アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

テレビアニメ『アオハライド』内田真礼さん&梶 裕貴さんにインタビュー

「キャラクターと“同じ時間”を過ごしているような感覚」テレビアニメ『アオハライド』内田真礼さん&梶 裕貴さんにインタビュー

テレビアニメ『アオハライド』内田真礼さん&梶 裕貴さんにインタビュー

 咲坂伊緒先生原作の漫画『アオハライド』。主人公・吉岡双葉と、馬渕 洸の関係を描く青春ストーリーだ。

 そんな同作のテレビアニメが、現在放送中! 「アニメイトTV」では、アニメのメインキャストである内田真礼さん(吉岡双葉 役)と梶 裕貴さん(馬渕 洸 役)のおふたりにインタビューを行うことができた。役や芝居に対するおふたりの想いから、少し垣間見えたプライベートな部分まで、じっくり見てもらおう♪

●「アフレコ現場では、自分の中の洸が引っぱり出される感覚がある」(梶さん)

――そもそもおふたりは、『アオハライド』の原作を読んだときどのような印象を持ちましたか?

内田真礼さん(以下、内田):私は、オーディションを受けると決まったときに読ませていただいたんですが、自分のことのようにキュンキュンできる作品だなと思いました。本当に共感ばかりしてましたね。読み始めた瞬間から、まるで自分が双葉になったかのようでした。

――ということは、双葉とは近い部分があったり?

内田:そうですね。例えば、試写会でも言いましたがバッグの中が汚いところとか(笑)。あと、恥ずかしさから自分をすぐに偽ってしまうところや、空回っても「がんばってみよう!」と思えるとこも。そういうシーンを見ると、「あー、わかるなー」と思うんです。作中には3人の女の子(双葉・悠里・修子)が出てきますが、その中でも双葉はすごく自分とリンクするところがありましたね。それもあって余計に、この役を絶対にやりたい!という気持ちが大きかったです。

―― 一方の梶さんは、オーディションよりもだいぶ前から原作を読み続けているとか。

梶 裕貴さん(以下、梶):はい。以前、咲坂先生の『ストロボ・エッジ』と言う作品のドラマCDに参加させていただいたことがあったので、先生のお名前や絵柄は憶えていたんです。で、それからしばらくして本屋に立ち寄ったとき、『アオハライド』のコミックスの表紙を見て。「あ、この絵は!」って、手にとったのが読み始めたキッカケですね。2巻まで発売されていた時期でした。

――読んでみての印象はどうでしたか?

梶:(『ストロボ・エッジ』から)変わらずリアルで、“青春”が漫画の中に詰まっているなと感じました。と同時に、「いつか洸みたいな役をできたらいいな」と思っていましたね。なので、今回洸役でオーディションの話が来たときは、受けられること自体嬉しかったですし、結果として選んでいただけてすごく光栄でした。

――内田さんは双葉に対して「共感した」とおっしゃっていましたが、梶さんは洸に対してどうですか?

梶:僕にももちろん学生時代はあったので、「高校生活を体験した人」としては、全くもって遠い人間ではないと思うんですけど……タイプは違うと思うんです。洸は猫っぽいんですけど、僕はどちらかと言うと犬、みたいな(笑)。だからというだけではないですが、家で練習しててもなかなかしっくりこない部分はありますね。

 ただ、現場に行って真礼ちゃんをはじめ役者さんたちと同じ空間で演じていると、家では「表現できないんじゃないか」と思ってた芝居が自然と出てくるというか、自分の中の洸が引っぱり出される感覚があるんですよ。それはすごく新しい感覚ですし、おもしろいなと毎回思っています。

――演技がより一層磨かれている現場なんですね。ドラマCDで演じたときとアニメのアフレコとでは、演じる上での心境もだいぶ変わってきたのでは?

梶:ドラマCDをやったことで、自分たちの演技を客観的に聴く機会ができましたし、そういう意味ではとても大きかったと思います。

内田:そうですね、私ドラマCDをお風呂場で聴いたんですが、電車の中で双葉と洸の距離が近づくシーンでドキドキして「ひゃあああ!!」(湯船の水面を叩く仕草をしながら)バシャバシャバシャバシャー!ってなっちゃいました(笑)。そのドキドキを体験してからアニメのアフレコに挑めたのは、良かったです。

梶:ただ、心境の変化となると……。毎話毎話がのアフレコが濃密な時間過ぎて「昔のことは思い出せない」という感じになっていますね。思い出がいっぱい、みたいな(笑)。アニメは、キャラクターたちの生活を切り取って描いていますけど、僕らはその生活そのものを一緒に過ごしているような感覚なので。

――例えば、アニメで2日経った描写があったら、おふたりは本当に丸2日間過ごした感覚があると。

内田:本当にそうです。そういう意味でもこの作品はリアルなんですよね。私たちの中で。

●「ボディクリームとボディオイルをダブルで使うようになりました(笑)」(内田さん)

――ではガラッと質問を変えまして。『アオハライド』は、3年越しで再会した双葉と洸の“変化”もキーポイントになっていますが、おふたりが最近変化したことは?

梶:『アオハライド』の収録を、心から楽しめていることですかね。

内田:あー、それわかります!

梶:現場の雰囲気が本当に良いもんね。まあでもその反面、演技に関しては胃が痛いこともあるので(笑)、今は楽しみ半分緊張半分です。洸みたいな役をアニメでやらせていただくことはなかなかなかったので、僕の声優人生において、結構大きなターニングポイントになるんじゃないかなと思っています。

――ターニングポイントに立つ今は、まさに変化の真っ最中でもありますね。では内田さんは?

内田:そうですね……。く、くだらないことでもいいですか?

梶:あははは! むしろそれがいいと思うよ。

内田:(言いづらそうに)あの、最近ボディクリームとボディオイルをダブルで使うようになりました……。

一同:(爆笑)

梶:いやでも、本当はそういうコメントが正解だと思うよ!

内田:いやいやいや! 梶さんのお話と比べると落差がすごいですよね!?

梶:(笑)でもなんで?

内田:もともとボディクリームは塗ってたんですが、それだけじゃあなんか乾燥するなと思って。だからオイルも塗ってより保湿効果を……。疲れて帰ってきた日もがんばって塗ってます。

――良くなってきました?

内田:はい、とても! 足の裏までやわらかくなってきた気がしますね。

梶:女子には大事なことだよね。いやあ~、ネタ持ってるね(笑)。

内田:いやいやそんな……!

――(笑)。あとは、登場人物たちの“一途さ”にちなんで、昔から一途にやり続けていることを知りたいです。

内田:一途かあ……。

――なんでもいいですよ。昔からの趣味でも。

梶:いきなりザックリとしましたね(笑)。うーん…………そう考えると、僕つまらないヤツだなあ(笑)。趣味というものが特に明確にないんですよ。それよりは、いい仕事をする!みたいな方に気持ちが向いてしまうんです。昔からそう。将来はこうなりたいからこうする!がんばる!っていうのでずっと生きてきているので。

――なりたいものへの想いは一途だと。

梶:今はありがたいことに、ある種、第一段階の夢は叶っているので、それをより良いものにするために、という感じですね……って、つまんないっすね(苦笑)。あっ! ボディクリームを~!

一同:(爆笑)

――デジャヴみたいなコメント!

内田:あははは! うそだぁ!!

梶:コメント泥棒(笑)。

内田:もー、盗られましたわー(笑)。

――(笑)。では内田さんはどうでしょう?

内田:私は音楽を聴くことかなあ。昔から音楽が流れてるとテンション上がるんですよ。それに、一人でいることが苦手なので。そういう意味でも、家にいるときはなるべく無音にならないようにしてます。最近はR&Bとかよく聴いてますね。あとは、自分が出てる作品の曲とか!

梶:あ、それわかる!

内田:ですよね! 今だったら『アオハライド』のオープニング曲とエンディング曲を流して、その作品に浸ってます。

――アニメ『アオハライド』は、挿入歌含めどの曲も本当に素敵ですよね。

内田:劇伴でもお気に入りの曲があるんですよ。キャストのみなさんと第1話の上映会をしたんですが、そのときもその話になって……楽しかったなあ。

――視聴者のみなさんにも、いろんな面でこの作品を楽しんでもらえそうですね。では最後に、メッセージをお願いします。

梶:はい。アニメになったことで、原作の良さをよりリアルに伝えられるように、僕らもお芝居をがんばっています。『アオハライド』の原作は少女漫画ですけど、誰もが共感し、キュンとできる青春ストーリーだと思うので、男性の方も、それから学生さんも大人になった方も、是非最後までご覧になってください。よろしくお願いします。

内田:声が入ったり、音がついたり、キャラクターが動いたり。『アオハライド』は、アニメになってよりキュン度がましたかな?と思います。漫画の素敵なところがより強調された形で皆さんの心に刺さるようになりました。アニメのなかで、双葉が洸にときめいてる時間というのを、見てくださってるみなさんと共有できたらすごく素敵なことだなと思います。ぜひこの夏はアオハライドでキュンキュンしてください。よろしくお願いします!

――ありがとうございました!


[取材&文・松本まゆげ]

■テレビアニメ『アオハライド』

【ON AIR】
TOKYO MX:7月7日(月)より 毎週月曜 深夜0:00~
MBS:7月7日(月)より 毎週月曜 深夜2:35~
BS11:7月8日(火)より 毎週火曜 深夜0:30~
TUT:7月19日(土)より 毎週土曜深夜1:53~
※放送日時は変更になる場合があります。

Gya0!:7月8日(火)より 毎週火曜 深夜1:00~
ニコニコ生放送:7月16日(水)より 毎週水曜22:30~
※配信日時は変更になる場合があります。

【STAFF】
原作:咲坂伊緒(集英社「別冊マーガレット」連載)
監督:吉村愛
脚本:金春智子、山田由香、平見 瞠
キャラクターデザイン:井川麗奈
美術監督:金子雄司
美術設定:イノセユキエ
色彩設計:広瀬いづみ
撮影監督:松本幸子
編集:濱宇津妙子
音響監督:長崎行男
音楽:堤博明・大嵜慶子・橋本翔太
アニメーション制作:Production I.G
製作:アニメ「アオハライド」製作委員会

【MUSIC】
[オープニング・テーマ]「世界は恋に落ちている」
CHiCO with HoneyWorks(ミュージックレイン)

[エンディング・テーマ]「ブルー」
フジファブリック(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

[挿入歌]「I will」
Chelsy(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

【CAST】
内田真礼 (吉岡双葉役)
梶 裕貴 (馬渕 洸役)
茅野愛衣(槙田悠里役)
小松未可子(村尾修子役)
KENN(小湊亜耶役)
平川大輔(田中陽一役)ほか

【INTRODUCTION】
青春のすべてが詰まった
"忘れられない時間"を大切に描く物語。

高校1年の終わり、双葉は運命の再開を果たす。
その相手は、中学時代に転校し、
忽然と姿を消してしまっていた初恋の人・田中洸。
その洸が、3年ぶりに双葉の前に現れた。
しかし、洸の名字は「馬渕」に変わり、性格もクールな別人になっていた……。
徐々に明らかになっていく、空白の3年間。
二人の恋は、再び動き出す。


>>http://aoha-anime.com/ (テレビアニメ『アオハライド』公式サイト)
>> https://twitter.com/aoha_anime (テレビアニメ『アオハライド』公式Twitter)【推奨ハッシュタグ:#aoha_anime】

(C)2014 咲坂伊緒/集英社・「アオハライド」製作委員会


記事タイトル:

テレビアニメ『アオハライド』内田真礼さん&梶 裕貴さんにインタビュー

関連ワード :

吉岡双葉

アオハライド

美少女

髪色(茶)

内田真礼(声優)

セミロング

インタビュー




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!