アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

SS:にこ「…今月の生活費がやばい」②

―数時間後― ほのママ「二人ともお疲れ様ー」 穂乃果「あ、お母さん」 にこ「お疲れ様です」ペコリ

SS:にこ「…今月の生活費がやばい」②

―数時間後―


ほのママ「二人ともお疲れ様ー」

穂乃果「あ、お母さん」

にこ「お疲れ様です」ペコリ

穂乃果(本当に大人の人の前ではお行儀いいんだなぁ…)

ほのママ「もうそろそろ暗くなる時間だし、お手伝いはこれくらいでいいんじゃないかしら」

穂乃果「んー、それもそうだね」

ほのママ「にこちゃん、手伝ってくれてありがとうね」ナデナデ

にこ「い、いえいえ、そんな…」

にこ(五割くらいは穂乃果と駄弁ってたなんて言えないわよね…)

穂乃果(んー…これからどうしようかな)


1.にこを帰す
2.引き止める

>>46






46 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 18:12:06.42 ID:PBxSwh3jo
1





47 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 18:17:03.36 ID:APHCGlpZ0


穂乃果「じゃぁにこちゃん、今日はありがとう」

にこ「いや、こっちこそ。……色々と」

穂乃果「色々?」

にこ「ああ、いや、なんでもない」

にこ(無自覚なのね……ホント、うらやましい性格してるわ)

穂乃果「あ。明日のお昼は期待しててね! 私、腕によりをかけて作っちゃうよ!」

にこ「ん、手間かけさせて悪いわね」

穂乃果「もー、だからそういうのはいいってば。大切なメンバーなんだからこれくらい平気だよ」

穂乃果「じゃぁまた明日ね」バイバイ

にこ「ええ、また明日」


にこ(……今更だけど、穂乃果って料理とかできるのかしら…?)






48 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 18:20:59.11 ID:APHCGlpZ0


にこ「えっと……凛ちゃんのメールによると、凛ちゃんの家はここらへんだと思うんだけど…」キョロキョロ

凛「あっ、にこちゃーん!」タッタッタッ

にこ「え、凛ちゃん……なんで外に?」

凛「にこちゃんが迷子にならないように迎えに来たんだにゃ」

にこ「あ、そうなんだ……わざわざ悪いわね」

凛「いえいえー。じゃぁ凛の家はこっちだから、ついてきて!」ギュ

にこ「う、うん」

にこ(すごい自然に手を握られたんだけど……まぁいっか)





49 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 18:26:55.28 ID:APHCGlpZ0


凛「ただいまー」ガチャ

にこ「お、おじゃまします…」ソロソロ

凛「にこちゃん、そんな緊張しなくてもいいにゃ」

にこ「いや、けど…」

にこ(穂乃果の家と比べて、普通の家って感じだから、なんか余計に緊張するのよね…)

凛「どうせ凛たち以外誰もいないし」

にこ「あ、そうなんだ」

にこ「……」

トタトタ

凛「あ、ここが凛の部屋ー」

にこ「へー、意外と女の子らしいわね」

凛「そっかな? あ、今お茶いれてくるねー」

にこ「……って、ちょっと待って!!!」ガシッ

凛「な、なに!?」ビクゥッ

にこ「今日、家に誰もいないの!?」

凛「いくらなんでも時間差すぎるよ!!」





50 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 18:31:34.18 ID:APHCGlpZ0
にこ「え、なんで? 出かけてるの?」

凛「にゃ。たまにあるんだよ。同窓会がーって言って、両親そろって泊まりで出かけちゃうの」

にこ「フリーダムね…」

凛「だから凛もこんな風に育ったの」

にこ「ああ…」

凛「自分で言っておいてなんだけど、なんかここで納得されるのは嫌だね」

にこ「……あの、じゃぁ凛は一人で一晩中お留守番とかできるの?」

凛「うん。小学生の頃はちょっと怖かったけど、さすがに中学生くらいの頃には余裕だったにゃ」

にこ「」

凛「どうしたの?」

にこ「い、いや……」

にこ(にこの先輩としてのプライドが……いや、先輩禁止ってさっき穂乃果に言われたばっかりだけど……でもキツいわ…)





51 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 18:36:57.42 ID:APHCGlpZ0
凛「だから今日はにこちゃんが泊まりに来てくれて嬉しいんだにゃ!」

にこ「そう…」

にこ(…まぁお家の人がいないほうが、にこも気楽だし、いいんだけど)

にこ「えっと…じゃぁ改めて、一晩お世話になります」ペコリ

凛「うん! って、にこちゃんに敬語使われるとなんか気味悪いにゃ」

にこ「き、気味悪いって失礼ね」

凛「そんなにかしこまらなくていいよーってことだよ」

凛「よし、じゃぁ早速なんかしよっか!」

にこ「何かって?」

凛「んー……、あ!」

凛「>>53」






53 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 18:50:45.33 ID:dWz7akCE0
なわとび





55 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 19:05:11.45 ID:APHCGlpZ0
凛「なわとびしよう!」

にこ「わぁ、いいわねーなわとびー」

凛「にこちゃん、全然いいと思ってないでしょ?」

にこ「当たり前でしょ。何が悲しくてこんな時間から、高校生二人でなわとびしなきゃなんないのよ」

凛「にこちゃん、知ってる? かよちんのソロ曲「なわとび」」

にこ「そりゃ知ってるけど…」

凛「あの歌詞、凛すごく好きなんだぁ……かよちんの恋する切ない気持ちが伝わってくるようで…」

にこ「…それで?」

凛「だから、なわとびしよう?」

にこ「いや、なによその説得の仕方。全然納得できないんだけど…」

凛「……ダメなの?」シュン

にこ「……」

―外―


タン、タン、タン

凛「おー、にこちゃん普通ー」パチパチ

にこ「それ、褒めてんの…?」

凛「もちろん! じゃぁ凛もー」

ヒュヒュヒュッ、ヒュン!

にこ「えっ、ちょっ、何重跳びしてんの?」タン、タン

凛「四重だにゃ」ヒュヒュヒュッ

にこ「…あんた、なんで運動部に入ってないの…?」タン、タン

凛「かよちんがいないからー」ヒュンヒュンッ

にこ「凛ってブレないわね…」タン、タン

凛「あー、でもこんなひゅんひゅん跳んでたらかよちんの歌う「なわとび」っぽくないよね」

にこ「まぁ、そんなアップテンポな曲じゃないしね…」

凛「じゃぁにこちゃんの真似ー」タン…、タン…

にこ「あんた、やっぱりバカにしてるでしょ?」





58 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 19:39:57.11 ID:APHCGlpZ0

―二十分後―


にこ「」ゼェーハァー

凛「にこちゃん、大丈夫?」

にこ「なんで、にこは……なわとびで、こんなに…っ、つかれ、てるの…?」

凛「ムキになって二重跳びに挑戦しようとしたからじゃないかにゃ」

にこ「……」ハァ、ハァ

凛「んー、汗もかいちゃったし、先にお風呂はいろっか。こうなるかなって思って、さっき沸かしてたんだぁ」

にこ「そ、そうね…」ゼェ

凛「じゃぁ一緒に入るにゃ」

にこ「そうね……って、ちょっと待って!」

凛「にゃ?」

にこ「い、一緒に入るの?」

凛「うん」

にこ「いや、でもそれは…」

凛「? …あ、大丈夫だよ。かよちんとも入ったことあるし、スペース的には余裕だと思うにゃ。にこちゃんちっちゃいし」

にこ「いや、そういうことじゃなくて…って、誰がちっちゃいって!?」





59 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 19:54:59.16 ID:APHCGlpZ0
凛「まぁとりあえず、お風呂場にれっつごー」グイッ

にこ「だから一緒に入るのは……って、引っ張るなああああ!」


―――――


―脱衣所―


凛「ふんふふーん♪」ヌギヌギ

にこ「…凛って羞恥心とかないの?」

凛「え、あるよ?」

にこ「じゃぁちょっとは恥じらいなさいよ」

凛「にゃ? ……にこちゃん、凛の体見てドキドキするの?」

にこ「うぇ?」

凛「真姫ちゃんみたいな驚き方するね」

にこ「い、いや……ドキドキは…」チラ

凛「?」

にこ(あんだけ堂々とされてると、一周回ってドキドキもなくなるわね)

にこ「するわけないでしょ」

凛「じゃー別に見られても平気」

にこ「どういう基準なのよ…」





60 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 20:03:03.11 ID:APHCGlpZ0
凛「それより、にこちゃんも早く脱ぐにゃ!」グイ

にこ「ちょっ…ひ、引っ張らないでよ」

凛「にこちゃんは服を着てお風呂に入るの?」

にこ「そんなわけないでしょ! でもこっちにはこっちのペースってもんが…!」

凛「はーい、ばんざーい」

にこ「?」バンザーイ

凛「そーれ!」バサッ

にこ「っ……か、勝手に脱がさないでよ!!」

凛「いや、凛お腹すいちゃって」

にこ「はっ!?」

凛「早く入って、早くあがって、ご飯にしよ」

にこ「ああ、そういう……って、いや、下着は自分で脱ぐからっ!///」





61 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 20:10:53.96 ID:APHCGlpZ0

―――――


カポーン…


凛「にこちゃんってほんと…なだらかなシルエットだねぇ」

にこ「…人のこと言えるの?」

凛「にこちゃんよりは、ね」

にこ「同じくらいだと思うけど」

凛「えー…そんなことないにゃ」

凛「んー…ちょっとごめんね」ソー

にこ「…」ガシ

凛「…なんで腕つかむの?」

にこ「いや、だって……今なにしようとした?」

凛「胸の大きさを触って確かめようかと」

にこ「ぶん殴られたいの?」

凛「ええー…かよちんは触らせてくれるのにぃ…」

にこ「にこは今、猛烈に花陽ちゃんを憐れんでるわ」

凛「にゃ?」


―――――


凛「さて、ごはんだね!」

にこ「…あの、この目の前にあるカップラーメンは?」

凛「ごはん! お母さんたちがいない日はいつもこれなんだにゃ!」ニコッ

にこ「……」ホロリ

にこ「にこが作るわ」

凛「ほんと!?」パアァッ





62 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 20:19:59.30 ID:APHCGlpZ0
凛「じゃぁ凛、お手伝いする!」

にこ「ん。じゃぁまずはメニューから決めないとね」

凛「うんっ」

にこ「凛はなに食べたい?」

凛「んー…にこちゃんの作るものならなんでもいいにゃぁ」

にこ「それが一番困るんだけどね…」

凛「じゃぁじゃぁ……オムライス!」

にこ「あれ、てっきりラーメンとか言うかと思ったのに」

凛「んー、確かに凛はラーメンが一番好きだけど、まさか麺から作るわけにもいかないし、どうせなら全部にこちゃんの手作りのものがいいなぁって」ニコー

にこ「……」ナデナデ

凛「にゃ? どうしたの?」

にこ「いや、つい…」

にこ(凛ってなんだかんだで、結構可愛い後輩よね。……今まで後輩と仲良くしたことなんてなかったから、色々と破壊力がヤバい)





63 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 20:29:25.75 ID:APHCGlpZ0


―数十分後―


凛「あーんっ……ん~! おいしい!」

にこ「そう、よかったわ」

凛「にこちゃんはやっぱり料理上手だねー」

にこ「まぁ毎日作ってるからね」

凛「すごいなぁ。にこちゃん、凛のお嫁さんにならない?」

にこ「にこはアイドルだから結婚しないのよ」

凛「そっかー、残念」パクパク

にこ(……なんか、凛見てるとホッとするわ)


凛「ごちそーさまでした!」

にこ「はい、おそまつさまでした」

凛「よし、ご飯も食べ終わったし、なにかしよっか!」

にこ「またなわとびじゃないでしょうね…?」

凛「あはは、それはさすがに…うん、多分大丈夫にゃ」

にこ「多分ってなによ…」

凛「よし、じゃぁ >>64」





64 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 20:34:19.50 ID:Ae/XpM4co
ゼビウス





65 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 20:41:33.48 ID:APHCGlpZ0
凛「ゼビウスやろう!」

にこ「ぜび…?」

凛「あれ? 知らない?」

にこ「あ、ひょっとしてゲーム? にこ、ゲームはあんまり詳しくなくて…」

にこ(うちではゲームとか買えなかったし)

凛「じゃぁ凛が教えてあげる! ほら、こっちこっち!」グイッ

にこ「ちょっ、分かったから引っ張らないでよ!」





66 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 21:13:43.47 ID:APHCGlpZ0
凛「じゃぁスタートっと」ピッ

にこ「…あ、なんかこの画面、見たことある」

凛「有名な作品だからねー。最初はアーケードゲームとして発売されたんだけど、そのあとに家庭用ゲーム機に移植されたんだにゃ」

にこ「へえ……あ、シューティングゲームなのね」

凛「うん。この自機を撃ち落とされないようにー、こうやってー」ピッピッ

にこ「おぉー……うまいわね」

凛「一時期はかよちんにヒかれるくらいやってたから」ピッピッピッ

にこ「あの花陽ちゃんがヒくって……どれだけやってたのよ」

凛「んー、一日暇だった夏休みは、二十三時間くらい」

にこ「一日って何時間だったっけ…?」

凛「なんか妙な中毒性があるんだにゃ。まぁ今はさすがにそこまでの熱はないけど」

凛「よし、クリア。はい、こんな感じで、にこちゃんもやってみて」

にこ「あ、うん。……」ピ、ピ

ボーン

にこ「あ」

凛「開始十数秒でゲームオーバー……ま、まぁこういうのは慣れだから」

にこ「……」ピ

凛「にこちゃん?」






67 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 21:20:48.70 ID:APHCGlpZ0

―数分後―

ボーン

凛「にこちゃん、シューティングにはあまり向いてないのかもね」


―数十分後―

ボーン

凛「にこちゃーん、凛暇だよー」


―数時間後―

にこ「よし、ようやくクリアできたわ!! 見て、凛! ……って、あんた、なにやってんの…?」

凛「腹筋」ヒョイヒョイ

にこ「なんでそんなことを…?」

凛「もー、にこちゃんがゲームに夢中になってたせいで、一人で暇だったんだよー」

にこ「あー……それは、ごめん。けど、そこで腹筋をチョイスするって女の子としてどうなの…?」

凛「凛の日課だから」ヒョイヒョイ

にこ(にしてもすごいスムーズにやるわね。……なんかこの子は運動部に返したほうがいい気がしてきたわ)







68 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 21:27:38.99 ID:APHCGlpZ0
凛「もー、にこちゃんがゲームに熱中しすぎたせいで、もう寝る時間になっちゃったにゃー」

にこ「ごめんごめん……これ、単純なゲームなのに中毒性すごいわね」

凛「凛の気持ち分かった?」

にこ「ええ」

にこ(それでも二十三時間やるのはどうかと思うけど)


―――――


凛「さて、じゃーベッドの用意もできたし、寝よっか!」

にこ「うん……あの、布団は?」

凛「え? あー……お客さん用の布団、どこにあるか分かんなくて」

にこ「じゃぁにこは床で寝ればいいの?」

凛「なに言ってるの。一緒にベッドで寝るんだよ」

にこ「……うん。なんかもう、慣れたわ」

凛「? よく分かんないけど、慣れたならよかったにゃ!」

凛「よいしょっと…」モゾモゾ

凛「さあ、にこちゃん! 隣に!」パンパン

にこ「いや、そんな叩かなくても行くから。…というか、なんでそんなテンション高いの? 眠くないの?」

凛「眠いけど、にこちゃんがお泊まりなんて初めてだから、テンション上がっちゃって」






69 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 21:37:09.35 ID:APHCGlpZ0
にこ「じゃ、おじゃましまーす」モソモソ

凛「いらっしゃーい」

にこ「じゃ、おやすみ」

凛「はーい…って、いやいや! 寝ちゃうの!?」

にこ「そりゃ寝るわよ。夜だもの」

凛「えーっ、お話しよーよー」

にこ「眠い」

凛「おーはーなーしー」ユサユサ

にこ「ああもう、分かったから」

にこ(泊めてもらってる身だし、これくらいは付き合ってあげないとね…)

にこ「で、話ってなによ?」

凛「んー……やっぱりじょしこーせーって言えば、恋バナかにゃ!」

にこ「はあ……凛に一番似合わない話題ね」

凛「何気に失礼じゃないかにゃ…?」

にこ「そんなことないわよ。……で、恋バナって具体的にはなに?」

凛「え、やってくれるの?」

にこ「ええ…」コクリ

にこ(なんかもう眠いし……なんでもいいから話してさっさと寝よ)





70 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 21:41:59.73 ID:APHCGlpZ0
凛「わーいっ、凛、こうやって同じお布団で寝ながら恋バナするの夢だったんだ! 前に好きなアニメに同じようなシチュエーションがあったから!」

にこ「花陽ちゃんとはしたことないの?」

凛「んー、かよちんはこの手の話になると、顔真っ赤にして泣きそうになるから、さすがに強要はできないにゃ」

にこ「あっそ……」ウツラウツラ

凛「じゃぁじゃぁ、早速にこちゃんの好きな人から聞いていい?」

にこ「んー……うん」

凛「ほんと!? やった! じゃぁにこちゃんって誰が好きなの?」

にこ「えっと、にこの好きな人はね…」

にこ「>>71」





71 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/26(水) 21:43:00.24 ID:zpgvR3+Jo
真姫ちゃん

記事元


記事タイトル:

SS:にこ「…今月の生活費がやばい」②

関連ワード :

矢澤にこ

ラブライブ!シリーズ

美少女

ツインテール

髪色(黒)

SS

徳井青空(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!