アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

「TYPE-MOON」の原点的作品 -劇場アニメ『空の境界』【あにぶ】

今秋、そして来年とアニメ化と劇場版が決定したアニメ「Fate/Stay Night」。 制作を手がけるのは「Fate Zero」で圧倒的映像美と迫力ある戦闘シーンを描いた「ufotable」が担当しま

「TYPE-MOON」の原点的作品 -劇場アニメ『空の境界』【あにぶ】

今秋、そして来年とアニメ化と劇場版が決定したアニメ「Fate/Stay Night」。
制作を手がけるのは「Fate Zero」で圧倒的映像美と迫力ある戦闘シーンを描いた「ufotable」が担当します。

そんな「Fate」シリーズに代表される「TYPE-MOON」の原点、そして「ufotable」と「TYPE-MOON」がタッグを組んだ初作品、それが「空の境界」なんです。

「空の境界」の原作は奈須きのこ先生が中学生の頃にプロットを書いていたという「長編伝奇小説」であり、一章「俯瞰風景」から終章の「空の境界」 そして番外編の「未来福音」まであり、その全てが劇場アニメとして製作されました。

あらすじ

1998年、交通事故の影響で2年という昏睡状態から奇跡的に目覚めた主人公の両儀式は見えるはずのない「線」が見えることに気づく、それは「直死の魔眼」と呼ばれる「万物の死」が視認できる力。 同時に式のもう一人の人格である「両儀識」が失われていることに深い悲しみにくれていた。

伽藍となった式の心に入りこもうとする 悪霊たちに襲われるも、式は自らの胸にナイフを突き立て「かつての弱い自分を殺し」、式としてこの力と共に強く生きていくことを決意する。

とにかく何度も見返しえてほしい

戦闘シーンの作画や美麗な背景、世界観にリンクした主題歌など語ることの多い本作ですが、

とにかく最低二回は見てほしい!

というのも各章の時系列がバラバラで展開するのでとにかく難解。

特に五章の「矛盾螺旋」では物語の冒頭と結末を同時に進めるという叙述トリックも使っていて1回観ただけだとぽかーんとなってしまうことも…

一章から終章は独立した話ですがあくまでパズルのピース、全ての話を観終わったあとに一本の話として繋がる感じが素晴らしい。
二周目を見ると違った見かたでみれるので何度でも楽しめる作品です。

物語のテーマはタイトルにあるように「境界」、モノとモノとの隔たりを表しどちらともつかない真ん中でゆれる物語。
「式」と「識」二つの人格のどちらともつかない両儀式や、痛みを感じることで「生の実感」を得ていたが無痛症により痛みの感覚をなくしてしまった、 「生」と「死」の境界にいる少女、三章「痛覚残留」の浅上藤乃。
カラクリの体に人間の心をもつ「人形」と「人間」の境界の存在である五章「矛盾螺旋」の臙条巴など、各章でキーになる人物の「境界」と「生」と「死」の対比という重いテーマを美しく描いた作品。

そしてなにより、あらゆるモノを「殺す」能力をもち、自分がいると周りの人間が傷ついてしまう…だから孤独に生きるという選択をした式と、そんな式を守りたいと想う黒桐幹也の「愛」と「孤独」の境界にいる二人の恋愛物語であるということ。

普段は和服に革ジャンでナイフを振り回す式がデレていく様は必見です。

© 奈須きのこ / 講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable © 奈須きのこ / 星海社・アニプレックス・講談社・ノーツ・ufotable

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

「TYPE-MOON」の原点的作品 -劇場アニメ『空の境界』【あにぶ】

関連ワード :

両儀式

空の境界

美少女

髪色(黒)

坂本真綾(声優)

セミロング

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!