アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

『たまこラブストーリー』の感想(ネタバレ注意)

久しぶりに劇場で観た映画ではありますけれど、幼なじみの関係をメインに据えた恋愛ものアニメ映画としてストレートに快作でした。たまこの「もち蔵……大好き! どうぞ」の声がして、エンドロールが流れはじめ

『たまこラブストーリー』の感想(ネタバレ注意)

出典 YouTube

THE RIGHT NOVEL WE LAND ぼくらが上陸するただしい小説

 久しぶりに劇場で観た映画ではありますけれど、幼なじみの関係をメインに据えた恋愛ものアニメ映画としてストレートに快作でした。
 たまこの「もち蔵……大好き! どうぞ」の声がして、エンドロールが流れはじめた瞬間に「よくやった! よくやった!」と快哉をあげたくなってしまうような素晴らしい完成度。
 この作品は『たまこまーけっと』というアニメ作品の続編的な映画ですが、前作の下地をこれでもかと上手く使って、その作品の雰囲気から乖離せずにしかしながら最大限の距離をとったラブストーリーをやってみせてくれています。
 ひとによっては『たまこまーけっと』以上に好きと感じるひともいるでしょうし、自分もそのひとりです。このふたつの作品は完全な地続きのものでありつつも、描く中心に据えたものは全く別種のものになります。『たまこまーけっと』がたまこという人間を育んだ場所を描いたとすれば、『たまこラブストーリー』は、彼女が今まで立ったことのない場所を描いた物語で、彼女が初めて知る世界を彼女にとって勝手知ったる舞台の上に描く、そういうような作品です。だからこそ、『たまこまーけっと』未視聴のひとにでも受け入れられやすい間口を持ちつつも、知っているひとにとってはなお解像度の高い作品に感じられるものとなっていて、観ている側としてもとても面白かったです。
 あと、アニメ作品としてカメラワークとかモチーフ遣いすごくこだわりを持ってつくられた作品だったなあというのをひとつ感じました。モチーフについてはメインテーマと絡む「バトンと糸電話」だったり「たまこともち蔵の立つ川」や「じんわりと降り始めて雨の染みを広げてゆく雨」など、モチーフひとつひとつを物語としての意味を持たせていること。
 カメラワークも間違いなく意識的で、印象的なものがたまこともち蔵の立ち位置だったりするんですが、これって基本的にもち蔵が左側に立っていてたまこが右側っていうのが定位置なんですよね。両者はふたり揃っていなくても画面上でこの定位置に立っていることが多かったり、ちょうどこのふたりの気持ちの転換点にあたる「川」と「病院」と「駅」、この三箇所でとりわけ印象的にふたりの(画面上での)立ち位置が変わるんですね。川ではもち蔵が飛び石へと駆けて行って、それを追いかけるようにやってくるたまこはもち蔵の右と左を行ったり来たりして、病院では正面から見るといわゆる彼らの定位置で座っているのに、アップのカメラではわざとふたりを切り分けて画面上でたまこを左にもち蔵を右に置いたり、そのあとのカメラアングルは確かふたりの背後からで、これもやっぱり定位置を意識したものなのかなと。あとは走ったり叫んだりするときの向きも意識的だったんだろうなと思うけれど、そこまで深くは思い出せないです。
 あと、立ち位置についての話としては、マーチングの大会でみどりちゃんとたまこがすれ違って、たぶんキメの立ち位置でみどりちゃんはたまこの右側に立っていたと思うので、別にみどりちゃんがかわいそうな物語でもないかなと思ったりしました。
 あとあれじゃん、あのアニメの後半の視点人物ってたまこというよりみどりちゃんに寄ってるじゃん。視聴者がたまこともち蔵の関係を見守るときの角度ってもうほぼみどりちゃんの角度にならざるを得ないじゃん。その点でみどりちゃんはちょっと都合よく扱われたかなというのはありますが、たまこともち蔵が恋を結実させることでみどりちゃんに居場所のなくなる物語ではないでしょ、というのが俺の意見で(ちなみにたまこまーけっと観てた頃は「みどりちゃんがこっぴどく孤独になるの観たいわ~」とか言ってましたが)、どうせみどりちゃん性欲強いんだからもち蔵が東京の大学にいる間にたまこを寝取るじゃん。な?(Q.E.D)

 閑話休題。
 結局なにが良かったんだよって言われると、ほんとうにストレートで恋愛未満から恋愛以上の間で揺れる『大好き』の物語を高品質のアニメ―ションとしてで丁寧にきっちり描いてくれたことに尽きると思います。
 気持ちを育んできたたまこともち蔵のふたり、その中で気持ちだけを育てて認識がどこか追いつかないままにいた殻の中にあるたまこの、ふとしたきっかけで気付かされる気持ちの認識への戸惑いや迷いを、たまこという女の子がこの物語の中心だからこそ表情豊かに描けていたこともとても良くて、というかそういう描写って(上手くやること前提なんですが)どうしようもないほどツボなんで、「ひどい……ひどいよこれは……」ってよく劇場の中で口にしなかったと思うくらいにやにやにやにやしておりました。
 キスまでもいかない、抱きしめたりもしないラブストーリー。
 それでもこの作品が完全無欠にラブストーリーなのは、大好きを互いに届けて「掴む」物語になっているからで、同時にラストシーンの「もち蔵……大好き! どうぞ」という言葉は、たまこもまたもち蔵にバトンを投げたのだということを示していて、そこでこの映画を綴じたことがたまらなく愛おしい。なんちゅーか、そういう気持ちになれるアニメ―ション映画を観ることができて、すごく嬉しかったです。

 見に行ってない幼なじみ恋愛大好きキッズ(オッサンが多そう)は、今すぐにでも観に行こうな。お兄さんとの約束だぞ。

たまこラブストーリーとは?

解説

2013年にテレビ放送された京都アニメーションのオリジナル作品「たまこまーけっと」の続編となる完全新作劇場版で、たまこともち蔵の恋を中心に描かれる青春劇。高校3年生に進級しても、お餅のことばかり考えている北白川たまこ。仲良しのみどりや仲間たちに進路を聞かれても、何気なく将来は家業の餅屋を継ぐと答える。同じ頃、たまこの向かいの家に住む幼なじみで、ずっと彼女を思い続けてきた大路もち蔵は、ある決意を固めていた。周囲が少しずつ変わり始めたことで、たまこの心も揺れ始めて……。メインスタッフには、「けいおん!」の監督・山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・堀口悠紀子が再結集した。短編「南の島のデラちゃん」が同時上映。

スタッフ

監督 山田尚子
脚本 吉田玲子
キャラクターデザイン 堀口悠紀子
美術監督 田峰育子
色彩設計 竹田明代

キャスト

洲崎綾 北白川たまこ
田丸篤志 大路もち蔵
金子有希 常盤みどり
長妻樹里 牧野かんな
山下百合恵 朝霧史織


記事タイトル:

『たまこラブストーリー』の感想(ネタバレ注意)

関連ワード :

北白川たまこ

たまこまーけっと

美少女

ロングストレート

髪色(黒)

洲崎綾(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!