アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

巨大なガンダム・ビジネス、その異色な戦略!!カギは子どもファン獲得?

巨大なガンダム・ビジネス、その異色な戦略 稼ぐ新手法確立、カギは子どもファン獲得?

巨大なガンダム・ビジネス、その異色な戦略 稼ぐ新手法確立、カギは子どもファン獲得?

 1979年にファーストガンダムこと『機動戦士ガンダム』(テレビ朝日系)のテレビアニメが放送開始されて以来、今年で35周年を迎えるガンダムシリーズ。バンダイナムコホールディングスが5月8日に公表した決算短信によると、同シリーズはグループ全体のキャラクター別の売上高で、2013年度だけで802億円という驚異的な売り上げを叩き出しており、307億円を記録した2位の仮面ライダーシリーズにダブルスコア以上の大差をつけるなど、バンダイグループへの貢献度は言わずもがな高い。
 そんなガンダムシリーズについて、6月17日付当サイト記事『年間売り上げ802億円 ガンダム・ビジネスはいかにして成長?攻めの戦略続けた35年』では、誕生以来の歴史をビジネス的見地からひもといたが、今回はガンダム・ビジネスの今後について、ガンダムファン歴30年にして全シリーズに精通するライター、昌谷大介氏と共に考察していきたい。

ガンダムUC最終回は映画興収ランク3位の好発進

「まず35周年の大きな目玉のひとつとなっている『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の最終話『episode7 虹の彼方に』は、上々の滑り出しでした。5月17日にイベント上映&配信が開始されたのですが、興行通信社による5月17、18日の週末『全国映画動員ランキングトップ10』で3位を記録しました。わずか2日間で9万8208人を動員し、興収1億5718万2200円を上げたのはさすがの一言です。ロボットアニメの金字塔の名に恥じぬ結果といえるでしょう。この『episode7 虹の彼方に』は、6月6日よりブルーレイ&DVD版の一般発売も始まっていますが、同作の5話目にあたる『UC5 黒いユニコーン』は12年のオリコン年間ブルーレイディスクランキングで、12.4万枚を売り上げて総合1位を獲得していますので、『episode7 虹の彼方に』はそれ以上の結果が期待できます」(昌谷氏)
『機動戦士ガンダムUC』は、アムロ・レイとシャア・アズナブルの最終決戦を描いた劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後を描いた作品で、いわゆるファーストガンダムファンを虜にする設定や描写が多数用意されていた。
「まず、敵役として登場するフル・フロンタルという男が、いい意味であざといです。“シャアの再来”と呼ばれている彼は、シャアよろしく仮面を着け、容姿もシャアそっくりで、しかも声優はシャアと同じ池田秀一氏を起用しています。そのほかにも、ヒロインとして登場するのはシャアとの因縁があるザビ家の末裔、ミネバ・ザビですし、『episode4 重力の井戸の底で』以降は、ファーストガンダムから『逆襲のシャア』までガンダム搭乗艦の艦長を務めてきたブライト・ノアも登場します。ホワイトベースでアムロと共に闘ったカイ・シデンもジャーナリストとして時々出てきます。そして『episode7 虹の彼方に』では、“フル・フロンタルはシャア本人なのか?”という謎がとうとう明かされますし、そのフロンタルはファーストガンダムでシャアが最終決戦時に搭乗したジオングの名を引き継ぐ、ネオ・ジオングに搭乗します。旧来ファンは見逃せない展開です」(同)

THE ORIGINはUCの展開形式を踏襲?

 ファーストガンダムからのファン層を惹き付け、ビジネス的成功を収めた『機動戦士ガンダムUC』だが、それを引き継ぐようなかたちで詳細が発表されつつあるのがアニメ版『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』だ。

「『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、ファーストガンダムでキャラクターデザインや作画ディレクターを担当した安彦良和氏による、ファーストガンダムの漫画化作品だったのですが、この一部のエピソードをアニメ化するプロジェクトが進んでいます。累計発行部数1000万部を超える漫画版『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、基本の大枠ストーリーはテレビアニメの『機動戦士ガンダム』にのっとっていますが、安彦氏の独自視点で外伝的エピソードも描かれていたのが特徴で、シャアの少年期や青年期を描いた話が人気を集めていました。このシャア中心のエピソードをアニメシリーズ化するとのことで、第1話となる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』が来年春にイベント上映予定となっています」(同)
 シャアが主役のストーリーとなれば、ファン垂涎の内容であることは想像に難くないが、アニメ業界やガンダムに詳しくない人にとって“イベント上映”という言葉はまだ聞き慣れないだろう。
「全7話を各1時間程度にまとめて発表してきた『ガンダムUC』も、イベント上映が行われていました。それだけではなく、劇場公開、インターネット有料配信、ブルーレイ&DVD販売など、複数の公開形態を短期間で同時進行させるという変わった展開方法を取り、大ヒットしました。さまざまな視聴形態を提案することで、多様になったファンのニーズを広くつかむビジネス戦略なのでしょう。例えば、大きなスクリーンで臨場感を味わいたい人は劇場に足を運びますし、繰り返し何度も観たい人はブルーレイを買います。また、「とりあえず観られればいい」というスタンスの人はインターネットの有料配信で観るでしょう。もちろん、作品の質が高いからこそ打ち出せる一大プロジェクトなのですが、俗な言い方をすると、アニメ業界で新たに稼ぐ手法を編み出したといえます。そして『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』が“2015春イベント上映予定”と発表された時点で気付いた人もいると思いますが、おそらく『ガンダム THE ORIGIN』は『ガンダムUC』と同様の手法で展開していくのではないでしょうか」(同)
 それでは、アニメ版『ガンダム THE ORIGIN』も大ヒットするのだろうか?
「バンダイグループやサンライズ(ガンダムを手掛けるアニメ制作会社)に大きな利益をもたらすのは、ほぼ間違いないでしょう。現在、90秒程度の予告動画が公式HPなどで公開されていますが、安彦良和さんの独特なタッチの絵柄をここまでアニメーションで再現できるのかと、その映像クオリティーの高さに驚かされたぐらいですので、サンライズの力の入れようは否応なく伝わってきます。ただ、あくまで私見ですが『ガンダムUC』以上のヒットは難しいのではないかと思っています。なぜならば、シャアの少年期を描くシリーズ前半は、どうしてもモビルスーツの登場シーンが少なくなるでしょう。初期型のガンタンクが活躍したりするシーンはありますし、時代を前後させて一年戦争(アニメ版『機動戦士ガンダム』の時代)でザクを駆るシャアのシーンなどはありそうですが、原作漫画を忠実に再現するならば、やはりメインは人間ドラマとなります。ガンダムファンは重厚な人間ドラマも好きですが、やはりモビルスーツ同士の戦いに醍醐味を感じている部分も大きいでしょうから、人間ドラマとモビルスーツ戦を2本の柱とすると、そのうち後者の柱が心もとない。“ともかくモビルスーツが好き”“どちらかというとモビルスーツが好き”というファンをどの程度取り込めるかがカギとなるでしょう」(同)

“ガンダムの生みの親”が狙うのは、子ども層の再開拓

 だが35周年プロジェクトには、ほかにも大きな目玉があるという。ガンダムの生みの親である富野由悠季氏が、テレビシリーズとしては実に15年ぶりに監督を務める新作『ガンダム Gのレコンギスタ』が、10月よりMBS(毎日放送)のアニメイズム(深夜アニメ)枠にて放送開始されるのだ。
「テレビで放送スタートするのは10月からですが、第1~3話目を8月23日~9月5日までの2週間限定で、全国13館でイベント上映するという特殊なPR手法を採用しています。また、ドコモ・アニメストアが展開するアニメ視聴サービス『dアニメストア』でも、9月8日~30日まで先行版を配信することが決定しています。テレビ放送前に先行放映するというのも珍しいです」(同)

 3月に行われた『35周年プロジェクト発表会』に登壇した富野氏は、「ガンダム Gのレコンギスタ」について「作品への評価は終わってみないとわかりませんが、この年にしては良くできたんじゃないかと、今うぬぼれているところがあります」などと発言していた。自身の過去作品を全否定して酷評することも珍しくない富野氏が、ここまでの発言をするということは、かなり自信があるのだろうと見る向きもあるほどだ。
「このことから、バンダイやサンライズはもちろんですが、何より富野氏自身の気合の入りようがうかがえますね。ただ、富野作品ファンの私としては、なんともうれしい限りなのですが、ビジネス的見地から見ると不安がないとも言い切れません。富野さんが前回手がけたテレビシリーズである『ターンエーガンダム』は、ガンダムとしては物語が前衛的すぎたためか、作品としての評価は高いものの、プラモデルの売り上げは伸びず、単独のゲームソフト化もされていないため、商業的にはヒットしたとは言い難かった。また、富野さんは『ガンダム Gのレコンギスタ』を今の時代の子どもたちに観てもらいたいという趣旨のメッセージを発信していますが、そこも引っかかるポイントです」(同)
 確かに富野氏は先の『35周年プロジェクト発表会』にて、「ガンダム以降、どのように世代を乗り越えたメッセージを伝えていくか、この15年は本気で考えてきて、具体的に形にできずにいました。『Gのレコンギスタ』で、ようやく輪郭を見ることができました」「あなたたちファンが、今現在お育てになっているお子さんたちに観せていただきたい。お子さんやお孫さんたちに対して、こういう物語があるよと伝えてほしい」と語っていた。
「富野氏が手掛ける作品に限らずですが、今のガンダムシリーズの至上目的は、子どもたちの間でブームを巻き起こし、小中学生ファンを再び取り込むことにあります。以前は子どもも夢中になっていたガンダムシリーズですが、現在のファン層は30代、40代男性がボリュームゾーンとなっているのが現実。ヒットした『ガンダムUC』にしても、これから展開する『ガンダム THE ORIGIN』にしても、大人がコアな客であることは明らかです。もちろん子どものファンがいないわけではなく、2011~12年にテレビで放送されていた『機動戦士ガンダムAGE』や、昨年10月から今年3月まで同じくテレビで放送された『ガンダム ビルドファイターズ』は子どもをターゲットにしており、実際に子どものファンは増えたと思いますが、過去のガンダムシリーズと比べるとブームになったとは言い難い状況です」(同)
 特に『機動戦士ガンダムAGE』は『イナズマイレブン』シリーズや『ダンボール戦機』シリーズで、子どもたちの間でブームをつくったゲームメーカー・レベルファイブの日野晃博社長が手掛けた作品であったが、目標値に対してオモチャやゲームの売り上げ不振だったため、ネット上では“大爆死”などと揶揄されている。余談だが、日野社長が手掛けた『妖怪ウォッチ』が現在、子どもたちの間で合言葉のようになるほどゲームもオモチャも一大ムーブメントとなっているのは皮肉な話だ。
「もちろん1年間で802億円もの売り上げを記録するコンテンツがすぐに揺らぐわけではありません。しかし、バンダイやサンライズとしては収益のバランスを考えて、大人だけでなく子どもも取り込みたいと考えるのは経営上、至極当然でしょう。今の子どもたちも好きになってくれれば、10年後、20年後もガンダム・ビジネスは安泰となります。とはいえ、私を含む30代や40代の男性ファンは放っておいてもガンダムにお金をつぎ込んでいくでしょうが、子どものファンを取り込むのは至難の業。ここで話を富野氏の『Gのレコンギスタ』に戻しますが、氏の手腕をもってしても、小中学生のファンを拡大するのは簡単ではないと思うのです。『Gのレコンギスタ』は子どもをメインターゲットにしていることを明言していますが、富野氏の尖った感性が刺さるのは、ある程度思考が成熟した大人層なのではないかという懸念があります。その一方で個人的には、富野氏の作品で再び子どもたちの間にブームを巻き起こしてもらい、ガンダムというコンテンツを今以上に大きなものにしてもらいたいと願っています」(同)
 いずれにしても根幹となるアニメ作品のヒットが、プラモデルやゲームといった派生商品の売り上げを左右するのは確か。これから日の目を見る新作『ガンダム THE ORIGIN』や『Gのレコンギスタ』がどこまでヒットするか注目していきたい。
(文=編集部)

元記事


記事タイトル:

巨大なガンダム・ビジネス、その異色な戦略!!カギは子どもファン獲得?

関連ワード :

ガンダム

機動戦士ガンダム

主人公

分析

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!