アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

塙かおる[はなわかおる](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

塙かおる[はなわかおる](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

塙かおる[はなわかおる](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

概要

担当声優は阿澄佳奈。

沢渡楓の幼少時の幼馴染み。塙さよみの妹。
栗色の髪で、髪型は赤いリボンにてポニーテールに結えている。

普段から様々な匂いを嗅ぐのが好きな、自称「匂いフェチ」。
趣味はポプリ作りで、様々なポプリを自作して持っている。
ちょっと特別なところに出かける時は、思い出に香りを添えるため、新しいポプリを作って持っていく。
口癖は、「合格」。

気さくな性格で色々と危なかっしい沢渡楓をいつも心配して見守っているが、たまにいたずら心が芽生えてからかったりもする。

沢渡楓には「かおちゃん」、岡崎のりえには「かおたん」と呼ばれているが、本人は「かおたん」という愛称は嫌がり、「かおたんゆーな」と言い返す。

来歴

竹原に帰ってきた沢渡楓を駅で暖かく迎え入れ、主に岡崎のりえ・桜田麻音と共に4人で日々を楽しく過ごしている。

幼少時に岡崎のりえと共に、大崎下島にある桜田麻音の実家に泊まったことがあり、歴史の見える丘公園に岡崎のりえに引きずられて行った際、沢渡楓・桜田麻音と出会っていたが、お互い相手を覚えていなかったらしい。

沢渡楓が戻ってきた年の大事な憧憬の路に向けて、願掛けにてるてる坊主まで作ったが、その甲斐なく雨が降ってきてしまう。
中止の可能性に悔しさを隠し切れず愚痴をこぼすものの、無事に雨は上がって皆で憧憬の路を楽しむことができた。

周囲が将来への夢を形作っていく中、自分自身の夢が何なのかを見つけられず苦悩する時期もあったが、さよみや楓達のやさしさと支えのおかげで触れ吹っ切ることが出来た。
最終的にはポプリ作りを続けていくとのこと。

ラジオドラマによる設定

岡崎のりえとも幼馴染み。甘いものには目がなく、出されると基本的に自制がきかず、食べてしまう。
小学生の頃、岡崎のりえの家で出されるお菓子を食べ過ぎて、ふっくらしていた過去がある。のりえ曰くとてもかわいかったらしい。

たまゆらとは?

瀬戸内の広島県竹原市を主な舞台として、写真好きの女子高校生である沢渡楓とその友達が、それぞれのまだおぼろげな「夢」を追いかける物語。なお本作は佐藤順一を始め、『ARIA』のスタッフが中心となって製作されている。
OVA『たまゆら』が2010年11月26日と12月23日に全2巻の全4話で発売された。キャッチコピーは「いつか想い出になっていく、だけど消えたりしないよ、ずっとね。」。ストーリーは、テレビアニメ第1期の第1話と第2話の中間に位置する。パッケージ版の発売に先駆けて、AT-Xやアニメワンでも先行放送・配信されている。なお、パッケージ版には先行放送にあった偶数話のオープニングとアバンタイトル、および奇数話のエンディングはなく、先行放送奇数話をAパート、同偶数話がBパートとして構成され、間にアイキャッチが挿入される。
テレビアニメ第1期が『たまゆら 〜hitotose〜』(たまゆら ひととせ)のタイトルで2011年10月から12月まで全12話で放送された。キャッチコピーは「待っていてくれるのは、暖かな笑顔と、おかえりなさい。」。AT-X・tvk・TOKYO MX放送分のみ、提供読みは本作の主要キャラクターが担当している[注 2] [注 3]。また、終了時の提供画面にはENDのテロップが入っており、事実上これがエンドカードとなっている。DVD&BD第7巻にはテレビシリーズ時未放送[注 4]の第5.5話が収録された。
2012年3月7日にNHKの報道番組『クローズアップ現代』で、アニメの聖地巡礼の特集を放送した際(題は「激変 アニメ産業 聖地巡礼の謎」)、この作品が取り上げられ[1]、番組冒頭のタイトルコールとして使用された。
2012年3月25日に東劇で行われたイベントにおいてアニメーション第2期の製作が発表され[2]、2013年4月14日に東京ドームシティホールで行われたイベントにおいてタイトルが『たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜』となることが発表された。2013年7月から9月まで全12話で放送された。キャッチコピーは「あなたの笑顔が一番のありがとうなので」。こちらは提供画面とエンドカードが別々になっている。2014年6月7日には第2期のOVAが発売。
随所に瀬戸内や竹原の実在する場所が登場するが、主人公たちの通う高校は「竹原南高校」[注 5]という架空の高校となっている。

声優:阿澄佳奈(あすみかな)

経歴

小学生の時に運動会の映像を見た際、初めて聴いた自身の声にショックを受け、声にコンプレックスを抱く。その後、中学生となり、声優がパーソナリティを務めるラジオ番組を聴き始め、声優なら自身の声を活かせるのではないかと感じ、声優という職業に興味を抱き始める。
高校生の時に福岡県の女性声優志望者からなるユニット『小梅伍』の2代目メンバーのオーディションを受け、合格。1999年3月から2代目メンバー、2001年4月から4代目メンバーとして、KBCラジオのラジオ番組『平成アニメっ娘倶楽部』などで活動する。
『小梅伍』活動終了後、短大入学を機に上京。幼稚園教諭二種免許と保育士資格を取得し、1年程実務経験を積むが、声優になるために離職。派遣社員、アルバイトなどをして過ごす。
2004年10月、同姓同名の女優である原田佳奈との混同を避けるため、阿澄佳奈に改名。
2005年2月、ゲーム『クロスワールド 〜見知らぬ空のエターティア〜』のキャラクター(パティ・アーリア)のオーディションを受け、合格。ラジオ番組『クロスワールドレイディオ』のパーソナリティを務め、井口裕香、徳永愛と共に声優ユニット『CW/3(くろわっさん)』を結成。同年5月5日、亀岡真美と共に声優ユニット『G.G.F.』に加入(2006年3月18日、卒業コンサートをもって解散)。
2006年4月1日、ボイスアンドハート所属となる。
2007年1月、『ひだまりスケッチ』でテレビアニメ初の主役およびレギュラー出演を果たし、『ひだまりラジオ』で初の単独パーソナリティを務める。
2008年1月7日、81プロデュースへ移籍。
2009年3月7日、第3回声優アワードにて新人女優賞を受賞[3]。
2010年7月27日、片岡あづさ、原紗友里と共に声優ユニット『LISP』を結成し、同年10月27日、デビュー(2011年7月31日、SHIBUYA-AXで行われたライブをもって活動を休止)。
2012年10月12日、松来未祐、大坪由佳と共に歌った、テレビアニメ『這いよれ! ニャル子さん』のオープニングテーマ『太陽曰く燃えよカオス』が、第17回アニメーション神戸にて主題歌賞(ラジオ関西賞)を受賞。
2013年3月2日、第7回声優アワードにて主演女優賞を受賞。また、松来未祐、大坪由佳と共に声優ユニット『後ろから這いより隊G』のメンバーとして歌唱賞を受賞[4]。
2014年1月15日、自身のブログにて入籍を報告[5]。


記事タイトル:

塙かおる[はなわかおる](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

関連ワード :

塙かおる

たまゆらシリーズ

美少女

ポニーテール

髪色(茶)

写真

阿澄佳奈(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!