アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

桜田麻音[さくらだまおん](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

桜田麻音[さくらだまおん](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

桜田麻音[さくらだまおん](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

概要

CV:儀武ゆう子

岡崎のりえの親友。
楓の撮った写真を気に入ったことがきっかけで友達となった。
ちなみに、本人達は忘れているが楓・かおる・のりえとは幼少時に一度会っている。
大崎下島の出身で、両親は旅館を営んでいる。
いつもは町のアパートで一人暮らしをしている。

のりえとは正反対な性格で、おっとりしていて、少し口下手。堂郷先生からもっとしゃべるようにと言われたことがある。
感情を言葉ではなく口笛で表現するのが癖。この口笛はのりえにしか翻訳出来ない。
独特な笑いのツボを持っているのか、堂郷先生のオヤジギャグを面白いと思っており、実際に笑っている。
また、目移りしやすい性格でもあり、将来の夢はすぐに変わっている。
一時期お笑い芸人になりたいと思っていたことも。

周囲が将来について考える中、朗読劇をやってみたいと思うようになる。
上手くいかず悩むものの、自身の努力と周囲の協力によって、あこがれの場所であるおとめ座で大勢の聴衆の前で自作の朗読劇を披露し、見事に読み切った。
最終話でも朗読劇を披露し、なかなかの評判だった。

容姿

髪型は肩まで届くロングヘアーで黒髪。
制服の時にはカーディガンを常に着用している。

両親にまつわる話

劇中での名前は明らかになっていないが、父親と母親の中の人のキャスティングが判明した際には大きな話題となった。麻音の中の人・儀武ゆう子があの作品のファンだったという事を思い出した佐藤順一監督が両者へオファーを掛け実現したとの事。
「色々あったあの二人が遂に結ばれて娘にも恵まれた…!」
と感慨に浸ったファンも多かったのではないだろうか。

たまゆらとは?

瀬戸内の広島県竹原市を主な舞台として、写真好きの女子高校生である沢渡楓とその友達が、それぞれのまだおぼろげな「夢」を追いかける物語。なお本作は佐藤順一を始め、『ARIA』のスタッフが中心となって製作されている。
OVA『たまゆら』が2010年11月26日と12月23日に全2巻の全4話で発売された。キャッチコピーは「いつか想い出になっていく、だけど消えたりしないよ、ずっとね。」。ストーリーは、テレビアニメ第1期の第1話と第2話の中間に位置する。パッケージ版の発売に先駆けて、AT-Xやアニメワンでも先行放送・配信されている。なお、パッケージ版には先行放送にあった偶数話のオープニングとアバンタイトル、および奇数話のエンディングはなく、先行放送奇数話をAパート、同偶数話がBパートとして構成され、間にアイキャッチが挿入される。
テレビアニメ第1期が『たまゆら 〜hitotose〜』(たまゆら ひととせ)のタイトルで2011年10月から12月まで全12話で放送された。キャッチコピーは「待っていてくれるのは、暖かな笑顔と、おかえりなさい。」。AT-X・tvk・TOKYO MX放送分のみ、提供読みは本作の主要キャラクターが担当している[注 2] [注 3]。また、終了時の提供画面にはENDのテロップが入っており、事実上これがエンドカードとなっている。DVD&BD第7巻にはテレビシリーズ時未放送[注 4]の第5.5話が収録された。
2012年3月7日にNHKの報道番組『クローズアップ現代』で、アニメの聖地巡礼の特集を放送した際(題は「激変 アニメ産業 聖地巡礼の謎」)、この作品が取り上げられ[1]、番組冒頭のタイトルコールとして使用された。
2012年3月25日に東劇で行われたイベントにおいてアニメーション第2期の製作が発表され[2]、2013年4月14日に東京ドームシティホールで行われたイベントにおいてタイトルが『たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜』となることが発表された。2013年7月から9月まで全12話で放送された。キャッチコピーは「あなたの笑顔が一番のありがとうなので」。こちらは提供画面とエンドカードが別々になっている。2014年6月7日には第2期のOVAが発売。
随所に瀬戸内や竹原の実在する場所が登場するが、主人公たちの通う高校は「竹原南高校」[注 5]という架空の高校となっている。

声優:儀武ゆう子(ぎぶゆうこ)

以前はエーエス企画、ホーリーピーク、元氣プロジェクトに所属していた。2005年1月にアニメ情報番組『Club AT-X』にてリポーターとしてテレビ出演。その後同年4月よりテレビアニメ『こいこい7』にてメインキャラの役を抜擢され一部で人気を博す。同年7月には同作品で共演した二宮圭美(現在は声優業引退)と声優ユニットBooNo(ブーノ)を結成したが、2007年12月31日に解散した。
BooNoが解散してパートナーを失った2008年は自分1人でどこまでやれるかと決意を新たにし、ブログ更新を中断した。2009年に1年ぶりにブログを更新し、その年の目標に「ブログを多く更新したい」を挙げた。
『Club AT-X』初出演(#62)での自己紹介によると、好きな食べ物はカレー。好きなアニメ『YAWARA!』、『らんま1/2』。「シーサーに似てるとよく言われる」とのこと。親交の深い人物は、声優ではかかずゆみ、伊藤亜矢子、白石涼子、矢作紗友里、大浦冬華、釘宮理恵、宮崎羽衣、堀江由衣、福井裕佳梨、緒方恵美などがおり、声優以外では佐藤順一・恭野夫妻、音楽ユニットmarbleと非常に親交が深い。
2014年3月2日、記者会見を開き結婚を発表した[4]。

エピソード

18歳の頃に沖縄から上京。声優として活動する以前は、イベントのMCや地方ケーブルテレビのリポーターなどの仕事をしていた。現在もその経験を生かして、アニメの特別番組のリポーターやイベントのMCを担当することがある。
生年については長らく不明だったが、朝青龍と同い年と言った事[5]や「かかずチャレンジ」(#220/2008年1月29日)で27歳[6]になったことで1981年生まれであることが判明[7]。
幼少の頃からよく喋る性格のためか、近所では“口から生まれた”と称され、小学生の頃職員室では“スピーカー”とも呼ばれていた。小さい頃は、魔界から王子様がやって来て、自分をお嫁さんにしてくれると信じて待っていたという。それなりの年になると「魔界から王子様は来ないな」と悟る。しかし、それでも諦めきれず、王子様が迎えに来て魔界のお姫様(なぜか魔界にこだわる)になるには、声優になるしかないと思い声優になったという。
出身校は与那原東小、与那原中、知念高校。同高校を選んだのは当時放送部が華やかだったから(広報『よなばる』No.414より)。高校生の頃は放送部に属し、2年生以降はNHK杯全国高校放送コンテスト、九州高校放送コンテストそれぞれの県大会にて毎年アナウンス部門で優勝、全国大会では5位に入賞した。
放送部の活動でテレビやラジオの番組作りにも携わり制作の楽しさを知り、高校2年生の時から戦隊ヒーローものの子供ショーの司会や与那原まつりのアナウンスも担当していた。高校卒業後すぐに上京するが、最初のうちは声優にはほど遠い毎日で企業の事務や飲食店のアルバイトをしていた。声優になる前は飲食店に就職していたこともある(『超輝け!大和魂!!』#102より)。
あだ名「ボブ」は、『こいこい7』で共演した伊藤亜矢子が名付けたものである(由来は不明)。また、「ギブユウ」、「ギブちゃん」とも呼ばれることがある。その他、『青い花 〜Sweet Blue Radio〜』では高部あいから「ギブリン」と呼ばれており、その後、『うみものらじお〜あいしてる!〜』にゲスト出演した際にも阿澄佳奈やリスナーから「ギブリン」と呼ばれるなど、徐々に定着しつつある。また、『たまゆら』ではもともと竹達彩奈が「あやち」、井口裕香が「ゆかち」と呼ばれているためかメイン4人の愛称に「ち」を絡めて統一することとなり、儀武は「チギブ」と呼ばれることとなった(この愛称自体は、以前から使われていたものの一つではあった)。
『風雨来記2』の出演とともに、同作スタッフたちの方言指導もしている。その後、奄美大島が舞台となる『うみものがたり 〜あなたがいてくれたコト〜』でも、鈴木役などで出演するとともに、方言指導を担当している[8]。
BooNo解散後も二宮との交流は続けており[9]、2013年2月7日の本気!アニラブでは二宮をゲストに呼んでいる。『たまゆら』では元々レギュラー出演の予定ではなかったため、わざわざ竹原まで取材旅行に行った佐藤順一を追いかけ、その場で出演を懇願しており、その道中がたまゆら公式サイトで「たけはらんど」として公開された。
『たまゆら〜hitotose〜』の第4話に出てくる桜田麻音による落書きは、儀武が子供の頃に実家の柱に描いたものがそのまま使われており[10]、そのためこの回のエンディングテロップには原画で儀武の名前がクレジットされている。


記事タイトル:

桜田麻音[さくらだまおん](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

関連ワード :

桜田麻音

たまゆらシリーズ

美少女

ロングストレート

前髪パッツン

髪色(黒)

儀武ゆう子(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!