アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

素敵コラム紹介:黄金世代列伝「第二の男井沢守と修哲小トリオ」

世界中のサッカーファンを騒がせた黄金世代であるが、不思議と彼らのほとんどが小学六年生になるまで名を知られていない。 大空翼はサッカー部のない小学校に在籍していたことが証明されており、岬太郎は引っ越し続

素敵コラム紹介:黄金世代列伝「第二の男井沢守と修哲小トリオ」

世界中のサッカーファンを騒がせた黄金世代であるが、不思議と彼らのほとんどが小学六年生になるまで名を知られていない。
大空翼はサッカー部のない小学校に在籍していたことが証明されており、岬太郎は引っ越し続き、三杉淳は心臓病という事情もあるが、日向や松山でさえも一部のサッカー関係者にしか知られていなかった。むしろ双子で目立った立花兄弟の方が注目されていたほどだ。
まだ成長段階であったとか、日本の年長者を敬う序列制度や、彼らの強すぎる個性が邪魔をしたという見方がされているが定説はない。
ただし、例外もある。
若林源三と井沢、来生、滝、高杉といった修哲小の面々である。
彼らが全国制覇を成し遂げたのは小学五年生のときであり、彼らは黄金世代の誰よりも早く全国制覇を成し遂げているのである。
しかも、このとき彼らは選抜チームではなく、修哲小のスポーツ少年団チーム単独(もっとも、修哲小自体は資産家である若林家からの潤沢な援助で立派なサッカー場まで所持している私立名門校ではあったが)で出場し、さらには全試合で一点も失うこともなく優勝しているのである。
黄金世代のほとんどが出場していないこの大会のレベルを疑問視する向きもあるが、それでも偉業であることには間違いない。

若林源三は別格として、井沢守や滝一、来生哲平や高杉真吾は金の卵として当時から注目された選手である。
特に井沢守は非凡なゲームメイクのセンスと、ヘディングを得意とする空中戦での強さ、さらにはミドルシュートやダイビングヘッドで果敢にゴールを狙うなど、大会屈指のMFとしてサッカー関係者から注目を浴びていた。
中学時代に元々FWだった大空翼が「俺の目標はゲームが作れて、なおかつ点も取れるMFになることだ」という発言をし、実際MFに転向しているが、考えようによっては、井沢は翼よりも一足早くそれを実現していたのである。
井沢は六年時にその大空翼と対戦している。
井沢らが所属した修哲小と、翼の所属した南葛小は同じ地域にあり、各クラブが対決する対抗戦という大会が毎年行われていた。
両校同点で迎えたその年の大会は、最後のサッカー競技で勝敗が決まるドラマチックな展開であったという。
当時、南葛小サッカー部は弱小チームに過ぎなかったが、大空翼が転校してきたことで、一躍修哲と互角の戦いができるチームとなっていた。チーム全体がロベルト本郷から指導を受けていた点も見逃せない。
しかも、このときの試合は翼と岬が初めて出会ったという伝説の試合でもあり、そのふたりと若林が初めて対決した試合でもある。もちろん、井沢、来生、滝、高杉らと翼、岬が対決した試合でもある。
はじめは弱小の南葛相手と油断していた井沢であるが、大空翼を相手にするうちに徐々に本気を出さざるを得なかったという。しかし、本気を出しても、翼と岬相手に翻弄され、結果的に大空翼伝説の幕開けに協力したことになった。
試合は2-2の引き分けであったが、全国大会で1点も失わなかった修哲小が弱小の南葛小相手に2点を取られたというのは、観衆だけでなく、両チームの選手にとっても信じられない結果であった。
これまで自分よりすごい相手は若林しかいないと思っていた井沢だけに、大きな衝撃であったと後に語っている。来生や滝にしても同様であったことだろう。

月日が流れ、全国大会を前に南葛市では、各小学校から優秀な選手を集めて選抜チームが作られた。
本来なら井沢は実績から考えて、チームの司令塔となるところであった。
しかし、“フィールドのアーチスト“岬太郎の存在が、井沢をまたも主役から脇役へと追いやってしまう。
南葛は黄金世代の強豪たちを倒し、全国優勝を成し遂げるが、その原動力となったのは翼と岬というのが正直なところであった(若林は故障のため決勝戦しか出場していない)。井沢をはじめ、来生、滝、高杉らは五年時ほどの活躍をすることができなかった。
もはや、世間の目は翼や日向、松山らに向いていたのである(若林、岬は海外へ、三杉は心臓病の治療に専念したため、一時サッカー関係者のリストから消えた)。

中学に進学し、岬太郎がフランスへ渡ったことで、今度こそ井沢の元に司令塔の座が戻るかと思われた。
しかし、こともあろうに天才・大空翼が自らMFに転向してきたため、井沢はまたしても脇役となってしまう。
このとき井沢らには修哲中へ行くという選択肢があったため、井沢は南葛中へ進学したことを後悔したという説があるが、井沢はその説を否定している。
「大空翼を敵に回して全国大会へ行けるとは思わなかった」と後に井沢は淡々と語っている。慧眼であったと言えよう。井沢だけでなく、来生、滝、高杉らも南葛中に進学している。皆、同じような思いであったのかもしれない。
また、結果的にドイツへ行くことになったものの、一時期若林も南葛中進学を選択したことから、同級生である若林を「さん」付けで呼んでいたほどの結束力を誇る修哲小の面々が南葛進学を選んだのは自然なことだったのかもしれない。
余談ではあるが、このとき後の日本代表選手である西ヶ丘小出身の浦辺と、山吹小出身の岸田から大友中に井沢は誘われたという説も根強い。井沢は修哲中進学説とともに否定しているが、実現していたら、新田へとパスを送る人材が不足して南葛に敗れた大友中だけに歴史が変わっていた可能性もあり興味深い。

中学時代の井沢は第二の司令塔という役割であった。翼が激しいマークに合い苦戦したとき、井沢がゲームを組み立てることで南葛中は連戦連勝を重ねた。そういう意味では井沢は欠かせないプレイヤーであった。
タレントの石崎了は、この頃の井沢のことを、「『ここは俺に任せて先に行け』と、敵を引き受けて主人公を先に行かせる脇役。必要不可欠だけど目立たない存在」と評している。彼にしては言い得て妙な表現である。
翼のスーパープレイにはついていけなかったので、井沢は岬太郎になることはできなかったが、南葛で翼がもっとも”技術的に”信頼したプレイヤーは井沢だったのではないかというのが定説になっている(では、技術的以外では誰かという疑問が湧くが、一応石崎であるというのが定説となっている。しかし、翼はわずか1年しか一緒にプレイしなかった岬太郎を親友とみなしているのも、また事実である)。
翼ひとりが群を抜いてうまいため、南葛は翼のワンマンチームと見られがちだが、井沢、来生、滝らは全国上位レベルの存在であったとも言われている。おそらく、生まれた年があと少し違えば、彼らは日本代表の中核選手になっていただろう。気の毒と見るか、黄金世代に生まれたからこそ名を残せたと考えるかは評価の分かれるところだ。彼ら自身も同じ思いではなかろうか。

井沢はパリで開かれた世界ジュニアユース選手権においても日本代表として出場している。しかし、黄金世代の中ではさすがの彼もレギュラー出場は難しく、出場したのは決勝戦の最終局面のみであり、それもDFとしての出場であった。
この大会では松山のDFコンバートが注目されたが、井沢についてはまったく触れられていなかった。また、井沢がDFの練習をしているという姿は目撃されていない。しかも、本職DFの高杉がいたにも関わらず井沢が起用された。
これも名将見上辰夫の「見上マジック」の一端だろうか。
当時、コーチ兼選手として参加していた三杉の進言だという説もある。その三杉も準決勝ではDFとして出場しているが、心臓病の悪化で決勝戦の出場はかなわなかった。井沢を自らの代役として考えていたという説もある。
もっとも、三杉も井沢もこの件に関しては名言していない。後にサッカー界で政治力を持った三杉だけに、この頃から人脈を作っていたという悪意ある見方もされているが、さすがにそこまでは邪推しすぎだろう。
しかし、このことが井沢にとって大きな転機となったのは紛れもない事実である。

中学卒業後、大空翼がブラジルへ旅立ったことで、南葛高校へ進学した井沢にようやく司令塔の座が戻ってくるかと思われた。
しかし、悲運というべきか、岬太郎の緊急帰国によって、井沢は再びその座を奪われる。
南葛高校においても井沢は重要なプレイヤーに間違いなかった。岬が徹底マークされたときには、以前と変わらず井沢がゲームを作った。
とはいえ、高校三年間で岬率いる南葛は、一度も日向小次郎率いる東邦学園に勝てなかったことも、また事実である。三年連続準優勝――これが岬率いる南葛高校の最高成績である。

続く日本で開催されたワールドユース大会においても、井沢は代表入りこそできたものの、まったくといっていいほど活躍の場がなかった。
この大会、日本はアジア予選の時点から大苦戦を強いられた。
当事の監督、賀茂港の方針で主力をアジア一次予選で温存(噂によると、日向、岬らはレベルアップのために修行に出ていたとか)。若島津も諸々の事情で戦線を離脱、さらには本大会を前に、岬、若林らが負傷、大空翼こそアジア予選から出場したものの、本場ブラジルでますます成長した彼のプレイについていけるものは誰もいなかった(三杉は心臓病を克服した直後で、まだ本来の実力を発揮できなかった)。
「あの頃は自分たちが翼の足を引っ張っているんじゃないかと思ったよ」と井沢は当時を回顧する。「自分」ではなく「自分たち」と語っているのが、せめてものプライドか。
来生、滝、高杉らと人知れず特訓をしたそうだが、それでも翼の動きにはまるでついていけなかったと語っている。
このとき、翼が怒りのあまりチームメイトを罵っていたのではないかという説が根強いが、井沢はそのことを否定している。
「最終的に翼が自分たちのレベルに合わせてくれたから、日本は連携を取り戻し、予選を突破できた」と井沢は語っている。おそらく、後の翼のダーティなイメージから派生した創作話だろう。

ワールドユース本戦において、井沢にはほとんど出番がなかった。
もどかしさと悔しさで井沢は悩んだという。
自分の力はどこまで通用するのか・・・・・・
卒業後、プロから声がかかり、大学進学と迷ったものの、横浜・F・マリノス入りを選択する。来生や滝、高杉らもまたプロの道を選んだ。彼らもまたサッカーが大好きであり、サッカーのことだけを考えていられる環境に身を置きたかったのだろう。
井沢はまだ野望を捨てていなかった。自分にもまだ伸びしろがあると考えていたのだ。
しかし、当時のチーム層は厚く、なかなか司令塔の座は回っては来なかった。
試合に出られなければ意味がない・・・・・・
井沢は移籍までも考えたというが、そのときかつての盟友、来生と滝からの一言が彼にある決意をさせた。
「俺たちは翼みたいな天才じゃない。でも、これだけなら誰にも負けないという技のひとつくらいはあるだろ?」
来生哲平はかつて点取り屋といわれ活躍したものの、黄金世代のレベルの高さと成長にその地位を奪われていた。滝一はライン際のドリブルと的確なセンタリングを得意とした優秀なウイングであったが、ワンパターンな戦法を見破られ、壁にぶつかっていた。
しかし、ふたりはその形を変えようとしなかった。他人と同じことをしても空前の高レベルを誇る黄金世代のライバルたちには勝てそうもない。ならばどうするか――長所をとことん伸ばそう――彼らの選んだのはその道であった。
来生哲平の長所は抜群の得点嗅覚であった。これは技術ではまかないきれない天性の能力であった。
ゴール前、ボールの転がったところに来生がいる――その”事実”は相手GKを震え上がらせた。特に得意としたスライディングシュートは「来生の寝技」という異名をとり、こぼれダマに食らいつく能力は黄金世代の中でも屈指の存在であった。
滝一もまた「馬鹿のひとつ覚え(石崎了:談)」といわれながらも、ライン際ドリブルからのセンタリングにこだわった。しかし、彼の場合はウイングにだけこだわらず、右サイドにはこだわったものの、サイドバックやサイドハーフというポジションで起用されることにも柔軟に対応して見せた。
「右サイドの魔術師」これが滝一に送られた称号である。
彼とプレイしたゲームメーカーのひとりは「攻めに困ったら俺は右サイドにパスを出した。そういう癖が身についていた。なぜなら、そこに滝がいるのがわかっていたからだ」と語っている。また、とある監督は「右サイドどこでも使える滝の存在は、チームにとって有益だった」と正直に答えている。
「便利屋で結構。それでも必要とされているならいいんだ」とは滝一の言葉である。
ふたりとの会話は実のあるものだったと井沢は当時を振り返る。
「何もかもできるようになろうとするから悩むんだ。自分はそんなにすごい奴じゃない」
当時を振り返っての井沢の言葉であるが、後にこの言葉は共感を呼び、公共機関の啓発CMにも取り上げられるほどになった。
井沢にとって特技とは何か。黄金世代の面々と互角に戦える特技は何か。
考え抜いた末に思いついたのが「高さ」であった。
井沢は元々ジャンプ力に優れ、ヘディングも得意とし、背丈も180センチを越えていた。ただ、今までその高さは攻撃面にばかり向けられていた。
優れた跳躍力を生かし飛び込むヘディングシュートは中学時代「5メートルダイビングヘッド」などと呼ばれていた。
ただし、それが通用したのも高校までであった。プロの世界で5メートルも飛ばせてもらえる余裕はなかったのだ。
もうひとつ、井沢は中学時代ジュニアユース大会でわずかな時間プレイしたDFに興味を持ち始めていた。初めての経験であったのに意外としっくりきたのを身体が覚えていたのだ。DFとMFをこなせれば、出場のチャンスは広がる。近代サッカーにおいて、FWの出場枠は2人か3人であるが、DFとMFはどこのチームもそれぞれ3、4人置くのが主流だ。8人の枠と考えれば、井沢にもチャンスがあるはずだ。ましてや、黄金世代の中でDFは唯一層の薄いポジションであった。
井沢のDF特訓に来生、滝、そして高杉が協力したという。高杉については「修哲トリオ」「シルバーコンビ」などという呼び名から外れていたため、一時期不仲説が唱えられていたが、実際は今も友情が続いているという。
当時はそれぞれ敵チーム同士であったが、シーズンオフには一緒に自主トレをする中であり、井沢のDF能力は高杉に鍛えられたものが多い(もっとも、高杉に教わらず、三杉や松山に教わればもっと井沢は成長したはずだという辛辣な味方もあるが)。

マドリッドオリンピック代表に井沢は選ばれた。ポジションはMFではなくDFであった。予選、決勝を通じて井沢はセンターバックを務めた。長身と持ち前のジャンプ力で井沢はよく日本の制空権を守った。
「考えてみたら、名前が守なんだから、守備の方が向いていたのかもね」と井沢は当時を思い出しておどけている。
守りだけではなく、コーナーキックを得た際には果敢に前線へと飛び出し、何度か劇的なヘディングシュートも決めている。
「黄金世代の中でも、高さで井沢と勝負できるのは日向と翼ぐらいだった」と吉良耕三は語っている。ただし、そのあとで「単独でなければ立花兄弟が一番高かったがな」と付け加えている(吉良耕三の指揮下で立花兄弟がサッカー生命を奪われたのは有名な話である。含みのある発言ではあるが、本稿の趣旨とは外れるのでここでは触れない)。
「一人一芸」というスローガンを掲げ、個々のレベルアップを求めた当時のU-23日本代表監督である吉良耕三には、DFとMFをこなす井沢の存在は良きモデルであったはずだ。
マドリッドオリンピックにて日本代表は優勝を果たした。
ときにはミスもあったが、DFとして世界のトップレベルと対決し勝ち抜いたことは、井沢の自信につながった。
元々、司令塔をこなし戦術眼に優れた選手である。それはポジションがかわっても無駄になるものではなかった。
的確な飛び出し、球際での勝負強さ、そして何よりも高さが日本チームに欠かせない存在となっていた。戦術により、その座は三杉や松山、井川らに譲られることはあったものの、黄金世代でもっともCBとしてプレイした時間が長かったのは井沢である。
続くワールドカップの優勝にも井沢は日本代表DFとして貢献した。このときの井沢はDFの中心選手といっても過言ではなかった。
「東洋の壁」と異名を取った次藤洋との組み合わせは、世界の攻撃を防いだ。
思えば、MF時代は第二、第三の男であった井沢であるが、このときは随一の存在となっていたのであった。
「安心して見ていられた。常にいいポジションを取っていてくれたよ。俺のSGGK伝説もあいつの存在があってのことだ。それにしても、あの井沢がDFとして活躍するなんてな」
もっとも古くから井沢を知るSGGK若林源三は、DFとしての井沢のプレイについて評価を求められたとき、若干リップサービスもあっただろうが、うれしそうにそう答えている。
二度目のワールドカップにおいても、井沢の活躍は変わらなかった。日本は皮肉にも帰化した大空翼率いるブラジルに敗れ、準優勝であったものの、日本代表のプレイには高い評価が与えられている。井沢に関しても同様であった。

黄金世代の面々は大半がこのときのワールドカップ後に現役引退、または代表の引退を果たしているが、井沢を初めとして、来生、滝、高杉の修哲メンバーはその後も現役にこだわりを見せた。特に井沢に至っては40になるまで現役を続けた。
怪我や衰えにより、運動量は落ちたものの、経験に裏打ちされた技術と判断は衰えを知らなかった。マリノスからいくつかのクラブを経由し、最後はボロボロになりながらもJFLや中国、アメリカでもプレイした彼の姿に多くの若者は感じ入るところがあったという。
引退後は来生、滝、高杉らと全国を回り少年たちを相手にサッカー教室を開いている。
彼らには複数のJリーグクラブからコーチとしての要請が来ているというが、皆がしばらくは最前線を離れたいという意向のようだ。
また共同でクラブチームを結成することで後進への指導に当たっている。
チームは「修哲クラブ」と名づけられた。彼らにとって一番すばらしかった時間は、南葛時代よりも修哲時代であったのかもしれない。彼らが一番輝いた時間であったのだろう。


記事タイトル:

素敵コラム紹介:黄金世代列伝「第二の男井沢守と修哲小トリオ」

関連ワード :

井沢守

キャプテン翼シリーズ

イケメン

髪色(黒)

名脇役

サッカー

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!