早「っ―――」キッ

千早「ごめん春香」

春香「へ?」

バッチーーン

春香「きゃっ!」

千早「そんなこと……」

千早「そんなこと、絶対に二度と言わないで!!」

春香「千早、ちゃ……」

千早「私の大好きな春香を、価値がないだなんて言わないでよっ!!!!」ボロボロ

春香「っ……!!」


101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 22:06:09.16 ID:XNpoRgoM0
春香「…………」ウルッ

春香「千早ちゃんの大好きな春香はもういないんだよ……」ボロボロ

千早「いいえ、あなたは私の親友で恩人で……」ギュッ

春香「!?」

千早「初恋の人、なのよ……」ポロポロ

春香「ぢ、ぢはやぢゃぁぁん」ボロボロ

千早「それは変わってないわ。今も、昔も」ポロポロ

春香「私も、ずっと千早ちゃんが大好きで……」ボロボロ

春香「でも、もう手遅れだよ…… 遅すぎたんだよ……」ポロポロポロ

千早「ごめんね春香……」ギュッ

春香「ごめんよ千早ちゃん……」ギュッ

千早「それでね、春香……」

千早「私、ニューヨークへ行くことになったの」

春香「えっ……」

千早「向こうで挑戦してみないかって誘われたの」

春香「……す、すごいじゃん! 頑張ってきなよ!」

千早「でも、春香をおいてはいけないわ……」

春香「そんな…… 私は大丈夫だから……」


109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 22:21:11.25 ID:XNpoRgoM0
千早「本当に?」

春香「うん……その代わり、絶対にここまで千早ちゃんの歌、届かせてね」

千早「わかったわ、約束する」

春香「じゃあ私も自殺するなんてもう絶対に言わない」

千早「ありがとう、春香……」

春香「千早ちゃんもありがとう……」


春香「よしっ! 明日から頑張るぞ!」


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/16(日) 22:26:50.21 ID:XNpoRgoM0
ある少女は明るさを取り戻し

ある少女は海を越えた

それぞれの希望を胸に携えて…………


しかし彼女の歌は海を越えることができなかった


少女はほとんど動けなくなった体で彼女との約束を信じ続ける




END

転載元


記事タイトル:

春香「筋ジストロフィー?」

関連ワード :

天海春香

THE IDOLM@STER

美少女

ショートボブ

髪色(茶)

SS

中村繪里子(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!