アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

人気マンガの『宇宙兄弟』アニメ化を実現した裏側とは

人気マンガ『宇宙兄弟』(原作:小山宙哉 講談社)の“エピソード0”を描いたアニメ映画『宇宙兄弟#0』が今週末、公開される。宇宙飛行士を目指す兄弟を描いた同作品は、2008年に『モーニング』で連載を開始

人気マンガの『宇宙兄弟』アニメ化を実現した裏側とは

人気マンガ『宇宙兄弟』(原作:小山宙哉 講談社)の“エピソード0”を描いたアニメ映画『宇宙兄弟#0』が今週末、公開される。宇宙飛行士を目指す兄弟を描いた同作品は、2008年に『モーニング』で連載を開始し、単行本の累計発行部数は1400万部を超えている。連載当初からアニメ化を熱望していたという永井幸治プロデューサー(読売テレビ)は、どういう経緯でアニメ化を実現したのか、その思いとはーー。

読売テレビで音楽や情報番組の制作に携わっていた永井さんが、アニメ制作に携わるようになったのは、2006年から。手がけた作品には『宇宙兄弟』のほか、『ヤッターマン』(2008年~2009年)などがある。永井さんが『宇宙兄弟』に出会ったのも、『ヤッターマン』の制作を行っていたころだった。

「『宇宙兄弟』は、『ヤッターマン』の放送が始まった頃に連載がスタートしていた。『ヤッターマン』をやりつつ、“次”を考えていたとき、『宇宙兄弟』がひっかかっていた」と振り返る。理由は、知的好奇心をくすぐる舞台が用意されていること。「宇宙飛行士にどうやってなるのか、なんて、当時はあまり知られていなかったと思う。その情報が土台で、いい舞台になっていると思いました。ストーリーも、ものすごい人間ドラマが描かれている。アニメ化したい、って感じました」と、一目惚れだった。

アニメ化する作品選びは、どの枠で放送するか、によって左右される。永井さんが担当していた枠は、全日帯全国ネットの枠。その枠に相応しい作品があるか、視聴率がとれる作品であるか、を踏まえて、マンガ雑誌をチェックしていく。「例えいい作品でも、深夜アニメと全日帯全国ネットのアニメは作品性が違うので、内容によって敬遠することもある」と、条件を満たす作品を見極めていく。

次に視聴率がとれる作品かどうか。「今の世の中、情報がどれだけ作品に入っているか、知的好奇心をくすぐるか、が重要になっていると思う。他にこれまでの作品と同じではない作品が求められる」。かつてマンガは『悪』の代名詞だった。“マンガばっかり見てないで勉強しなさい”と、どの家庭でも言われていた。しかし、「宇宙飛行士にこうすればなれる、という情報が入っている。『宇宙兄弟』を見た子供たちには、宇宙飛行士や宇宙関連の技術者を目指そうと考えるようになった子たちもいると思う」と、マンガ(アニメ)が視聴者の夢をけん引してくれている。

『宇宙兄弟』のアニメ化を講談社に提案を持ちかけたのは、永井さんが関心を持ってから2年ほど経った頃。他局に強奪される可能性もあったが、“青田買い”できない事情もあった。「使い捨てにはしたくなかった。ゴールデンに近い枠で戦える作品だと思ったから、大事にしたかった。日曜朝のアニメ枠でやるには、もったいないと思ったので。さらに年単位の放送回数を制作する為には、10巻くらい原作が必要になるので、2年くらい様子をみる必要があった」と、見守り続けた。

実際、提案したときでさえ、読売テレビ側の準備は揃っていなかった。「いつから放送を開始する、どの枠で放送する、制作会社はどこになる、などは決まっていなかった。ただ、全国ネットでやりたいと伝えたら、『お願いします』ということになって。他局からのアプローチもあったそうですが、運が良かったですね」と、強運があったという。結果として、当初は編成事情で日曜日朝の放送となったが、視聴者からの絶大な支持と関係者の熱い思いによって、放送開始から1年後、『宇宙兄弟』は土曜の夕方へ移動することになった。

今回、公開されるアニメ映画『宇宙兄弟#0』は、放送開始当初からあった構想だという。「映画を作ろうという話は最初からありました。だた、課題は内容。サイドエピソードを作るとか、途中までテレビアニメで放送して、最後を映画でという案もあったけど、僕は『宇宙兄弟』1話の前の話のほうが、興味があった。1話の前が知りたい、ということで#0になりました」と、同時進行でプロジェクトを進めていった。また、エピソード0は、テレビアニメのスタッフでストーリーを検討していくつもりだったが「自分たちでやって、どこまでやっても満足できない、何度も何度もボツにしましたね。小山さんには原作に注力してもらいたかったのですが、結局、お願いしてしまいました(笑)。さすが、よくぞここまでのストーリーにしてくれました」と、感謝しきりだ。

現時点で具体化されている『宇宙兄弟』のアニメーションは、『宇宙兄弟#0』で一旦、幕を閉じる。それでも、永井さんを含めスタッフ全員、“シーズン2”にむけ、動き出している。「次は約束できないけど、『次をやりたい』という気持ちは、僕も含め、みんな同じだし、社内でも話している。もちろん、視聴者も期待してくれている。その気持ちが切れないように、仕掛けていきたい」と永井さん。劇場で公開される『宇宙兄弟#0』、そして近い将来、新たな『宇宙兄弟』が、視聴者の知的好奇心を刺激してくれるだろう。

元記事


記事タイトル:

人気マンガの『宇宙兄弟』アニメ化を実現した裏側とは

関連ワード :

南波六太

宇宙兄弟

おっさん

アフロ

髪色(黒)

平田広明(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!