アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

【レポ】『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』 in 大阪【その3】

【あにぶレポ】『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』 in 大阪【その3】

【あにぶレポ】『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』 in 大阪【その3】

ガンダムを彩る美術たち

次のコーナーでは、タツノコプロ作品や『風の谷のナウシカ』などで美術監督を務め、『ガンダム』でも美術監督として世界観を統括した、中村光毅さんによる美術の数々が展示されていた。
どれも繊細で美しい美術ばかりだったが、特にスペースコロニーなどの「SFらしさ」を支える部分に関しては力が入っていて、コロニーの立体模型なども展示されていた。
美術というのは、普段アニメを見ている時はスルーしがちな部分だが、その緻密な展示の数々からは、美術というものの重要性の高さというのがハッキリと感じられた。
普段そういった部分を意識しない人でも、是非とも今回の展示で、その凄さを目に焼きつけて欲しい。

天才・安彦良和の描くガンダム

次のコーナーには『ガンダム』のキャラクターデザインを担当し、原画家としても多くの回に参加したアニメーター・安彦良和さんの原画が多数展示されていた。
アニメーターとしての評価の高い氏の原画だけに、今見てもその魅力はまったく色褪せない。むしろ、情感や気迫、躍動感の溢れる原画の数々には、ただただ圧倒されるばかりだ。

氏はTVシリーズ途中で病気によりあえなくリタイアしてしまうが、TVシリーズを再構成した劇場版『ガンダム』のころに復帰し、目覚しい活躍をされる。
『ガンダム展』では氏が劇場版『ガンダム』で描いた作品も多く展示されていたが、そのどれもが、途中でリタイアしてしまった鬱憤を晴らすかのような、なんとも力強いタッチで描かれていた。
これらの原画の数々は、間違いなく『ガンダム展の』大きな見どころのひとつと言えるだろう。

『ガンダム』の花形・メカの数々

『ガンダム』を語る上で欠かせないのが、個性あふれるロボット『モビルスーツ(MS)』の存在。
それら『ガンダム』のメカデザインを担当した大河原邦男さんらによる設定画も、今回は数多く展示されていた。
ガンダムやザクなどの最初期の設定画をはじめ、連邦・ジオン双方のMSや戦艦、細かな兵器に至るまで、かなりの数の設定画が展示されてある。
一話や二話程度しか出番のないようなマイナーなメカまでもしっかり展示されてあり、ディープなファンにとっても見ごたえある点数になっているはずだ。

また、各MSの登場シーンをダイナミックに再現したジオラマも展示されており、より深くMSの素晴らしさを感じ取ることができるようになっている。



●次回「レポートその4」に続く……

(C)創通・サンライズ

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

【レポ】『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』 in 大阪【その3】

関連ワード :

アムロ・レイ

機動戦士ガンダム

イケメン

天然パーマ

髪色(茶)

古谷徹(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!