アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

にこ「に、にこの2000円がない!?」

にこ「ね、ねえみんな知らない!?にこの財布の中に入ってた2000円がないの!」穂乃果「2000円?」海未「さあ……?どこかで落としたのでは?」にこ「財布の中に入ってたんだから落とすわけない

にこ「に、にこの2000円がない!?」

にこ「ね、ねえみんな知らない!?にこの財布の中に入ってた2000円がないの!」

穂乃果「2000円?」

海未「さあ……?どこかで落としたのでは?」

にこ「財布の中に入ってたんだから落とすわけないでしょ!本当に知らない!?」

真姫「知らないわよ。にこちゃんの財布の中身なんて」

にこ「あれがないと困るのよ!ねえみんな知らない!?」

花陽「うーん。今日にこちゃん財布弄ってないよね?」

にこ「そうよ。部室に来てから鞄すら開けてないわ」

凛「でも、だったら無くなるのはおかしいよねー」

にこ「そうなのよ……本当にみんな知らないの?」

真姫「だから知らないって言ってるでしょ。無い物は無いわよ」

にこ「っ!……そ、そんなこと言って、本当は真姫ちゃんが盗ったんじゃないの?」

真姫「はあ!?なんで私が盗らなきゃいけないのよ!?」

にこ「だって真姫ちゃんこないだ欲しいものがあるって!」

真姫「意味わかんない!
私はにこちゃんみたいに貧乏人じゃないんだからそんなことするわけないでしょ!」

にこ「なっ……!?な、なによその言い方!もうちょっと言い方ってものが」

真姫「だって事実でしょ!
別に人のお金なんて盗らなくても買えるわよ!にこちゃんと違って!」

にこ「あ、あんたねぇ……!」

海未「二人とも落ち着いてください!言い過ぎですよ!」

真姫「でもにこちゃんが!」

海未「確かににこ、証拠もないのに人のことを泥棒扱いしてはいけません!」

にこ「う……ご、ごめん」

海未「そして真姫!あなたは人の家庭事情を馬鹿にしてはいけません!」

真姫「ご、ごめん……」

海未「……二人とも少し頭を冷やしてきてください。今のままでは練習になりません」

ー外ー
にこ「……あの、真姫ちゃん」

真姫「……なに?」

にこ「さっきはその、泥棒扱いしてごめん。頭に血がのぼっちゃって……」

真姫「いや、いいわよ。私の方が言い過ぎたわ。その、貧乏……とか、言っちゃって」

にこ「ううん、大丈夫。現に貧乏だしね!」

真姫「……」

にこ「あっ……ご、ごめん」

真姫「ううん、ホントにごめん……」

にこ「………………」

真姫「………………」





21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 14:13:46.94 ID:wo7Pvg8p0
真姫 (まだ怒ってる……当然よね。貧乏なんてそんな酷いこと……)

にこ (やっぱり、泥棒扱いはだめだよね……なんであんなことしちゃったんだろ)

真姫 (……そうだ!)

真姫「ね、ねえにこちゃん!」

にこ「な、なに?」

真姫「これあげる!」スッ

にこ「っ!?こ、これ2000円じゃない!お金なんて受け取れないわよ!」

真姫「いいの、私の気持ちだから。困ってるんでしょ?だから受け取って」

にこ「いや……でもそんな、真姫ちゃんからお金なんて借りれないよ……」

真姫「ううん。返さなくていいわよ。だからほら」

にこ「ええっ!?そんなのもっと受け取れないわよ!いいから!大丈夫だから!」

真姫「ほっとけるわけないでしょ!ほら、いいから使って!」

にこ「だからお金なんて貰えないって……」

真姫「無理しなくていいって!私が持ってるより有意義に使えるでしょ!」

にこ「っ!無理なんかしてないわよ!そのくらい自分でなんとかするから大丈夫!」

真姫「大丈夫じゃないでしょ!さっきあんなに取り乱してたくせに!」

にこ「取り乱してなんかないわよ!いいからほっといてってば!」

真姫「なっ……人が好意で言ってあげてるのに……!」

にこ「好意って何よ!誰もお金ちょうだいなんて言ってないでしょ!」

真姫「じゃあこの2000円いらないのね!?」

にこ「最初からいらないって言ってるでしょ!」

真姫「じゃあもうあげないから!あとでちょうだいって言ってもあげないからね!」

にこ「真姫ちゃんに頼らなくてもやってけるわよ!バカにしないでよね!」

真姫「ッ~!もうにこちゃんなんて知らない!」ダッ

にこ「ふん!」




花陽「全然頭冷えてないよ……」

海未「先が思いやられますね……」

ー放課後ー
にこ (とは言ったものの……)

財布の中身:119円、ポイントカード

にこ (これじゃ缶ジュースすら買えない……今日の夕飯どうしよう……)

にこ (とにかくタイムセールを逃すわけには行かないわ、スーパーに行かなきゃ!)タッタッタッ

海未「………………」

ー1時間後ー
にこ「………………」

もやし×3

にこ (タイムセール逃した……!今日はもやし炒めかな……)

にこ「お米足りるかな……買えなかったし……」

海未「……おや、にこ。こんなところで何を?」

にこ「海未!?な、何の用よ」

海未「いえ、たまたま見かけたので」





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 14:41:50.63 ID:wo7Pvg8p0
にこ「そ、そう……じゃあこれで」

海未「待ってください」ガシッ

にこ「なによ?」

海未「先程お米がどうとか言ってましたが……どうかしたのですか?」

にこ「べつに。お米買い忘れたなーってだけよ」

海未「……足りるかな、とも言ってましたね」

にこ「……聞いてたならそう言いなさいよ」

海未「にこのことですから、変に意地を張って認めないと思いましたので」

にこ「変にってなによ……それに、否定するなら今だってできたでしょ」

海未「それもそうですね」

にこ「……はあ」





37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 14:49:09.42 ID:wo7Pvg8p0
にこ「じゃあ、もう帰るから。また明日ね」

海未「待ってください」ガシッ

にこ「しつこいわね……なによ?」

海未「よかったら、夕飯うちで食べて行きませんか?」

にこ「いや、大丈夫よ。家に帰れば何かあるし」

海未「遠慮しないでください。話したいこともあるので」

にこ「……悪いけど、家に妹がいるの。だから早く帰ってごはん作らないと」

海未「では妹も呼んでください」

にこ「変な気を使わなくていいのよ?」

海未「先程も言いましたよね?話したいことがあると。いいから来てください」

にこ「……全く、強引なんだから。そこまで言うなら、お言葉に甘えさせてもらうわ」

海未「はい。それではお待ちしてます」

にこ「……海未」

海未「はい?」

にこ「ありがと」





39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 14:51:08.31 ID:wo7Pvg8p0
海未「礼には及びませんよ。ではまた」

にこ「うん」

















真姫「…………」

ー矢澤家ー
ガチャ

にこ「ただいまー」

ここあ「あっ、にこにーおかえりニコ!」

こころ「今日のごはんは何ニコー?」

にこ「今日はにこの友達がごはん作ってくれるって。出かけるから準備するわよー!」

こころあ「「はーい!」」





69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 15:39:23.50 ID:wo7Pvg8p0
ー園田家ー
ピンポーン♪ ガチャ

海未「はい」

にこ「今日はお世話になるわ。悪いわね」

海未「だから気にする必要なんてありませんよ」

にこ「ありがとう……ほら、二人とも。海未お姉ちゃんに挨拶するのよ」

ここあ「きょ、今日はありがとうございます!」

こころ「あ、ありがとうございます!」

海未「ふふ、礼儀正しいですね。
そんなに畏まらなくても大丈夫ですよ。お腹いっぱい食べて行ってくださいね」

ここあ「わーい!」

こころ「ありがとうニコー!」

海未「さあ、外は寒いでしょう。入ってください」

こころあ「「おじゃましまーす!」」

にこ「……お邪魔します」

にこ「あれ、親は?」

海未「今日は所用で出てます。なので先程夕飯の材料を買っていたんですよ」

にこ「なるほどね」

海未「人に料理を振る舞うのは初めてなのですがね……さあ、もう料理できてます。
餃子と炒飯です。いっぱい作りましたから、たくさん食べてくださいね」

ここあ「わーい!」

こころ「おいしそー!」

にこ「こら二人とも。ちゃんといただきますしなさい」

こころ「はーい」

こころあ「「いっただっきまーす!」」





78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 15:58:09.41 ID:wo7Pvg8p0
ー食後ー
海未「にこ、そろそろ」コソッ

にこ「!……わかったわ」ガタッ

ここあ「あれ?にこちゃんどこ行くの??」

にこ「このお姉ちゃんとお話があるからちょっと待っててね」

こころ「わかったニコ!」

にこ「暴れたりしないでおとなしくテレビ見て待ってるのよ?」

こころあ「「はーい!」」

ー海未の部屋ー
にこ「それで、話っていうのは?」

海未「……いいお姉さんですね」

にこ「は?」

海未「あんなに部活も頑張って、家のこともやって、妹の面倒も見る。
そう簡単にはできないことです。尊敬しますよ、にこのそういうところ」

にこ「きゅ、急になによ……」

海未「いえ、見てて思っただけですよ」

にこ「そ、そう……それでその、話っていうのはなによ?」





83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 16:08:36.70 ID:wo7Pvg8p0
海未「……昼間、見てましたよ」

にこ「!……な、なにをよ」

海未「頭を冷やしてください、と言ったのにまた真姫と喧嘩したでしょう」

にこ「う……あ、あれはだって真姫ちゃんが」

海未「まあ、真姫のやり方は問題があったと思います。
ですが、歩み寄って来ているのですから、突き放すような言い方は良くありませんよ」

にこ「……でも」

海未「確かに、にこのプライドが傷付けられたのはわかります」

にこ「プライドとかそういうんじゃなくて……」

海未「ではなんですか?」





115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 17:47:21.48 ID:wo7Pvg8p0
にこ「なんていうか、真姫ちゃんに同情とかされたくなかったっていうか……」

海未「……」

にこ「とにかく、なんかお金とか、渡されたくなかったのよ」

にこ「みんなにはにこの家が貧乏とか、そういうの気にして欲しくなかったのよ」

にこ「みんなとは家の事情を抜きにして、対等に付き合って行きたかったのよ」

海未「では、私が今夜誘ったのも?」

にこ「……助かったし、嬉しかったけど、申し訳ないっていうか」

海未「私は気にしませんよ?真姫も、おそらくそうでしょう」

にこ「勝手かもしれないけど、こっちが気にしちゃうのよ。
恩を感じるっていうか、気にしてなくても自然と態度に出ちゃうかもしれないから……」

海未「では、今晩はなぜ?」

にこ「……家にお米がなかったから。
おかずが質素でもごはんさえ食べれば明日も元気に動ける。
でも炭水化物を取らないとお腹いっぱいにはならないのよ……」

海未「……妹たちのために、ですね?さっきもあまり食べてませんでしたし」

にこ「……」





117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 17:59:02.10 ID:wo7Pvg8p0
海未「……はあ。にこはもう少し、人に甘えることを覚えた方がいいと思いますよ」

にこ「でも」

海未「別に食事の一度や二度くらい、気にするほどのことではありませんよ」

にこ「……そういうところからしてズレてるって言ってるのよ。
あんまりこういうこと言いたくないけど、こっちからすれば死活問題なわけだし」

海未「ですが、にこ。私達はあげたくないものをあなたにあげようとはしていません」

にこ「?どういう意味よ」

海未「私達がにこにあげようとしたものは、
全てにこにあげたいと思ったからあげようとしたのです。
決してにこに嫌々差し出したわけではありません。
にこを助けたい、力になりたい、そんな気持ちからにこに何かをあげようとしたのです」

にこ「……」

海未「その気持ちは、にこの日頃の行いからやって来るものです。
つまりにこの行動が巡り巡ってにこの元に戻ってきた。それだけの話なんですよ」

にこ「……なんか言いくるめられた気がするんだけど」

海未「気のせいですよ」





122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 18:08:41.69 ID:wo7Pvg8p0
海未「確かに、真姫のやり方は不器用で、不配慮なものだったかもしれません。
しかし、それはにこのためを思ってやったことです。
お金は受け取らないまでも、もう少し優しく話を聞いてみてはどうですか?
真姫も、自分のやり方の問題に気づくかもしれませんよ?」

にこ「気づいたら気づいたでそこからたかる形になっちゃう気がするんだけど」

海未「それは真姫の気持ちですから」

にこ「……はぁ、わかったわよ。明日話を聞いてみる」

海未「絶対ですよ?」

にこ「わかってるわよ。このままじゃ、練習に支障が出るしね」

海未「さすが部長ですね」

にこ「いちいち余計なことは言わない」

海未「??」

にこ (わかってないのね……)





127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 18:18:01.94 ID:wo7Pvg8p0
ガチャ

こころ「あ、にこちゃん!」

ここあ「おはなし終わったー?」

にこ「うん、終わったわよ」

こころ「じゃあ遊んでー!」

にこ「ごめんね。お片付けして、おうちに帰ったら遊ぼうね」

ここあ「えー……」

海未「いいですよ。私が洗っておきますから」

にこ「そこまでしてもらっちゃ悪いわよ。私がやるから」

海未「大した量ではありませんから大丈夫です。妹さんと遊んでてください」

にこ「いや、流石に悪いって」

海未「それに、私は妹さんと一緒にいるにこの事好きですよ。見ててほっとします」

にこ「……それ褒めてるの?」

海未「褒めてますよ。ほら、妹さんが待ってます、行ってあげてください」

にこ「……ありがとう、何から何まで」





133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 18:28:21.37 ID:wo7Pvg8p0
ー十数分後ー
海未「終わりましたよ」

にこ「あ、うん、ごめん」

海未「気にしなくていいと言っているでしょう?妹さんは……」

こころ「すぅ……すぅ……」

ここあ「むにゃむにゃ……」

海未「……寝てしまってますね」

にこ「はしゃぎすぎちゃったみたいで……」

海未「どうします?泊まって行きます?」

にこ「はあ!?……あ、いや、大丈夫。連れて帰るわ」

海未「二人とも眠ってしまっているのにですか?」

にこ「あんまり遠くないし、起きたばっかりでもちょっとくらい歩けるでしょ」

海未「あ、でしたら私が一人おぶって行きますよ」

にこ「流石にそれは……さっきから謝ってばかりね……」





138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 18:33:31.23 ID:wo7Pvg8p0
海未「子供一人くらいなら軽いですし、大した労力ではありませんよ。
さあ、早く行きましょう。よっと」

にこ「本当になんて言ったらいいのか……」

海未「何度言わせるつもりですか?気にしなくていいと」

にこ「でもやっぱり」

海未「ではこうしましょう。一つだけ私の言うことを聞いてください」

にこ「……いいわ、何?」

海未「明日、必ず真姫にちゃんと謝ってしっかりと仲直りしてください」

にこ「言われなくてもそのつもり」

海未「いいですね?」

にこ「……はい」

海未「よろしい。では、行きましょうか」

バタン

海未「外はまだまだ冷えますね」

にこ「そうね。こないだも雪降ったし」

海未「いつになれば暖かくなることやら……」

にこ「そうね……」





148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 18:45:12.04 ID:wo7Pvg8p0
ー矢澤家前ー
にこ「ごめん、中までいい?」

海未「はい、もちろんです」

にこ「ありがとう」

ー矢澤家ー
こころ「すぅ……すぅ……」

ここあ「むにゃむにゃ……」

にこ「本当に助かったわ……ありがとう」

海未「どういたしまして」

にこ「あ、お茶飲む?大したものじゃないけど」

海未「はい、いただきます」

にこ「ちょっと待ってて」

海未「はい」





154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 19:01:33.79 ID:wo7Pvg8p0
にこ「はい、どうぞ」

海未「いただきます」スッ

にこ「……」

海未「……美味しいですね」

にこ「そう?ありがと」

海未「…………」スーッ

海未「ふぅ……ごちそうさまでした」

にこ「いえいえ」

海未「……ふふっ」

にこ「な、なによ急に。気味悪いわね」

海未「いえ、にこの喋り方が少し……ね?」

にこ「に、にこだってたまにはそういう喋り方するわよ!」

海未「しかしあまりにも似合わなかったというか……ふふっ」

にこ「笑わないの!じゃあなんて言えばよかったのよ」





155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 19:07:07.00 ID:wo7Pvg8p0
海未「うーん……『いえいえー♪』」

にこ「ぶはっ」

海未「な、なんですか!急に噴き出したりして!」

にこ「い、いや。あまりにも似合わなくて。いえいえー♪って……くっ、あははは!」

海未「もう!笑わないでください!」

にこ「にこだって笑われたくなかったわよ!」

海未「む……ではこれでお互い様ですね」

にこ「そうね」

海未「……」

にこ「……」





160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 19:14:35.00 ID:wo7Pvg8p0
海未「あっ、そろそろ帰らなくては」

にこ「そうね。それじゃあ」

海未「ええ、本日はお邪魔しました」

にこ「うん、また……ってお邪魔したのはにこの方じゃない!……ありがとね」

海未「私もお茶を頂いたのでお互い様ですよ。それでは」

にこ「いくらなんでも無理矢理すぎない?」

海未「あっ、それから。ちゃんと真姫と仲直りするのですよ?いいですね?」

にこ「わかってるって」

海未「それならば大丈夫です。ではまた」

にこ「うん、また明日ね」

バタン





168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 19:24:35.32 ID:wo7Pvg8p0
ー次の日ー
にこ (真姫ちゃん……真姫ちゃんはどこだろう。もう学校来てるのかな)

にこ (1年の教室に行けばわかるかしら……行ってみよ)タッ

ー1年教室ー
凛「え?真姫ちゃん?まだ来てないよ」

にこ「そ、そう」

凛「あ、昨日の仲直りするために来たんでしょー!」

花陽「凛ちゃん!あんまり大声で言っちゃだめだよ!」

凛「あっ、ごめん」

にこ「ま、まあいないならいいわ。また放課後ね」

花陽「あ、うん。来たらにこちゃんが探してたって言っとくね」

にこ「うん、ありがと。それじゃ」





171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 19:35:35.15 ID:wo7Pvg8p0
にこ (よく考えたらあんなところで謝ったら注目の的じゃない!
謝るどころの騒ぎじゃないわよ!……放課後まで待った方がいいのかな……)

ー1時限目ー
ブーッブーッ

にこ「!」スッ

真姫:話ってなに?

にこ「・・・・・・」

にこ:授業終わったら屋上に来て

ブーッブーッ

真姫:なんで?

にこ「・・・・・・」

にこ:話したいことがあるの

ブーッブーッ

真姫:わかった。じゃあ10分休み中ね

にこ:ありがと


にこ (……ちゃんと謝らなきゃ)





177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 19:47:42.91 ID:wo7Pvg8p0
ー屋上ー
ガチャ

真姫「!……にこちゃん」

にこ「来てくれてありがと」

真姫「礼を言うほどのことじゃないでしょ。
それで話っていうのは?時間がないんだから簡単にね?」

にこ「うん。……その、昨日はごめんね」

真姫「……」

にこ「せっかく真姫ちゃんが親切で言ってくれてるのに酷い断り方して」

真姫「ああ、そのこと?もういいわよ、べつに」

にこ「えっ?」

真姫「なんていうか、私もついムキになっちゃってたところあるし。
やっぱり友達にお金あげるなんて非常識って、思い直したのよ」

にこ「友達……ふふっ」

真姫「な、なによ。なんか変なこと言った?」





179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 19:55:09.49 ID:wo7Pvg8p0
にこ「いや……ふふ、真姫ちゃんが友達って言うなんて、らしくないなーって」

真姫「なっ!?べ、べつにいいじゃない!友達って言ったって」

にこ「いや、ふふっ。ごめんごめん。あんまり意外だったからついね」

真姫「まったく……謝ってる最中って自覚ある?」

にこ「あ、うん。ごめん」

真姫「まあ、もう許したからいいんだけど」

にこ「えへへ、ありがと♪」

真姫「急にキャラ作らなくても」

にこ「キャラじゃないわよ!」

真姫「それが素じゃないの?」

にこ「どっちも素!」

真姫「ふーん……」





184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 20:04:11.51 ID:wo7Pvg8p0
真姫「で、その……昨日は……海未にごはん食べさせてもらったの?」

にこ「何か言い方変じゃない?」

真姫「そ、そう?」

にこ「うん。
海未が食べさせてくれるって言うからお言葉に甘えさせてもらったわ」

真姫「じゃあ私もそう言えばよかったの?」

にこ「いや、いいわよ。そんな申し訳ないし」

真姫「む、海未のは食べに行くのに私のは食べれないってわけ?」

にこ「だ、誰もそんなこと言ってないでしょ!ただ迷惑かけたくないっていうか」

真姫「べつに迷惑なんて言ってないでしょ?」

にこ「でもそんな頻繁にたかるなんて」

真姫「私は初めてでしょ。それに2000円見つかったの?」

にこ「うっ……」

真姫「……決まりね」

真姫「2000円見つかるまでうちでご飯食べて行きなさい」

にこ「はあ!?さっき頻繁にたかるなんてって言ったばっかりじゃない!」

真姫「でも見つかるまでロクに食べれないんでしょ?」

にこ「っ!」

真姫「だったら遠慮なんてしないで」

にこ「だーかーらー!遠慮とかじゃなくて、気遣って欲しくないのよ!」

真姫「気なんて使ってないわよ」

にこ「嘘」

真姫「本当」

にこ「じゃあなんでにこにご飯食べさせようとしてくれるのよ……」

真姫「……それは」

にこ「それは?」

真姫「……ちゃんとご飯食べないと元気出ないって花陽も言ってたでしょ?
だから、ちゃんとご飯食べないと練習もロクにできないんじゃない?」

にこ「……まあ、正論だけど。真姫ちゃん絶対今考えたよね」

真姫「そ、そんなことないわよ!最初からそのつもりだったし!」

にこ「本当に~?」

真姫「本当よ!」

にこ「……なら、お言葉に甘えさせて貰おうかな」

真姫「本当に?」

にこ「本当よ」

真姫「!……そ、そう。じゃあ練習終わったら準備して待ってるから」

にこ「ありがとう。本当に助かる」

真姫「礼を言うほどのことじゃ」

にこ「ううん、言わせて。ありがとう、本当に……ありがとう」

真姫「あ……う、うん……任せなさい!」





203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/17(月) 20:20:29.22 ID:wo7Pvg8p0
キーンコーンカーンコーン♪

にこ「あっ」

真姫「早く戻らないと……」

にこ「じゃあ、また放課後ね」

真姫「うん、じゃあまた」












にこ「真姫ちゃん!」

真姫「なに?」

にこ「ありがとー!」

真姫「……ふふっ、どういたしまして」

おわり

 


記事タイトル:

にこ「に、にこの2000円がない!?」

関連ワード :

矢澤にこ

ラブライブ!シリーズ

美少女

ツインテール

髪色(黒)

アイドル

SS




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!