アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

使用銃器からキャラに迫る!『フルメタル・パニック!』相良宗介編【あにぶ】

前回、前々回では『攻殻機動隊』の大人な専門家(プロフェッショナル)たちの使用銃器について紹介した。

使用銃器からキャラに迫る!『フルメタル・パニック!』相良宗介編【あにぶ】

前回、前々回では『攻殻機動隊』の大人な専門家(プロフェッショナル)たちの使用銃器について紹介した。
今回は同じ“プロ”でも「プロの大人」ではなく、「プロの高校生」である『フルメタル・パニック!』の主人公・相良宗介の使用銃器について見ていこう。

使用銃器一覧

●グロック 26
グロック社が開発したポリマーフレーム・オートの代名詞的存在『グロック 17』のサブコンパクトモデル(小型版)。
日常的に隠し持てるほどの持ち運びやすさと、小さい割に多めの装弾数が特徴。軍や警察の関係者にも重宝されている信頼性の高い携帯用拳銃。
劇中多くの場面で宗介が携帯しているトレードマーク的な銃である。

●ベネリ M3
ベネリ社が開発したショットガン。セミオートとポンプアクションの両方に切り替えられる散弾銃の一つで、数多くのSWATチームで採用されている。
狩猟用にも使われているため、日本で所持できるショットガンでもある。

●ステアー TMP
ステアー社の開発したサブマシンガン。警察・軍隊向けの短機関銃で、比較的安価ながら軽量かつ低反動。

プロよりもプロらしい?

相良宗介というキャラクターは、日本の女子高校生・千鳥かなめと共に都立陣代高校へ通ってはいるが、それは“任務”として彼女を護衛するため。
実際はどこの国にも属さない秘密軍事組織・ミスリルの一兵士であり、戦場育ちな根っからのプロフェッショナルだ。そのため融通がきかず、日本の平和な生活にイマイチ馴染めてないのだが……(笑)
なんにしろ、使用する銃器も信頼性重視で実績があるものをチョイスしている。

特に、半ばトレードマークとも化している『グロック 26』は、タフさと携帯性を併せ持っていて、いかにもプロらしい彼の性格が垣間見える。
……逆にプロらしすぎて味気ないとも言えるが(笑)

また、彼は作中に登場する巨大ロボット・AS(アームスレイブ)に搭乗する際はAS用ショットガンを愛用して装備しているが、生身の状態でも同じショットガンである『ベネリ M3』を好んで使用しているようだ。
その証拠に、独自に開発したパワードスーツ『ボン太くん』を装着している時でも『ベネリ M3』を使用するシーンがある。

堅実な中にも、ほのかな愛着。
『グロック 26』と『ベネリ M3』というチョイスには、彼のプロらしさと人間臭さの両面がうかがえる。

© 賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners

関連リンク

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

使用銃器からキャラに迫る!『フルメタル・パニック!』相良宗介編【あにぶ】

関連ワード :

相良宗介

フルメタル・パニック!シリーズ

イケメン

髪色(黒)

主人公

関智一(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!