アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

アイマスSS:真「えっ!?き、キスしたら、入場料無料!?」

アイマスSS:真「えっ!?き、キスしたら、入場料無料!?」

アイマスSS:真「えっ!?き、キスしたら、入場料無料!?」

真「野球観戦、かぁ~…」


真「観るの結構好きなんだよね…」


真「でも、お小遣い厳しいし…」


真「……ん?チラシに続きが…」


真「………!?」


真「か、カップルがキスしたら、入場料無料!?」

事務所


真「……………」


P「ん~…記入作業は眠たくなる…」


真「あ、あ、あの、プ、プロデューサー…」


P「ん?」


真「い、いま、少し話しても大丈夫ですか…?」


P「大丈夫だよ、何?」


真「あ、あの……ですね……」






真「き、…キス……して、欲しいんです…」


P「へぇ~」


P「…………」


P「………………」


P「わっ!???」





4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 13:45:19.77 ID:njZxWDD4O
真「あ、す、すみません!言葉足らずでした!」


P「ほ、本当だよ…焦った…」


P「本当は、どういうことなんだ?」


真「あ、あの、カップルになって、キスしたら、無料になるので」


真「き、キス…して、欲しいんです」


P「ちょっとわからん」





6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 13:50:18.82 ID:njZxWDD4O
まこりん説明終了



P「そんなのがあるんだな…」


真「はい…それで、その…ぜひ、プロデューサーに…き、キス…」


P「ダメだ」


真「えぇっ!!」


P「いや、常識的に考えろよ。アイドルとプロデューサー以前に、そんな仲じゃないだろ?」


真「う、嘘の、嘘のカップルでいいんです!」


真「だから…その…その時だけ、キスを…」


P「お前……そんなにも、野球観戦したいんか」





7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 13:56:08.13 ID:njZxWDD4O
真「えっ………」


真「…………」


真「あ、あぁ!はい!めちゃくちゃ観たいです!命賭けてます!」


P(何か、そういえばそんな目的もあったなみたいな反応だな)


P「しっかしなー…近くにいたから選んだ男に、キスなんて辛いだろー?」


真「そ、そんな!!プロデューサーだから、選んだんですよ!!」


P「女子校だしなぁ…知り合いの男が俺しかいなかったんじゃないのかぁ?」


真「そんな理由なら父さんにしますよ!嫌ですけど!」





8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 14:02:24.30 ID:njZxWDD4O
P「イマイチ信じられん…」


真「じゃ、じゃあ、今、ここで!キスします!」


P「えっ?」


真「何回もキスすれば、プロデューサーだからキスしたいって信じてくれますよね!!」



P「し、信じるけどさぁ…」


真「じゃっ、じゃあ、今すぐ!!ほら!!」グイッ


P「ちょ、まままま!待って!!」


真「ほら、キスしますよ!!」グイグイ


P「だ、ダメぇ!!もう一度よく考えてくれ!!」


真「考えた結果何ですよ!!」グイグイ





9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 14:06:51.04 ID:njZxWDD4O
P「わ、わかりました!信じる!本当に信じる!!」


真「ほ、本当ですか!?」グイグイ


P「だから!!キスはやめてくれ!!」


真「どうせキスするじゃないですか!!なら、練習しときましょうよ!!」グイグイ


P「まだするって言ってないだろ!!」


真「ほら!!今のうちに呼吸して!!」


P「真!!近い!!近い!!」


小鳥「近い!あと少し!!」

3分後



P「な、何とか、貞操は守ったぁ…」


真「むぅ…してくれたって、いいのに…」


P「はぁ…真」


真「はい?」


P「野球、一緒に見に行くか」


真「!?じゃ、じゃあ…」


P「俺が、奢ってやるよ」


真「え、えぇ~~?キスじゃ…」


P「あのなぁ…キスはな、大事な時にとっておくもんだ、わかるか?」


真「ぶー………」


P「今日の夜だろ?ほら、支度するぞ」


真「………プロデューサー」


P「なに?」


真「……」チュッ


P「!?」


真「奢ってくれる分、ですよ」


真「先に、玄関で待ってますね…」


真「へへっ」///




ガチャッ





13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 14:21:55.30 ID:njZxWDD4O
次の日



響「動物園が、リニューアルオープン…」


響「うぎゃー!!行きたいぞ!!」


響「でも、お金が…」


響「うぅ……ん?チラシの続きが……」


響「!?」


響「カップルが、キスしたら入場料無料!?」







おしまい

響「…………………」ドキドキ


P「亜美は、ビジュアルが高いと思うんだがな…」


響「プ、プ、プ、プロデューサー!!」


P「えっ?な、なに?」



響「あ、あのさぁ…動物…好き?」


P「ん?何だその質問……」


P(ま、まさか……)





19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 14:35:55.46 ID:njZxWDD4O
P(こいつ……動物好きの友達がいないから、寂しいんだな…)


P(ここは、のってやるか)


P「うん、大好きさ」


響「ほ、本当!?」


P「あぁ」


響「じゃあ、キスしよう!!」



P「うんうんうんうんうんうん……、はい??」





20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 14:39:00.89 ID:njZxWDD4O
響「って!うぎゃー!早とちりしちゃったぞぉ!!」


P「な、何を早とちりしたか知らんが、心臓に悪いぞ…」ドキドキ


P「本当は何なんだ?」


響「えっと……キスして……動物を……」


P「さっきと内容が変わらんぞ」





21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 14:42:52.63 ID:njZxWDD4O
ひびきん説明終わり



P「ダメです」


響「は、早いぞ!」


P「女の子が、軽々とキスしちゃダメだ」


響「男ならキスしていいのか!?だから、真とはキスしたのか!?」


P「わぁー!!なんで知ってんだ!!」


響「ぴよ子」


P「音無さん!あ、いない!」





24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 14:50:43.87 ID:njZxWDD4O
響「とにかく、動物園に行こうよ!」


響「それと…あと…キ、ス…も…」///


P(くっ、これでは又、動物園を奢る羽目に……)


P「!!そうだ!!響!!」


響「?」


P「貴音と行け!!」


響「え?」


P「今はどんな形の愛だって認識されてんだ!」


P「カップルって言って、貴音とキスの一つや二つ、かましてこい!!」

響「……………へっ」


響「変態プロデューサー!!」


P「えぇ!?何だ!?」


響「女の子同士のキスなんて、変態が考えることだぞ!」


P「そ、そんな事は…」


響「それに…この話を見た時、自分、真っ先に…」


響「プロデューサーと、って思ったんだぞ!!」///


P「!?そ、それって……」


P「キスは異性とするもんって発想しかなかったって事か?」


響「うぎゃーー!!」激おこ





28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 15:01:20.93 ID:njZxWDD4O
響「もう、許さないぞ!!」


響「無理矢理キスしてやるぅ!!」グイッ


P「キャッ!!や、やめろ!響!!」


響「もう遅いもんね!!んー!!」グイグイ


P「くっ….目をつぶってするなんて、何て乙女チック!!」


P「だが、あっち向いてホイ全国大会初戦棄権負けの実力見せてやる!!」ブンッ



響「こ、こらぁ~!!顔を避けて抵抗するなぁ~!!」


小鳥「神妙にするピヨ!」

3分後



響「悔しいぞ……」ハァハァ


P「か、紙一重か…」


響「……あれ?自分達、何してたんだっけ?」


P「はぁ~………全くお前は…」


P「………動物園、行くか」


響「えっ!!じゃ、じゃあ……」///


P「俺が奢るよ」


響「………えぇ~…」


P「えー、じゃない。ほら、行くぞ」


響「うん……あ、プロデューサー、ちょっと屈んで?」


P「なに?」


響「………」チュッ


P「あっ……しまっ……」


響「へへっ、かなさんどー!!」///





35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 15:17:32.83 ID:njZxWDD4O
やよい「新しく、スーパーが出来るんだ…」


やよい「ちょっと、高いかなぁ…」



やよい「あ、チラシに続きがまだ…」


やよい「恋愛…割引…?2割引!?」


やよい「……カップルの人達でも、大丈夫なんだ…」


やよい「えぇ!?キ、キスしたら、卵が無料!?」





今度こそ、おしまい

やよい「………………」



P「パソコンを学び直したいな…」


やよい「ぷ、プロデューサー…」


P「ん?何かな?」


やよい「あの、あの………」


やよい「お、屋上で、ま、待ってます!!」タッタッタ


P「えっ、待っ……」


P「……え?喧嘩売られたのか?俺は?」


P「や、やよいに勝てるかな……」





43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 15:29:44.26 ID:njZxWDD4O
屋上


やよい「わ、わざわざ来てもらって、ありがとうございます…」


P「う、うん…で、何かな?」


やよい「あの…プロデューサー…」


やよい「す、好きです!!か、カップルになって欲しいです!」///


P「うん………」


P「…………」


P「…………」



P「え、ごめん。何が何て?」





45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 15:37:37.76 ID:njZxWDD4O
やよい「あ、あの…もう、恥ずかしくて、言えないです…」///


P(お、落ち着こう……まず、今までのパターンを思い出そう…)


P(た、確か、真は無料目的、響は無料目的……)


P「それだ!!」


P「やよい!!どうせ何かの無料目的だろ!?」


やよい「え?あ、は、はい…」


P「やっぱりな!!畜生!!俺は便利道具か!!飛び降りてやる!!」


やよい「ま、待ってください!!それだけじゃなくて……あの、理由を聞いて欲しいです!!」





49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 15:45:17.70 ID:njZxWDD4O
やよやよ説明終わり



P「カップル2割引に、キスしたら卵無料ねぇ…」


やよい「は、はい…」


P「た、卵は諦めてもらいたいが、カップルの割引なら付き合うぞ?」


やよい「えっ!?じゃ、じゃあ、カップルになって……」///


P「いやいや!!フリだから!な?フリ」


P「フリしとけばいいだろ?わざわざ本当にならなくても」


やよい「だ、ダメです!!」


P「!?」


やよい「嘘つくのはダメです!!」


P「うわぁ~、いい子」





50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 15:52:07.69 ID:njZxWDD4O
やよい「ちゃんと、カップルになって……」


やよい「なって……うぅ」///


P「喋ってる途中で恥ずかしくなるなよ…」


P「う~ん……まぁ、今回は悪いが諦めた方がいい」


やよい「えぇっ!?」


P「仕方ないよ、やよいの正直さを大切を大切にして欲しいし、かといってカップルはいないし…」


やよい「私じゃ…いや、ですか?」


P「いやぁ…そういうわけじゃ…」


やよい「だったら…カップルになって…キス、して欲しいです…」


P「いやぁ…それも」


やよい「プロデューサー!ちゃんと、カップルになるかならないか言って欲しいです!」


P「うぅ~、難しい…哲学タイムだ…」





51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 15:58:13.84 ID:njZxWDD4O
やよい「……じゃあ!一回、試しましょう!!」


P「試すって……え?」


やよい「行きますよ!」グイッ


P「わ、わが!引っ張っちゃダメだろぉ!」



やよい「プロデューサーが、なかなか決めないせいです!」グイグイ


P「ひぃ!?こ、こら!悪い子!!」


やよい「今は、悪い子でいいです!チュー、します!」グイグイ


P「チューって言い換えやがった!ロリ感上げてきやがった!!」


やよい「プロデューサー…んっ!」グイグイ


小鳥「今です!!」





52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 16:03:12.51 ID:njZxWDD4O
3分後



P「ま、まもったぜ…ゴールはよ…」


やよい「うぅ……ごめんなさい、プロデューサー…」


P「人間、興奮したら何するかわからんからな…」


P「……はぁ、仕方ない。やよい、焼き肉行くぞ」


やよい「や、焼き肉…ですか?」


P「割引は諦めてもらうが、変わりに焼き肉奢ってやるよ」


やよい「そ、そんな!悪いですよ!」


P「大丈夫!慣れたんだよ?俺」


やよい「………じゃあ、プロデューサー」


P「屈まないからな」


やよい「えっ」

P「あ、ごめん、ちょっと昔にな…」


やよい「……じゃあ、私の手、見て貰えますか?」


P「手を?」


やよい「はい、どうぞ」スッ


P「うん……見てるぞ」


やよい「もっと近くで見て欲しいです」


P「うん……」グイッ


やよい「プロデューサー?」


P「ん?なに?」


やよい「えいっ」チュッ


P(しまっ…顔を上げた瞬間…)


やよい「えへへ…やっと、出来ましたぁ」///





56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 16:19:47.05 ID:njZxWDD4O
雪歩「こ、この緑茶…」


雪歩「ほ、欲しいなぁ……でも、高いなぁ……」


雪歩「あれ?続きが……」


雪歩「先着10組の…カップル様は…」


雪歩「き、キスをしたら無料で差し上げますぅ!?」









そろそろ終わっていいはず

雪歩「………………」


P「肩こったなぁ~」


雪歩「あの………」


P「霊でも付いてるんだろうか…」


雪歩「その………」


P「……………」


雪歩「あぅ………」グスッ


P「ん?え!?な、何で泣いてんの!?」


雪歩「ぷ、プロデューサーに声かけても返事がなくて…」


P「ご、ごめん!他の事に注意しちゃってて!」


P「用事は何かな?お詫びに、やりたい事があったら聞くよ」





69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 18:54:37.61 ID:Dp2ccYe+O
雪歩「………何でも、ですか?」


P「えっ…その…」


P(まぁ、雪歩なら、亜美真美と違って無茶な事言わないだろう)


P「あぁ、どんと来い!」


雪歩「!!」



雪歩「じゃ、じゃあ!先着だから、早く!」


雪歩「き、キス、して下さい!!」///



P「おおぉ」





70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 19:04:33.72 ID:Dp2ccYe+O
P「ゆ、雪歩、落ち着いて…」


雪歩「は、早くしないと!早くしないと!は、早く!」グイッ


P「ちょ、ちょっと!?あれ?早くないこのパターン?」


雪歩「プロデューサー!早くキスをぉ!!」グイグイ


P「ま、待ってください」


P(何か混乱してるぞ…落ち着かせないと…)


P「な、何で早くキスしないとダメなんだ?」


雪歩「早っ…え?それは、先着10名だから…」


P「何が?」


雪歩「新茶が貰えるのが…」


P「何処で?」


雪歩「専門店で…」


P「じゃあ、事務所でキスしたらそれが貰えるのは何故?」


雪歩「いえ…………その……」


雪歩「………………」


雪歩「………こ、混乱して……早とちりしてました……」///


雪歩「す、すみません…あうぅ……」///


P「落ち着いたか…」






71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 19:12:17.29 ID:Dp2ccYe+O
ゆきぴょん説明終了


P「なるほど!!やっとわかったよ!!」


P「やっと整理出来たよ!!雪歩!!」


P「だから!!穴から!!出てきて!!」






雪歩「うぅぅ……私ったら……プロデューサーにぃ……」///






P「出そうに無いな…」


P「しかし、唯一普通に話せる男が俺しかいないからって、俺にキスだ何て…」


雪歩「!!」


雪歩「そ、そんな理由で選んだんじゃないですぅ!!」ヒョコ


P「おぉ、雪歩叩きだ」





72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 19:24:00.65 ID:Dp2ccYe+O
雪歩「あ、私は、プロデューサーに…プロデューサーになら…」


雪歩「キ、ス……されても……いいって……思ってぇ……」///


P(お、俺なら、キスされてもいい?)


P「……つ、つまり、雪歩は俺を息子のように思ってるって事?」


雪歩「………もう!知りません!」ヒュッ


P「あぁ!穴ん中に戻った!?」


P「ごめん!雪歩!娘と思ってるんだよな!男より女だよな!?」






雪歩「プロデューサー……もう……」


P「娘だろうが息子だろうが、どっちでもいいから帰ってきてくれー!!雪歩ー!!」


雪歩(…何だか、将来の子供の話してるみたい…)///





73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 19:27:40.97 ID:Dp2ccYe+O
P「あ!!そうだ!!雪歩!!その新茶、プレゼントしてやるよぉ!!」


雪歩「えっ…そ、そんな…」


P「雪歩が喜ぶならそれでいい!!あと肺活量やばいから早よ来て!!」


雪歩「………あ、ありがとうございますぅ」ヒョコ


P「ハァハァ…やっと、出たか…」


P「じゃ、早速行くとしようかね」


雪歩「………あの、プロデューサー…」


P「騙されないからな」


雪歩「えっ」





74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 19:32:53.27 ID:Dp2ccYe+O
P「すまん……過去が俺をさ……」


雪歩「は、はぁ…」


P「で、なんだい?」


雪歩「……目に、ゴミが入っちゃって…」


P「なにっ!?だ、大丈夫か?見せてごらん!」


雪歩「ん……」


P「よし、見るぞ…どれど」


雪歩「……」チュッ


P「!!しまっ!!」


雪歩「えへへ…行きましょう、プロデューサー」///







75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/22(火) 19:42:01.05 ID:Dp2ccYe+O
亜美「遊園地に行きたいかー!?」


真美「おー!!」


亜美「亜美も行きたいぞー!!」


真美「真美もー!!」


亜美「でも高いね…入園料…」


真美「ここは、兄ちゃんのお財布殿に頼るしかありませんなぁ!」


亜美「『俺には頼らないのかよ!』って兄ちゃんなら言うね……んん?」


真美「どしたの?」


亜美「チラシに続きが…えっと…」


亜美「カップル割引、でも、もしも入園時にキスをすれば…」


亜美「入園料無料!!!」


真美「!!!」







落ち着いたようなので、おちまい

事務所


亜美「……………」


真美「……………」


P(大人しいな…嵐の前のってやつかな…)


亜美「………兄ちゃん!!ちょっといい!?」


P「嵐もう来た。何だ?」


真美「兄ちゃんって、年の差カップルとか、どう思う?」


P「結婚なら、経済や老後や介護の問題が降り掛かるが…」


P「カップルなら……まぁ、大丈夫じゃないかな?」


亜美「むむ!」


真美「聞き捨てならないことが沢山ありますなぁ!」


P「え?」





87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 08:11:57.21 ID:Nuh2J9U0O
真美「兄ちゃん!カップルだって、結婚するかもなんだよ!?」


亜美「兄ちゃんのその考えじゃ、カップルが結婚しないのが普通みたいじゃん!」


P「そ、そうか…すまん…」


亜美「反省した?」


P「あぁ」


真美「じゃっ、カップルになって!」


亜美「遊園地でチューして無料でデートしよっか!」


P「ちょっと待って、展開がジェットコースター過ぎる」





88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 08:18:54.66 ID:Nuh2J9U0O
あみまみちゃん説明中



P「遊園地の前に、警察行くことになっちまうよそれ…」


真美「何で?兄ちゃん、悪いことしたの?」


P「遊園地の入り口で悪い事するハメになるんだよ…その通りにしたら…」


亜美「カップルって言っちゃえば大丈夫だYO!」


P「中学生ってのを自覚してくれ…」


P「大体、カップルは2人一組だろ」


真美「ぐぅ…兄ちゃん何で1人なの?」


P「俺にアメーバになれと?」


亜美「浮気中って事情話せば…」


P「取調室で事情話すことになるわ」





89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 08:29:09.35 ID:Nuh2J9U0O
真美「じゃあ、カップルはいいよ!でもチューはいいでしょ!」


P「1番ダメな部分です」


真美「先手必勝!行っくよー!?」グイッ


P「わぁ!最近の中学生力、ヤバっ!!」


亜美「あぁ!ずるいよ!亜美も亜美も!」グイグイ


P「ひょえぇ!!ロリのダブルコンビ炸裂!!」


真美「ほらほらぁ!観念するのじゃ~!」グイグイ


亜美「良いではないか~良いではないか~」グイグイ



小鳥「法律の壁なんて、打ち砕くピヨ!」





90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 08:37:07.27 ID:Nuh2J9U0O
3分後


P「大人の力、思い知ったか!」


亜美「そりゃあ、涙目になったらねぇ…罪悪感でパンパンになっちゃうYO…」


真美「大人の涙何て初めて見たYO…」


P「これが、大人の特権だ」グスッ


亜美「もう……兄ちゃんは仕方ないなぁ」


真美「ほら、兄ちゃんが奢ってあげるから、一緒に遊園地に行くよ!」


P「うん……あれ?いつもと逆だけど、金銭的にはいつも通りだ」


真美「………あっ!そうだ!に~~~いちゃん!」


亜美「ちょっとお願いが……」


P「屈まない、目を見ない、手も見ない」


亜美&真美「え、何そのキャッチコピーみたいなの」







91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 08:42:48.92 ID:Nuh2J9U0O
真美「熱中症って、ゆっく~~~り、言ってみて!」


P「はい?」


亜美「ほらほら、座って座って」


P「まぁ…いいけど…えっと……」ストン


P「ね~~~~~ちゅ~~~~しよ~~~~」


亜美&真美「いいよっ!」チュッ


P「あっ!こ、コラっ!」


亜美「兄ちゃんがチューしよって言ったから、兄ちゃんが悪いんだよ~!」


真美「ほら!行こう、兄ちゃん!」


P「まったく……」


亜美「兄ちゃん!」


P「ん?」


亜美&真美「ありがとう!大好きだよ、兄ちゃん!」





92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 08:53:20.06 ID:Nuh2J9U0O
千早「………あ、これ、春香が言ってた…」


千早「……観に行って、みようかしら…」


千早「……でも、私1人じゃ…」


千早「……春香に、付いて来てもらおうかしら…」


千早「………あら?チラシに続きが…」


千早「……え!?チケット売り場にて、カップルでキ、キスをしたら……これが、貰えるですって!?」










閉店ガラガラ、おしまい

事務所


千早「………………」ペラッ


P(千早は読書中か……勉強熱心だな)


千早「…………あの、プロデューサー」


P「ん?なんだい?」


千早「プロデューサーの意見を聞きたいのですが…」


P「良いコメント出来るかわからないけど…いいよ」


千早「あの…文化って、世界に色々あるじゃないですか?」


P「あぁ、一つ一つの場所に、色々とな」

千早「その多種多様な文化…プロデューサーは、一つ一つの文化を理解しようとしますか?」


千早「それとも…理解出来ないものは、理解しないままでしょうか?」


P「そうだなぁ…文化は、出来るだけ大切にしたいと思うし…」


P「何より、違う文化の人と触れ合うならば、出来るだけ理解はしたいと思うよ」


千早「!!」


千早「じゃ、じゃあ!キスして下さい!!」


P「最後どうしたお前」





101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 09:33:30.44 ID:Nuh2J9U0O
千早「あ、そ、そうですね…事情を話して納得してから、キ、キス、ですよね…」


P「キスする前提なのが納得出来ない」


千早「あの…じ、実は、私の家系の文化は……」


千早「な、仲のいい人とは、スキンシップ程度にキスをするんです」///


千早「ほ、本当ですよ」///


P「じゃあ何で顔赤くして言うんだよ……」


千早「こ、この症状も、家系の文化で…!」


P「嘘だろ」


千早「………嘘って、バレ、ちゃいました、か……」


P「態度が隠せないタイプらしいな千早は」

千早「せっかく……勉強したんですけど……」


P「勉強って……文化のか?」


千早「はい……私が、外国人だったら、しやすかったのかもしれませんね…」


P「……な、何で急に、キスだなんて……」



千早「………プロデューサー、『同じ穴の狢(むじな)と女王』って映画、知ってますか?」


P「あぁ……『蟻を~穴の~中に入れ吸うの~よ~』の歌で、ありの巣をテーマにした有名なやつだろ?」



千早「はい……それを、春香に観るように勧められて…」


P「へぇ……あれ?キスする理由は?」


千早「……このチラシ、見て下さい」パラッ





104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 09:58:32.90 ID:Nuh2J9U0O
P「チラシ?……えっと、映画の宣伝と…」


P「チケット売り場にて………か、カップルでキスをしたら、有名メーカーのイヤホンをプレゼント……!?」



千早「…………」///


P「なるほど……これが欲しいからか」


千早「はじめは、それが動機でした…」


千早「でも、あの……今じゃ……」


千早「プロデューサーと、どうやったら、キス出来るかで頭がいっぱいで…」///



P(何でみんな、俺の意見を取り入れようとしないんだろ)





105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 10:08:42.88 ID:Nuh2J9U0O
P「う~む…ま、まぁ、千早は稼いでるんだ、それくらい買えるだろ…」


千早「い、イヤホンだけの為じゃないです!」


千早「私、プロデューサーと一緒に、映画も観たいですし!」グイッ


P「うを、近ぁい」


千早「プロデューサーと一緒にそのイヤホンで音楽を聴きたいですし!」グイグイ


P「う、うん、千早、距離」


千早「ぷ、プロデューサーとなら、キスしても大丈夫ですから、懸命に納得させてからキスしようとしたんですよ!!」グイグイ


P「ま、待とう待とう馬」


千早「物欲しさだけで、キスだなんて、しません!!」ンー


P「なんで今キスしようとしてんだ!」


小鳥「理屈じゃない」





106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 10:17:00.58 ID:Nuh2J9U0O
3分後



千早「わ、私ったら……何で……あんな大胆に……」///


P「はぁ……まぁ、お前の気持ちはわかった。」


P「どうやら、ここは俺が映画代奢って、イヤホンをプレゼントしたら丸く収まるって事だな」


千早「えぇっ!?そ、そんな…悪いです…」



P「慣れたよ、もう。あと、俺も千早と映画観たいし、日頃頑張ってる千早にプレゼントしたかったし」


千早「プロデューサー…」


千早「……じゃ、じゃあ、あの、プレゼントのイヤホンは…」


千早「プロデューサーが、選んでくれませんか……?」


P「え?好きなやつ選んでいいんだぞ?」


千早「……プロデューサーの選んでくれたイヤホンで、聴きたいんです…」///





107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 10:24:05.81 ID:Nuh2J9U0O
P「そうか……なら、千早に似合いそうなイヤホン、選ぶか」


千早「お願いしますね、プロデューサー」


千早「……それと、プロデューサー?ネクタイ、ゆるゆるですよ?」


P「お、おぉ。つい、ゆるゆるになっちゃうんだよな…」


千早「ふふっ、直しますよ」ススッ


P「おっ、ありがとう」


千早「……出来ました」


P「おぉ、上手いな。ありがとな、千早」


千早「……プロデューサー」


P「ん?」


千早「………」チュッ


P「!!?や、やられた…」


千早「私からの……今日と日頃のお礼、です」///





109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 10:39:45.85 ID:Nuh2J9U0O
あずさ「あらあら、ウェディングドレス…」


あずさ「これを着て、運命の人と……」///


あずさ「試着、してみたいわぁ…///」


あずさ「……でも、このお店、相手がいないと、試着出来ないのね……」


あずさ「……プロデューサーさんにお願いして、夫のフリをしてもらおうかしら…」


あずさ「そこから、本当の夫婦に……な、なぁんて……」///


あずさ「………あら?チラシに、続きが….」


あずさ「!!?」


あずさ「し、試着した時に夫婦、カップルがキスをしたら……これをプレゼント!?」










ゲームセット、終わり

あずさ「……………………」


P「小鳥さんのPC待ち受け画面、ひよこのイラストなんだ…」


あずさ「あ、あの~…プロデューサーさん…」


P「あ、あずささん。どうしました?」


あずさ「あの…プロデューサーさんって、スイーツに興味ありませんか?」


P「スイーツですか…コンビニのお菓子を食べるくらいなら」



あずさ「そんなのではなくて…例えば、ケーキ屋とかの、結構お値段のする…」


P「ははは、味覚を満たす為の金何て、ありませんよ」


P「毎度毎度、いろんな人に奢ってしまいましてね…はは…」


あずさ「……よ、よかったら、ご一緒に食べませんか?」


P「え!?いやいや、すみませんが僕、今月もう、ピンチ何ですよ!奢れないし、割り勘も….」


あずさ「いえ、あの…プロデューサーさん、お金を出さなくても大丈夫何です」


P「え?」


あずさ「その……あの、私に、キ、キスを、してもらえれば……」///





116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 13:07:50.47 ID:38hwFCwcO
P「………えっと……」


P「え?それって、あずささんのキスの味がスイーツ味という……」


P「って違ぇよ!何混乱してるんだ!」


あずさ(な、何だか盛り上がってるわ…)


P「あずささん!そんな、いきなり何を言ってるんですか!?」


あずさ「す、すみません、ちょっと早とちりしちゃいまして…あの…」


あずさ「じ、実は、これをしたら、貰えるらしくて…」


P「えっ?これは……う、ウェディングドレス販売のチラシ!?」


P「あずささん!?まさか、ご結婚……」


あずさ「ま、まだしません!気になって、見ただけです!」


あずさ「そ、それより、続きを見て欲しいです!」


P「そ、そうですか…えっと、『ドレス試着をした夫婦、カップルがキスをすれば、ゴージャスセレブプリンをプレゼント』………」


P「な、なぁんだ……これを食べたいから、キスだなんて…」

あずさ「……た、確かに、それも、一割の理由です…」


あずさ「したかった事をするキッカケになったようなものです…でも」


あずさ「私がしたかった事は、ウェディングドレスの試着なんです」


P「あぁ~成る程…あ、でも、これ相手の方がいないと、試着出来ないと明記して…」


あずさ「……わ、私は、プ、プロデューサーさんに、その相手の役をして欲しいです」///


P「えぇ?つ、つまり、夫のフリをしろと?」


あずさ「はい……で、でもプロデューサーさんが…」


あずさ「プロデューサーさんが良ければ……本当の夫役を……」///


P「えっ?それって……」


P「俺が本当に役者になれ、という事ですか?」


あずさ「ち、違います~~!!」





119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 13:28:34.43 ID:38hwFCwcO
P「俺が俳優役者何て、そんな大層な…」


あずさ「ぷ、プロデューサーさん!違いますって!」


あずさ「そ、それに!私がしたかったのはそれだけじゃなくて…」


P「え?それだけじゃないんですか?」




P「……あ!そうか!」


あずさ「わ、わかりましたか?キ、キスって……」


P「結婚相談ですね!!そりゃ、フリの夫役がこんなんだから、せめて本物の夫はしっかりした人を探したいですよね?」


あずさ「…………も、もう!プロデューサーさん!!」グイッ


P「キャア!身長高いあずささんが迫って来た怖いぃ!」


あずさ「わかってもらえないのなら、行動で示します!」グイグイ


P「あわわわわ、あ、あずささん、む、胸ぇ!!」


あずさ「じゃあ…い、行きますよ!」///ンー


P「め、目をつぶった!か、覚悟があるぞこの人は!」


小鳥「凄味もあるピヨ」






121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 13:41:17.58 ID:38hwFCwcO
3分後


あずさ「す、すみません…興奮しちゃって…」


P「ゆる~い人が、暴走するとギャップあるな……」


P「まぁ……その、ゴージャスセレブプリンは、明日、一緒に食べましょう。買っときますから。」


あずさ「えっ、そ、そんな…悪いですよ~…」


P「俺があずささんと一緒に、食べたくなりましたから」


P「さて、行きましょうか」


あずさ「え?もう買いに行くんですか?」


P「いやいや、ドレス試着の方ですよ」


あずさ「え?」


P「夫…….じゃなくて、彼氏の役しますよ。これなら、相手がいるから試着出来ますよね?」


あずさ「は、はい~!ありがとうございます、プロデューサーさん」





122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 13:47:42.07 ID:38hwFCwcO
P「さ、行きましょう。出来るかなぁ…彼氏っぽく…」


あずさ「あの…プロデューサーさん…」


P「……………」


P(ちょっと待て、そろそろ何かパターンが分かって来たぞ)


P(この呼び掛けに応えたら、俺は隙をつかれるはず…)


P(ならば!!)


P「あ、あずささん、すみません、先にちょっと聞いていいですか?」


あずさ「えっ!?あ、は、はい…」


P(よっしゃ!どうじゃ!!)





124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 13:59:27.95 ID:38hwFCwcO
P「えっと…………」


あずさ「…………」


P「…………」


P(わ、話題を考えてなかった…)


P(ど、どうしよ、あずささんがキョトン顔してる…)


P(何か話題…話題…あ!そうだ!)


P「お、お互いにフリをするなら、何かサインを決めときましょう!」


あずさ「さ、サイン…ですか?」


P「アクシデントが発生して、話せない状況になった時に便利かと!」


あずさ「な、なるほど……」


あずさ「じゃ、じゃあ、私、一つ考えたんですが…」


P「おっ、早い!何ですか?」


あずさ「プロデューサーさん、目をつぶってもらえますか?」


P「はい」パチっ


あずさ「んっ……」チュッ


P「あぁ、やっちまった」


あずさ「ふふふっ……キスの合図、です」///



あずさ「それと…色々してもらう、そのお返し、です」///





125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/23(水) 14:07:23.93 ID:38hwFCwcO
美希「あふぅ……もぅ、眠れないの…ムニャムニャ…」


美希「…………ん?手に毛布じゃない感触が……」


美希「………チラシ?」


美希「内容は…おにぎり専門店……!!要チェックなの!」


美希「もうすぐ開店するらしいの……続きは、なになになの……?」


美希「………!!」


美希「カップルが会計時にキスをしたら、いちごババロアも一緒に付く!?」












後は、みんなが想像しよう!おわり

まだまだ続く・・・↓でどうぞ


記事タイトル:

アイマスSS:真「えっ!?き、キスしたら、入場料無料!?」

関連ワード :

菊地真

THE IDOLM@STER

美少女

ショートボブ

髪色(黒)

SS

平田宏美(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!