アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』におけるアスカの累積した怒りと悲しみについて

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』でシンジと再会したアスカは「怒りと悲しみの累積」と言ってシンジの居る隔離室のガラスを殴っていますが、彼女の中に累積した怒りと悲しみとは何でしょうか。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』におけるアスカの累積した怒りと悲しみについて

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』でシンジと再会したアスカは「怒りと悲しみの累積」と言ってシンジの居る隔離室のガラスを殴っていますが、彼女の中に累積した怒りと悲しみとは何でしょうか。

「累積」なので、この14年間ずっとため込まれたものです(注:使徒に侵蝕されたアスカがいつ解放されたかは不明ですが便宜上14年間としています)。サードインパクトを起こしたシンジに対する怒りや、失われた人類に対する悲しみとも考えられますが、アスカの口から直接それを示唆する言葉は出てきません。

ヒントはミサトに対するアスカの次のセリフから読み取れます(注:セリフについては記憶を頼りにしているので実際とは表現が異なっている可能性があります)。

「人一人に大げさね!もうそんな事に反応してる暇なんてないのよ!この世界には!そうでしょ?!葛城大佐?!」

ミサトに対して明らかな怒りをぶつけています。この14年間、アスカとミサトは行動を共にしていたと考えられますので、そこに累積のヒントがあります。それでは詳しく見ていきましょう。

ここで「そうでしょ!?葛城大佐?!」と怒りながらミサトに念を押しているところがポイントです。つまり「人ひとりに大げさね。もうそんな事に反応してる暇なんてないのよ。この世界には」というのはアスカの言葉では無くミサトの言葉です。アスカはミサトにずっとそう言われてすごしてきたのです。では「人ひとり」とは誰のことでしょうか。当然、シンジのことです。

衛星軌道上に隔離されたシンジを奪還しようとアスカはミサトにずっと提案してきたと考えられます。そして、そのたびにミサトに言われてきたのでしょう「人ひとりに大げさね。もうそんな事に反応してる暇なんてないのよ。この世界には」と。

それなのに、必要となれば奪還作戦を決行するというミサトの身勝手さ。アスカはミサトに対して怒りを感じるのは当然と言えるでしょう。「艦長」ではなくてわざわざ「大佐」と言っているところにもミサトに対する心情が読み取れます。

次に「悲しみ」とはなんでしょう。

「怒り」と同様、シンジに関することと考えられます。

ここで、14年間に渡って、アスカの中でのシンジのイメージはどのようなものだったのか考えて見ましょう。

「新劇場版:破」のシンジはTV版や旧劇場版と違って、積極的に行動し綾波レイを救うという、成長した姿が描かれています。破のクライマックスで綾波レイを救うところをアスカは見ていませんが、サードインパクトの話と共に聞かされていると考えるのが妥当でしょう。「バカシンジ」とバカにしていたシンジが自分の知らない間に男らしく成長したんだと思っていたはずです。結果としてサードインパクトを起こしてしまったが女の子を救うための男らしい行動なので、それ自体を責めるつもりは無いと想像出来ます。

この辺のアスカの価値観はQの終盤でアスカを攻撃したシンジに対して「女に手を上げるなんて」と言って憤る点からも読み取れます。つまり、アスカにとって男の子とは女の子に対してやさしくて守ってあげる存在でなければいけないのです。世界を捨ててまで女の子を救おうとするシンジはアスカにとって理想の男の子と言えます。

「破」でシンジが救おうとした対象がアスカでは無くてレイであることに「悲しみ」を感じていると考える事も出来ますが、そのことを14年間も悲しみ続けるアスカでも無いように思います。

やはり、ここでいう「悲しみ」とは衛星軌道上に封印されたシンジを助けることが出来ない、助けようとしてもミサトに止められてしまう、その「悲しみ」だと考えられます。

そして、怒りと悲しみの累積の果てに、念願かなってシンジの奪還作戦です。

この奪還作戦でアスカは窮地に陥り思わず叫びます。

「なんとかしなさいよ!バカシンジ!」

その言葉に応える様に覚醒したシンジはアスカを救います。これこそずっとアスカが夢見ていたとおりの、女の子を助ける強くて男らしいシンジです。

次にアスカはサルベージされたシンジに会いに行きます。アスカは自分の感情を素直に表現出来ない性格なので、このときのアスカの心情は推測するしか無いのですが、マリが「その顔を見に行ったんじゃにゃいのぉ?」と冷やかしている点からも喜び勇んで会いに行ったと考えられます。

これがどれほど「喜び勇んだ」行動かというと、シンジがマーク9に奪還されるときにマリは発進準備が出来ているのに、アスカは発進準備が出来ていないことからも読み取れます。つまり、アスカは通常業務を放り出してでもシンジに会いに行ったのです。

また、マリがアスカを「お姫様」と呼ぶのは、この14年間アスカは空に浮かぶシンジに対して「夢見るお姫様」のような状態だったのじゃ無いかと推測されます。つまり、「お姫様=アスカ」が夢見る王子様としてのシンジです。

さて、喜び勇んでシンジに会いに行ったアスカですが、そこに居たのは昔と「何も変わらない、卑屈で馬鹿な顔してた」昔のままのシンジです。

白馬に乗った王子様と言えば言い過ぎですが、アスカが夢見ていたシンジとは違っていたのです。シンジは14年間眠ったままだったので成長していないのはある意味当然なのですが、ことさらに「ガキ」を強調しているのは、成長したシンジに期待していたことの裏返しでしょう。

「抑えきれない。ずうっと我慢してた」のは「怒りと悲しみの累積」に象徴されるシンジへの想いです。だから、その想いが逆転してガラスを殴るという彼女らしい行動に出たのだと思います。

以上、アスカの累積した「怒り」とはシンジを救出しないミサトおよびヴィレに対する怒りで有り、「悲しみ」とは成長したシンジを救えないことに対する悲しみです。そして、「お姫様」たるアスカが夢見た「王子様」シンジに対する幻滅がガラスを殴るという行為になったと思われます。

アスカにしろミサトさんにしろ、シンジのことが好き過ぎますね。

自分としては、人生の半分を終わる世界の中で空を見上げるたびに星になった「王子様=シンジ」に思いを馳せる「お姫様=アスカ」とか想像して、いても立ってもいられないですね。


記事タイトル:

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』におけるアスカの累積した怒りと悲しみについて

関連ワード :

惣流・アスカ・ラングレー

新世紀エヴァンゲリオン

美少女

ツインテール

髪色(茶)

ツンデレ

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!