アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

『攻殻機動隊ARISE』4部作完結 最後のborder:4は9月6日より劇場公開される。

『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』がきょう28日より2週間限定で劇場公開される。

『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』がきょう28日より2週間限定で劇場公開される。

 原作漫画の誕生から25年。『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』がきょう28日より2週間限定で劇場公開される。“攻殻機動隊”の創設に至るまでと、全身サイボーグのヒロイン・草薙素子(CV:坂本真綾)の物語を描く全4部作のクライマックスへつながる『border:3』で、ついに攻殻機動隊の全メンバーが集結。最後の『border:4 Ghost Stands Alone』は9月6日より劇場公開される。

 『border:4』は、戦後復興の兆しある2028年冬。国外カルテルの利権を巡るデモ活動が激化するニューポートシティで起きた警備の機動隊による無差別発砲事件。全てはファイア・スターターによる電脳感染が引き金だった。素子が率いる独立攻性部隊は己の正義を自らのゴーストに委ねて事態の制圧を図る。事件の裏に潜む“ブリキの少女”エマと“カカシの男”ブリンダJr.。事件を追う草薙はその二つのゴーストが求めるものに迫る。

 事件の裏に潜むエマは、『border:3』に続き、重要なキャラクターとして登場。声の出演は声優の茅野愛衣。また、“カカシの男”ブリンダJr.の声は、俳優、声優、歌手として活躍する小野賢章に決定。新キャラクターの存在が物語をさらに加速させる。

総監督・キャラクターデザインは、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』 『イノセンス』などプロダクションI.Gの作品で作画監督・キャラクターデザインを担当してきた黄瀬和哉氏。シリーズ構成・脚本は、2010年『天地明察』で本屋大賞・吉川英治文学新人賞を受賞、『マルドゥック・スクランブル』『シュヴァリエ~Le Chevalier D’Eon~』などでシリーズ構成・脚本を手掛けた人気SF作家・冲方丁氏が担当。また、音楽を手掛けるのは、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX、プロデュースなど幅広く活動する小山田圭吾のソロプロジェクト・コーネリアス。アニメーション制作はプロダクションI.G。


記事タイトル:

『攻殻機動隊ARISE』4部作完結 最後のborder:4は9月6日より劇場公開される。

関連ワード :

草薙素子

攻殻機動隊シリーズ

美女

髪色(紫)

主人公

ニュース

セミロング




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!