アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

キャラプロフィールまとめ:枢木スザク(コードギアス 反逆のルルーシュ)

キャラプロフィールまとめ:枢木スザク(コードギアス 反逆のルルーシュ)

キャラプロフィールまとめ:枢木スザク(コードギアス 反逆のルルーシュ)

個人データ

誕生日:皇暦2000年7月10日
血液型:O型
星座:かに座
身長:176cm

人物

ルルーシュの親友で、日本の名家・枢木家出身だが絶縁状態である。ルルーシュとは対照的に身体能力が高い体育会系。温厚で真面目な性格で時に天然気味なところもあり、涙脆い。

日本最後の内閣総理大臣・枢木ゲンブの嫡子であり、幼少時は藤堂道場の門下生として藤堂と面識がある。皇神楽耶とは親戚。一人称は普段は“僕”であるが、動揺したり感情が高揚した場合“俺”になる。ブリタニアによる日本侵攻前にルルーシュ、ナナリーと出会い親友となるが、侵攻後に離れ離れとなった。戦後は自ら名誉ブリタニア人となりブリタニア軍に入隊。当初は一等兵だったが、最新鋭KMFであるランスロットの騎士着任に伴い准尉に、そしてユーフェミア(ユフィ)の騎士に選任後は少佐に昇格。KMF操縦技術や身体能力は高い。

7年前、日本をブリタニアの侵攻から守る為に、ブリタニアへの徹底抗戦を唱えていたゲンブを殺害したが、(ルルーシュとナナリーを交渉の道具に使おうとしたゲンブに激怒したとも言われている)その結果敗戦国となった日本の惨状を目の当たりにし、「間違ったやり方で得た結果に意味はない」という考えに至り、結果より過程を重んじるようになる。その為、目的のためには手段を問わず結果を最重視するルルーシュとは相容れず、対立する運命となる。名誉ブリタニア人である為に、軍内では軽視され、アッシュフォード学園では嫌がらせを受け、同じ日本人からは裏切り者と呼ばれながらも、テロ活動などではなく内部から変えていこうという想いを持つ。

正義に殉じて死にたいという願望を抱き、戦闘では常に自分の身を危険に晒そうとし、大胆な行動を取るようになっている。彼の在り方はユーフェミアと出会いや言葉によって救われ変わっていく事となり、その存在は騎士という立場を超えて大切な存在となった。騎士着任後は、彼女の理想に共感、彼女と共に歩む事を決意し、恭順派イレヴン達の希望を象徴する存在ともなっていた。

式根島での戦闘時に、ゼロを道連れにしようと計るがゼロのギアスで「生きろ」と命じられ、以降は自分の命の危機に遭った時に、何があっても生きるための行動を起こすようになる。長らく、それを「呪い」として忌み嫌っていたが、ナイトオブゼロとなって以降は、それを強靭な精神力で押さえ込む事で、自身の潜在能力を極限まで引き出す力に変えており、ラウンズとすら一線を画する圧倒的な戦闘能力を誇るようになる。

イレヴン達からはゼロの仇、日本を売った男として恨まれており、襲われたこともある。対照的に他の植民エリアからはナンバーズの英雄と呼ばれているが、一方では「裏切りの連続で伸し上がった男」、「位にのみ固執する男」等と評されている。
そのため、彼の愛機であるランスロットはある意味「皮肉」

■コードギアス反逆のルルーシュ

テロリストから強奪された毒ガス入りのカプセルを取り戻すために向かった現場でルルーシュと再会。クロヴィス親衛隊からカプセルの本当の中身を知ったルルーシュを殺す命令を受けるが、それを拒否して撃たれてしまう。特別派遣嚮導技術部(特派)に救われ、ランスロットのデヴァイサー(操縦者)に選ばれる。

純血派によってクロヴィス殺害犯に仕立てられ、軍事法廷に護送されるところをゼロに救われ、仲間として誘われるが思想の相違によりこれを拒否。クロヴィス殺害容疑が不問になった後は特派に転属、偶然出会ったユーフェミアと親しくなり、その彼女の口利きでアッシュフォード学園に入学し、紆余曲折の末に生徒会に入会する。

戦場ではナンバーズを区別するというコーネリアの意向により、重宝される立場では無かったが、黒の騎士団とそれに加わった藤堂との戦闘がきっかけで、ユーフェミアによって彼女の選任騎士に選ばれる。

行政特区日本式典の混乱の中で、目の前でゼロに撃たれたユーフェミアが死亡、V.V.と接触してギアスの真相を知らされたことで、ゼロへの復讐のためトウキョウ租界での先陣に乱入。やがて戦線を離脱したゼロを追ってたどり着いた神根島で、ゼロの正体が以前から疑っていたルルーシュである事を暴き、彼の理念、存在すら否定した。


■コードギアス反逆のルルーシュR2

神根島にてゼロ=ルルーシュを捕らえシャルルに差し出したことで、皇帝直属部隊ナイトオブラウンズの一員、「ナイトオブセブン」の地位を得る。

前作では名誉ブリタニア人であるため携帯電話の所持が出来なかったが、今作では所持している。

ナイトオブワンとなってエリア11を領地として得ることを目標に、世界各国での紛争にて多大な功績を挙げ「ブリタニアの白き死神」と畏怖されるようになる。後にエリア11総督に任命されたナナリーの総督補佐として、エリア11に赴任。復活を果たしたゼロの正体をルルーシュではないかと疑い、休学していたアッシュフォード学園に一時復学した。

自ら記憶を取り戻したゼロであることを明かし、ナナリーを守るよう懇願したルルーシュと和解しかけるも、シュナイゼルの介入で行き違いの末再び決別する。その直後の第二次トウキョウ決戦で、紅蓮聖天八極式との対決で命の危険に陥ったことで、かけられたギアスが発動して大量破壊兵器フレイヤを放ち、トウキョウ租界を壊滅寸前にまで追い込んでしまう。その自責の念から今まで自分が出した犠牲に見合った成果を追求しようと考え、「必要なものは結果」と、以前までの信念を放棄することに至る。

早急にナイトオブワンとなるべく、シュナイゼルのクーデター宣言に乗じてシャルル暗殺を決意するが、神根島でシャルルとマリアンヌの計画の全容を知り、ルルーシュと共にシャルルとマリアンヌの計画を阻止。その後ルルーシュと立てた計画「ゼロレクイエム」完遂のため、ブリタニア皇帝となったルルーシュの騎士「ナイトオブゼロ」に任命され、ランスロット・アルビオンを駆り彼に協力する。計画の完遂の為に自らをルルーシュの弱さと敵を排除する「剣」と称する。

シュナイゼルらとの最終決戦でカレンの駆る紅蓮と戦い、激闘の末に相討ちとなりランスロットは爆発、公的には死亡扱いとなった。その後「独裁者」ルルーシュによる旧ブリタニア勢力および黒の騎士団幹部の公開処刑の場で「ゼロ」としてルルーシュを「世界の憎しみの象徴」として涙ながらに討ち、新たなるゼロとして世界を導いていく役目を担うこととなった。


■コードギアス亡国のアキト

ルルーシュを捕えナイトオブセブンになってから、「R2」に至るまでの時期が描かれている。
第2章にて登場。軍師ジュリアス・キングスレイを護衛し、ユーロ・ブリタニア戦線へと赴いた。


■第二次スパロボZ

破界編、再世編で登場。
黒の騎士団ルートではゼロがZEXISに受け入れられたということで戸惑い、その後シャルルが倒れた後に一応捕虜としてプトレマイオス2の独房に入れられた(日本人から酷く恨まれているためにイカルガに置いておくと危険とはゼロと藤堂の談。)が、ルイスのレグナントとグラハムのスサノオが現れた際にスメラギの判断で出撃、ルイスを助けようとする刹那の邪魔をさせないためにグラハムと対峙し(その際に自らを主のいない空っぽの騎士と自嘲した際にグラハムに「ナイトオブゼロ(己の信念を主とする騎士)」と呼ばれている)、その後ダモクレスが放ったフレイアをゼロと共同で無力化している。
その後もしばらくゼロとのわだかまりは消えなかったが、ダブルオーライザーのトランザムバーストによってようやく完全和解する。
全てが終わった後は表向きは行方不明扱いだがゼロとともに平和を影から支えていく道を選んだ。


記事タイトル:

キャラプロフィールまとめ:枢木スザク(コードギアス 反逆のルルーシュ)

関連ワード :

枢木スザク

コードギアス 反逆のルルーシュシリーズ

イケメン

髪色(茶)

櫻井孝宏(声優)

温厚

まじめ




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!