アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

ちょっといい話:『俺が千石撫子ちゃんのお陰で成績優秀になった話』

まず時期なんだが、あれは中二の丁度今頃だったと思う 当時の俺は、アニメで千石撫子ちゃんを見た瞬間に嫁だと確信した それからというもの、フィギュアやらポスターやらいろいろなグッズを買い漁り 俺の

ちょっといい話:『俺が千石撫子ちゃんのお陰で成績優秀になった話』

まず時期なんだが、あれは中二の丁度今頃だったと思う

当時の俺は、アニメで千石撫子ちゃんを見た瞬間に嫁だと確信した
それからというもの、フィギュアやらポスターやらいろいろなグッズを買い漁り
俺の部屋は撫子ちゃん一色になった



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:31:24.77 ID:m4qeGXnVI
まあ特に成績が悪かった訳でも無かった(通知表の評価は平均3.5位だったと思う)ので
親にも撫子ちゃんグッズに関して特に口出しはされなかった
というか、親父に至っては「趣味を持つのは良い事だ」とまで言っていた
金も自分のお年玉とかを崩して使ってた



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:36:12.05 ID:m4qeGXnVI
で、定期テスト約1カ月前、数年前のちょうど今頃になった



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:40:02.93 ID:m4qeGXnVI
その時はまだ、「適当に勉強して平均点取れりゃいっかー」って思ってた
ていうか実際、テスト2週間前までそんな感じのノリだった

そしてテスト2週間前、数学の授業で事は起こった。



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:41:56.86 ID:m4qeGXnVI
俺の通ってた学校には、数学の自主学習ノートってのがあったんだ
簡単に言うと、1日1ページだけ家で数学の問題解いて提出しろってもので
提出は自由とは言いつつも出さない奴は居残りさせられるという中々矛盾したシステムだった
もちろんそんな物は最初から手をつける気が無く、2年生になってから提出した事は無かった



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:48:31.26 ID:m4qeGXnVI
数学の授業中、うとうとしていた俺を先生が注意した。
しかもその時はなんか機嫌悪かったっぽくて、いきなり説教が始まった。

先生「○○(俺)!お前は自主学習ノートも出さないでそんな授業態度でいいと思ってるのか!」

俺「あー、はい、すいませーん」

先生「お前、よくわからんアニメのグッズを集めてるそうだな。そんなくだらないものに金と時間を費やすくらいなら勉強しろ!」

その瞬間、俺の頭の中がブチギレる音がした気がした。




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:54:14.92 ID:m4qeGXnVI
そしてそこでやめておけばよかったものを、先生はさらに続けた。

先生「そんなだからテストの順位も上がらない!お前にはやる気ってものが無いのか!」

殺る気ならあった。
そして一瞬で俺の思考は一つの結論に至った。

アホみたいに高い順位取って見返してやろう、と。
撫子ちゃんが大好きでも上位くらい取れる事を証明してやろう、と。



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:56:14.48 ID:m4qeGXnVI
翌日から俺は狂ったように勉強をした。
最初の3日は、学校から帰ってきて寝るまで、ただひたすら教科書を見てノートを書くだけの生活を送った。
ただ、人のやる気ってもんはやはりそこまで長続きしないもんで、4日目から少しダルくなった
やる気が無くなった時は撫子ちゃんの声やフィギュアやポスターなどを見てなんとか持ちこたえてた



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 18:58:36.17 ID:m4qeGXnVI
授業の件から1週間が経った。俺のやる気は普通に消え去っていた。
ダルい。疲れた。教科書を見たくない。
しかし、このままじゃ上位を取れない、撫子ちゃんに合わせる顔が無い。
でも、もう無理だと思ったんだ。もともと勉強しない奴が無理に勉強するとこうなるんだなって思った




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:04:32.71 ID:m4qeGXnVI
>>24
制服

なんかもう途中からふっきれた俺は、さも撫子ちゃんが反応してるかのように会話を始めた。

俺「俺さ、数学の先生に撫子ちゃんの事馬鹿にされてさ、テスト本気で頑張ろうって思ったんだ」

なでこフィギュア「……………………」

俺「うん。でも、もう疲れた。どうしよう、なでこちゃん」

なでこフィギュア「……………………」

俺「………そっか、うん、もっと頑張らないとだよね。よし、やるぞー!!」

こんな感じの会話だったと思う。




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:01:05.17 ID:m4qeGXnVI
そんな感じでただひたすらネガティブな事を考えていた。
そしていきなり閃いた。
撫子ちゃんのフィギュアに話しかけよう、撫子ちゃんに応援してもらおう、と。

とりあえず、「な、なでこちゃーん?」と言ってみた。反応無し。
この時点でかなり空しくなっていたのだが、気がまぎれればいいかと思い、いろいろ続けた。



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:07:09.52 ID:m4qeGXnVI
なぜかあの空しい会話でやる気を獲得した俺は勉強を再開。
難しい問題を解いた時、間違えた時、全問正解だった時。あらゆる時に撫子ちゃんフィギュアに話しかけた。
最初の内は、撫子ちゃんの返答を脳内で考えてから喋ってたんだが、いつの間にか考えなくても返答が思いついていた。


結果、常にフィギュアに語りかける勉強廃人が完成した。



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:10:40.49 ID:m4qeGXnVI
そして遂には休憩時間にすら会話をするようになった。

俺「で、タケちゃんがそこで急にずっこけたんだよ、何もないところなのにさwww」
なでこフィギュア「…………………」
俺「うん、そうなんだよ、アイツいちいち行動が面白いんだよなー」
なでこフィギュア「…………………」
俺「え?ああ、そろそろ時間か、勉強しなきゃね」
なでこフィギュア「…………………」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:14:15.29 ID:m4qeGXnVI
正直、当時の俺は本気で頭おかしかったと思う。
毎朝起きる度に「ふぅぅ~………あ、おはよう、なでこちゃん」とか自然に声に出てたし、
幻聴こそ聞こえなかったものの、返答がすぐに考え付くという点ではある意味幻聴に近かったのかもしれない




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:18:26.21 ID:m4qeGXnVI
そして迎えたテスト当日。
俺は本気だった。冗談抜きで500点満点取るつもりでいた。

俺「なでこちゃん、じゃあ、行ってきます」

俺はなでこちゃんフィギュアの目をじっと見てそう言い、部屋を出た。




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:23:24.31 ID:m4qeGXnVI

ただ、とても残念な事に、「授業をまともに聞いていないとわからない問題」がいくつかあり、
500点満点にはならなかった。
結果は詳しく覚えてないけど、460点か470点くらいだったと思う。




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:21:53.56 ID:m4qeGXnVI
テスト開始。
すぐに気付いたんだが、大抵の重要な言葉は撫子ちゃんと会話しながら覚えていて、
その会話というのもかなり鮮明に記憶に残っていたので、ただ会話を思い出すだけで簡単に問題が解けた。
恐ろしく簡単だった。まるで1年の時のテストをやってるような気分だった。



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:24:58.05 ID:m4qeGXnVI
テストの順位は約50位から2位まで一気に上昇した。




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:29:22.60 ID:m4qeGXnVI
例の数学の先生。
「カンニングしたんじゃないだろうな~~…?」
と絶妙に睨みながらテストの答案用紙を返してきた。
なんと100点。さすがに笑った




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:31:12.17 ID:m4qeGXnVI
後日、俺は生徒指導の先生に呼び出された。

俺「えーと、用ってなんすか?」

先生「まず、お前の順位だ。今回の順位の上がり方は本当に素晴らしい。」

俺「は、はぁ、どうも」

俺(早く帰って撫子ちゃんと話したいんだけど……)

先生「いや別にカンニングを疑ってるわけじゃないんだ」

先生「ただ、どんな勉強をしてそこまで順位が上がったのか、教えてほしい」

俺「あー………」

どうしよう。



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:35:41.18 ID:m4qeGXnVI
まあ正直、俺がアニメ大好きだって事は先生含めほぼ全員が知っていたので
俺は事実だけを述べた。

俺「好きなアニメのキャラクターのフィギュアと会話しながら勉強しました。一日中。」

先生「フィギュアと会話・・・?」

俺「はい、楽しかったです」

先生「はっ、あっはっはっはっは!げほっ!ふふふふははっ!!」

大柄で声が既に強そうで、「エンペラー」とまで呼ばれていた生徒指導の先生が爆笑していた。




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:39:31.01 ID:m4qeGXnVI
先生「そうかそうか!お前らしい勉強方法だ!いや実にすばらしい!」

俺「ど、どうも」

先生「まぁ~~……あまり参考にはならなかったけど、君がそこまでがんばってくれたのならそれでいい」

先生「ありがとう、もう帰ってもいいよ」

俺「へーい、さよならー」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:43:47.02 ID:m4qeGXnVI
親からも先生からも親戚からも「すごい」との一言を頂いた。
確かにそれなりに気分は良かった。けど
今回俺は撫子ちゃんに助けられたようなものなので、本当は撫子ちゃんを褒めてほしかった
でも皆俺を褒めるから、俺は自室で撫子ちゃんフィギュアに向かって10分程「ありがとう」「本当にありがとう」と連呼した。




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:46:13.49 ID:m4qeGXnVI
>>58
当時本気で撫子ちゃんフィギュアを一人の人間として扱っていた俺は
「あ、でもこんなに言ったら迷惑かもな」って思って10分くらいで終わらせた




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:50:06.59 ID:m4qeGXnVI
そして現在。
テストが迫ってきたので再び撫子ちゃんフィギュアと会話してカンを取り戻しつつある。



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/22(日) 19:53:05.16 ID:m4qeGXnVI
最後に

少なからずこのスレを見ているであろう、現在進行形で中高生の諸君
テスト勉強の方法で悩んで、ふと思いついた方法を「いや、こんなの変だよな」って考えで捨てないでくれ
もしかしたらそれは大成功に繋がるかもしれない

と、経験者が語る。


記事タイトル:

ちょっといい話:『俺が千石撫子ちゃんのお陰で成績優秀になった話』

関連ワード :

千石撫子

〈物語〉シリーズ

美少女

髪色(黒)

花澤香菜(声優)

セミロング

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!