アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

アニメ「ピンポン」のクオリティがハンパじゃなかった!

原作も映画も見て、なおかつ聖地巡礼までしてしまったピンポンの大ファンである。その僕がつい最近始まったアニメのピンポンに釘付けにされた。このアニメ化は期待が高いことに加え、原作のメインは2時間の映

アニメ「ピンポン」のクオリティがハンパじゃなかった!

原作も映画も見て、なおかつ聖地巡礼までしてしまったピンポンの大ファンである。その僕がつい最近始まったアニメのピンポンに釘付けにされた。

このアニメ化は期待が高いことに加え、原作のメインは2時間の映画になってしまっている。だから、既存のファンから見て受け入れられるような作り方をするには単純な原作通りでは難しい。
と同時に、原作者が同じ「鉄コン筋クリート」でなされた映像化のように、キャラクターのぶっ飛んだ部分を忠実に再現し過ぎると今度は理解されない危険も伴う。

そのため、「原作通り」ではいけない。アニメ化するに辺りアレンジが必要だった。その観点から考えるとこのアニメがすごく優秀なことがよくわかる。…が、ネットで反響を見ると、忠実な松本大洋の絵柄を作画崩壊とほざく奴が居て…キレた。

「キャラクターデザイン見て作画崩壊とかほざくなら、ムダに絵がきれいなラノベの冊子で抜いてろよ!桐乃ちゃんぺろぺろとか言って俺妹でも見てたら?」
と先に言い、一部のアニメファンの精子がこびりついた手を振り払っておきたい。作画崩壊の用法が間違ってるのはもちろんだが、このアニメの高度さをそいつのためになんか語りたくないもん!

君と僕では趣味があわないのだから僕以外にアニメの話する人のところに行った方がお互いに幸せだと思うよ?

僕はガイナックス・トリガー作品と原作/映画見てる作品はすごくまじめに見るから平気で筋違いの批判にはキレて、罵倒するよ?

僕にとってのピンポンはそのぐらい重要な作品だから。

ちゃんと松本大洋研究した作品だと思う

あまりにも知れ渡った作品であり、原作通りでは尺が持たない都合上、原作や実写版のピンポンよりも次のような改良が加えられていた。
・オリジナルで台詞を埋めこむ
・時代が噛み合っていないパートのリアリティの補完
・原作になかった映像を盛り込む必要性
・卓球アニメらしくするために、卓球に関する造詣を発揮すること

原作のピンポンも、実写版ピンポンも「スポ根」というテーマ性で駆け抜ける作品だったため、実は卓球に関しては描写が雑。
雑は言い過ぎでも、アニメにそのまま持ち込むには動きが単調すぎる。

技術論や卓球論を語るマンガ・映画ではない。勝った/負けたとか、そのキャラクターとの関係性とか…要するに「スポーツを通じて自分がなぜそこにいて、これからどこへ行こうとしてるのか?」をメインに描いた作品だ。ジャンルとしては「スポ根」と言われることが多い。

実写では特にその傾向が強く、原作で語られていた裏面打法誕生の話をごっそり省いてる。裏面教えたキャラごと映画から締め出してしまってる。(実写しか見てない人のためにいうが、裏面を教えたのはオババじゃない)

アニメ版で特に感心させられたのは「ペコの試合描写を手抜きと本気で大きく変えた」という点。
実写では違いがわかりにくかったモノを手抜きして打ってる卓球とチャイナに本気で考えて試行錯誤しながら打つペコ(アニメオリジナル要素)を同じ回で描いて見事にこのアニメの立ち位置を視聴者に理解させたこと。

他にもすごいところはある。が、ファンが多く原作・実写が人気になりすぎた作品だけに「原作とも実写とも違うことをやります!」と言わんとする描写を設けたのは特に注視すべきことだ!

しかも、3つもアニメ側からのメッセージとも読み取れる描き方があった。

まず、一番わかりやすいのはアニメオリジナル要素である「チャイナの回想シーン」。
これも実写での役割は少なめになり、原作でも主要キャラ5人の中で最も話が少ないキャラにストーリー性や心理の変化をくっきりと加えたのはとても大きな違いだ。

ちなみに、同じことは小泉という顧問の先生にも言える。実写での彼のキャラの濃さ、原作の濃さは別物。なので、小泉のキャラの出し方次第でどこに置くかで原作/実写両方を知っている人に違いや作品の立ち位置を表すことができる。

そして、わかりやすさではチャイナの回想や、小泉のやる気のない態度には劣るが、ペコの試合運びに注目。手抜きペコ、本気ペコの両方の試合をちゃんと描くことで、話をわかりやすくしてる。

そんで一番わかりにくいシーンながら「これはこのアニメの立場をよく表してるな」と思ったのが、ペコが先輩を煽るシーンや冒頭の取り留めのない会話シーンなど原作にはない些細な台詞・シーンの追加。
「原作・松本大洋作品研究をちゃんとやったからこそ出る」
そんな言い回しばかりだったため、原作の立場がとても伝わってきた。

「原作・松本大洋作品リスペクトで雰囲気は再現しつつ、アニメとしてより面白くするために色んな付け加えはするよ。それは、卓球描写や松本大洋作品をちゃんと理解した上で付け加えるから、映画のように要約するものでも、原作のようにテーマ性通りに突き抜けていくものとも、全体像としては違うものになるよ。」
そんなメッセージが随所に散りばめられていた。アニメ雑誌やウェブのインタビューなんか読んでないが、アニメを見て察することは十分できる。

「作画崩壊」などと揶揄された、忠実な松本大洋イラストの再現にもその姿勢は現れてる。雰囲気を再現しつつも、新しい絵/シーン、台詞を出すシーンを変えるなど全体像を変えてバランスを取ってる製作者側の意図が見えてくる。

エンディングや電車・ランニングのシーンで出てくる江ノ島や実在する高校から見える風景。これにも製作者の愛を感じる。

…とここまで分析した上でいいとか悪いとか言って欲しいの!僕はアニメが一話見てべた褒めして当たりだといった作品はそんなに多くない。
第一話で、なんの疑問や疑いも書かずになぜ面白かったかを解説するだけの記事になったのはとても珍しい。

そ・れ・を・だ!それだけのことをだ!!

OP、EDについてアニメ塗りじゃないこと/同じシーンの使い回しから手抜きのように言う人を見かけたが…くどいほどのアニメ塗りしかない作品がアニメと言いたげな奴が…はびこってやがった!。

僕はガイナックス作品とクレヨンしんちゃんで純粋培養したから、あの手の演出は理解できるし、むしろあれを分かる人には分かる形で出せるアニメ制作者こそ一流だと信じてるし、気づかないだけで萌えアニメに分類される作品も多く行っていることだ。

作画崩壊というのも、デザインや演出として意図的にやったものに対してその言葉を当てる人はアニメの話を金輪際ネットに書き込まないで欲しい。不愉快通り越して、侮辱。

明らかに演出で絵を崩してるアニメ版ナルトの戦闘シーンや、キルラキルのギャグシーンにまでそしてこのピンポンのデザインを見て作画崩壊といったヤツは「アニメーターに土下座しろ」よ!何もわかっちゃいない!

色んな演出、表現、技法を駆使して作ってるものに対し、自分の理解力もない人が理解力のなさを棚に上げて「相手が悪い」とか言う奴!
ヤツらごときにピンポンほどのアニメを侮辱されることが屈辱だ。悔しいとか悲しいを通り越して、目の前にいるなら殴りたいレベル。

と、「僕がこんな熱狂してるぐらいにあれこれ考えぬかれているんだよ」という様子を見て、「見てみようか」「こんなに言うなら」「面白そう」と言う一人が一人でも増えたら…と僕は思う。

「殴りたい」とか、「中学生でシコってろ」なんて言ったけど、アレは「言葉のアヤ」だ。殴らないから一緒にピンポンの話しようよ。わかんないところや、受け付けない部分は説明するからさ。(片手は説明の手振りで、もう片方の手は拳だけど)

元記事


記事タイトル:

アニメ「ピンポン」のクオリティがハンパじゃなかった!

関連ワード :

星野裕

ピンポン

髪色(黒)

主人公

卓球

おかっぱ

片山福十郎(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!