アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

穂乃果「お願いします…嫌いにならないで…」 ②

部室 穂乃果「海未ちゃん宿題出来ないよ~!みんな屋上行っちゃったし、もういでしょ?」 海未「先生に今日中に提出しろと言われたじゃないですか。後で困るのは穂乃果なんですよ?」 穂乃果「だって

穂乃果「お願いします…嫌いにならないで…」 ②

――――――――――――
練習後

にこ「駄目だったわね…」

花陽「うん…私達見た瞬間…」


雪穂『帰ってください!』


凛「だもんね…日に日に機嫌悪くなってるにゃ…」

ことり「穂乃果ちゃんのお母さんと電話で話しても今はちょっと…って」フラフラ

海未「私も…大変な病気か聞いたらただ大事を取って休ませてるだけと…ならもう治ってるはずなんですが…」フラフラ

絵里「どうして…どうして…」フラフラ

希「スピリチュアルパワーで穂乃果ちゃんとお話を…」

絵里「できるの!?」

希「無理やけど…」ズーン

絵里「そうよね…」ズーン

真姫「…ちょっと用事できたから先に帰ってて」

にこ「そう…じゃあね」

サヨナラ-バイバーイ



真姫「……さて」





125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/03(木) 05:00:45.65 ID:idSWuxa0O
―――――――――――――
穂むら

ガラガラ


穂乃果「いらっしゃ…っ!」

真姫「穂乃果…」

穂乃果「真姫ちゃ…」

真姫「やっぱりここにいた…学校にも来ないでどうしたのよ?」

穂乃果「あ…やだ…」

真姫「穂乃果?」

穂乃果「ご、ごめんなさい…ごめんなさいごめんなさい…」ガタガタ

真姫「ちょっと?どうしたの?」ザッ

穂乃果「ひっ!?」ビクゥ

真姫「え…」

雪穂「お姉ちゃんちょっと…!なんで貴女がいるんですか!」

穂乃果「ゆ、雪穂ぉ…」ウル

真姫「なんでって、穂乃果に会いにきたのよ!それより穂乃果はどうしてこんな怯えてるの!?」

雪穂「…貴女がそれを言うんですか?」

真姫「は?」

雪穂「貴女達がお姉ちゃんをこんな風にしんでしょ!貴女達がお姉ちゃんに酷いことを!」

真姫「なにそれ!わけわかんない!私が穂乃果にそんなことするわけないでしょ!?他のみんなだって!」

雪穂「お姉ちゃんはμ'sの人達全員から、嫌われてるとしか思えないことをされたって言ってるんです!」

真姫「私が穂乃果を嫌う!?ありえない!むしろ大好きよ!」

穂乃果「…え?」

真姫「あ……/////」

雪穂「……」

真姫「いや、あの…////」

穂乃果「…ほんとに?」

真姫「うぇ…?////」

穂乃果「穂乃果のこと…嫌ってない…?」

真姫「ほ、本当よ!私が穂乃果を嫌うななんて、あるはずないわ///」プイ

穂乃果「…ほんとにほんと?」

真姫「ほんとにほんとに!」

穂乃果「……」

真姫「……」

穂乃果「……ふぇ」ブワ

真姫「!?」

穂乃果「ふぇぇぇぇん…」グスグス





148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/03(木) 21:30:14.86 ID:Xlr3wOffo
真姫「ほ、穂乃果!」バッ

穂乃果「っく…ふぇ…まき、ちゃ…」ギュ

真姫「ヴェェ!?/////」

穂乃果「よがったぁ…、ひっ…よかったよぉ…」ギュウウ

真姫「ちょ!ちょっ!(近い近い可愛いいい匂い可愛い可愛い近い)/////」


雪穂「ちょっと!お姉ちゃんから離れて!お姉ちゃんもこの人に酷いことされたんでしょ!?騙されちゃ駄目!」

穂乃果「スン…でも、真姫ちゃんだけにはなんもされてない…」グス

雪穂「えぇ!?」ガーン





159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/03(木) 22:55:42.05 ID:Xlr3wOffo
真姫「だ、だから言ったでしょ?穂乃果に対して酷いことなんてしないわよ」

雪穂「ッ!」キッ

真姫「な、なによ…」ビク

穂乃果「ゆ、雪穂…」オロオロ

雪穂「……わかりました。失礼な態度をとっちゃって、すいません」ペコ

真姫「別に…わかってくれたならいいわよ…」

雪穂「ありがとうございます。でも他の方達は…」

真姫「だからそれだってきっと勘違い…」

雪穂「勘違いでお姉ちゃんがこんなことにはなりません!!」

穂乃果「!」ビク

雪穂「あ…すいません。でもそうなんだよね?お姉ちゃん」

穂乃果「う、うん…」シュン

真姫「…明日みんなにそのことを聞いてみるわ。もうこんな時間だし、今日のところは帰」

穂乃果「やだぁ…」キュ

真姫「」

穂乃果「真姫ちゃん…いかないでぇ…」ウル

真姫「だ、ダメよ…親御さんにも迷惑が…////」フニャア

雪穂(うわぁ…なんだあの顔…)

雪穂「…じゃあお姉ちゃんが真姫さん家行けばいいんじゃない?」

真姫「え!?」

穂乃果「真姫ちゃん家…?」

雪穂「真姫さん…お姉ちゃんのこと泊めることってできますか?」

真姫「で、できるけどぉ…今日は親が夜勤でいないし…」

雪穂「それならお姉ちゃんもあんまり気兼ねしなさそうですし、いいと思います」

真姫「う…ほ、穂乃果は…?////」チラ

穂乃果「行きたい…」キュ

真姫「」

真姫「じゃあ着替えとか準備してきなさい。あと親御さんにちゃんと確認してね」キリ

穂乃果「うん!」タタ

真姫「……/////」フニャア

雪穂「……真姫さん」

真姫「はい!?」





171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 00:14:28.40 ID:XJyigRFto
雪穂「お姉ちゃん…皆さんと会うのを怖がってますけど、同時にとっても寂しがってるんです。だから真姫さんがきてくれて…あの……」

真姫「……」

雪穂「…とにかく!真姫さんのこと信じるんで!お姉ちゃんのこと、よろしくお願いします!」ペコリ

真姫「うん…任せなさい!」

雪穂「あ、お姉ちゃんに変なことしないでくださいね?」

真姫「しないわよ!////」

雪穂「そこは信用してませんから」

穂乃果「準備できた!お母さんもいいって!」

雪穂「お姉ちゃん!真姫さんに変なことされそうになったらすぐに連絡して!飛んでくから!」

穂乃果「変なこと…?」キョトン

真姫「だーかーらー!しないってばぁ!////」

―――――――――――――

穂乃果「……」キョロキョロソワソワ

真姫「どうしたの?」

穂乃果「なんか久し振りに外でたから…それに今はみんなと会うのは…」

真姫「そう…」

穂乃果「……」ピト

真姫「穂乃果…歩きにくいんだけど////」

穂乃果「あ…ごめんね…」シュン

真姫「あ…大丈夫だから!でもそんな風にくっついてちゃそっちも歩きにくいでしょ?だから、手…繋ぎましょ?////」スッ

穂乃果「…えへへ」ギュ

真姫(ああんもう!可愛すぎ!////)





185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 03:12:06.41 ID:XJyigRFto
真姫「着いたわ」

穂乃果「やっぱりおっきぃね…」

真姫「そうかしら?」ガチャ

穂乃果「お邪魔しまーす…」

真姫「そっちリビングね。着替えてくるから適当に座ってて」

穂乃果「うん」





187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 03:17:37.42 ID:XJyigRFto
穂乃果「……」

穂乃果「……」

穂乃果「……」ソワソワ

ガチャ

真姫「お待たせ」

穂乃果「!」

真姫「どうかした?」

穂乃果「んーん!どうもしてないよ!」

真姫「そう?あ、喉乾いてると思って…トマトジュースだけど大丈夫?」

穂乃果「うん、ありがと!ん…おいしいよ!」ニコ

真姫「そ、そう…////」クルクル





188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 03:47:43.35 ID:XJyigRFto
グゥー…

穂乃果「あ!/////」

真姫「……」

穂乃果「ぅ~////」

真姫(可愛い)

真姫「そろそろいい時間だものね…夜ご飯どうしよう…」

穂乃果「じゃ、じゃあ穂乃果作るよ!最近お母さんから教わってるから!」

真姫「え?別にいいわよ…大変でしょ?出前か外食か…」

穂乃果「で、でも」

真姫「だからいいってば」

穂乃果「あ……ごめ、ごめんなさ、いいって言ってるのに、あの…あ!」バシャ

真姫「あ…!」

穂乃果「ご、ごめん!ごめ、ひっ…ごめんなさいぃ…」グス

真姫「ちょ、大丈夫だから…」

穂乃果「お願いします…嫌いにならないで…」グスグス





189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 03:48:15.88 ID:XJyigRFto
真姫「大丈夫だから…ほら、泣かないで…」ギュ

穂乃果「あ……」

真姫「大丈夫、嫌いになんかならないか…ね?」ナデナデ

穂乃果「ん…うん…」グス

真姫「…落ち着いた?」

穂乃果「ん…」

真姫「とりあえず着替えなきゃね」

穂乃果「うん…」

真姫「あっちで着替えましょ。服はあるわよね?」

穂乃果「ある…」

真姫「…夜ご飯だけど、やっぱり作ってくれる?冷蔵庫のやつ使っていいから」

穂乃果「え…?」

真姫「穂乃果が作ったの…食べたいし////」クルクル

穂乃果「…うん」

――――――――――――

真姫「……」モグモグ

穂乃果「どう?どう?」

真姫「…美味しい」

穂乃果「やった!でも、真姫ちゃん家にカレールーが置いてあるなんて意外というかなんというか」

真姫「なんでよ…カレールーぐらいあるでしょ」

穂乃果「いやーなんかこうスパイスとかを色々なんやかんやして手間をかけてるのかと」

真姫「そんな面倒な…このサラダも美味しい!」モグモグ

穂乃果「真姫ちゃんトマトばかり食べ過ぎ!」

真姫「気のせいよ」ヒョイパクヒョイパクヒョイパク

穂乃果「まずは手を止めよ!?」





208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/05(土) 00:32:26.82 ID:q9g/ZOjIo
真姫「…で?」

穂乃果「ん?」

真姫「みんなから何をされたの?」

穂乃果「う…」

真姫「……」

穂乃果「えっと…」

真姫「うん」

穂乃果「最初は、海未ちゃんなんだけど――」





211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/05(土) 00:40:57.80 ID:q9g/ZOjIo
――――――――――

シャアアアア…

真姫「……」キュ

真姫「全く…」

真姫(なにやってんのよ!穂乃果のこと傷つけて、馬鹿なんじゃないの!?)

真姫(にこちゃん達がしたことはフォローしといたけど、他の四人は許せないわ!)

ガチャ

真姫「とにかく明日…ん?」クル

穂乃果「一緒に入ってもいい…?」スッポンポン

真姫「」









真姫「」

真姫(一体何が起こってるの…)

穂乃果「加減どうですかー♪」ゴシゴシ

真姫「イイカンジヨ」

真姫(裸の穂乃果がお風呂にきて裸の穂乃果が一緒に入ってもいいか聞いてきて裸の私がそれを了承して裸の穂乃果が背中を流してあげると言ってきたのを断ったら裸の穂乃果が腕に胸を押しつけてどうしてもと言うから了承して今は裸の穂乃果に背中を流されてて裸の穂乃果裸の穂乃果裸裸の穂乃裸)

穂乃果「はーい終わり!じゃあお風呂浸かっててね?私は自分で洗うから!」

真姫「ハイ」チャプン

穂乃果「~♪」ゴシゴシ

真姫「……////」チラチラ

真姫(ほ、穂乃果の裸が、こんな近くに!あぁ…綺麗…って私は変態か!////)ブクブク

穂乃果「~♪」シャアアアア

穂乃果「…よし終わり!じゃあ私も入ろっと♪」チャプン

真姫「ちょ、ちょっと!?うちのお風呂、こんなにくっつくほど狭くはないんだけど!?//////」

穂乃果「駄目…?」ピト

真姫「だ、駄目じゃないけどぉ…////」

穂乃果「やった♪」ピトー

真姫(あぁ…柔らかい…私今穂乃果と同じお湯に浸かってるのね…////)

穂乃果「♪」





215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/05(土) 01:15:28.08 ID:q9g/ZOjIo
――――――――――――

真姫「ふぅ…」ツヤツヤ

真姫(生きててよかった…////)

穂乃果「あったまったー」ポカポカ

真姫「あ、ドライヤーはそこに入ってるから」

穂乃果「ここ?あ、あった」

真姫「…わ、私が乾かしてあげるわよ/////」

穂乃果「いいの?ありがとう!」

真姫「ほら、ここ座って」

穂乃果「はーい」スト

ゴォォォ

真姫(幸せすぎて怖い…////)

穂乃果「気持ち~♪終わったら次は真姫ちゃんの番ね!」

真姫「お願いするわ////」





227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/05(土) 02:56:11.50 ID:q9g/ZOjIo
真姫(穂乃果の髪いっぱい触れた…同じシャンプーなのになんであんないい匂いするんだろう/////)

真姫(私の髪も乾かしてくれて…////)サワ

穂乃果「ふぁ…」

真姫「眠いの?もう寝る?」

穂乃果「うん…」

真姫「じゃあ来客用の部屋があるから…」

穂乃果「…やだ」キュ

真姫「え?」

穂乃果「一緒に寝たい…」

真姫「い、一緒に!?////」

穂乃果「だめかなぁ…?」ウル

真姫「わ、わかったわよもう!しょうがないわね////」

穂乃果「真姫ちゃん優しい…♪」

真姫(大丈夫…大丈夫…お風呂でも保てたんだからいけるわよね私の理性!……だい、じょう…ぶ…よね?)





235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/06(日) 02:23:34.36 ID:O35xXKiZo
穂乃果「うわぁ…真姫ちゃんのベッドふかふか!」

真姫「そ、そう?」

穂乃果「これならすぐに寝ちゃいそうだよ~」

真姫「あ、寝る前に…」

穂乃果「ん~?」

真姫「明日、学校行ってみんなに会わない?早めに起きて、家に戻って着替えて…」

穂乃果「……」

真姫「大丈夫よ。私が一緒にいるから…どう?」

穂乃果「…じゃあ、いく」

真姫「いいこね…」ナデナデ





236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/06(日) 02:24:09.54 ID:O35xXKiZo
穂乃果「い、いいこって…真姫ちゃんより歳上なんだからね!全く……♪」

真姫「ふふ…すっかり忘れてたわ。みんなには明日の朝に部室に集まるように連絡しとくわね」

真姫(は!今すごい自然に頭撫でれた…!////)

穂乃果「うん…ふぁ…」

真姫「…よし。じゃあ寝ましょ」

穂乃果「はやくぅ」

真姫「……」ゴクリ

真姫(穂乃果と同じベッドで…/////)

穂乃果「なにしてるの?ほらぁ」グイ

真姫「きゃ!」ポス

穂乃果「ん~♪あったかいねぇ」ギュ

真姫「ちょ…も、もう////」

真姫(うわあああああ!う、うわあああああ!きゃあああああ!/////)





237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/06(日) 02:24:36.90 ID:O35xXKiZo
穂乃果「真姫ちゃん…」ウト

真姫「な、なに…/////」

穂乃果「お店で言ってくれたの…大好きって…嬉しかったぁ…」

真姫「え…」



『私が穂乃果を嫌う!?ありえない!むしろ大好きよ!』



真姫「あ!あれは!その!////」

穂乃果「あのね…穂乃果もねぇ…真姫ちゃんのこと…大好きだよぉ…」

真姫「」

穂乃果「……」





238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/06(日) 02:25:26.00 ID:O35xXKiZo
真姫「…ほ、穂乃果!私、穂乃果のこと!…ん?」

穂乃果「スゥ…スゥ…」

真姫「え…ね、寝たの…?」

穂乃果「まきちゃ…スゥ…」

真姫「…はぁ、まぁいいわ。私も寝よ」

穂乃果「スゥ…ンゥ…」

真姫「……」

真姫(わ、私も穂乃果のこと抱いて寝てもいいかしら…?いいわよね!やっちゃうわよ!////)ソー

真姫「…っ!////」プルプル

穂乃果「ん~…」モゾ

真姫「……!」

真姫(脚を…絡め…!////)

穂乃果「♪…スゥ…スゥ…」キュ

真姫「……////」ギュ










真姫(心臓やばい…寝れないわ////)ドキドキドキドキドキ





251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/07(月) 04:41:19.55 ID:7Cb7oG2HO
――――――――――――――

穂乃果「ん…んぅ」

穂乃果(……五時?珍しく早く起きたなぁ)

真姫「スゥ…スゥ…」

穂乃果「……」ジー

穂乃果(真姫ちゃん綺麗だなぁ…)

真姫「スゥ…スゥ…」

穂乃果「真姫ちゃん…ありがとう♡」チュ

真姫「ん…」

穂乃果「えへへ…////」ギュ

真姫「ん……!」

穂乃果「あ、おはよ♪」ギュー

真姫「…オ、オハヨウ/////」

真姫(起きたら穂乃果がいる幸せ)

穂乃果「まだ五時だよ~」

真姫「は、早いわね。うん」

穂乃果「どうしよっか?」スリスリ

真姫(!?!!???)

真姫「しょ、しょうね!もももう起きましょうか!?/////」ガバ

穂乃果「はーい」





259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/07(月) 07:32:16.09 ID:7Cb7oG2HO
真姫「お腹すいてる?」

穂乃果「すいてるかな」

真姫「じゃあご飯食べましょ」

穂乃果「朝ご飯作る!」

真姫「…一緒にやらない?」

穂乃果「うん!」

真姫「とりあえず顔洗いにいきましょ」

真姫(一緒に料理…新婚みたいでいいわね////)










真姫「ふぅ…おいしかった。随分時間があるわね…」

穂乃果「もう穂乃果の家にいく?」

真姫「そうね…行きましょうか」





260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/07(月) 07:39:30.48 ID:wsbGQ9IJo
―――――――――――――
穂乃果家

ガラガラ…

穂乃果「ただいまー…」

雪穂「…お姉ちゃん!?おかえり!随分早いね!変なことされなかった!?」ガシ

穂乃果「うわわ」

雪穂「あ、真姫さんもいるんですね。変なことしませんでしたか?」

真姫「し、してないわよ!////」

穂乃果「真姫ちゃんはそんなことしないよ~。ただ一緒にお風呂入って一緒に寝ただけだよ?」

雪穂「…真姫さーん」

真姫「」

雪穂「…まぁ、それぐらいなら許します」

真姫「そう…」ホッ

穂乃果「?私今から学校行くね」

雪穂「大丈夫?」

穂乃果「真姫ちゃんがいるから平気だよ」

雪穂「ふぅん…わかった」

穂乃果「じゃあ準備してくるね」タタ





261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/07(月) 07:50:13.61 ID:wsbGQ9IJo
雪穂「……真姫さん」

真姫「ん?」

雪穂「ありがとうございます…」

真姫「…別に」クルクル

雪穂「ところで本当に変なことしてないんですよね?」

真姫「し、してないって言ってんでしょ!?////」

雪穂「へ~…真姫さんってヘタレなんですね」

真姫「な…!?」

穂乃果「お待たせ~」トタトタ

真姫「……」

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「…ん!」スッ

穂乃果「ん?」キョトン

真姫「手!繋いで行くわよ!////」

穂乃果「!…うん!」ギュ

真姫「…////」チラ

雪穂「……」ニヤニヤ

真姫「ふん!////」

穂乃果「いってきまーす」フリフリ

雪穂「ふふ、いってらっしゃい」フリフリ

――――――――――――
部室

真姫「七時…早く来すぎたわ…」

穂乃果「そうだねぇ…」

真姫「……」

穂乃果「……ふぁ」

真姫「やっぱり眠いわよね…早く起きたから」

穂乃果「うん…」ゴシゴシ

真姫「寝てていいわよ」

穂乃果「真姫ちゃん…」

真姫「なに?」

穂乃果「……膝枕」

真姫「す、好きにすれば?////」

穂乃果「するー♪」ポフ

真姫「……////」ナデ

穂乃果「ん…」

真姫「……////」ナデナデ

穂乃果「スゥ…」

真姫「早いわね………あ」

真姫(トイレいきたい…)





263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/07(月) 09:31:41.54 ID:wsbGQ9IJo
――――――――――――――

穂乃果「スゥ…スゥ…」


穂乃果「ムニャ…」


穂乃果「ん…?ん~…」


穂乃果「ふぁ…」ムク







にこ「……」ジー





264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/07(月) 09:46:53.92 ID:wsbGQ9IJo
穂乃果「ひぅっ!?」ビクゥ

にこ「…おはよう」

穂乃果「あ…うぁ…」キョロキョロ

にこ「穂乃果、あの…」


穂乃果「ま、まきちゃ…?真姫ちゃんどこぉ…?」ジワ

にこ「え…ちょ、ちょっと穂乃果?」

穂乃果「真姫ちゃあん…どこいるの…?真姫ちゃ、ひぐ…真姫ちゃんいないとだめなのぉ…」グスグス

にこ「ほ、ほら!にっこにっこにー!って…」

穂乃果「ふぇぇぇぇん…」グスグス

にこ「ど、どうすれば…」アワワ

ガチャ

真姫「ん?にこちゃ…!?ちょっと!なに泣かせてんの!?」

にこ「な、なんにもしてないわよ!?」

穂乃果「真姫ちゃん…!」ダキ

真姫「大丈夫?」

穂乃果「ひっく…一緒にいるっていったのにぃ…」グス

真姫「ごめん…」ナデナデ

穂乃果「ばかぁ…」ギュウ

にこ「え?」







にこ「え?」

ガチャ

凛「穂乃果ちゃ~ん…」

花陽「いますか~…?」


穂乃果「……」ギュー

真姫「よしよし…」ナデナデ

凛「」

花陽「」

にこ「おはよう…」





284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 01:59:46.44 ID:EC0QbEzgo
凛「ええ!?」

花陽「どういう状況なのぉ!?」

真姫「あら、三人揃ったわね…穂乃果」

穂乃果「う…」サッ

真姫「もう、背中に隠れないで…」

穂乃果「……」キュ

にこりんぱな「……」

真姫「はぁ…あんた達、穂乃果に言うことあるんじゃないの?」





285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 02:00:41.53 ID:EC0QbEzgo
にこ「あ…ほ、穂乃果?」

穂乃果「……はい」

凛「あのね、最初はね、凛がね、穂乃果ちゃんを、怖がらせよって…」シドロモドロ

花陽「わ、私も乗り気で…あの、その…」シドロモドロ

にこ「と、とにかく!」

にこりんぱな「穂乃果(ちゃん)!ごめんなさい!!」ガバ

穂乃果「……」

にこ「本当にごめん!穂乃果があんなになるなんて思わなくて…ただ、驚かせようと…」

穂乃果「……穂乃果のこと、嫌ってたからイジメたんじゃないの?」

凛「違うよ!そんなつもりじゃなくて、ドッキリみたいな…」

穂乃果「……嫌ってないの?」

花陽「き、嫌う?あるわけないよ!」

穂乃果「……」チラ

真姫「ね?三人とも、穂乃果のこと嫌ってなんかないのよ?」

穂乃果「……」

にこりんぱな「うぅ…」

穂乃果「……」







穂乃果「……」ブワ





287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 02:17:08.87 ID:EC0QbEzgo
にこりんぱな「!?」

穂乃果「うぁ…あ…ああぁ…!」ポロポロ

花陽「ほ、穂乃果ちゃん!?」アワアワ

にこ「どうしたのよ!?どこか痛いの!?」アワアワ

凛「真姫ちゃん、きゅ、救急車!真姫ちゃんが救急車ー!」アワアワ

真姫「落ち着きなさい」

穂乃果「違うぅ…!ひっ…ずっと、嫌われてたからだとぉ、ふぐ…おもってたがらぁ…」グスグス

凛「え?え?」

穂乃果「ほのかがぁ、きらわれるようなこどしてぇ、ひぃ…いじめられたのかと、ひっく…おもっちゃったのぉ…」グスグス

にこ「そ、そんな…ありえないんだからそんなこと!」ダキ

穂乃果「にこちゃあん…」グスグス

花陽「穂乃果ちゃん…!違うからね!」ダキ

凛「ごめんね!ごめんねぇ!」ダキ

穂乃果「うぁ…花陽ちゃ、凛ちゃあん…」グスグス

真姫「……」





288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 02:35:18.19 ID:EC0QbEzgo
真姫「…はい、もういいでしょ?離れなさい」グイ

にこ「ちょっとなによ…」

凛「今いいとこなのに…それに久々の穂乃果ちゃんなんだから嫌にゃ」

花陽「真姫ちゃん?」

真姫「はいはい、いいから早く」グイグイ


真姫「よかったわね穂乃果」ナデナデ

穂乃果「ぐす…うん!」

にこりんぱな(えー……)

真姫「さて、残りの四人は…」


バン!


穂乃果「」ビク

絵里「穂乃果ぁ!」

希「穂乃果ちゃん!?」

ことり「穂乃果ちゃあん!」

海未「…っ」

真姫「来たわね…」

海未「…穂乃果!なにをしていたんでか!!」バン!

穂乃果「ひっ!?」ビクッ





291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 04:19:24.32 ID:EC0QbEzgo
真姫「!?それやめなさいよ!」

海未「え…」

穂乃果「ゃぁ…」ギュ フルフル

真姫「大丈夫よ、大丈夫だから…」

海未「ほ、穂乃果…?どうしたのですか?」オロオロ

ことり「穂乃果ちゃん…?」

真姫「っ!…あんた達、自分たちが穂乃果にしたことわかってるの!?」

絵里「え…」

希「ウチらも…?」

真姫「……にこちゃん、凛、花陽」

にこりんぱな「?」

真姫「穂乃果と一緒に外出てて」ゴゴゴゴゴ

凛「え、真姫ちゃん怖い」ガタブル

花陽「ほ、穂乃果ちゃんいこ?」

穂乃果「真姫ちゃん…」キュ

真姫「少し待ってて」

穂乃果「うん…」

真姫「あ、それとあんまり穂乃果にベタベタするんじゃないわよ」

にこ「はぁ?なんでそ…」

真姫「し・な・い・で・よ?」

にこ「そう!わかったわ!ほら、いくわよ!早く!!死にたいの!?」

パタパタ…

バタン

真姫「…さて、それじゃあじっくりと話をしましょうか?」ニコォ





319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 14:11:53.16 ID:+f6/A/AdO
――――――――――――――

花陽「ジュース買ってきたよ。はい、穂乃果ちゃん喉渇いてるよね?」

穂乃果「うん、ありがとう…ぷはぁ」

凛「立ちっぱなしじゃ疲れるにゃ!ハンカチ敷いたから座って?」

穂乃果「いいの?…じゃあ」スト

にこ「穂乃果この飴あげるわ。イチゴ味」

穂乃果「わぁ…」

花陽「長いね…」

凛「たまにおっきな声が聞こえてくるにゃ…怖い」

にこ「おいしい?」

穂乃果「うん」コロコロ

にこ「そう」ナデナデ

ガチャ

真姫「もう入って…」

にこ「あ」

真姫「……」

にこ「……」ドキドキ

真姫「……入っていいわよ」

にこ「え、ええ…」ホッ





338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:08:33.90 ID:EC0QbEzgo
うみことえりのぞ「……」グス

凛(ほっぺた真っ赤にゃ…)

花陽(痛そう…)

にこ(正座…)

穂乃果「……」

海未「ほ、穂乃果…!すみませんでした!私はなんてことを!」ドゲザ

ことり「ごめんなさい!前に言ったこと全部嘘なのぉ!!嫌ってなんかないのぉ!」ドゲザ

絵里「ごめんなさい!かしこくないことしちゃって傷つけて!ごめんなさいぃ!」ドゲザ

希「すいませんでした!許してください!」ドゲザ


穂乃果「……」

にこ(土下座って実際に初めて見たわ…)

穂乃果「………なんで?」

うみことえりのぞ「え?」

穂乃果「それなら、なんで、あんなこと、したの…」

海未「そ、それは…その、穂乃果の怯えた姿はとても可愛いらしいだろうなと思いまして…それで魔がさしたといいますか…」

ことり「穂乃果ちゃんの泣き顔可愛いから…見たくなっちゃって…」

絵里「わ、私達も…そのあと慰めて穂乃果と仲を深めたりとかも考えたり…」

希「ちゃうねん…ちゃうねんて…絵里ちがな?」

絵里「ちょっと!?」

希「だってぇ…」

真姫「希」ギロ

希「はい…言い訳してごめんなさい…ウチもノリノリでやってましたぁ…」グス





339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:11:23.57 ID:EC0QbEzgo
穂乃果「………なに、それ?」ジワ

海未「穂乃果…?」

穂乃果「……もう、教室行かなきゃね。時間だし」グシグシ

花陽「え?あ、ほんとだ!」

真姫「大丈夫なの?」

穂乃果「うん…お昼ご飯一緒に食べよ?にこちゃん達もいい?」

真姫「…わかったわ」

にこ「も、もちろんよ!」

花陽「で、でも…」チラ

凛「あっちの四人は…」チラ

穂乃果「もう行くね!またあとで!」

ガチャ

バタン

ことり「穂乃果ちゃあん…」グス

海未「あぁ…こんなはずでは…」グス

絵里「もう終わりよ…完全に嫌われたわ…」グス

希「絵里ち…さっきはごめんね?」

絵里「いいのよ…実際私から持ちかけたんだし…私こそ巻き込んでごめんなさい…」

希「ううん…そんなことないよ…」グス

海未「真姫…私達はどうすれば…」グス

真姫「……せいぜい謝れば?それで許すかどうかは穂乃果が決めることよ」

ことり「うぅ…」

真姫「自業自得ね。もう鐘が鳴るからいくわよ」


真姫(さて、穂乃果はどうするのかしら… )





340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:14:09.03 ID:EC0QbEzgo
――――――――――――
SHR後

フミコ「もう大丈夫なの?」

穂乃果「うん!」

ヒデコ「海未もことりもすごい心配してたよ」

穂乃果「ふぅん…」

ミカ「二人と話してないけどどうしたの?ケンカした?」

穂乃果「ケンカとかじゃないよ…うん」

ヒフミ「?」




海未「穂乃果…」

ことり「穂乃果ちゃん…」


穂乃果「……」





341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:15:47.21 ID:EC0QbEzgo
――――――――――――
休み時間

海未「ほ、穂乃果…次は移動教室ですよ?それで、あの…」

ことり「少しだけでいいからお話しを…」

穂乃果「……」ガタッ テクテク



海未ことり「うぅ…」ポロポロ

モブ(え、泣いてる…?)


穂乃果「……」





342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:17:51.19 ID:EC0QbEzgo
――――――――――――
別の休み時間

穂乃果「……あ」


絵里「あ…穂乃果…!」

希「穂乃果ちゃん!あの、ごめ… 」


穂乃果「……」タッタッタッ

絵里「あ…待って!…謝らせてももらえない」グス

希「それだけのことをしたんよウチらは…」グス



穂乃果「……」





343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:21:39.40 ID:EC0QbEzgo
――――――――――――――
昼休み屋上

穂乃果「……」モグモグ

真姫「…やっぱり海未達が気になる?」

穂乃果「そんなこと…」

にこ「…無理して許さなくていいわ。仲が悪いアイドルグループなんてたくさんあるんだし」

凛「でもやっぱりみんな仲良しが一番にゃ…」

花陽「そうだよね…」

穂乃果「……」

真姫「穂乃果の好きにすればいいのよ」

にこ「…でも、そろそろあの扉のとこのいるのうざったいし話ぐらいは聞いてあげたら?」

うみことえりのぞ「……」コソコソ

穂乃果「……」チラ

真姫「…ちょっと!そんなとこ隠れてないでこっち来なさい!というよりそれ隠れてないわよ」

うみことえりのぞ「!……」





344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:39:19.54 ID:EC0QbEzgo
ガチャ

うみことえりのぞ「……」

穂乃果「……」

真姫「……」

ことり「え…と、話したくて…」オロオロ

絵里「邪魔なら帰るから…」オロオロ

希「また放課後にでも…」オロオロ

穂乃果「……」

海未「あの、穂乃果…」オソルオソル

穂乃果「……海未ちゃん、すごく怖かった」

海未「!は、はい…本当に、すびませんでした…」ポロポロ

穂乃果「ことりちゃんのは…本当に、ひどいよ…あんな…」

ことり「ごめんね…ごめんなさい…」ポロポロ

穂乃果「絵里ちゃん、希ちゃん…無視されるのってね、とっても傷つくんだよ…?」

絵里「ごめんね…本当に、ごめんなさい…気が済むまで殴っても構わないわ…」ポロポロ

希「ウチも…穂乃果ちゃんのこと傷つけて、ごめんなさい…」ポロポロ

穂乃果「…反省してる?」

海未「はいぃ…」ポロポロ

穂乃果「……」





穂乃果「………もういいよ」





353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 21:58:20.51 ID:EC0QbEzgo
海未「え…」

穂乃果「許してあげる…」

ことり「ほ、本当に!?」

穂乃果「うん…真姫ちゃんが代わりに怒ってくれたみたいだし…」チラ

真姫「……」フン

穂乃果「でも次こんなことしたら絶交だからね?」

絵里「しない!しないわ!」

希「約束するから!絶対しないから!」

穂乃果「……あと、私もさっき無視みたいなことしたりしてごめんなさい」ペコ

海未「ああ…あ…そんなこと…」ポロポロ

ことり「私達が悪いのに…」ポロポロ

希「天からの使いと違うん…?」ポロポロ

絵里「はらしょー…」ポロポロ

穂乃果「もう…泣き、すぎだよ…」ジワ

ことり「穂乃果ちゃん…抱きしめてもいい…?」ポロポロ

海未「穂乃果に触れたいのです…」ポロポロ

穂乃果「…いいよ」スッ

海未「穂乃果あああああ!!」ダキ

ことり「穂乃果ちゃん!穂乃果ちゃあん!」ダキ

穂乃果「きゃ…ふふ」ポロポロ

絵里「わ、私も!穂乃果に会えなくて寂しかったのぉ!」ダキ

希「穂乃果ちゃん本当にごめぇん!」ダキ

穂乃果「もう…苦しいよぉ…うぁ…うああぁぁ…」ポロポロ

にこ「許しちゃうのね」

凛「穂乃果ちゃんって天使だにゃあ」

花陽「うぅ…よかったぁ」

真姫「もう少しこらしめてもよかったと思うけどね…別にいいけど」

にこ「引き剥がさないの?」

真姫「昼休み終わるぐらいまでならいいんじゃない?お弁当食べましょ」






穂乃果「ひっく…うわああああん!」グスグス

――――――――――――――
数日後


海未「穂乃果!疲れてませんか?もう少し休憩します?」

ことり「これドリンク!水分補給しっかりね!」

絵里「あ!すごい汗かいてるじゃない!タオルよ!」

希「暑いんやない?ウチが扇いであげる!」パタパタ

穂乃果「大丈夫だよ!ありがとう!」フキフキ

海未「そうですか?でもあと5分だけ休憩しましょう!」


真姫「あれから一層に甘くなったわね」

にこ「一番甘いのはあんただけどね」

真姫「え?そう…?」

凛「これはもう駄目にゃ」

花陽「あはは…」

にこ「それにしても穂乃果はあんたにべったりよね…ずるい」

真姫「そ、そんなことないんじゃない?////」クルクル

穂乃果「真姫ちゃん真姫ちゃん!」

真姫「どうしたの?」

穂乃果「今日真姫ちゃん家に泊まりにいってもいい?」

真姫「べ、別にいいわよ////」

穂乃果「やった♪じゃあ今日は一緒に帰ろうね!」

真姫「うん////」


にこ「見てみなさい花陽…海未達のあの悔しそうな顔」

花陽「うわぁ…本当だ」


海未「ギギギ…何故…」

ことり「真姫ちゃんずるいずるいずるい」

絵里「私もお邪魔しちゃ駄目かしら…?」

希「駄目なんじゃないかな…」





360 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 23:14:56.93 ID:EC0QbEzgo
――――――――――――――

海未「真姫…穂乃果に変なことしないでくださいね?」

真姫「もう!しないわよぉ!////」

ことり「真姫ちゃんヘタレだし大丈夫だとは思うけどね」

海未「それはそうですね」

真姫「ぐ!?」

穂乃果「なんの話?」

ことり「真姫ちゃんはヘタレだなぁって」

穂乃果「ふーん?」

海未「では私達はここで」

ことり「じゃあね~また明日」

穂乃果「ばいばーい」

真姫「じゃあね…」フン

穂乃果「私達もいこ!」ギュ

真姫「ええ////」ギュ





364 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 23:30:42.21 ID:EC0QbEzgo
―――――――――――――
真姫家

真姫(今日も一緒にお風呂入っちゃった…////)

穂乃果「そろそろ寝よっか」

真姫「そうね…」

穂乃果「今日も一緒に寝ていい…?」

真姫「いいけど…////」

穂乃果「やった!」

真姫「じゃあ、おやすみ」

穂乃果「おやすみ~」

真姫「……」

穂乃果「……」

真姫「……」

穂乃果「……真姫ちゃん起きてる?」

真姫「…起きてる」

穂乃果「…真姫ちゃん、本当にありがとう」

真姫「聞き飽きたわよ…もう」

穂乃果「お礼したいな…」

真姫「そんなのいいってば…」

穂乃果「なにかしてほしいことない?なんでもするよ?」





370 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/08(火) 23:49:26.21 ID:EC0QbEzgo
真姫「……なんでも////」

穂乃果「うん、なんでも」

真姫「……」

雪穂『ヘタレですね』

ことり『ヘタレだし』

真姫「……」イラ

真姫「…なんでもいいのね?」

穂乃果「うん」

真姫「なんでも…していいのね?」

穂乃果「……ん?うん?」

真姫「……もいい?」

穂乃果「え?なに?」

真姫「キス、してもいい?/////」

穂乃果「……」

真姫「…ごめん!今のな」チュ

穂乃果「…えへへ/////」

真姫「あ…うぇ…?//////」

穂乃果「恥ずかしい…/////」ギュー

真姫「ほ、ほ、穂乃果…/////」

穂乃果「なぁに?/////」

真姫「好き…私と、つ、付き合って/////」ギュ

穂乃果「!うん…私も、大好き…/////」

真姫「ほ、ほんと?/////」

穂乃果「うん…ねぇ、他には?」

真姫「ほ、他?」

穂乃果「他にしたいこと…ないの?////」

真姫「…もっと、キスしたい////」

穂乃果「うん…いいよ////」チュ

真姫「穂乃果…穂乃果ぁ…ん♡」チュ

穂乃果「ん…ふ…♡」チュ





375 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/09(水) 00:19:10.95 ID:G1PbVkbZo
真姫「はぁ…穂乃果…愛してる/////」

穂乃果「…ねぇ真姫ちゃん?/////」

真姫「なに?」

穂乃果「幸せにしてね?」

真姫「当たり前よ…」ギュ

穂乃果「ふふ…もう幸せだぁ…」ギュ

真姫「私も…」

穂乃果「……眠くなってきちゃった」

真姫「寝ましょうか…」

穂乃果「うん…おやすみ…」

真姫「おやすみ…」











お わ り


記事タイトル:

穂乃果「お願いします…嫌いにならないで…」 ②

関連ワード :

高坂穂乃果

ラブライブ!シリーズ

美少女

サイドポニー

髪色(茶)

アイドル

SS




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!