アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

三谷かなえ[みたにかなえ](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

三谷かなえ[みたにかなえ](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

三谷かなえ[みたにかなえ](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

概要

CV:茅野愛衣。

『たまゆら』シリーズで『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』より登場したキャラ。
沢渡楓と同じ高校に通っている。楓より一つ学年が上の先輩であり、三年生。
愛用のカメラはペンタックスQ。

たまゆらとは?

瀬戸内の広島県竹原市を主な舞台として、写真好きの女子高校生である沢渡楓とその友達が、それぞれのまだおぼろげな「夢」を追いかける物語。なお本作は佐藤順一を始め、『ARIA』のスタッフが中心となって製作されている。
OVA『たまゆら』が2010年11月26日と12月23日に全2巻の全4話で発売された。キャッチコピーは「いつか想い出になっていく、だけど消えたりしないよ、ずっとね。」。ストーリーは、テレビアニメ第1期の第1話と第2話の中間に位置する。パッケージ版の発売に先駆けて、AT-Xやアニメワンでも先行放送・配信されている。なお、パッケージ版には先行放送にあった偶数話のオープニングとアバンタイトル、および奇数話のエンディングはなく、先行放送奇数話をAパート、同偶数話がBパートとして構成され、間にアイキャッチが挿入される。
テレビアニメ第1期が『たまゆら 〜hitotose〜』(たまゆら ひととせ)のタイトルで2011年10月から12月まで全12話で放送された。キャッチコピーは「待っていてくれるのは、暖かな笑顔と、おかえりなさい。」。AT-X・tvk・TOKYO MX放送分のみ、提供読みは本作の主要キャラクターが担当している[注 2] [注 3]。また、終了時の提供画面にはENDのテロップが入っており、事実上これがエンドカードとなっている。DVD&BD第7巻にはテレビシリーズ時未放送[注 4]の第5.5話が収録された。
2012年3月7日にNHKの報道番組『クローズアップ現代』で、アニメの聖地巡礼の特集を放送した際(題は「激変 アニメ産業 聖地巡礼の謎」)、この作品が取り上げられ[1]、番組冒頭のタイトルコールとして使用された。
2012年3月25日に東劇で行われたイベントにおいてアニメーション第2期の製作が発表され[2]、2013年4月14日に東京ドームシティホールで行われたイベントにおいてタイトルが『たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜』となることが発表された。2013年7月から9月まで全12話で放送された。キャッチコピーは「あなたの笑顔が一番のありがとうなので」。こちらは提供画面とエンドカードが別々になっている。2014年6月7日には第2期のOVAが発売。
随所に瀬戸内や竹原の実在する場所が登場するが、主人公たちの通う高校は「竹原南高校」[注 5]という架空の高校となっている。

声優:茅野愛衣(かやのあい)

昔から人を癒す仕事に就きたいと考えており、声優以前は美容関係でリラクゼーションの仕事をしていた。多忙により深夜帰宅の多い生活を送っていた当時、帰宅後につけたテレビで放送されていたアニメ『ARIA』に自身の心がとても癒されたことで「アニメにも癒しの力がある」とアニメに興味を持つようになったという[3]。
やがてアニメに関わる仕事として声優を目指し、美容の仕事を続けて学費を貯めながらプロ・フィット声優養成所の週一回のレッスンに通う。
2010年3月同養成所卒業後、プロ・フィットの正所属声優として、4月にデビュー[1]。初仕事はあるOVA作品の生徒役[4]。同年アニメ『とある魔術の禁書目録II』の五和役で初レギュラーを獲得する[4]。
2011年、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』で初めてヒロイン・本間芽衣子〈めんま〉役に抜擢。同作連動のWEBラジオ『あの日聞いたラジオの名前を僕たちはまだ知らない。』で初の単独でのパーソナリティにも起用される。
2012年、第6回声優アワードにて新人女優賞[5]、日刊スポーツ第1回日刊アニメグランプリにてMIP新人声優賞[6]を受賞。
2013年3月15日、マリン・エンタテインメント企画より「こえぶろ」を毎週更新する。
2013年7月、自身の人生を変えた佐藤順一監督作品であるTVアニメ『たまゆら〜もあぐれっしぶ〜』に出演する。
2013年8月17日、劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。と、埼玉西武ライオンズとの共同企画「劇場版 あの花 〜超平和ライオンズデー〜」として、西武ドームにて自身初めてとなる「始球式」や「場内アナウンス」を主に担当した。
2013年8月31日、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』公開で舞台挨拶を全国各地に行く。
2014年1月19日、『あおい・さおりの成人式 (`・ω・´) 2014』に石原夏織・大坪由佳・佐倉綾音・瀬戸麻沙美がそれぞれ初主演を務めた作品の共通の共演者としてサプライズゲストという形で出席した。

人物・特色

おっとりした外見から、花澤香菜より「見た目も癒し系」[7]と言われている。
趣味は散歩とカフェ巡り。特技は絵を描くこととマッサージ。ダイエット指導士とイヤーセラピストの資格を持っている[1]。好物は蕎麦・納豆[4]。お酒も好きで、特にワインを夏は白ワイン・冬は赤ワイン(主にホットワイン)と分けて飲んでいる。サングリアも好きで、ポリフェールがいいと発言もしており健康志向な一面も見受けられる[8]。
『あの日聞いたラジオの名前を僕たちはまだ知らない。』の初回の時点では愛称がまだ無く、『あの花』の共演者にも候補を考えてもらったが先送りし、次回にリスナーから寄せられたメール100通の案の中から「かやのん」を気に入り、以後これが愛称となった。杉田智和や櫻井孝宏には、「茅野君」と呼ばれることが多い。
中学時代に声優に詳しいクラスメイトがいて、初めて声優という仕事の存在を知る。ただ、そのときは自分が声優になろうとは考えず、美容関係や喫茶店など、癒しがテーマになるような仕事がしたいと思っていた[4]。部活は美術部に入り水彩画を描いていたため[4]イラストが得意。
高校時代は、一般の女子高[7]と美容専門学校のダブルスクール生活を送っていたが、この時期に洋画を見て「どうして声だけでアクションシーンなどを表現できるんだろう」と感じ、声優という仕事に興味を持ち始める[4]。その後、大学に通いながら美容の関連の仕事をしていた。
一人っ子[9]で実家暮らしの生活を送っており、自宅にはメスのヨークシャテリアの「杏・々(あんあん)」を飼っている。名前の間に「・」をつけるのは母親のこだわりだという[10]。
ゲームの知識にかなり疎く、遊んだことがあるのはポケットモンスター(第1世代)とたまごっちぐらいなもので、『輪廻のラグランジェ』のゲーム版の特典映像でPS3のコントローラーを触ったことがないと言っており、「スーパーマリオシリーズ」のマリオとルイージのことをずっと「トマトとバジル」と思い込んでいた[11]。ゲームセンターでレーシングゲームで一度プレイするも壁に激突の連続で、このことが原因で今もなおも運転免許を所有していない。『ノーゲーム・ノーライフ』のTV放送記念企画である「ノゲ杯☆最強ゲーマー決定戦」で本人を含め松岡禎丞と日笠陽子と井口裕香の4人でぷよぷよで対戦するが、茅野はぷよぷよをプレイした経験がなく、対処方法がわからず悲鳴を上げる姿が映し出されている。
赤﨑千夏とはお互いが声優になる前から知り合いであり、同じ喫茶店で同期のアルバイトとして働いていた[12]。瀬戸麻沙美とは同じ作品で声優デビューを果たした間柄であり、瀬戸が髪を染めた翌日に茅野に見せたというエピソードを『あおい・さおりの成人式 (`・ω・´) 2014』でサプライズゲストとして明かしている。


記事タイトル:

三谷かなえ[みたにかなえ](たまゆら)のプロフィール情報まとめ。写真数点あり。

関連ワード :

三谷かなえ

たまゆらシリーズ

美少女

ツインテール

髪色(黒)

写真

茅野愛衣(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!